質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

今週の土曜から初めての海外旅行に行きます。
無謀にもツアーにしなかったので分からないことだらけです。帰国便がウィーン発チロリアン航空のコードシェア便でフランクフルトにてJAL乗り継ぎなのですが1時間10分しかありません。免税手続きや出国手続きをしていたらっていうかしなくても間に合うか心配です。上記のような手続きはウィーンではできないのですか??そもそも免税手続きなども自信がありません。詳しい方是非ぜひ回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

フランクフルトは乗り継ぎだけで、入国はしないんですよね。


ならば、フランクフルトでの”出国手続き”はありません。
なぜならば、ドイツに入国していないからです。

免税手続きですが、これはフランクフルトで行う必要があります。
EU加盟国から帰国する場合、免税手続きは最後のEU加盟国で
行います。乗り継ぎの場合は、乗り継ぎ地。
ただし、荷物を手荷物ではなく、預け入れにした場合はオーストリア
出国時に手続きするようです。以下を参照してください。

オーストリア政府観光局
http://www.austria-connection.at/anto/shop/taxfr …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます!!!!
このことが気になって眠れないところでした。お蔭様で安心して眠れそうです。観光局のH.P見て寝ます♪

お礼日時:2006/02/07 23:18

この乗り継ぎ時間で、免税の手つずきは、危ないので、


ウイーンで行って、ください、
1)航空会社でチェックインしてください、
2)搭乗券、とスーツケースを持って、税関のカウンターに
  いってください、
3)買い物の時お店でもらった、免税書類と品物を提示してください、
4)終了したら、品物をスーツケースにいれて、航空会社に渡して
  ください、
5)税関より免税分の代金の書類をくれます、空港の銀行でユーロ
  に変えてくれます、ユーロを円にすることも出来ます、

これだけしておけば、乗り換えのフランクフルトで何もすることは
ありません、コーヒーでも飲みながらJALをお待ちください、
なおウイーンでの買い物(1万円以上)のとき外国人であり、免税
のてつずきをしてください、と必ず言って書類をもらってください、

良いご旅行を!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく順を追っての説明、ありがとうございます!コーヒーを飲むほどの時間があるわけですね。安心しました。

お礼日時:2006/02/08 11:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランクフルトで乗り継ぎ(初心者です)

ルフトハンザを利用してフィレンツェへ行きたいと
思っています。
となると、フランクフルトでの乗り継ぎになるのですが
空港がかなり大きいと聞き、更にトランジットの経験が
全くないので、かなり心配です。

フランクフルトでのトランジットの経験のある方、
是非アドバイスをお願いします。モノレールでの
移動なども必要なのでしょうか?
ちなみにトランジットの時間は2時間弱ほどです。

Aベストアンサー

 参考URLで、フランクフルト空港のマップをご覧ください。
日本からの国際線は、AエリアかBエリアのいずれかに到着します。
また、フィレンツェ行きの便もAかBから出発します。そのため、
ほかのターミナルに移動する必要はありませんのでご安心ください。

 日本からの飛行機を降りたら、向かう方向はひとつで、そのまま
歩いていくと入国審査場があります。日本人でしたらパスポートを
チラッと見て、ほとんどの場合それでオーケーとなります。

 そこを抜けてから、しばらく歩くと広めのロビーに出ます。その
付近には、出発便の一覧が載ったテレビモニター( Departure、
もしくはドイツ語の Abfahren と表示されています)がありますので、
フィレンツェ便の出発ゲートをご確認ください。

 AエリアでもBエリアでも、すぐに歩いていける距離です。なお
フランクフルト空港は独特の構造で、ゲートのある通路が2階建てに
なっています。そのどちらの階からでも乗り降りができるんですね。
もちろん、一つのゲート番号に一つのゲートが対応していますので、
ゲート番号を頼りに歩いていけば迷う心配はありません

参考URL:http://www.lufthansa.co.jp/cms/flight_travel/frankfurt/terminal_1.html

 参考URLで、フランクフルト空港のマップをご覧ください。
日本からの国際線は、AエリアかBエリアのいずれかに到着します。
また、フィレンツェ行きの便もAかBから出発します。そのため、
ほかのターミナルに移動する必要はありませんのでご安心ください。

 日本からの飛行機を降りたら、向かう方向はひとつで、そのまま
歩いていくと入国審査場があります。日本人でしたらパスポートを
チラッと見て、ほとんどの場合それでオーケーとなります。

 そこを抜けてから、しばらく歩くと広めのロ...続きを読む

Qフランクフルトで乗り継ぎ

バルセロナに近々行きます。関西からルフトハンザのLH741という便です。フランクフルトで乗り継ぎがあるようで、とても広い空港と聞きました。フランクフルトには14:35着で、乗り継ぎが16:05発のLH1132です。乗り継ぐのに時間的には大丈夫なのでしょうか?ターミナルの移動などありますか。徒歩で行けるのか、またはモノレールなど乗るのか分かりますか?

Aベストアンサー

フランクフルト空港にはターミナルが二つありますが、ルフトハンザ同士の乗り継ぎなら共にターミナル1使用なのでモノレールなどに乗る必要はありません。基本的には乗り継ぎ便の出発ゲートをスクリーンで調べてそのゲートが表示されている表示にしたがって歩けばいいだけです。たとえ間違って出口に進んでしまってもあらためて入り口から入ってくればいいだけなのであまり心配しなくて大丈夫です。途中入国審査と保安検査にぶち当たりますが、確か行列はフォーク型だったと思いますから悩む必要はないです。時間は十二分にあると思いますが、もし到着便が遅れたりしてやばいと思う場合は地上係員を捕まえて指示をあおぎましょう。列を飛びこえられるようにエスコートしてくれたりします。またたとえ到着が派手に遅れて乗り継ぎ便が出てしまっていても後続便に振り替えてくれます。

心配ならルフトハンザやフランクフルト空港のホームページで地図などをチェックできますが、私は地理にこだわらず表示板に従ったほうが迷わないと思います。ちなみにこの空港は店などは「外」エリアに多いです。行きで勝手がわかって帰りに時間的余裕があるなら外に出てきても面白いかもしれません。

フランクフルト空港にはターミナルが二つありますが、ルフトハンザ同士の乗り継ぎなら共にターミナル1使用なのでモノレールなどに乗る必要はありません。基本的には乗り継ぎ便の出発ゲートをスクリーンで調べてそのゲートが表示されている表示にしたがって歩けばいいだけです。たとえ間違って出口に進んでしまってもあらためて入り口から入ってくればいいだけなのであまり心配しなくて大丈夫です。途中入国審査と保安検査にぶち当たりますが、確か行列はフォーク型だったと思いますから悩む必要はないです。時間...続きを読む

Qフランクフルト空港での乗り継ぎ

12月23日、伊丹→成田からフランクフルト経由でヴェローナに行きます。
航空券を買って一人で海外に行くのははじめてなので、乗り継ぎができるか不安です。

・乗り継ぎは、航空券を見せて空港の方に尋ねていけば(日本語以外ほとんど話せませんが)なんとかなるものだと思っているのですが、そんな考えで大丈夫なのでしょうか?

・また、初めての場合、乗り継ぎ所要時間はどれくらいみておけばいいでしょう?

・フランクフルトには14:05着、20:50発で、乗り継ぎ時間が6時間45分もあります…
手続き?などで、自由に動けるのは実質4時間半程度だそうですが、
この際、空港外に出ることはできるのでしょうか?ビザやなにか難しい手続きがありますか?

・また、トランクなどの大きな荷物は、伊丹で預ければヴェローナで受け取るだけでいいのでしょうか?
それとも成田やフランクフルト、途中の空港ごとに受け取って移動しなければならないのですか?
(成田→フランクフルト→ヴェローナまではすべてルフトハンザです)
受け取らなければならないのなら、やはり乗り継ぎ時間の外出は難しいのでしょうか。


時間さえ気をつければなんとかなるだろう!くらいの気持ちでいましたが、
ちょっと不安になってきました。よろしくお願いします。

12月23日、伊丹→成田からフランクフルト経由でヴェローナに行きます。
航空券を買って一人で海外に行くのははじめてなので、乗り継ぎができるか不安です。

・乗り継ぎは、航空券を見せて空港の方に尋ねていけば(日本語以外ほとんど話せませんが)なんとかなるものだと思っているのですが、そんな考えで大丈夫なのでしょうか?

・また、初めての場合、乗り継ぎ所要時間はどれくらいみておけばいいでしょう?

・フランクフルトには14:05着、20:50発で、乗り継ぎ時間が6時間45分もあります…
手続き?など...続きを読む

Aベストアンサー

回答がほぼ出揃ってますが、補足も兼ねて。
伊丹からヴェローナまで通しの予約ですよね?
なら往路は伊丹でチェックイン手続きは全部終わります。

■伊丹で
常識的に考えてルフトハンザに接続する国内線は全日空なので、
伊丹空港での手続きは全日空のこのサイトを見ておいてください。
11番カウンターでスルーチェックイン手続きをしてください
http://www.ana.co.jp/dom/checkin/step/connect/
荷物はヴェローナまでスルーで預けられます。荷物タグに「VRN」と入ります。
もし「FRA」になっていたらフランクフルトで止まってしまうので、
ヴェローナまで通しにするよう交渉してください(担当ができるのを知らないだけです)。

搭乗券も恐らく伊丹→成田、成田→フランクフルト、フランクフルト→ヴェローナと
3枚もらえます。これはもらえなかったら、各空港の乗り継ぎカウンターでもらっても良いし
伊丹でもらえないの?と聞いてみてもどっちでもOKです。

まさかJALとは思わないですが、その場合はこちら
http://www.jal.co.jp/inter/airport/japan/nrt/connect.html
※この場合伊丹でヴェローナまでチェックインできるか聞いてみてください
成田で第2ターミナル→第1ターミナル南ウィングへ移動が必要です

■成田で
全日空で伊丹→成田の場合、乗り継ぎは簡単です。
「国際線乗り継ぎ専用施設」の表示に従って手荷物検査→出国審査をして
3階出発階に上がってフランクフルト行きのゲートに行くだけです。
詳細は全日空のサイトをどうぞ
https://www.ana.co.jp/int/airinfo/guide/nrt/index.html#04

■フランクフルトで
大きいですが、大して分かりにくい空港ではありません。
ドイツとイタリアとも、シェンゲン協定というEU統合のための出入国協定に加盟しています。
なのでそのルートだと入国審査はヴェローナではなくフランクフルトになります。

到着後、嫌でも入国審査に進む構造になっています。
ルフトハンザ同士の乗り継ぎなら、ターミナル1で完結するはずです。

荷物の受け取りはヴェローナのはずなので、フランクフルトでは入国審査後
ヴェローナ行のフライトの場所を電光掲示板で確認した後、
Connecting Flightsの表記とゲートの番号(アルファベット+数字)を見て、
ヴェローナ行のフライトの搭乗口に移動してください。

フランクフルト空港は最初のアルファベットが
ターミナル1から放射状に出ている通路の名前になっています。

ルフトハンザの空港案内を参考にどうぞ
http://www.lufthansa.com/jp/ja/Lufthansa-at-Frankfurt-airport
空港が一応日本語のPDFガイド作ってくれてます
http://www.frankfurt-airport.com/content/frankfurt_airport/en/services_at_the_airport/sprachversionen/japanisch.html

6時間あれば空港の外に出られます。空港の地下に鉄道駅があります。
この位の英語が読みこなせれば、市内へ出てみても良いですが。。。
フランクフルト空港への交通案内(英語)
http://www.frankfurt-airport.com/content/frankfurt_airport/en/directions/arriving_by_bus_ortrain.html

フランクフルトは欧州中央銀行があったり会議場がある街です。
ヨーロッパの大都市みたいなイメージで行かれるとかなり近代的でがっかりするかも。
ドイツの他歴史的な街へ行くには時間が足りない印象です。

■ヴェローナで
フランクフルト→ヴェローナは国内線みたいな扱いです。
荷物を忘れずに受取って、税関検査を受けてください。
(イタリアの税関検査は実質あってないみたいなもの)

なお復路も同じルートの場合、出国審査がフランクフルトなのは変わらないです。

成田で税関検査がある関係で、荷物はヴェローナから成田までしか流れません。
成田で入国審査+税関検査を受けた後、上述全日空のサイトにあるように
「国内線乗り継ぎ旅客専用出口」へ進み、「成田コネクション手荷物カウンター」
にて手荷物をお預けください、とのことです。

お気をつけて。

回答がほぼ出揃ってますが、補足も兼ねて。
伊丹からヴェローナまで通しの予約ですよね?
なら往路は伊丹でチェックイン手続きは全部終わります。

■伊丹で
常識的に考えてルフトハンザに接続する国内線は全日空なので、
伊丹空港での手続きは全日空のこのサイトを見ておいてください。
11番カウンターでスルーチェックイン手続きをしてください
http://www.ana.co.jp/dom/checkin/step/connect/
荷物はヴェローナまでスルーで預けられます。荷物タグに「VRN」と入ります。
もし「FRA」になっていたらフランクフル...続きを読む

Qドイツの出入国カード

ドイツの出入国カードの記入の仕方が記載されているHPを探しています。よろしく御願いします。

Aベストアンサー

ドイツの出入国カードはありません 
従って記入の仕方が記載されているHPもありません

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q空港での手荷物検査についての質問

海外旅行初心者です、よろしくお願いします。
手荷物検査のルールについて教えてください。

先日ローマ空港からフランクフルト空港経由で帰国しましたが、
その際、フランクフルト空港での乗り継ぎ時に手荷物検査があり、
手荷物にしまっておいたお土産のお酒を没収されてしまいました。
お酒はローマ空港で、手荷物検査を受けた後に免税店で購入したものです。

今まで他の空港で乗り継ぎのときに手荷物検査を受けたことは無く、
今回、とてもびっくりしたと共に、連れて行かれてしまったお酒のことを思うととてもがっかりです。

フランクフルト空港では、乗り継ぎのときにも手荷物検査を必ず行う必要があるのでしょうか?

乗り継ぎは、ルフトハンザからANAでした。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ローマからルフトハンサで到着し、全日空に乗り継ぎの場合、
フランクフルト空港で手荷物検査を受ける必要はありません。
ルフトハンザでローマからフランクフルトに着いた場合、
第1ターミナルのAホールかBホールのシェンゲンエリア内に着くはずです。

もしAホールに着いた場合、全日空の搭乗口はBホールなので、
AホールからBホールに抜けるトンネルを通ってBホールまで行き、
そのまま出国審査を通ればその後手荷物検査がありません。
Bホールに着いた場合でもそのままパブリックエリアに出ず、
出国審査を通れば手荷物検査がありません。

ただ、ANAでなくJALで帰る場合、JALは第2ターミナルにあるので手荷物検査は必ず受けなければならなくなります。

但し手荷物検査を受けた場合でも、ローマの免税店で入れてもらった透明の袋をやぶかなければ没収はされないはずですが。

Qフランクフルト空港での乗り継ぎ(日本へ)

フランクフルト空港での成田行き便への乗継について質問させていただきます。

現在イギリスに留学中で、6月の頭に日本に帰国するのですが、その際ルフトハンザ航空で、ロンドン→フランクフルト→東京という路線を使うことになっています。

12:25にフランクフルト着→13:40にフランクフルト発という少しタイトなスケジュールになってしまったので、フランクフルト空港で、スムーズな乗り継ぎをするために何かご存知の方がいらっしゃれば、情報を提供していただけると幸いです。

ちなみに、ロンドンからの便はターミナル1のCゾーンのどこかに到着し、日本への便はBゾーンから出る可能性が高く、C-B間の移動は徒歩で可能という情報は得ております。

また、イギリスはシェンゲン条約非加盟の国ですが、この場合フランクフルトでの入国審査または出国審査などは必要なのでしょうか?

これらの点を踏まえて、どなたか詳しい方がいらっしゃれば、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

乗継で2回利用しましたが、フランクフルト空港はとても広く、日本行きの便の搭乗口まではとても遠い印象ががあります。
直近で利用した1月にはウィーンからの乗り継ぎだったのですが、(確かAからBだったと・・・エレベータ乗ったりトンネルのようなところ歩いたりしました。)時間測ってみたところずっと小走りで25分かかりました。日本の空港のような「歩く歩道」は止められてて機能しなかったし、移動用カートのようなのもなかったです。足が悪い人や年配の方にこの空港は乗継利用では勧められないと思いました。
空港の案内地図を見るとCからBだとこれよりは近いような気はしますが、時間はかかるかもしれないことは覚えておいて、早め早めの行動を心がけておいたほうがよいと思います。
案内標識は分かりやすいので迷うことはほとんどないと思います。

Qミュンヘン~成田の乗り継ぎ55分 間に合うの?

はじめまして。今度旅行に行くのですが、帰りがローマ~ミュンヘン、ミュンヘン~成田です。
ANAのスーパーエコ割webです。そこでローマからミュンヘンの到着が19:00、ミュンヘン発が19:55となっているのです。こんな乗り継ぎありえるのでしょうか??本来ミュンヘン発の国際線になるのだから2時間前にチェックインしないとダメでないのでしょうか?ローマ~ミュンヘン間はおそらくルフトハンザかと思います。ミュンヘン~成田はANAです。自己責任で、乗り遅れても仕方ないなら買いなさいということなのでしょうか?
それともネットで載っているくらいなら、乗り継げる方法があるのでしょうか?やはりもちろん、確実に乗れるよう、少し割高になってでも余裕のある便を選ぶべきでしょうか?
疑問に思いましたので、詳しい方のご意見をいただけるとありがたいです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

詳しいことはわかりませんが、自分の経験を書きますね。
今年の2月に全てルフトハンザでミュンヘン乗り継ぎでヨーロッパの街へ行きました。
ミュンヘンで入国審査(?)をしたり再度手荷物を調べられて…
でもそんなに時間はかかりませんでした、
2月は雪が降り、ミュンヘンで3時間の遅れ。

帰りは出発の空港で遅れがあり
ミュンヘンで1時間半の乗り継ぎ時間が45分ほどになってしまいました。
飛行機から降りるともっとギリギリの人のために出口で空港係員の人が名前を呼んで誘導していました。
帰りは手続きとかはそんなに時間はかからなかったです。
成田行きに搭乗すると離陸が少し遅れました。
どうやら乗り継ぎの飛行機が遅れた人を待っていた様子です。
通しで発券していれば多少の遅れなら待ってくれるみたいですが
1時間とか遅れたらやはり飛行機は離陸してしまうと思います

行く時期にもよりますが、冬のヨーロッパは雪で欠航したり遅れが目立つようです。
でもローマなら雪が降らないので雪の遅れはないのでは?
ミュンヘンは最低乗り継ぎ時間30分となっているので
45分の乗り継ぎは発券されますが、心配なら便を変えたほうがいいかもしれませんね。

詳しいことはわかりませんが、自分の経験を書きますね。
今年の2月に全てルフトハンザでミュンヘン乗り継ぎでヨーロッパの街へ行きました。
ミュンヘンで入国審査(?)をしたり再度手荷物を調べられて…
でもそんなに時間はかかりませんでした、
2月は雪が降り、ミュンヘンで3時間の遅れ。

帰りは出発の空港で遅れがあり
ミュンヘンで1時間半の乗り継ぎ時間が45分ほどになってしまいました。
飛行機から降りるともっとギリギリの人のために出口で空港係員の人が名前を呼んで誘導していました。
帰りは手続きとかは...続きを読む

Q免税手続きについて

旅行で北欧に行きます。
免税手続きをしたことがなく、不安なので教えて下さい!
買い物の際、tax freeを伝え、パスポートを見せて書類を書くこと、開封をしてはいけないことはわかりました。
ヘルシンキでtax free 手続きをして、船でストックホルムへ行きます。
ストックホルムでも買う可能性もあります。

帰りはストックホルム→ヘルシンキ経由→成田空港です。
最後に出国するEUの国で行うとガイドブックには書いてありましたが、
ヘルシンキではなくストックホルムで手続きができるのでしょうか?(乗り換えは1時間ぐらい)

いろいろ検索をしていたら、以下の答えがありました。


税関でハンコもらうときに買ったものを見せる必要があることになっていますが、これより簡単なのが全部スーツケースに入れてしまうことです。
飛行機のチェックインを行い、スーツケースはそこで預けずに免税手続き専用の税関カウンターに持っていって預けます。ハンコもここでもらいます。
こうすれば、どこで乗継しようと出発空港で手続きを終えられるはずです。乗継地でスーツケースをいったん受け取るようなこともいりません。
書類は、ハンコをもらったあとそのまま免税手続きカウンターへ提出すれば、その場で現金が戻ってきます。
日本円でほしい場合は、日本に帰国して空港の免税カウンターで手続きすればよいです。
返金はクレジットカードに振込みや現金支払いが選べます

↑免税の商品をスーツケースに入れて、チェックイン時には預けず、免税手続き専用のカウンターで預けられるのでしょうか?この際中身は確認されますか?
カードに振り込んで欲しいのですが、この手続きは日本でもストックホルムでもできますか?
どなたかもう少し詳しく教えて頂けますでしょうか?

旅行で北欧に行きます。
免税手続きをしたことがなく、不安なので教えて下さい!
買い物の際、tax freeを伝え、パスポートを見せて書類を書くこと、開封をしてはいけないことはわかりました。
ヘルシンキでtax free 手続きをして、船でストックホルムへ行きます。
ストックホルムでも買う可能性もあります。

帰りはストックホルム→ヘルシンキ経由→成田空港です。
最後に出国するEUの国で行うとガイドブックには書いてありましたが、
ヘルシンキではなくストックホルムで手続きができるのでしょうか?(乗り換え...続きを読む

Aベストアンサー

EUのVAT tax Refund(免税還付)手続きは、EUからの最終出国空港で行うとの事でしたが、2年前に、アムステルダム経由ストックホルムを往復した時には、ストックホルム・アーランダ空港で、処理出来ましたよ。

帰国時に、アムステルダムでの乗り継ぎ時間が、1時間弱しかなかったので、聞いたところ何の問題もなく処理できました。

還付金は1万円余だったのですが、スウェーデン・クローネか、日本円か聞かれて、千円札と端数はクローネでもらいました。
端数のクローネはゲイト前のお店で使ってしまいましたが。。。

>帰りはストックホルム→ヘルシンキ経由→成田空港です。

という事は、フィンランド航空をお使いであれば、ストックホルム・アーランダ空港は、KLMと同じく、ターミナル5だと思いますが、手続きは2ステップで行います。

1.ターミナル5のLevel3(出発階)で、チェクインする前に、「Global Blue’s office (黄色の19) 」へ行きます。
(チェクイン・カウンター 56)の右側、(i)インフォーメーション・デスクの隣です。)
参照図(Terminal 5):
http://www.arlanda.se/upload/bilder/karta/terminalkartor/eng/1105/T5_web_ENG.pdf

ここで、申請書を書いて、買った商品と領収書、パスポート、eチケットのコピー等を見せて、申請書に確認印を押して貰います。
この後で、預託するスーツケースに商品を入れて、チェクインします。

2.捺印された申請書等を持って、「Forex office (黄色の35)」へ行きます。
「Forex Office(黄色の35)」の場所は、上記参照図を見てください。
行き方は、荷物を預けて、チェクイン後、チェック・インカウンターの左側にある「パスポート・コントロール/セキュリティ・チェック」を通ったら、直ぐの通路を右に進み、突き当たったら右に曲がって行くと、「Forex office 」のカウンターありますので、ここで、捺印済み申請書とパスポートを出して還付金(現金)を受取ります。

以上のようにして、2年前に免税の還付を受けました。

余談ですが。。。
免税還付の申請書に捺印して貰う時には、申請する商品と持参した商品の突き合わせをされましたので、高級品やかさばる物品でなければ、紙袋等に入れておいて、見せた後に預託荷物のスーツケース等に入れた方が良いと思います。

また、アルコール類やタバコ、食品、香水や化粧品等は対象外のようですが、その他の商品でも、スウェーデンのVAT(付加価値)17.5%まで還付されると結構大きいですよね。

ストックホルム、良いですね。
旧市街(ガムラスタン)は趣があって良かったですよ。
小物やSweden madeの専門店、素敵なレストランやカフェ等があり、楽しめましたよ。

EUのVAT tax Refund(免税還付)手続きは、EUからの最終出国空港で行うとの事でしたが、2年前に、アムステルダム経由ストックホルムを往復した時には、ストックホルム・アーランダ空港で、処理出来ましたよ。

帰国時に、アムステルダムでの乗り継ぎ時間が、1時間弱しかなかったので、聞いたところ何の問題もなく処理できました。

還付金は1万円余だったのですが、スウェーデン・クローネか、日本円か聞かれて、千円札と端数はクローネでもらいました。
端数のクローネはゲイト前のお店で使ってしまいました...続きを読む


人気Q&Aランキング