最新閲覧日:

環境権というのが近年憲法上の基本権として主張されていますが、いったい中身はどのようになっているのかがわかりません。そこのところを教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

 環境権を憲法上の規定から導くとすれば、憲法第13条の、いわゆる幸福追求権です。

ただ、この権利を明示した判例は今のところ存在しません(国会では、環境権の憲法的な位置付けについての議論が盛んに行われているようです)。したがって、この権利の詳しい内容や効果については未だ未成熟ということになります。立法待ちということでしょう。

 形式的に見れば、日本では環境権は保護されていないということになりますが、実際に国家あるいは私人が、他人の環境権を侵害するような行為を行った場合は、民法の不法行為成立は避けられません(この意味では、環境権は日照権や静穏権等と関わりの深い権利だと言えます)。憲法上に規定があるかどうかは、実務にはさほど影響ないでしょう。ただ、現在のところでは、この権利の内容が曖昧であり、救済も不明確ですから、早急な立法もしくは改憲が望まれるところです。
    • good
    • 0

誰もが、より良い環境を、同等に享受できる権利のことだそうです。


まだ中身はあまり定まっていないようです。
参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www.eic.or.jp/term/syosai.php3?serial=43
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ