概要:
修復歴無と表示していた車両を購入したが修復歴があった。
諸費用を含め全額返金してもらいたいが可能でしょうか?
又、今回はある販売店の車両を車両購入代行業者に依頼し、購入しました。
私は業者、販売店のどちらに対して責任を追及すればよいのでしょうか?


経緯:
H13年11月
私がカーセンサー掲載車両(表示は修復歴無)の購入をS氏に依頼。
購入の条件は修復歴無、板金塗装はドア1枚程度まで、一般常識的にみてまともな車両であること。
S氏は口頭で修復歴の有無を確認。
Z店のY氏は修復歴無と口頭で回答。
車両購入は業販というかたちをとる。
H13年12月
納車後、日本査定協会に査定依頼、結果、修復歴有り

ディーラー、板金屋等に車両をみてもらったところ、以下の共通する見解であった。
・ルーフ以外はほぼ全て再塗装してある
・再塗装の塗装状態は非常に悪い
・ルーフにへこみ有り
・修正機にかけた痕跡あり
・オイル漏れ
・修理見積もりは50-65万の間
・内装の組み付け不良

*S氏に依頼したのは、氏が車両の購入代行、仲介を主たる職業としているので、素人の私より車を見る眼があり信頼性が高いと判断した為です。
*S氏には手数料として15万円以上支払い済
*S氏 古物商の免許有り、業販で車両を購入。

A 回答 (1件)

 販売する側が修復歴があった事を知っており、あなたを騙すつもりだった場合は、あなたはこの契約を詐欺を理由に取り消すことが可能です。

この場合は、当然、購入した車を返して支払ったお金も返してもらうことになります。

 又、あなたは、その車が修復歴が無いと思い違いをして購入しましたが、そのような思い違い(錯誤)が無い場合は契約を結ばなかったでしょうから、要素の錯誤を理由に契約の無効を主張することも可能です。この場合も、当然、購入した車を返して支払ったお金も返してもらうことになります。

 請求は、業者へするのが良いと思います。

 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中古車屋で修復歴ありの車を買ったら修復されていませんでした。対応は?

中古車屋で、修復歴ありの車を購入しました。乗って1ヶ月も経たない内にエンジンランプが点灯しましたので、点検を受けました。
その結果、私が購入する前に事故による衝撃でトランスミッションの部分に亀裂ができていて、そこからオイルが漏れていました。この故障箇所は修復されていませんでした。これを完全に修復するには、トランスミッションの部分の部品の交換が必要で14万円かかります。この費用を中古車屋に負担してもらいたいのですが、どうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

現状販売でなければ保証を受けれるはずです
1度買った中古車屋で見てもらったほうがいいですね
保証になるかどうかは中古車屋の誠意次第ですね
もし不可であれば訴訟を起こす等色々方法はありますが
通常であれば販売した中古車屋の確認不足で修理費用は中古車屋全負担です、現状渡しの場合は適用されません、購入時の契約書があれば1度見てください

Q逮捕歴、犯罪歴について

以下のパターンの場合、逮捕歴、犯罪歴になるのでしょうか?
色々調べたのですが、分からないため投稿させて頂きました。

・15歳の時に万引きでつかまり、警察署へ。
 指紋を取りそのまま帰宅。
 (家庭裁判所には行ってません。5指指紋をとられたか及び、
  写真を撮影されたかは覚えてません。)

・20歳代で、
 ・車運転中に信号無視でつかまり8,000円の罰金
 ・シートベルトを着用していなかったのでつかまった。
 (警察署等には行ってません。その場で切符を切られたのみです。)

Aベストアンサー

No.1です。
> 逮捕暦にはなるのでしょうか?
どちらも、逮捕状の執行は無いハズなので、逮捕歴はもちろんアリマセン。
ただ単に、警察内部の記録として残るだけです。
この記録は、決して外部に漏れることはアリマセン。
(まあ、300年後とか言ったら分かりませんが、、、)

Q犯罪歴、非行歴

犯罪歴や未成年での非行歴も法律違反をすれば一生残る(データとして)と言います

高校生が窃盗罪で捕まり補導されたようです。
でもこの窃盗は無理やりやらされた事で
自発的に行った犯罪ではなく

断れば傷害を加えられたり
金銭を要求されるなど追い詰められてやった犯罪です。

こう言う犯罪でも警察のデータで「窃盗」と言う事実は残るのでしょうか?

Aベストアンサー

というか、それは緊急避難に該当するため窃盗罪にはなりません。

「無理矢理やらされた窃盗であり犯罪性は無い」というデータが残ります。

Q農業車両優先道路の駐車車両は違法ですか?

自宅の近所に農業車両優先道路とトタンでできた看板が立っている道路があります。
この道路に他の車両が通れないように駐車している軽トラがあったのですが、
「車で通りたいので移動して欲しい」と作業(ピックアップ等ではなく田での作業)している方に頼んだら、
「農業車両優先道路だから通れなかったら通るな」というニュアンスで、駐車車両を移動してくれませんでした。
その後、2時間以上駐車したまま作業していました。

道交法では充分な道幅がないと道端に駐車できないと思いますが、農業車両優先道路ではどうなのでしょうか。


よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

その道路が
「都道府県または市町村道として認定」 された 道路かどうかが争点です。

都道府県または市町村道として認定された道路でなければ、「道路法」に基づく道路ではないので取り締まりの対象になりません。

「農業車両優先道路」の表示がでている道路は「土地改良法による農道」または、「私道」である場合があり、この場合は国交省ではなく農水省または私人の管理下です。
同様な道路として「緑資源機構の林道」、「位置指定道路」などもあり、仮に飲酒運転を行っていても 道交法違反の取り締まり対象 にはなりません


「農業車両優先道路」の看板が出ていても、市町村道、都道府県道(公道) とされると「農道」ではなくなり、ご指摘の通り駐車違反となります。
公道であるか否かは 市町村にお問い合わせください。
 

Q債務整理の依頼で司法書士と弁護士への依頼の違い

質問のとおりなのですが債務整理(自己破産や個人再生、任意整理)で司法書士さんに依頼する場合と弁護士さんに依頼する場合どのような違いがあるのでしょうか?
詳しい方いろいろメリットやデメリットについてもご解答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>司法書士と弁護士との違いは、単に依頼費用の違いだけだと思います

 というような意見もありますが、全然、違います。なぜなら、司法書士には、たとえ簡易裁判所での代理行為の出来る認定司法書士であっても、「示談交渉の権限はない」からです。簡易裁判所の事物管轄である140万円までの訴訟を代理できるとして、それを根拠に前提となる負債について債権者とする交渉も出来るという解釈をとるとしても、やはり140万までです。基本は示談交渉は非弁行為となるからです。
 その結果、債権者側が嫌がるのです。司法書士の方と示談して、後で弁護士が無効であると主張した場合、それを認めざるを得ない、とすれば、最初から司法書士相手の示談交渉に二の足を踏むことになります。真正面から、額の如何を問わず、司法書士に負債整理の示談交渉の権限があると、言い切っている方や、サイトがあるとしたら、それは政策的に範囲を広げていこうとしてあえてしている「確信犯」なのです。

 よって、結論は、費用の違いだけではありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報