経営工学に関係があるようなんですがこの人の残した業績を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

この3人の他にも居ますが・・・・。




メリーランド大学部長
 一九三八年米国ニューヨーク市生れ。プリンストン大学大学院日本研究博士課程修了。カリフォルニア大学などで東洋史を学び、国防総省戦略貿易チーム主任研究員、米国議会図書館館長特別補佐官、経済戦略研究所(ESI)副理事長を経て、現職(国際プロジェクト部長)。


大森貝塚の発見は、アメリカ人、動物学者モースが来日し、 横浜から新橋へ向かう途中、大森駅を過ぎて間もなく、 左手の崖に白い貝殻の堆積を発見したことに始まる。
 石碑は大田区、品川区の両方にあるが、大田区側の碑は、 佐々木博士らによって建てられたものである
 

1953年10月11日 アメリカ・メイン州生まれ
71年からボストン・レパートリー・シアターで6年間演技を学んだ後
拠点をNYに移してTVや舞台に出演。
なかでも82年から6年間放送されたTVシリーズ『セント・エルスウェア』が有名で、
TV用映画やミニシリーズでは自ら演出も手がけている。
映画デビューは80年の『インサイド・ムービーズ』(未)。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経営関係。急いでます。分かる方お願いします。

マーケティングや経営について詳しい方、この問題を解いていただけないでしょうか?本やネットで調べても分からなくて、非常に困ってます。
よろしくお願いします。
A企業は製品1と製品2を生産し、消費者に販売しているとする。ここで、製品1と製品2は補完財
(ハンバーグと飲み物を考えれば分かりやすい)であると仮定しよう。各製品についての限界費用は、それ
ぞれC1=100(=製品1)とC2=45(=製品2)であるとしよう。単純化のために、A企業の固定費用はゼ
ロとする。5つのタイプの消費者が存在し、各タイプはつぎのような留保価格を持っていると想定しよう。



製品1の留保価格
Aタイプ 50
Bタイプ 80
Cタイプ 120
Dタイプ 160
Eタイプ 180

製品2の留保価格
Aタイプ 150
Bタイプ 120
Cタイプ 80
Dタイプ 40
Eタイプ 20

A企業の販売戦略としては単品販売戦略、セット販売戦略、および混合販売戦略(=同時に単品販売とセ
ット販売を行う戦略)が考えられる。各々の戦略についてA企業の最適な価格設定とそのときの利潤を求
めなさい。

(1)単品販売戦略

(2)セット販売戦略

(3)混合販売戦略

よろしくお願いします。

マーケティングや経営について詳しい方、この問題を解いていただけないでしょうか?本やネットで調べても分からなくて、非常に困ってます。
よろしくお願いします。
A企業は製品1と製品2を生産し、消費者に販売しているとする。ここで、製品1と製品2は補完財
(ハンバーグと飲み物を考えれば分かりやすい)であると仮定しよう。各製品についての限界費用は、それ
ぞれC1=100(=製品1)とC2=45(=製品2)であるとしよう。単純化のために、A企業の固定費用はゼ
ロとする。5つのタイプの消費者が存在し、各タイ...続きを読む

Aベストアンサー

これはマーケティングとも経営とも関係なく、ミクロ経済学の問題ですね。


需要曲線が右下がりになるのは

製品1の価格が180の時はEタイプの人しか買わず、
価格が160になるとEタイプとDタイプの人が買い、
さらに価格が120まで下がるとCタイプの人も買うようになり、

というように、価格が下がると買う人が増えるからです。

製品1の限界費用が100で一定なので、
価格を180にすると1個売れて利潤は80
価格を160にすると2個売れて利潤は60×2=120
価格を120にすると3個売れて利潤は20×3=60

というように計算すれば求めることができます。


余談ですが、マーケティングというのは、留保価格が120の人に価格が180のものを買ってもらうにはどうしたらよいかを考えることですし、経営というのは、限界費用が100である物を80にするにはどうしたらよいかを考えることです。ですから、この場合マーケティングや経営は関係ありません。

Q株式の分散による経営や経営者の支配の変化を教えてください!!

株式の分散による経営や経営者の支配の変化を教えてください!!


やはり、株式が分散することによって、経営者の支配能力(会社の規模)が衰えるのでしょうか?

また、分散した株式を回収する方法はありますか?

Aベストアンサー

まだ誰も回答が無いようなので、ちょっと考えて見ます。

株式の分散によって支配能力が衰えるというのはどういった状況を考えているのか不明ですが、株式が分散すると株主数が増え、株主一人当たりの議決権が全体に与える影響が低下し、結果的に経営者の力がつよくなると考えられると思います。

たとえば、株主1人が全部の株を所有していて、ある経営者に会社の経営をさせていた場合を想定すると、その経営者は完全に株主の意のままにならざるを得ません。

その株主の数が、1人から2人、3人と増えていって何千人となれば、それぞれの株主の意見など聞いていられない状況になり、経営者の意思決定が承認されるケースが多くなると思います。
株主総会の議決などはその例です。

但し、経営者が創業者である場合は株式を公開したら、確かに創業経営者の力はある程度削がれる可能性はあります。(創業者が持っている株式の比率によります)

>分散した株式を回収する方法はありますか?
自社株式の買取がありますね。

Q経営学部をめざしている高校2年生です。経営数学について分からないことが

経営学部をめざしている高校2年生です。経営数学について分からないことがあるので教えてください。


・経営数学では3、Cは重要ですか?
・高校の数学の範囲で、特にどこが重要でしょうか?(1、2、3、A、B、Cなど。よろしければBのベクトルなど具体的に教えてくださるとありがたいです。)
・少し調べてみたらゲームの理論、回帰分析、線形計画など聞いたこともないようなものがありましが、これは高校で習いますか?もしくはやっておいたほうがよろしいですか?それとも大学で習いますか?

志望大学は、具体的には横浜国立をめざしています。質問が多いですが、1つでも結構ですので、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

大学の学部の経済学で特に重要なのは、理論をどのように数式に表すか、数式がどのような意味を持つかであり、数学的な解法はそれほど重要ではありません。

マクロ経済学では、多元連立方程式が解ければ充分です。
ミクロ経済学では、精々二次方程式までの微分が出来れば充分です。
統計学では、Σ等が出てくることがありますが、精々二乗和までですし、それを展開することもほとんどないでしょう。
経営学では、連立方程式と加減乗除が出来れば問題ないです。


横国は知りませんが、大部分の大学で積分は「名前だけ」が出てくることが多くありますが、実際に計算することはほとんどないでしょう。精々「積分=面積」程度のイメージがあれば充分です。
微分についても「最大化条件(一階の条件):微分=0」位を知っていれば充分です。



> ・少し調べてみたらゲームの理論、回帰分析、線形計画など聞いたこともないようなものがありましが、これは高校で習いますか?もしくはやっておいたほうがよろしいですか?それとも大学で習いますか?

高校ではこの形では習いませんが、数学的な操作は高校のうちにやっています。下手をすると小学校や中学校のうちにやるものもあります。

例えばゲーム理論は、もっとも初歩的な問題は数式を解く必要がありませんし、学部の間は連立方程式を解くことで解ける物が大部分です。回帰分析は、初歩の最小二乗法であれば二次方程式の極値を求める問題、つまり微分してゼロ、というだけです。線形計画法も学部のうちは連立方程式の解法と二次方程式の微分までで充分です。

大学の学部の経済学で特に重要なのは、理論をどのように数式に表すか、数式がどのような意味を持つかであり、数学的な解法はそれほど重要ではありません。

マクロ経済学では、多元連立方程式が解ければ充分です。
ミクロ経済学では、精々二次方程式までの微分が出来れば充分です。
統計学では、Σ等が出てくることがありますが、精々二乗和までですし、それを展開することもほとんどないでしょう。
経営学では、連立方程式と加減乗除が出来れば問題ないです。


横国は知りませんが、大部分の大学で積分は「名前だ...続きを読む

Q当期業績主義と包括主義

当期業績主義と包括主義の議論なのですが、これは、企業の経営成績
を正常収益力か長期平均的収益力とするかの議論なのでしょうか?
当期業績主義では業績表示利益を表し、包括主義では分配可能利益を
表すとされますが、損益計算書が経営成績を表すのであれば、言葉とし
ては業績表示利益を表す当期業績主義ということになりますが、経営成
績=業績という簡単な図式ではないのでしょうか?
私は業績という日常的なイメージにひぱっられすぎでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、日本では、昭和49年に修正される前までは、当期業績主義を採用してきました。しかし、現在は、包括主義を採用しています。が、当期業績主義の名残が「経常利益」という形で残っています。
 


>当期業績主義と包括主義の議論なのですが、これは、企業の経営成績を正常収益力か長期平均的収益力とするかの議論なのでしょうか?


 当期業績主義は「正常収益力」を、包括主義は「期間的処分可能利益」を表示します。「長期平均的収益力」というのが、期間的処分可能利益を意図していらっしゃるのでしたら、その通りです。


>損益計算書が経営成績を表すのであれば、言葉としては業績表示利益を表す当期業績主義ということになりますが、経営成績=業績という簡単な図式ではないのでしょうか?

 株主の立場に立って考えてみてください。配当に関心があるでしょうから、当期純利益を見ると思います。一方、アナリストの立場に立って考えてみてください。企業経営の成果に関心があるでしょうから、経常利益をみることでしょう。

 このように立場によって、重視される業績、つまり利益が異なってくるのです(実際は両方の利益を見ますが)。

 したがって、一概に「経営成績=業績だから当期業績主義」とは言えません。包括主義だって業績を表示しています。業績の中身(正常収益力か期間処分可能利益か)が問題なのです。


 蛇足になりますが、今日の制度会計で包括主義が採用されている論拠は3つあります。

第1に、制度会計が要求する利益は、期間処分可能利益である。
弟2に、期間利益の合計が、全体利益に一致する。
第3に、当期業績主義では、臨時損益の判断の困難性から利益操作の余地がある。


 以上の理由から、包括主義に移行しました。けれども、実務では未だに正常収益力を表す経常利益を重視する習慣があるそうです。「ケイツネ」なんて略語が多用されるのも名残の1つでしょう。

 まず、日本では、昭和49年に修正される前までは、当期業績主義を採用してきました。しかし、現在は、包括主義を採用しています。が、当期業績主義の名残が「経常利益」という形で残っています。
 


>当期業績主義と包括主義の議論なのですが、これは、企業の経営成績を正常収益力か長期平均的収益力とするかの議論なのでしょうか?


 当期業績主義は「正常収益力」を、包括主義は「期間的処分可能利益」を表示します。「長期平均的収益力」というのが、期間的処分可能利益を意図していらっしゃるのでしたら...続きを読む

Q競合他社の業績について

競合他社の業績を渡されて下記のような言葉が出てきてチンプンカンプン!

このような勉強は資本家になりたいのであれば当然将来必要ですよね?
ちなみにこれはどのようなカテゴリーになるんですか?簿記?
効率よく勉強するにはどうすればいいですか?何か一冊本を買って勉強するのがいい?
それとも実際に株をやって痛みを伴いつつ勉強したほうがいいですか?
またこれで結局何がわかるのですか?そもそもこれは競合他社として有用な情報?

現在26の平社員ですが、現在このような知識がないこと自体社会人として問題ですか。
質問ばかりですみません。厳しい御意見も受け入れるつもりです。

1株当たり当期純利益
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
自己資本当期純利益率
総資産
連結財政状態
連結キャッシュ・フローの状況
配当の状況

Aベストアンサー

>競合他社の業績を渡されて下記のような言葉が出てきてチンプンカンプン!

その業績を質問者さんに渡した上司(それとも先輩?)に質問してみましょう。

これは会計と財務の分野になります。
簿記というのは帳簿を記入して決算書類を作ることです。出来上がった決算書類を分析するのが会計で、それに基づいてどの事業(株ではありません)に投資するか、つまりどこにどんな工場を建て、どんな製造設備を導入するか、そしてそのための資金をどこから調達するか、借り入れにするかリースにするか株式を発行するか、などを考えるのが財務と呼ばれる分野です。

質問者さんの知識のレベルがわからないので、一応「MBAアカウンティング」と「MBAファイナンス」を参考図書として挙げておきます。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9MBA%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%90%E6%94%B9%E8%A8%823%E7%89%88%E3%80%91-%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E7%B5%8C%E5%96%B6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2/dp/4478006326/ref=dp_ob_title_bk

http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E7%89%88-%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9MBA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E7%B5%8C%E5%96%B6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2/dp/4478008760/ref=pd_sim_b_4

>競合他社の業績を渡されて下記のような言葉が出てきてチンプンカンプン!

その業績を質問者さんに渡した上司(それとも先輩?)に質問してみましょう。

これは会計と財務の分野になります。
簿記というのは帳簿を記入して決算書類を作ることです。出来上がった決算書類を分析するのが会計で、それに基づいてどの事業(株ではありません)に投資するか、つまりどこにどんな工場を建て、どんな製造設備を導入するか、そしてそのための資金をどこから調達するか、借り入れにするかリースにするか株式を発行するか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報