質問なのですがフミン酸のイオン交換容量はだいたいどれぐらいなのでしょうか?
またフミン酸はpH2~8までの塩基消費はカルボキシル基の中性化によるもので8以上はフェノールの水酸基の中性化によるモノと聞いたのですが、NMR ICP ESR 等でその分かれ目など判断することができるのでしょうか?できるのであれば簡単でいいので教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 フミン酸ってカーボンブラックに多く含まれていることはご存じかと思いますが、その母体と言うべき酸性カーボンブラックの表面の官能基がまさに、フェノール性のOHとカルボン酸が代表的です。

それで、多分この分野の方がその検出と分離定量法に通じているかと思います。ウェブ上ではそのままずばりは見つかりませんでしたが、CAS等で検索かければ出てくるかと思います。
 個人的には同じ場所に不純物シグナルが出なければ、C13NMRで区別が付くかと思います。
    • good
    • 0

こんばんは


フミン酸は標準物質があるわけでもなく、あくまで腐植の代表的な成分として定義されたものに過ぎません。従って一般的な陽イオン交換容量(CEC)があるとは考えられません。
有機性に富む土壌はCECが100meq/100g位になります。
NH4+イオンを吸着する分子団が交換容量を決める要素ですからOHやCOOH基が関与していることは明かですが、実際には吸着も関係しているのでは複雑でしょうね。
少なくともICPでは分かりませんし、その他の分析機器でも組成が複雑ですから簡単には分からないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2002/01/24 23:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフミン質の抽出

湖沼水中のフミン質を樹脂(XAD-8 or DAX-8)で分離したいのですが,
樹脂の量というのはどのように決めれば良いのでしょうか?吸着させ
たいフミン質の量にもよると思うのですが。。。樹脂への通水速度も
変わるのでしょうか?

具体的な手法の詳細を教えていただけると幸いです。お願いします。

Aベストアンサー

この漠然とした質問に回答を書いたら一晩でも足りないくらいだと思いますが,ヒントだけは書いておきます。私ならこうするということです。この樹脂については調べていませんから,いわゆる吸着クロマトを仮定して書きます。
 代表的なフミン質はわかっているでしょうから,その試薬を手に入れる。その一定濃度を樹脂の吸着に適している溶液条件にする。そのようなものを複数用意する。試験管でいいかな。それぞれに異なる量の樹脂を添加して,攪拌を十分(多分,一晩程度かな)行う(一定温度の方がベター)。多分,フミン質は適当な吸収ピークがあるはずだから,試験管を遠心分離して上清の吸収を測定すれば,だいたいのマックスの単位樹脂量あたりの吸着量を見積もることができるはず。
 実験の実際では,カラムに樹脂を詰めて使うのかな? 通水速度は速ければ吸着されるはずのものもリークするでしょうが,カラム中での多段平衡を保証できる程度に遅い速度ならば影響はないはず。
 後はカラムのサイズだ,溶液条件だ,妨害物質だ,いろいろ気にすることあるでしょうが,実験しながら勉強する。
 以上参考まで。

この漠然とした質問に回答を書いたら一晩でも足りないくらいだと思いますが,ヒントだけは書いておきます。私ならこうするということです。この樹脂については調べていませんから,いわゆる吸着クロマトを仮定して書きます。
 代表的なフミン質はわかっているでしょうから,その試薬を手に入れる。その一定濃度を樹脂の吸着に適している溶液条件にする。そのようなものを複数用意する。試験管でいいかな。それぞれに異なる量の樹脂を添加して,攪拌を十分(多分,一晩程度かな)行う(一定温度の方がベター)。...続きを読む

Q海洋発電所で原発数十基分の電力がまかなえる?

海洋発電所で原発数十基分の電力がまかなえる?

波力、潮力、海洋温度差などの海洋発電所で原発数十基分の
3000-5000万キロワットの電力がまかなえるようになるという
新聞記事を目にしたのですが、これは本当に実現可能なんでしょうか?
海洋発電の現状がどうなっているのか、教えてください

Aベストアンサー

基本的に海洋エネルギーは密度が低くて取り出しにくいのが特徴です。
ただ、海水の体積は非常に大きいので、全体的なエネルギー量は巨大に
なると思います。

日本の全海洋エネルギーは5000万kWになるのかもしれませんが、
それはあくまでも机上の計算です。海洋エネルギーは取り出しにくいので、
日本全体の沿岸部に非常に大きな施設が必要になるでしょう。また、潮流が
減ったり、深海と沿岸部の温度差が無くなることによる環境変化も考えないと
いけません。
日本全体に太陽電池パネルを張りつめれば、現在の電気消費量の50倍が
生産できるようになるらしいですが、これも荒唐無稽な話ではありますが、
クリーンなエネルギーの割合を増やすという意味では有用でしょう。

QPHメーターの原理

PHメーターについての質問です。
どなたか、原理を簡単に教えてください。。

また、単純な疑問なのですが、東亜電波の電極は、電極の先端に小さな穴があいていますが、堀場のものは穴がありません。これは、原理的にいうとどのような違いなのでしょうか?少しでも良いので、分かる方教えてください。
宜しくお願い致します。 <m(_ _)m>

Aベストアンサー

堀場製作所のHPに、pH電極の詳しい説明がありますので、見てください。

http://global.horiba.com/story/ph/ph05_01.htm

参考URL:http://global.horiba.com/

QPETはフタル酸エステル?

メーカーで環境調査業務を行っています。
客先からフタル酸エステルの調査を依頼されたのですが、PETはフタル酸エステルにあたるのでしょうか?
PETは無害とされていますし、今日問題とされている有害なフタル酸エステルには該当しないと思うのですが…。
ご回答頂けますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

環境関連の話でフタル酸エステルといえば、一般的には可塑剤として使用しているフタル酸ジエステルのことをさしていると考えてよいと思います。
したがって、PETは対象外でしょう。

ただし、ポリマー化しなかったものが混入している可能性があるのなら、一度分析したほうがよいと思います。フタル酸ジエステルが検出されれば、言い訳が難しいでしょう?

Q酸揮発性硫化物とは?

琵琶湖の水質調査に酸揮発性硫化物(AVS)とあります。
これは硫化物中の何にあたるのでしょうか?
また、測定する方法は?
底質調査法の硫化物の分析法でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
think777さんのお答えに若干の補足をします。
揮発性硫化物とは硫化水素やメチルメルカプタンなどの揮発性硫黄化合物の総称です。口臭原因物質で、歯科医の分野で色々研究されているようです。
酸揮発性硫化物は養漁場の汚濁指針として最近使われるようになった指標で、底質の悪化による還元性状態を把握する事を目的としている様です。参考に示したURLでは1.5mg/lとの基準値が示されています。
詳しい測定条件は判りませんが、低層水を例えばヘッドスペース法でガスクロ分析(水の悪臭分析法と同じ)若しくは通気して硫化物を分析する方法等が考えられます。
いずれにしても水産系の研究機関に問い合わせしてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.google.com/search?q=cache:V13dQNQ-tLMC:www.pref.mie.jp/pdf/jh/00k/3C140303.pdf+%8E_%8A%F6%94%AD%90%AB%97%B0%8


人気Q&Aランキング

おすすめ情報