クレイトンというポリマーは主に何を製造原料としているのでしょうか?
また、どのような性質を持つポリマーなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「KRATON:Product Families」
このページでそれぞれクリックすると詳細が表示されます。

リンクが飛ばなければ
http://www.kraton.com/generic/menu.asp?ID=1
(KRATON)
このページの上端で「Products:Product Families」から入っていって下さい。

「SBS」等のようです。

ご参考まで。

参考URL:http://www.kraton.com/generic/menu.asp?ID=1219
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか? 皮膚に硫酸が付くと

【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか?


皮膚に硫酸が付くと皮膚が溶けるんでしたっけ?火傷するんでしたっけ?

硫酸って飲んだら死にますよね?

硫酸って普段は何に利用しているんですか?

硫酸を使うメリットを教えてください。

Aベストアンサー

初めまして

硫酸には濃硫酸と希硫酸の二種類がありどちらも化学式はH2SO4です

何が違うかと言いますと文字についてる通り「濃さ」が違うんですよね
濃硫酸は濃度90%以上の硫酸水溶液
それ以下が希硫酸です

皮膚が溶けるか火傷だけで済むかは濃度によりますね、実験した事がないので詳しい濃度はわからないですけど濃度低めな希硫酸ですら一部の金属を溶かしていくのに手なんてまぁお察しですよね…飲んだら…()

濃硫酸は吸湿性があるので乾燥剤等に使われてます
工業用としては広く使われていて洗剤や石油の精製等にも使われているので身の回りの物の元を辿っていけば沢山使われていますよ。

希硫酸は自動車のバッテリーやコンピュータ設備のバックアップ電源の鉛蓄電池という電池に使われてます!

硫酸は同じような性質を持ってる薬品の中で一番安価で比較的入手しやすいからそこがメリットだと思います!

Q医薬品原料製造GMP

医薬品原料製造GMPを取得するためには、何にしたがって準備すればよいのですか?

Aベストアンサー

医薬品原料とは原薬のことでしょうか。
GMPというのは品質管理のしくみですから、そのしくみを構築して運用することが必要です。
どういうしくみを構築する必要があるかは 平成十六年十二月二十四日厚生労働省令第百七十九号「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令」第二節(原薬の場合)に示されています。
これだけではわかりにくいと思いますので解説書なども参照されるとよいでしょう。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16F19001000179.html

QTLCに原料と生成物をスポットして、展開するには原料と生成物の極性が違

TLCに原料と生成物をスポットして、展開するには原料と生成物の極性が違うので、それぞれ違う溶媒で展開しなければいけないのですか?
自分がやった時には、スポットがだいたいTLCの真ん中にくる溶媒を選んで、原料と生成物を別々の溶媒で展開しました。
この方法で合っているでしょうか?

Aベストアンサー

TLCで分析する目的は何なのでしょうか? もし、原料が反応して生成物ができていることを確認したいのなら、原料が移動しないで、生成物のみが移動する展開剤で生成物の存在を確認するだけで十分だと思います。 また、丁寧に確認したいのなら、2次展開(例えば、最初に極性展開剤で展開させ、次にTLCを乾燥した後に90度向きを変えて無極性展開剤で展開する)により確認する方法もあります、この方法の場合、原料と生成物の両方の存在の有無が確認できます。 どちらの方法でも良いと思います。 実験方法は目的により変わります。

Qアルミニウムと同じ性質を持つ金属

アルミニウムと同じ性質を持つ金属を3つ教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

性質にはいろいろあります。
どのような性質が同じであればいいのでしょうか?

(1)両性元素であるならば
ゲルマニウム、アンチモン、ガリウム、亜鉛、スズなどです。

(2)軽金属であるならば
マグネシウム、ベリリウム、ナトリウム、カルシウムなどです。

Q蛋白質の性質とアミノ酸の性質について

 リンの検出 
 カゼインと(1N)の硝酸をまぜてモリブデン酸アンモニウムを加えて加熱すると黄色沈殿ができる。これに硫酸ヒドラジンを加え、加熱すると暗緑色になる。この呈色反応についてよくわかりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

モリブデンブルー法によるリンの定量については
東海大学のページ(pdfだし重い、p6を参照):
http://www.scc.u-tokai.ac.jp/ocean/ot/PARTS/ExB_text03.pdf
兵庫大学のページ(こちらをいつもは薦めてます):
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/4_9.htm
どちらも黄色のリンモリブデン酸が出来、これを還元するとモリブデンブルー(時により見た目が違う)となる、の筈です。
リンモリブデン酸については日本新金属株式会社様のページ:
http://www.jnm.co.jp/pw12.htm
の右下の図を見て下さい。この十二個のモリブデン酸化物の中央にリンがはまっています。正四面体対称性で十二個のモリブデンが等価なため、電子軌道の縮重が起こって非常に還元され易くなるため、頭書の反応が起きます。
なお最近の検出法については同仁化学研究所様のページが参考になります:
http://www.dojindo.co.jp/catalog/protocol/p01.pdf

モリブデンブルー法によるリンの定量については
東海大学のページ(pdfだし重い、p6を参照):
http://www.scc.u-tokai.ac.jp/ocean/ot/PARTS/ExB_text03.pdf
兵庫大学のページ(こちらをいつもは薦めてます):
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/4_9.htm
どちらも黄色のリンモリブデン酸が出来、これを還元するとモリブデンブルー(時により見た目が違う)となる、の筈です。
リンモリブデン酸については日本新金属株式会社様のページ:
http://www.jnm.co.jp/pw12.htm
の右下の図を見て下さい。この...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報