鈴木清順のツィゴネルワイゼンを探しています。

A 回答 (1件)

廃盤になってしまったんですか?そうですか…。


もうすぐ澁谷ジョイシネマで、「ツィゴネルワイゼン」「陽炎座」「夢二」の三本を上映しますよ。ビデオを再発するかどうかはわかりませんが。再発するといいですよね。DVDとかで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛の映画を探しています。最近、感動された映画を教えてください。心が洗わ

愛の映画を探しています。最近、感動された映画を教えてください。心が洗われるようなものが見てみたい昨今です。

Aベストアンサー

ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ
夫を支える妻のまっすぐな愛と、不器用な夫の愛がとても良かったです。

おくりびと
家族愛、親子愛、夫婦愛、様々な愛の形。

虹の女神
市原隼人、上野樹里、蒼井優。

いま、会いにゆきます
タイトルの意味がわかった時は感動しました。

幸福の黄色いハンカチ
究極の愛の形だと思います!

冷静と情熱のあいだ
10年にも渡る大恋愛です!フィレンツェの景色と音楽が美しく、まさに心洗われます。

天然コケッコー
島根県の中学校に都会から転校してきた男の子と地元の女の子の初恋。

ご参考になれば幸いです。

Q亀井文夫監督『生きていてよかった』『世界は恐怖する』を探しています。

亀井文夫監督の作品、『生きていてよかった』(1956年)『世界は恐怖する-死の灰の正体- 』(1957年)の上映情報を調べています。
恐らくビデオ化もDVD化もされていない作品だと思います。どこかの映画祭や特別上映会、研究会やサークルなどで公開しているのを探しているのですが、探し方が下手なのか時間のかけ方が足りないのか、見つからなかったりすでに終了していたりで見逃しています。もう半年も探し続けています。
もしどこかで上映の予定があるなどの情報をお持ちでしたら連絡いただけると幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 今晩は。回答が遅くなりました。

 10年以上前のこと、遺作となった『トリ・ムシ・サカナの子守歌』の上映に併せて、亀井監督の回顧上映が行われました。その時にそれまで上映用のプリントが無く、名ばかりで作品を観ることが適わなかった『日本の悲劇』なども新たにプリントが作られました。確か、『世界は恐怖する-死の灰の正体-』もその一つではなかったかと思います。
 ただ、ちょっと捜してみたものの当時のチラシは捨てていない筈ですが、見つかりませんでした。確認できませんが、とにかくこの時点で作品のプリントは存在し、その後一昨年の山形での特集を始めとして、折々上映されているわけです。

 問題はどこを捜せば良いのか、ですね。carimeloさんは情報源として何を利用していますか?
 既におわかりと思いますが、これらの作品が一般の商業劇場で掛かることはまず考えられません。既に無くなってしまった東中野のBOXはドキュメンタリー専門ということでしたから、上映されたことも有ったかもしれません(あとから確認したところ1年ほど前に『生きていてよかった』は上映されていました)。しかし、この例外的存在が失われた以上、可能性の有る場所は極めて限られています。
 要するに、フィルムセンターか、どこかのシネマテーク(研究的上映を旨とする団体の上映会)何かの自主上映か、監督の特集や映画祭か、こんなところでしょう。
 この辺も既に判っているのではないかと思いますが、どうしても観たいなら、情報誌「ぴあ」の映画ページの劇場部分のあとに有る(私はこれを近年ほとんど見ていないので、必ず「あとに」掲載されているとは限りません。不正確ですがこの点はご容赦下さい)「定期上映」のページを毎週しらみつぶしに調べることです。
 と言っても、東京圏に住んでいなければこれはどうしようもないかもしれません。残念ですがこれ以上は、こちらに協力者を見つけて、情報を送ってもらうようにするしかないでしょう。
 ウェブにはこのような非商業的な映画の上映に関する情報をまとめたページが有るとも思えません。差し当たりはフィルムセンターや川崎市市民ミュージアムのプログラムを月に一度くらい確認する程度でしょうか。
http://www.momat.go.jp/fc.html
http://home.catv.ne.jp/hh/kcm/

 プリントを保管しているのが誰・どこなのかが判れば、そちらから情報を得ることも不可能でも無いですが、(中略)。
 私自身もここまで考えつつ書き進めてきました。ここで「それでは実際にプリントを管理しているのは誰なのだろう?」と、改めて検索したところ、参考URLを見つけました。
 どうしてもフィルムで観たいなら、
・上映の情報をウェブに掲載してくれないかと要望する
・個人的に連絡してくれるのでも良い
とメールを出してみてはどうでしょうか。
 ビデオでも良くて、購入する意志が有るなら、このサイトの中の「作品案内」のページの末尾をお読み下さい。表現は「殆ど」ですから、無いものもあるということにはなりますが、それは連絡してみてのことですね。

 最後に、困ったことに私は劇映画の『戦争と平和』以外は一作も観たことがありません。恐縮。

参考URL:http://www.geocities.jp/japandocumentfilm/index.html

 今晩は。回答が遅くなりました。

 10年以上前のこと、遺作となった『トリ・ムシ・サカナの子守歌』の上映に併せて、亀井監督の回顧上映が行われました。その時にそれまで上映用のプリントが無く、名ばかりで作品を観ることが適わなかった『日本の悲劇』なども新たにプリントが作られました。確か、『世界は恐怖する-死の灰の正体-』もその一つではなかったかと思います。
 ただ、ちょっと捜してみたものの当時のチラシは捨てていない筈ですが、見つかりませんでした。確認できませんが、とにかくこの時...続きを読む

Q「好き」を教えてくれる映画を探しています。

「好き」を教えてくれる映画を探しています。
抽象的な質問で申し訳ありませんが、これが好きってことなんだって感じさせてくれる映画を探しています。
できれば最近の映画が良いですが、昔の映画でも良いです。
洋画、邦画問いません。
ちょっとした内容なども教えて頂けると嬉しいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「(ハル)」(1996)

主演 深津絵里 内野聖陽

速見昇は、学生時代にはアメリカンフットボールの選手として活躍していたが腰の持病が悪化して選手生活を断念してからは夢を見失い東京で平凡なサラリーマン生活を送っている。ある日、パソコン通信の映画フォーラムにアクセスする。「ハヤミノボル」から(ハル)のハンドルネームで参加した速見は、(ほし)というハンドルネームのユーザと意気投合し、パソコン通信でやりとりを始めた。互いに素顔を明かさない関係でのやりとりであったが、誠実に対応する(ほし)に好感を抱いた(ハル)は、悩み事も相談するようになる。しかし、(ほし)の正体は、(ほし)が自称した男性ではなく、盛岡に住む藤間美津江という女性だった。その(ほし)もまた、心に傷を抱え転職を繰り返す日々を送っていた・・

Q「抱いて抱いて」と繰り返すサビの曲を探しています。

結構古い曲で、男性が歌っていると思います。
母が以前カセットテープで聴いていたのですが
どんな曲か忘れてしまって(*_*;

私のうろ覚えのイメージでは

小田和正さんやさだまさしさんのような曲調だったような…
かなり曖昧ですが(笑)

思い出そうとするとどうしても
山下智久さんの「抱いてセニョリータ」や
円ひろしさんの「とんでとんでとんで~」
になってしまいます←

リズムのいい曲だったと思います。


「抱いて」じゃなくて「だってだって」かなあ…?
混乱してきました><(笑)

Aベストアンサー

「抱いて」じゃないんだけど・・・なんとなく伊藤敏博の「サヨナラ模様」だったりして・・・
違うか・・・・(^-^Λ;

http://www.youtube.com/watch?v=yUPYw1VsAgg

Qライオン「いただきます」でのエロガッパの元曲を探しています。

30年程前のライオン「いただきます」で、「エロガッパ」というテーマで謳っていた曲ですが、これの元曲を探しています。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

星降る街角 敏いとうとハッピー&ブルー


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報