昔習ったと思うのですがすっかり忘れてしまいました。
たしかまず円を書くと思ったのですが、どなたか教えてください。

A 回答 (1件)

1.円を書いてください


2.円の中心を通る十字を書いてください。
3.45度回転させた2を書いてください。
4.円と2.3との接点をそれぞれ結べば八角形
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早速やってみました。うまくかけました^^
ありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2006/02/08 16:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「1辺の長さが4cmの正八角形の面積を求めよ。」という問題があるのです

「1辺の長さが4cmの正八角形の面積を求めよ。」という問題があるのですが、
これは「大学生でも解けない人がいるくらいのレベル」だと思うのですがどうでしょうか?

現役大学生の方や社会人の方にお聞きしたいです。
(別に分かったからと言って、どうなる訳でもないんですけどね)

ちなみにこれは、私立中学3年生の問題集の標準問題で、答えは32(1+√2)cm2です。
私(理系院卒)は四苦八苦してやっと解けました。

Aベストアンサー

私は文系大卒ですが、15分くらいで解きました。
はじめは、各頂点から中心に向かって補助線を引いて、8個の二等辺三角形を作って解こうとしたらサインコサインを知らないと解けない事が判り、挫折・・・・・。
(サインコサインの定理を全て忘れたし、中学生は知らないはず)

次に、正八角形を正方形で囲むと、四隅が底辺4cm、低角45度の直角二等辺三角形になる事に気づき、解けました。

因みに48歳です。

Q正八角形を書きたい

知人に頼まれた書類の中で来年の方位図を作らなくてはならなくなりました。
要は「正八角形」をPC上で描画するのですが、苦戦しています。

PCの中にはOFFICE製品があります。新しいソフトを購入することなく、良い方法はないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Wordをお持ちなら、図形描画アイコンをクリック>オートシェイプ>基本図形>八角形を選択し、Shiftを押しながらドラッグすれば好きな大きさの正八角形が描けます。

挿入>図>オートシェイプからでもOK

Q作図方法を教えて下さい

正八角形、正十二角形の作図はどのようにやるのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)正八角形の描き方
a.まず、円を描きましょう。

b.次に、内接正四角形(正方形)を描きましょう。
実際に描く必要はなく、円周上の頂点位置4点だけが作図できればOKです。

c.隣り合う2点の垂直2等分線を描き、円周との交点4点を作図します。

d.円周上の8個の点の、隣り合う2点を結べば、正八角形ができます。

(2)正十二角形の描き方
a.まず、円を描きましょう。

b.次に、内接正六角形を描きましょう。
実際に描く必要はなく、円周上の頂点位置6点だけが作図できればOKです。

(以下省略)

Q円周から半径を求める

タイトルのまんまなんですけれど、
円周から半径を求める方法があったと思うんですけど、
すっかり忘れてしまっているので教えて下さい。
円周率。ではないです。
例えば、円周73cmだったらその半径は何cmになるのか、その計算方法を知りたいのです。
とにかく数学が苦手なので、分かりやすく教えて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

直径×円周率=円周
なので、
直径=円周÷円周率
直径=半径×2なので
半径×2=円周÷円周率
半径=円周÷円周率÷2
です!

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Q正八角形の対角線の長さ

正八角形の対角線の長さは3種類あると思うのですが、
それぞれの対角線の長さの比はどのように求めればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

削除されやすいタイプの質問なので軽くヒント。
--------------------
僕の回答に
最低限必要な知識:

三角比・三角関数(?)
余弦定理
半角の公式
---------------
一辺が1である正八角形の対角線について考える。

まず、一番短いのから。
二辺が1で挟まれた角は135度(正八角形の内角)
余弦定理を利用して求める

二番目。
この対角線で正八角形を斬ると四角形が採れる。
各辺の長さが1で四つの角は
135°,135°,45°,45°である
あとは、もう出せるだろう。

三番目。

正八角形は正方形の各辺に対して
三角が135°,(45/2)°,(45/2)°の三角形をつけたものである。
良く見ると、求める長さは正方形とその辺を底辺とした三角形の高さであることが解る。
この高さと正方形の一辺が出せれば終わり。

Q単相と3相の違い

単相交流と3相交流の違いが知りたいです。
あと3層交流をモーターにつないだとき青と赤を
入れ替えると逆回転しますがどのような理屈になるのでしょうか?
白はは真ん中と決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
つまり、単相では、どちらかの方向に“起動トルク”を与えれば、回転方向が決まります。

三相は、それぞれ120度の位相差を持った“単相”を三つ重ねたものです。
この特徴は“回転磁界”を伴う事です。最初から回転する特性を持っていますので、起動トルクを加える必要がありません。
3本の電線なら、その2本を入れ替える事で、“位相差”が逆になります。
そうなると、“回転磁界”も反転する事になります。

以上の説明は、図に描かないと非常に理解し難いものなのです。
できれば書店で電気の“交流理論”に関する参考書をお求めください。
それを学ばれてから、今一度理解できないところをお尋ねいただいた方が良いと思います。

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
...続きを読む

Q5年生 割合の問題を教えてください

小学5年生の子どもに割合をうまく教えられず困っています。

例)あゆみさんのクラスでは風邪で9人休みました。
これはクラスの30パーセントにあたります。
クラスの人数は何人でしょう?

あとで算数の教科書を見たら、
(もとにする量)=(くらべる量)÷(割合)を使って解くことになるようです。
しかし、この式でなぜ解けるのかが教えられません。
中学生だと、(割合)=(くらべる量)÷(もとにする量)から、式を変形させればいいと教えられるのですが…
本人は、(割合)=(くらべる量)÷(もとにする量)については理解できています。

ちなみに私は、(もとにする量)=(くらべる量)÷(割合)なんて覚えていないので、いきなり質問されて頭の中でX×0.3=9という式をつくり、X=9÷0.3と変形させてからでないと解けませんでした。

Aベストアンサー

割合の公式は3つ
(1)比べる量=もとにする量×割合
(2)割合=比べる量÷もとにする量
(3)もとにする量=比べる量÷割合
一方、小2、小3で出てくる計算式では
(1)全体の量=1あたり量×○つ分
(2)○つ分=全体の量÷1あたり量
(3)1あたり量=全体の量÷○つ分
(例)1人に飴を3個ずつ5人に配ると、全部で15個必要です。
前者の割合の式3つと、後者の計算式3つは実は原則は同じです。
割合では、もとにする量を1と見ます。比べる量は、後者では全体の量。割合は、倍と同じ仲間ですから易しく言えば○つ分ということです。したがって、
 もとにする量(1あたり量)を○、比べる量(全体の量)を□、割合(○つ分)を△とおけば、いかなる場合も、3つの数量の関係は、以下のようになります。
(1)□=○×△
(2)△=□÷○
(3)○=□÷△
これは、割合だけでなく、速さの問題などいろんな場面で使えます。つまり、掛け算割り算を習った段階で、この原理原則は、すでに小3で完成されているわけです。あとは数値が、大きくなったり、小数になったり、分数になったり、倍や%が出てきたりするだけのことです。ですから、算数における飛び級などもありうるわけです。

割合の公式は3つ
(1)比べる量=もとにする量×割合
(2)割合=比べる量÷もとにする量
(3)もとにする量=比べる量÷割合
一方、小2、小3で出てくる計算式では
(1)全体の量=1あたり量×○つ分
(2)○つ分=全体の量÷1あたり量
(3)1あたり量=全体の量÷○つ分
(例)1人に飴を3個ずつ5人に配ると、全部で15個必要です。
前者の割合の式3つと、後者の計算式3つは実は原則は同じです。
割合では、もとにする量を1と見ます。比べる量は、後者では全体の量。割合は、倍と同じ仲間ですから易しく言えば○つ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報