何気なく、ふと疑問に思ったのですが・・・
お正月の事を『新春』と言いますが、お正月って、どう考えてもまだ冬ですよね?

なぜ正月は冬なのに新春と呼ぶのか、その理由を知りたいです。

屁理屈のような質問で恐縮ですが、どなたか教えていただけないでしょうか。
多分、こうなのでは?という予想でも結構ですので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

旧暦のなごりです。



今の立春(2月4日ごろ?)=昔の新年です。ちょうど梅の花がほころびはじめて春の気配を感じる頃を新しい年の始めにしたための言葉だと思います。

節分が大晦日で、豆をまいて1年の厄を払い新しい福を呼び込んで、一夜明けると立春=新年だったのです。

昔の暦はちょうど今と1月と数日ほど季節がずれています。
1月(睦月)、2月(如月)、3月(弥生)が春です。
今、弥生3月にはまだ桜は咲かないし、桃の節供も3月3日には、まだ桃が咲いていませんよね。実は今の4月ごろが、昔の3月(弥生)だったのです。

同じに、4月(卯月)、5月(皐月=さつき)、6月(水無月)が夏です。
昔の「さつき」って、今の6月ごろのことだから、昔の意味だと梅雨の合間の晴れを「五月晴れ」と言ったのでした。逆に6月は、今は梅雨ですが、昔は梅雨明けの乾燥したじりじり一番暑い、今の7月ごろのことなので(水無月=みなづき)です。

7月(文月)、8月(葉月)、9月(長月)が秋です。
7月7日の七夕、今はまだ梅雨で、天の川も見えないことが多いですが、本来は今の暦で8月10日頃です。ちょうど秋の気配が少し漂って、夜空の銀河も一番美しく見える頃の行事でした。

残りが冬です。10月(神無月)、11月(霜月)、12月(師走)

日本の行事の言葉って、昔の暦に合わせてあるので、今の感覚だとちょっと変、って感じることが多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

旧暦の影響を受けているがゆえに、どうしても今の感覚とはズレが生じてしまうわけですね。

新春の由来の他にも、いろいろと詳しく説明していただき、ありがとうございました。
『五月晴れ』『水無月』の意味も納得できました(^◇^)

御回答、ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/10 18:00

 日本の暦は歴史的に中国の影響を色濃く受けていることは、他の回答者の方々がおっしゃる通りです。

ではその中国の暦は、一年のうちのどの日を始まりの日と考えていたかというと、これには歴史的な変遷があります。

 伝説王朝の夏では立春年初の考え方(夏正)を採用し、歴史王朝の殷では冬至より一ヶ月後(殷正)を、次の周王朝では冬至を年初(周正)としていたらしいのです。皇帝は時間まで支配する権力が与えられていたようで、王朝が変わると当然に暦法までも切り替わると信じられていたという理由があるのかもしれません。

 さて、その後の中国では、しばらく冬至年初がふさわしいと考えられてきましたが、これは天体としての太陽の運行に即してと言うよりは、古代からの陰陽説の影響が大きかったと思われます。つまり冬至というのは「陰」が極まって「陽」に転換する一陽来復の日であり、ここに一年の初めを置いたと考えられるのです。(中国の王朝の簡略史については以下のサイトをご参照下さい。)
http://searchina.ne.jp/history/

 ところが時代が進み春秋時代になると、儒教思想が現れます。孔子は『論語』(衛霊公篇)の中で前述の夏正が正しいと主張しました。前漢の武帝は儒教を国教とし、同時に春分年初の夏正が正式に採用されたと見られます。春分年初の暦は、ながく中国の政治や文化の中心を担ってきた、河北地方の風土や季節の変化にもよくなじみ民衆からの支持もあったと想像できます。

 手元の資料によると西暦554年に朝鮮半島の百済を通じて中国の暦法をを輸入した日本は、それまで行われていたと思われる自然暦に変わり、604年に初めて制定暦を採用したと考えられ、それ以後長い年月に渡り春分年初の考え方になじんできました。年の初めと季節としての「春」という言葉の結びつきはこのようにして定着してきたものでしょう。また、中国河北地方の季節の移り変わりと日本の四季の変化とのずれ、そして明治6年に旧暦が廃止され新暦になったときの暦日のずれが言葉の用い方の上で多少の違和感を引き起こしていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

軽い気持ちで質問したのですが、何だか、スゴい所まで発展してしまい恐縮しています(^^;

また違った切り口で御回答いただき、感動している次第です。

御回答、ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/10 18:07

その昔、中国から暦の概念が伝わったときに、日本の気候に合せずにそのまま導入したせいで、実際の気候とずれていると聞いた事があります。


それが、旧暦ですから、現在ではさらにずれてると云う事です。
まぁ自信は全くないですが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど、中国の概念の影響を受けているんですね。

皆さん言われているように、旧暦の名残も相俟ってズレが生じてるというわけですね。
このサイトは勉強になります(笑)

御回答ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/09 18:59

 


  旧暦の「春」というのは、旧暦で春としていたので、2月というのは、一番寒い時期ではありませんか(現に、京都北部は、二月には氷に覆われます。1月に降った雪などが、溶けないで氷になるのです)。そんな時期も春だというのなら、別に1月1日も「春」でおかしくないでしょう。定義の問題になるからです。
 
  「新春」というのは、冬至と密接に関係します。というより、新春=新年と冬至祭日は、本来同じものでした。太陰暦では、冬至祭日は、年間で定期的な日には来ませんが、太陽暦の場合、ほぼ12月23日か24日頃です。クリスマス、冬至祭日、新年というのは、実体は、「冬至聖日」だったのです。冬至聖日とは何かというと、それまで、夏の収穫の後、秋となり、凋落し、徐々に生命を失い、冬のなかで、遂に死を迎えた太陽(象徴的な死です。また、太陽は植物神の象徴でもあるのです)が、この日を境に新しい生命を得て甦り、再び生命力を更新して明るさや高度を回復し始める、丁度切り替えのときなのです。
 
  このことは、北半球でしか実は成立しませんが、多くの文化や文明は、ほぼ北半球に位置していたので、それなりに地球的普遍性を持っていたのです。
 
  つまり、夏至のおいて絶頂となった太陽は、秋分を通過すると、昼夜均分点を通過して、以降、高度が下がり、明るさが衰え、また空に耀いている時間も北半球では短くなって行きます、これを太陽の老化と死への進行と古代では捉え、太陽の復活と新生、再誕を儀式で準備し、太陽の新生を祝うと共に、新たな神を確かなものとするため、冬至聖日で、祝祭の儀式を行ったのです。これが冬至祭で、北半球では、冬至祭日は普遍的な意味を持っていたのです。
 
  元旦=新年とは、冬至聖日の変化で、太陽の新生を祝う祭日なのです。太陽は新しい生命を得て、「新春」が訪れたことになるのです。実際の季節上の春は、まだ数ヶ月先ですが、春分の春へと、世界の時間循環は、着実に春へと進行して行くと云う意味で、「新春」なのです。元旦には、御来光と云って、太陽の日の出を祝ったり、太陽が昇って来る絵を飾るでしょう。あれは、元旦が、太陽の生命新生の祝日・聖日だということを明確に示しているのです。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく説明していただき、恐縮です。

春分の春へと進行していくという意味も含まれていたのですね。
なんだか、『新春』という響きが以前より神聖に聞こえてきます。

ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/09 18:54

本年の旧1月1日は、2月12日になります。



本来は、梅が咲いたか・ほころび始めた頃の事でしたが、旧暦での呼称が、新暦に適応されたために、季節感とのギャップが生まれました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ調べてくださって、ありがとうございました。

新暦と旧暦とのギャップが違和感を感じさせる原因だったわけですね。
なるほど、勉強になりました。

『新春』という言葉には春を待ちわびる思いが込められているのでしょうね・・・。

御回答ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/09 03:04

簡単にしか解らないのですが、「暦の上では春」というやつだと思いますよ。

旧暦っていう…
こないだの「七草」も、「春の七草」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

暦の上では、、、ってよく使う言葉ですね。

こないだの「七草」、、、っていうのはまだ見ていないので
これから検索して見てみたいと思います。

御回答ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/09 02:25

1月くらいになると雪の中に新芽がみえてくるものもあります♪


まださむいよぉ~冬真っ只中じゃないか~と思っていても雪を
どけてみるとかわいい芽がでていたりするものです。
少しずつ春が目に見えないところにあるからじゃないかな~

旧暦では1~3月くらいが確か春だったんじゃないのかな。(たぶんです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い御回答、ありがとうございます(^◇^;

早速、旧暦について調べてみたところ、確かに正月は『春』に区分されていました。
それにしても、旧暦とは気が付きませんでした。

『春が目に見えないところにある』・・・素敵な言葉ですね。

御回答ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/09 02:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q川井憲次さん「Nスペ権力の興亡」テーマ曲

 先日NHKスペシャル「永田町 権力の興亡」でテーマ曲として使われていた川井憲次さんの曲を、できればCDで買いたいのです。
 ご存じの方は教えてください。

Aベストアンサー

https://www.nhk.or.jp/special/contact/index.html

NHKスペシャルのホームページにある、お問い合わせ
で聞かれてはいかがですか。
同じ問い合わせが多いと思います。

Qまたまた友達が屁理屈を言っております>_< じゃあ以前電車の中に置いてあったロールケーキ

またまた友達が屁理屈を言っております>_<






じゃあ以前電車の中に置いてあったロールケーキ持って帰って皆で食べたけどこれもダメなんか?と。

Aベストアンサー

占有離脱物横領罪

平たく言えば、猫ババですね。

QNスペ 無縁社会 新たなつながりを求めて

2/11放送、2/12 10:05-11:20再放送
の NHKスペシャル「無縁社会 新たな“つながり”を求めて」
フリーター、家の事情で仕事をやめたり、就職活動がうまくいかず定職につけなかったり、派遣切の人を特集してました。

・そのなかで、夜にインターネット生中継でしている人が紹介されていました。インターネットごしに飲み会したり、自分の部屋を「生中継」したりしていました。

私は幸運にも定職があり、社会とのつながりあります。でもいつでも自分もそうなってしまうんじゃないかとこの放送を見て切実に感じました。10代、20代だけでなく30~50代も紹介されていて、
社会から孤立している人がこんなにいるんだということを直視させられました。

しかし、一方でちょっと信じられない気もします。放送自体は一方で「過剰演出」のような気もしました。
孤立感からインターネットごしに飲み会したり、自分の部屋を「生中継」したりする人って実際いるんでしょうか???   

Aベストアンサー

自分もその放送を視聴して違和感を感じました。
色々と調べて見ましたがその放送主の当人と思われる人のコメントが以下サイトに載っています。

もちろんこの記事の方も完全な真実である保障は無いです。
ただ今回の放送とこの記事を見て、自分の中では「メディアは恐ろしいものだ」と感じました。

参考URL:http://getnews.jp/archives/99251

Q体操クラブ(幼児)の暴力・屁理屈教師へ、何か・・・

近所の体操クラブは、常識はずれの中年男性がオーナー先生。
長男が2年我慢に我慢を重ねた結果、今度は次男2歳が、先生からのイジメのターゲットになったため、辞める決心をしました。

しかし、辞める前に偏屈親父に、何か一矢報いたい!という気持ちがあります。
恥ずかしいことだとは重々承知の上ですが、
高い月謝二人分払ってしまいましたし、言いたい放題、やりたい放題をされ、
泣き寝入りで辞めるのは、気持ちとしておさまりません。
賢い皆さんなら「お世話になったと言って波風立てず辞めるが得策」でしょうし、
私も近所なので揉め事は損だと思います。
でも、もし、皆さんが私の立場だったらどうされますか?
もちろん、違法行為・暴力での仕返しなどはXです。
殴り返してやりたい、、、と思ったことも事実ですが・・・・。

以下がそのオーナー先生です。
親には最初、小さく卑屈な態度をとるのに、
慣れると独自の屁理屈教育論をまくし立て
「坊主にも負けない!」と本人が言うほど口が立ちます。
母親へは「ブス、デブ、体重は?年齢は?」と侮蔑発言が日常。

子供には、毒のある冗談、嫌なあだ名をつけ、反抗すると殴る蹴る。
「我が強いから切ってやった」と豪語。「最近の親は」が口癖。
正義感の強い子が「変なことを言わないで下さい!」と言ったら 、
逆切れ。

生徒は全般的に上達しない(我が子も体操が好きなので2年我慢したが上達せず)。
一人だけ有望選手がいて「A子さえいれば、他の子はどーでもいい!」と恥ずかしげもなく豪語。
他、書ききれません。

ここまで書いて、私自身、馬鹿だった、、、と反省しました。
ここに書くことで、頭を冷やすように努めます。
少子化で近所の体操クラブはここしかありません。
土曜日位で締切る予定です。

近所の体操クラブは、常識はずれの中年男性がオーナー先生。
長男が2年我慢に我慢を重ねた結果、今度は次男2歳が、先生からのイジメのターゲットになったため、辞める決心をしました。

しかし、辞める前に偏屈親父に、何か一矢報いたい!という気持ちがあります。
恥ずかしいことだとは重々承知の上ですが、
高い月謝二人分払ってしまいましたし、言いたい放題、やりたい放題をされ、
泣き寝入りで辞めるのは、気持ちとしておさまりません。
賢い皆さんなら「お世話になったと言って波風立てず辞めるが得...続きを読む

Aベストアンサー

事実を「感情を交えず」箇条書きにし、しかるべき機関や関係者に送って下さい。

対立は事態を悪化させ、解決を難しくさせるので、「事実を伝えるべき人に伝える」ことが問題を終結させるコツです。

・親御さんや教育委員会等に事実を公表する。
・決して感情や憶測を交えず、事実のみを公表する。

これが私のアドバイスです。
参考にしていただければ幸いです。

QGoro's Bar新春スペシャル

大分県でもGoro's Bar新春スペシャルは放送されましたか。
新春スペシャルがあると知らなかったので見逃してしまいました。
再放送とかないですよね(ToT)

Aベストアンサー

東京では
1月15日土曜の15:30から再放送しました。

大分での放送状況はわかりませんが
TBS系の局はOBSですかね?
そちらから検索や問合せをしてみてはどうでしょうか?

Qレベルの低い質問で大変恐縮ですが、

レベルの低い質問で大変恐縮ですが、

最近、毎日この事ばかり考え、

気になって仕方ありません。

宜しくお願いします。


質問内容は

「頭の良し悪し」に関してです。

例えば、難関な試験の勉強をした事ない方は、

よく難関資格の合格者や東京大学合格者に対して

「頭良いね」という言葉をほとんど発されていますが、

私は、これまでは、そのような方々に対しては

頭が良いというよりも、精神力が強い人なんだなという

感情を抱きます。

私は、これまで最高で大学の受験勉強くらいしかした事なく、

更に、文系の勉強であったため、ほとんどが暗記中心の勉強であり

勉強(合格)に必要なのは、頭というより精神力の強さが重要であり

如何に、欲に打ち勝って机に向かって毎日勉強できるかであると考えていました。

勿論、勉強のやり方は重要だと思いますが、上記のように考えていました。

しかし、3月から民法の勉強を開始して考えに変化がでてきたのですが、

勉強には精神力の強さも必須だが、頭の良し悪しも影響するのではないかと思い始めました。

理由として、例えば民法の対抗関係などを勉強していると、

登場人物が、2人・3人なら理解出来ますが、4人・5人と増えていったり

更に、条文の例外規定が適用されたりして複雑になっていくと、

ある時点でパニックになり理解できなくなります。

その文章を何度も何度も読んでやっと見えてくるといった感じです。

やはり、頭の良し悪しとは、

頭の良い人は、登場人物が5人・6人となっても、すぐに理解できるという事でしょうか?

その本人の頭のレベルで、5人目でパニックになる人や

4人目でパニックになる人や、2人でもパニックになる人など

どの段階まで、理解に付いていけるかが頭の良し悪しなのでしょうか?

通信制なため、他の受験生が1回目でどの程度理解されているのか分からないため

ご質問致しました。

人によって、理解のスピードが違えば合格年数にも差が生じると思います。

もしくは、暗記力の差でしょうか?

頭の良い人は、少ない回数で知識が定着するのに、

悪い人は、何周もしてやっと知識が定着するという事でしょうか?

テレビ番組等で、「天才」と呼ばれる人を見た事はありますが、

やはり凡人の中でも、また差があるのでしょうか?


男性と女性との頭脳の違いも気になるのですが、

良く、サスペンスドラマ等を見ていると

男性より女性の方が、早く犯人に気づいていたりしますが、

女性の方が男性より理解が早いのでしょうか?

女性は、目先を見る事が多いし、

男性は遠くを見る事が多いと思いますが、

一般的に男性と女性は司法書士試験にどちらが向いているのでしょうか?


かなり長文になり申し訳ありません。

異質な、低レベルのご質問で恐縮ですが、宜しくお願い致します。

レベルの低い質問で大変恐縮ですが、

最近、毎日この事ばかり考え、

気になって仕方ありません。

宜しくお願いします。


質問内容は

「頭の良し悪し」に関してです。

例えば、難関な試験の勉強をした事ない方は、

よく難関資格の合格者や東京大学合格者に対して

「頭良いね」という言葉をほとんど発されていますが、

私は、これまでは、そのような方々に対しては

頭が良いというよりも、精神力が強い人なんだなという

感情を抱きます。

私は、これまで最高で大学の受験勉強くらいしかし...続きを読む

Aベストアンサー

法律に対する認識・理解度ですが質問者さんの道徳発達に関わると思われます。
道徳発達が低い人は「リーガルマインド」を理解できません。
「リーガルマインド」は法律予備校で有名な伊藤真先生などが重要視されているようです。

道徳は発達心理学的に6段階に分かれています。
端から「天才」と思える人は、道徳発達が5段階か6段階であると思われます。
このレベルだと法律を理解する深さが一般人と違います。

http://www.eonet.ne.jp/~like-a-flowing-r/psychology1.htm

後半の男女の思考の差ですが、
どちらが向いているというものはありません。
ただアプローチの仕方の違いと思われた方がいいと思います。
目に見える情報から推測するか、過去の事例やあり得る場面を想起して当てはめるか。
合格後の仕事にはどちらも必要になると思われますので是非どちらも対応できるスーパーマンになってください。

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~like-a-flowing-r/psychology1.htm

Q冬なのに『新春』?

何気なく、ふと疑問に思ったのですが・・・
お正月の事を『新春』と言いますが、お正月って、どう考えてもまだ冬ですよね?

なぜ正月は冬なのに新春と呼ぶのか、その理由を知りたいです。

屁理屈のような質問で恐縮ですが、どなたか教えていただけないでしょうか。
多分、こうなのでは?という予想でも結構ですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旧暦のなごりです。

今の立春(2月4日ごろ?)=昔の新年です。ちょうど梅の花がほころびはじめて春の気配を感じる頃を新しい年の始めにしたための言葉だと思います。

節分が大晦日で、豆をまいて1年の厄を払い新しい福を呼び込んで、一夜明けると立春=新年だったのです。

昔の暦はちょうど今と1月と数日ほど季節がずれています。
1月(睦月)、2月(如月)、3月(弥生)が春です。
今、弥生3月にはまだ桜は咲かないし、桃の節供も3月3日には、まだ桃が咲いていませんよね。実は今の4月ごろが、昔の3月(弥生)だったのです。

同じに、4月(卯月)、5月(皐月=さつき)、6月(水無月)が夏です。
昔の「さつき」って、今の6月ごろのことだから、昔の意味だと梅雨の合間の晴れを「五月晴れ」と言ったのでした。逆に6月は、今は梅雨ですが、昔は梅雨明けの乾燥したじりじり一番暑い、今の7月ごろのことなので(水無月=みなづき)です。

7月(文月)、8月(葉月)、9月(長月)が秋です。
7月7日の七夕、今はまだ梅雨で、天の川も見えないことが多いですが、本来は今の暦で8月10日頃です。ちょうど秋の気配が少し漂って、夜空の銀河も一番美しく見える頃の行事でした。

残りが冬です。10月(神無月)、11月(霜月)、12月(師走)

日本の行事の言葉って、昔の暦に合わせてあるので、今の感覚だとちょっと変、って感じることが多いですね。

旧暦のなごりです。

今の立春(2月4日ごろ?)=昔の新年です。ちょうど梅の花がほころびはじめて春の気配を感じる頃を新しい年の始めにしたための言葉だと思います。

節分が大晦日で、豆をまいて1年の厄を払い新しい福を呼び込んで、一夜明けると立春=新年だったのです。

昔の暦はちょうど今と1月と数日ほど季節がずれています。
1月(睦月)、2月(如月)、3月(弥生)が春です。
今、弥生3月にはまだ桜は咲かないし、桃の節供も3月3日には、まだ桃が咲いていませんよね。実は今の4月ご...続きを読む

Q基礎的な質問で恐縮ですが。

次の文章を分かり易く説明して頂けませんか。

「我が国の場合は、土地所有権が利用権に優先し、高地価で土地生産性が上がらないと困るので全部壊して高層のインテリジェントビルでも建てた方が良いということになりがちである。」

文脈としては、アメニティを重視するか否かといった文章の一部抜粋なのですが、こういった経済的用語が良く分からずに悩んでいます。

この場合、歴史的都市景観を重視するヨーロッパに対し、日本はこうである、といった内容の文章です。

個人的には、土地所有権とはその土地を所有している人がその土地を自由にできる権利、利用権とは、それに対して、一般人がその土地を利用する権利かなと思ったのですが(土地所有権に関しては辞書に載っていたので分かりました)。

高地価というのは、土地の値段が高いということですよね。

土地生産性とは農業などでその土地から産出される作物の収穫量などのイメージなのですが、ここでいう土地生産性とはどういう意味ですか?

また、どういう論理で地価は高くなったり低くなったりするのですか?

幼稚な質問で申し訳ありません。

次の文章を分かり易く説明して頂けませんか。

「我が国の場合は、土地所有権が利用権に優先し、高地価で土地生産性が上がらないと困るので全部壊して高層のインテリジェントビルでも建てた方が良いということになりがちである。」

文脈としては、アメニティを重視するか否かといった文章の一部抜粋なのですが、こういった経済的用語が良く分からずに悩んでいます。

この場合、歴史的都市景観を重視するヨーロッパに対し、日本はこうである、といった内容の文章です。

個人的には、土地所有権とはその...続きを読む

Aベストアンサー

 土地生産性というのはその土地がどれだけのお金を生むか、ということです。仮に同じ規模の店を開いたとき、大都市の商業地区の一等地と誰もいない岩だらけの山の中とでは、店の稼ぎが違うのは分かりますね。
 で、稼げる土地なら多少高い金額で取得してもモトがとれますが、稼げない土地なら二束三文でも買わないのも分かりますね。そうなると、稼げそうな土地には買い手が集まり、当然のこと最も高く買う買い手に売ることとなります。
 しかし、期待していただけの稼ぎがなく、維持費用がかさむとなれば、安く売りにだされるでしょうし、さらにお金を持ってる向きがここならもっと稼げると判断すればさらに高値で取得しようとするでしょう。大雑把にいえばそういう市場の仕組みで土地の値段が決まってゆくのです。

Q新春の期間はいつからいつまで?

「お正月」はたいてい7日までだと思います(多分)。
「新春」とはいつからいつまでのことを言うのでしょうか?
こんなしょうがない質問ですが誰か教えてください。

Aベストアンサー

確かに「春」は1月から3月を指しますが、
新春はお正月を指す言葉のはずです。
その理解でいけば、松の内(7日)までが新春です。
ただ地方によっては15日を小正月と呼びそれまでが
お正月となっているところもあると聞きます。

Qふと思ったのですが・・

「ラジャー!」って言いますけど、どこの国の言葉なのでしょうか。。どなたか知っている方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

rogerは軍隊用語ですが元は通信用語です。
無線通信(モールス信号、トンツー式)では相手の文章を受け取ったとき、確認のためRと打ち返していました。(その語源は分かりませんがreceivedのRか?)やがて音声による通信に変ったとき、Rだけでは聞き取りにくいので人名のRogerを使うようになったようです。軍隊の通信関係者が使っていた了解(roger)が一般兵にも普及し今日のように頻繁に使われるようになったのでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報