昼間は太陽光発電で、余った電気を電力会社が買ってくれるシステムがあるそうですが、仮にすべての家庭に太陽光発電が普及したら電力会社は成り立つのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

オール電化住宅という言葉を耳にしたことがあるでしょう。


電力会社は太陽光発電設備が環境に良いからという名目で普及に努める一方、家庭の消費電力を増加させる方策として何でも電力を利用するシステムつくりに奔走しています。
一般住宅に単独で太陽光発電を取り付ける場合は、売電電力で設備費用の減価償却が可能ですが、オール電化住宅では減価償却は困難です。
すなわち太陽光発電のメリットを電力消費量の増加分で食いつぶさせて、結果として電力会社の売上増加を狙っているというわけです。
環境に関心が高まると、言葉巧みに環境に良いと偽って機械を売り込み姿勢が見られます。
消費者はメーカーや電力会社の甘い言葉にだまされること無く真偽を自分で確かめる必要があります。
太陽光発電そのものも、LCC(ライフサイクルコスト:製品が生み出されるところから廃棄処分されるまでのエネルギー収支)はプラスにはなっていない、すなわち環境にやさしいとは言い切れないという報告もあります。
企業は環境保全を営業ツールとして利用している段階からいまだに脱皮していません。
現状の環境対策機器の多くは企業の存続を危うくしない程度に機能が制限されている物が多いのでまだまだ本物とは言えないと思います。
ということで、現状の太陽光発電システムを取り巻く環境から考えると、家庭における太陽光発電の普及は電力会社の計算の範囲に収まると思われます。
    • good
    • 0

 発電量>消費量の場合のみ売電になります。

夏場、クーラーを使用した場合は屋根全体にパネルを設置しても足りなくなりますから、発電所は必要でしょう!!
 また、工場や電車の電力は膨大で、これもまた太陽光発電で補えない量です。

 全てが太陽光発電になった場合、夜は電気がなくなっちゃいます。(バッテリーに蓄積するというのもありますが)。

 電力会社は成り立つのではないでしょうか・・・。

この回答への補足

電力会社は原則的に一定の発電そして供給を目指していると思います。
家庭での電気消費量はどこの太陽光発電の家庭も一緒で雨の日、夜、夏場のエアコンと決まってます、お天気次第で余る時もだいたい同じです。
同時に大量の供給、購入は電力会社にとって大きな負担に思えます(蓄電池の性能が飛躍的に上がれば別)、現在はまだ0.01%(未確認)位の普及ですから誰も問題にしませんが今後20~30%と普及していったら、果たして電力会社は余った家庭の電気を買い続けていけるでしょうか。

補足日時:2002/01/09 13:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q補助金なしで太陽光発電のシステムが一般家庭に普及してくるのはいつごろで問題点を教えてください?

自分の家にも太陽光発電が導入されて環境にやさしく安く電気が使い放題になるとよいですね。現在は補助金がないと普及するのは大変だと聞きますがこのような技術開発は日本にとってもうってつけの研究と産業育成のテーマだと思います。補助金なしでも太陽光発電のシステムが一般家庭に導入されるようになるのはいつごろからですか?
それまでに現在問題になっている研究上の課題、大量生産して安くするための社会の産業システムの進行状況について教えてください。

Aベストアンサー

基本的には、国策ですから、今回のETCのような優遇措置がいつ政策決定するかでしょうね。
で、技術は進化しますから、5年後、10年後はどうなってるかわかりません。効率的で、設備も簡素なものができる可能性は十分ある。

ともかく、発電効率と、蓄電効率を、どこまで高めるかってことでしょう。今はまだ、IHのようにイメージ先行の気はありますが。

Q太陽光発電の電力モニター

大手の住宅メーカで新築しました。
太陽光発電(京セラ)を付け、使用電力量や発電量を見ることができるモニター(大崎電気工業)がリビングの壁に付いています。
電力会社とは時間帯別契約をしており、夜間用のブレーカー(エコキュート、蓄熱暖房)があります。
モニターの使用電力と電力会社からの請求の使用電力とは大きな差があったので、住宅メーカーに問い合わせたところ、夜間用のブレーカーの使用電力はモニターには反映させないように通常施工している。反映させるには、別途工事が必要だとのうやむやな答えでした。しかし、モニタの説明書を見ると、夜間用のブレーカーの使用電力も表示することができるようですし、節電にも役立つかなと思っていたのでちょっと納得がいきません。
他のお宅では、どうなのでしょうか。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ。hamakanと言います。
上記のhinabonさんご紹介の太陽光業者の者です。
hinabonさんの言うとおりそのモニターとはエコノナビットでしょうか?

エコノナビットでない場合は何とも言えませんが、一般的にモニターにはCTセンサーという物がついています。(電線に通す輪のようなもので線に直接触れずに電流量を測ることが出来るセンサー)
これを取り付ける位置で深夜分の電力が拾えるか、拾えないかが決まります。

jojis2005さんの場合、業者さんに工事費が掛かると言われているとのことですので、恐らくエコキュート用の電線分岐点が屋外にあるのではないでしょうか?(もし屋内の分電盤内で分岐しているのに出来ないといっているのであればちょっと問題ですが…)

これですと残念ながら新たに工事をしないと深夜分(エコキュート分)の電力使用量は測ることができません。

Q太陽光発電を設置したら電力会社から請求された。

太陽光発電を設置したら後日電力会社から柱上変圧器の揚げ替え費用を請求された事を聞きました。その変圧器には他にも数件太陽光発電を設置していますが、揚げ替え請求は来ていないとの事です。何故変圧器の揚げ替えが必要なのでしょうか?
もしその変圧器に供給されている家が全数太陽光発電を設置していたとして、
昼間全数余剰電力が発生した場合売電は出来るのでしょうか?
余剰電力がどこで消費されるのかが解りません。変圧器を負荷として消費するのでしょうか?
もしそうだとしたら高圧側に電流が流れるのですか?
太陽光発電に詳しい方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

> ところで太陽光発電の出力電圧は105~106Vぐらいだと聞いたことがありますが
仮に変圧器の低圧側の出力電圧が107Vの場合瞬間的には高圧側には流れない→売電ができない状態になるのではないかと思っています。考えすぎでしょうか?

そのとおりです。
自家消費電力>太陽光発電電力の関係では、配電線(電力会社側)からの電力も使いますが、
逆の場合は太陽光発電電力の電圧を上げて配電線に電力を送り込みます(家庭などの余剰電力売電の場合)。
この動作を行うのがパワーコンディショナーと呼ばれる部分です。
なお、配電線側の電圧上昇のどこまで追随するのかはパワーコンディショナーの仕様或いは電力会社の規制があると思いますが、この追随の限界を超えたときはパワーコンディショナーは出力を停止する保護はあるはずです。
パワーコンディショナーの出力電圧は配電線側の周波数(電圧の変化)にあわせて動作するので、「瞬間的には」と言う見方は不要です。
瞬間的に大小関係が崩れるならば、それはパワーコンディショナーの不良です。

Q太陽光発電の発電効率について

今後太陽光発電の増産及び新製品を各社がかなりの設備投資で行うようで、この中で発電効率5%向上を・・・年頃までになどと記事に載っていました。現在、設置場所で南面で4.0Kwを載せられる家と、数年後に5%効率が向上した時に南面が2Kw、東・西面にそれぞれ1Kwの計4.0Kwの家ではどちらが発電量が多くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問の数値だけでは計算できません
5%アップが 5→10 なのか 15→20なのかで 全く異なります

現状では 新品で15%前後かと思います、これは素子の経年劣化や汚れで下がります
メーカは10年後には2/3程度に下がることを想定していたと思います

それから、太陽電池単体の発電効率がここ数年で5%向上するとは絵に描いた餅です

以上を 理解されれば
あとは算数の問題を解くだけです

Q太陽光発電の発電量

太陽光発電システムを設置し、3日前から発電が始まりました。4.3Kwのシステムなのですが、実際にはどのくらい発電するのでしょうか?
最近2,3日はかなり天気が良く、期待していたのですが、3.5Kwが最高でした。そんなもんでしょうか?
ちなみに茨城県に住んでおり、屋根は真南に向いており遮るものはありません。

Aベストアンサー

あくまで4.3Kwというのは理論値ですから実際にはその7割前後の発電量にしかなりませんよ(車の燃費と同じです)
あなたの場合、約8割くらいの効率の発電をしているみたいですから十分機能を果たしてます


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報