化学実験で用いるシリンジ針を購入したいのですが、手持ちのカタログには載っておらず、困っています。
どこのメーカーで売っているか(or調べ方など)教えていただけませんでしょうか?
ほしいシリンジ針は、長さが20cm位で太さが1mm位のものです。
(医薬用の注射針ではありません)

試薬瓶から分取したりするのに用いたいと思っているのですが...。

ご存じの方、是非、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

rei00 です。



 補足を拝見していて思い付きましたが,この手のシリンジ針を多用するのは外国の研究者です。で,試しにアルドリッチのカタログを見てみると,それらしいものがでています。2000-2001 版カタログでは T690 ペ-ジです。

 太さがゲ-ジ表示(12-22 Gauge)なので何とも言えないのですが,長さは2インチ~36インチまであります。

 下に Aldrich のペ-ジをあげておきますので,「Product Search」で「syringe needle」を検索してみて下さい。

参考URL:http://www.sigma-aldrich.com/saws.nsf/Home?OpenF …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ほとんど求めている物と一緒でした。
試薬カタログとしてしか使っていなかったので「アルドリッチ」のカタログは盲点でした。
おおかた分かりましたらので、後は何とかなると思います。
本当に助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/11 08:15

 分取される容量にもよるのですが、注射筒+注射針という組み合わせというより


ディスペンサーの方が近いような気がします。
 ディスペットという商品名の物とか、EMマスターディスペンサーとか、リビューレット
とか、ユニマチックとかの名前が見つかりました。業者にこれらの名前で問い合わ
せられて目的に合った物を入手されては如何でしょうか?
 用途が勘違いだったらご免なさい。

参考URL:http://www.sciencejp.com
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうござます。
調べてみたのですが、手持ちのカタログには載っていませんでした。
&求めている物と少し違うような気が...。
しかし、参考になりました。
本当にありがとうございまい下。

お礼日時:2002/01/11 08:14

ガスクロ関連の器具等のカタログには載っていませんでしたか?



rei00さんの仰る通り、業者に聞くのが一番確実とは思いますが、試薬関係の取り扱いが主な業者では、分からないかも知れません。分析機器を扱っている業者に問い合わせれば、すんなり見つかると思いますが。

でも、試薬瓶からのサンプルの出し入れだけなら、医療用のものでもそういったサイズの物はありますよ。(その方が結構安いですが)

目的とするサンプルや試薬瓶、採取方法が分からないので、助言はこの程度です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
早速、ガスクロ関係のカタログで調べました。
しかし、マイクロシリンジ関係は載っていたのですが、希望しているシリンジ針に近そうなものは全く見あたりませんでした。

医療用のものでも、そういったサイズの物があると記述されていますので、調べようと思います。

普通のガラスシリンジ(1mL~100mLの各種サイズ)に(出来ればルアーロック?式で)シリンジ針をつけ、手で(機械ではなく)採取しようと考えているのですが...。

もし、何か助言がございましたら、また、是非よろしくお願いいたします。

補足日時:2002/01/09 16:35
    • good
    • 0

 この手の問題は出入りの業者にお尋ねになるのが一番の解決法だと思います。



 なお,場合によっては必ずしも希望に合うものが存在するとは限らず,太さと長さを指定して作らせる必要のあった時もありました(この場合も値段は変わりません)。お書きのサイズではその必要があると思います。

 ですので,理化学機器を扱っている業者にお尋ね下さい。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

以前、GLサイエンスの方に伺ったところ、特注でなら作れるが、カタログに載っているような物として扱っていないと回答されました。

(他の出入りの業者は試薬を主として扱っているので、当方で手持ちのカタログを調べるのと同じレベルの回答しか得られないと思われます。)

周りの者に聞いたところ、そういった(20cm位の長さの)シリンジ針は見たことがあるor使っていたことがあると云う者はいるものの、どうすれば調べられるか知っている者はいない状況です。
どうやら、物としてはそれなりにメジャーな物だとは思うのですが、調べられなくて困っているのです。

現在の環境で、自由に業者さんに問い合わせ出来ないので(いろいろとしがらみがありまして...)こうして、何とか調べられないかあれこれしている次第でして...。

もし、何か「このwebに行けば分かる!」「このメーカーから発売されている」など分かるようでしたら、教えていただけると有り難いです。

ご回答頂きまして、感謝しておりますが、さらに助言をいただけるようでしたら、よろしくお願いいたします。

補足日時:2002/01/09 16:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレコード針探してます

久しぶりにレコードを聞こうとしたら、針が傷んでいて聞けません、新しい針を購入しようと思ったのですがなかなか見つかりません、どなたか購入できる所をしらませんか?奈良県在住

Aベストアンサー

通販ショップは、たくさんあるようです。
参考urlの処は、プレーヤー機種名から調べてくれる通販サイトです。

針が見つからない時、針が異常に高いときは(よくあります)
カートリッジごと取り替えるほうが良いと思います。
この場合、カートリッジの重量に気を付けて下さい。
それまでついているものと重量が大きく異なると
バランスをとれなくなる場合があります。

参考URL:http://page.freett.com/soundq/index.html

Q比色定量法に用いる試薬について

現在、大学の化学実験で比色定量法と分光光度法について学んでいます。

そこで、Fe、Ni、Cuの金属イオンの比色法には通常どのような試薬が用いられるか、またそれらの有機試薬に共通する特徴は何か、の2点について調べているのですが、分析化学や機器分析の本を調べても、該当箇所が全く見つかりません。

どのようなことでも結構ですので、ご教授頂ければと思います。

Aベストアンサー

分析化学便覧でもあたってみて,どういうものが使われているか調べてみたらどうですか.




ヒント.キレート.

Q名古屋から奈良県南部へ車で行きます

GWに名古屋のあたりから奈良県南部(天川村)
という所に行きますが、今のところ、
名古屋→(東名阪)→亀山インター→(名阪国道)→針インター→天川村
というルートを考えていますが、名阪国道は渋滞がどの程度でるんでしょうか?また、針インターより先まで行った方が早いでしょうか?

また、どこかのホームページで名阪国道より早く奈良方面へ行ける道があると書いてあったのですが、名前を忘れてしまいました。そのような道はありますか??

Aベストアンサー

R165沿いに住んでいます。

名古屋→天川村なら、多少渋滞していても、名阪を使うべきです。

久居へきてR165は、めちゃめちゃ遠回りですよ。

Qルイス塩基と求核試薬(ルイス酸と求電子試薬)

同じ化学種でも反応機構によって呼称が違うのですか?
ある化学種と別の化学種が反応する時、求核剤として働いているのかルイス塩基として働いているのか見分ける方法はあるのですか?化学構造から判断するのですか?それとも各々の反応ごとに覚えなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

「回答に対するお礼」を拝見しました。

確かに私の回答は、あなたが興味を持たれていた点とは
多少かけ離れていましたね。お詫びというわけではないですが、
求核剤と塩基、どちらとして働くか?見分け方の一つの目安を。

たとえば同じアルコキサイドでもメトキサイドのほうが
tert-ブトキサイドよりも求核剤として働きやすい。
(速度論的な話で、求核剤としてどちらが強いか?という話ではありません。)

といったことは、立体的なかさ高さの点から予測できると思います。
特に、求電子中心も立体的にかさ高い場合、立体的にかさ高い
試薬は、求電子中心に近づくことが困難なため、塩基としてしか働けない。
といった傾向があると思います。

Q奈良県橿原市近辺で鍼灸院を

 今朝起きたら、肩から首が寝違って動きません。
ちょっと息をするのもつらくなってきました(>_<)
 奈良県橿原市近辺で、針治療を行っているところをっ紹介してください。できれば、治療法(電気を通すとか暖めるとかいろいろ)、治療時間、料金等もあわせて、紹介してくださると助かります。

Aベストアンサー

県立奈良医大の近くにある、石田針灸院、いいですよ。何度もお世話になっています。
電気治療もありますし、回復したら、足裏マッサージもありますよ。
針はとっても気持ちいいです。
診察券が手元になくて、電話番号等紹介できませんが、多分電話帳で調べたら分かると思います。
私は電気なしで、針のみでいつも3000円前後です。
ここは超お勧めです。
電話帳で調べてくださいね。
(ちょっと階段が急で怖いですが。余談です)

Q浮沈法に用いる試薬

密度が1.88(g/cm3)の試料もの密度測定を行いたいのですが、1.88(g/cm3)以上の適当な溶液が見つかりません。
ご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
体積を計る方法というのは、工夫次第で色々な方法が考えられます。

ただ、メスピペットはあまり精度がよくありませんので、今回の様な目的の計測には不向きでしょう。

むしろ質量の計測は比較的簡単ですから、あまり太くないガラス管などに入れて一定体積にして計る方法が簡単ではないでしょうか。
ガラス管の片方を閉じて、立てられるようにしておけば、体積は水を入れて計る事で計算できます。

Q町屋の屋根の下にある釣り針みたいなのは何?

奈良県高取町にあった町屋です。
町屋の屋根の下に釣り針みたいなものが何本もつけられてありましたが
これは何ですか。

古い民家のことは歴史カテゴリーの方がくわしいかと思い、こちらに質問させていただきました。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

雨樋の金具では?
http://item.rakuten.co.jp/unidy/c/0000004818/

Q粉末試薬か液体溶液試薬か

実験試薬を調製するときに、液体溶液試薬を購入するのと、粉末試薬を購入して調製するのと精度は違うのでしょうか?
実際は、0.01Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのに、0.1Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を購入して希釈するか、粉末のチオ硫酸ナトリウムを購入して調製するか、迷っているところです。

Aベストアンサー

滴定に用いるのであれば、市販品にはファクターfが記載されていると思いますので購入した方が精度もいいですし、調製する手間もいりません。

標準溶液としてチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのであれば、ファクターも求めなければならないですし、面倒なことが多い。

しかし、購入しても10倍希釈する必要があるということなので、どっちにしてもkololiさんの腕次第のような気がします。

Q長野から奈良県の吉野山までのルートについて

長野から奈良の吉野山まで車で行こうと思うのですが、伊勢関ICを降りて名阪国道(25号)に乗る所までは調べたのですが、疑問点が色々と。高速検索で調べると伊勢関ICでは降りられない?みたいな表示が。意味がわかりません。そしてもう1点、名阪国道の針ICまで行くのが吉野山までの近道?らしいのですが、名阪国道って高速道路なんでしょうか?高速検索では出てこないんですよ。分からないことだらけですいません。

Aベストアンサー

ども。奈良県民です。長野にもよく行きます。

伊勢関ICで意味不明のようですが、
東名阪道からは道路標識に従って走ると
一般道に降りることなく名阪国道に続けて乗れます。
ちょっとややこしいのは東名阪道の終わる亀山ICで、
ここは伊勢道と一般国道、亀山SA、名阪国道への分岐が
断続的に出現する場所なので、スピードを緩めて、
一番左側の車線を走るようにしてください。


名阪国道は料金所もなけけば
信号もなければ、原付や歩行者の通行も禁止されている
2車線の自動車専用道路です。
乗り降りはICと同じように流入、流出します。

が、一般国道扱いなので高速検索にはひっかかりませんし、
制限速度は60キロです。
ただ、ほとんどの車は80キロから100キロで流れていますので、
覆面パトカーにご注意ください。

それと無料の高速道路のようなものなので、過積載のトレーラーが
30キロくらいで走っていることもあり、追突事故なども起こっていますので
こちらも注意が必要です。

吉野山へは針ICを降り、榛原の町中を通過するのが、
最も早くて近い道です。渋滞はありませんし、
道はほとんどが整備された信号のない田舎道です。
ただし、榛原の手前と吉野の手前はかなり勾配のある
カーブのきつい山道を走りますので、運転にはご注意を。

桜の季節は混雑しますのでご覚悟を。

ども。奈良県民です。長野にもよく行きます。

伊勢関ICで意味不明のようですが、
東名阪道からは道路標識に従って走ると
一般道に降りることなく名阪国道に続けて乗れます。
ちょっとややこしいのは東名阪道の終わる亀山ICで、
ここは伊勢道と一般国道、亀山SA、名阪国道への分岐が
断続的に出現する場所なので、スピードを緩めて、
一番左側の車線を走るようにしてください。


名阪国道は料金所もなけけば
信号もなければ、原付や歩行者の通行も禁止されている
2車線の自動車専用道路です...続きを読む

Qアリルグリニャール試薬とアリールグリニャール試薬

英語の文献に下記の2つのグリニャール試薬が出てきました。

allyl Grignard reagent
aryl Grignard reagent

"allyl(アリル)"は脂肪族基名、"aryl(アリール)"は芳香族基の総称で、二つは全く別物だと思うのですが、そもそも"allyl Grignard reagent(アリルグリニャール試薬)"というものはあるのでしょうか?
web上で検索すると、"allyl Grignard" が少なからずありますが、"aryl Grignard"の方が圧倒的に多く、
化学の知識が乏しいため、"allyl"が"aryl"のミススペリングなのかどうかというところで迷っています。

検討違いの質問かもしれませんが、お力をお借りできないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「アリル基 (aryl group)」は次のものです。

  CH2=CH-CH2-

「アリール基 (aryl group)」とは芳香環の水素原子が取れた形の置換基です。一番簡単なものはフェニール基。

     _
    / \
  HC ○ C一
    \_/

 したがって,「アリルグリニャール試薬」はアリル基の付いたグリニャール試薬(下記のAなど)であり,「アリールグリニャール試薬」はアリール基の付いたグリニャール試薬(下記のBなど)です。

 A: CH2=CH-CH2-MgX
       _
      / \
 B: HC ○ C一MgX
      \_/

 どちらもありえますから,御覧になったものがミススペリングかどうかは内容で判断するしかありません。ただ,「aryl」と「allyl」を間違える事はあっても,ミススペルスルとは考え難いですが・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報