ライターとかで火をつけたときに見えるあの炎についてなのですが、アイツはいったいどういう組成でできているのか教えてください。

A 回答 (4件)

燃焼の一般論では.


下のほう.ライターの燃料のガス.プロパンだったりペンジンだった
すこし上.燃料の熱分解物.+空気
さらに上.温度によっては原子状態のスイソや炭素があるかもしれません。部分的に酸素と炭素がくっついた変な化合物が色々出来ます。
さらに上の表面 空気中の酸素と完全に反応して.水と二酸化炭素になっているでしょう。

一例としては
CH3-CH2・
が燃料の分解物で.ラジカルというもの
COとかHO・とかが

反応が早くで追いかけられないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 よく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/11 20:09

炎は物質ではなく光なので、何が燃えて光を発し、炎となっているのかということですね。



一般に、ライターのガス(メタン、プロパン、ブタン)は、水素、炭素、(酸素)の化合物です。これらが燃えてしまえば、水(水蒸気)や二酸化炭素になります。ところが、ライターの炎のなかでは、まだ、
水蒸気や二酸化炭素になりきらない物質が燃えていて、炎を出しています。
具体的には、一酸化炭素や、まだ燃えてもいない炭素(すす)が燃えているものと考えられます。
その他、複雑な構造の物質が燃えていると思いますが、基本は、水素、炭素、酸素の化合物です。
    • good
    • 0

 炎の組成は光です。

物質ではありません。炎から出る光の原因と言われるなら物質になりますが・・・
 物質は、その物質の持っているエネルギーが高い場合(励起状態)にエネルギーを放出します。このエネルギーが熱だったり、光だったりします。また逆に熱を与えることによって光ったり(人間の目に感じるかどうかは別として)、光を与えることによって温まったりもします。

 具体例として、太陽は核融合エネルギーで燃えてます。
    • good
    • 0

火の元になるのは、燃料と酸素。

後、燃えて出来たもの。

100円ライターでは、プロパンとブタンの混合ガスが使われます。
完全に、燃えると、水と二酸化炭素になります。不完全燃焼だと、一酸化炭素と炭素(スス)がでます。

後、完全に空気を排除しているわけではないでしょうから、空気の成分があるでしょう。

# 回答になってますか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q組成式についての質問です。組成式ってどこにどの数字をつけるとかがよく分

組成式についての質問です。組成式ってどこにどの数字をつけるとかがよく分かりません。

Aベストアンサー

組成式は,
化合物を構成している元素の,原子数の割合(元素組成)を示すものです。元素記号の右下に小さく原子数の割合を書きます。が,1は書きません。(ここでは小さく書くことができないが)
水は,水素原子2と酸素原子1の割合でできているので,組成式はH2Oです。この場合は分子式と同じです。
エタンは,炭素原子1と水素原子3の割合でできているので,組成式はCH3です。(分子式はC2H6ですが)
ブドウ糖は,炭素原子1,水素原子2,酸素原子1の割合でできているので,組成式はCH2Oです。(分子式はC6H12O6ですが)
ギ酸も酢酸も組成式はCH2Oです。(分子式(示性式)はそれぞれHCHO,CH3COOH)
これで,わからないでしょうか。

Q見えない・光を発さない酸化炎、還元炎は有りますか。

有るとすれば、どの様な燃焼反応の時に生じますか。『新明解国語辞典 第6版』の「炎」の語釈部分には有ると書いてありますが、『広辞苑 第5版』には、酸化炎、還元炎のどちらも光を発する様に書いてあります。

Aベストアンサー

見えない炎はあり得ると思いますが、光を出さない炎はないでしょう。
光の全てを人間が見ることができる訳ではありません。
エネルギーの全てを赤外線で発すれば人間には見えなくなります。
極論すれば、ハクキンカイロも燃焼反応の1つですが、可視光線は
出ません。全てが赤外線で放出されます。

普通に空気中で水素を燃やすだけでも炎はほとんど見えません。
例えば、水素 10%、酸素 5%、窒素 85%のガスなどは
炎が見えないのではないでしょうか?

Q煙草の火はなぜ炎にならない?

煙草の火は700℃前後だと聞きました。
ところで、煙草に火をつけても、
炎が上がらないのはなぜでしょうか?

煙をスーと吸引しても
(つまり酸素を導きいれても?)
じわじわと燃えるだけです。

同じような現象は、
中学校の理科の実験などでやった、
鉄の燃焼実験でもそうだったように思います。
最初は炎が上がったかもしれませんが、
そのうち美しくジワジワと火が広がっていったように記憶していますが、
よくはおぼえていません。

紙を燃やすと炎が上がるのに、
煙草はなぜ炎が上がらないのですか?

なお、この質問は宿題とかではありませんので、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも炎というのは、燃料が分解して気化ガスが燃焼し、炭素粒子が赤熱している状態のことです。

まずタバコの葉が燃焼する際に、炎が外部に広がるほどの気化ガスが発生していないのでしょう。

炎をよく上げる燃料に揮発油があります。これの蒸気圧は高く、なおかつ引火点が低いので簡単に着火し大きな炎を上げます。灯油や軽油は蒸気圧が低く、芯となるものを入れてやらないと気化が十分に行われません。重油ともなると点火することが難しくなります。

木炭を思い出してください。木炭は自身が赤熱しますが、あまり外部に炎を上げません。

ひとつに燃料中の水素の含有率が影響しているのでしょう。木炭はほぼ全体が炭素になりますが、先に述べた石油類などは水素が多くなります。

タバコの葉はその中間なのではないでしょうか。したがって熱によりタバコの葉からいろいろな成分が乾留されます。その中には水素を含む成分もありますが、それは少ないか、酸化しているのでしょう。

さらにタバコの場合は内部に吸い込みますから、酸素の量も不十分で不完全燃焼となります。外部に噴出すときは赤く燃えますね。

つまり気化しにくい燃料が、酸素不足で燃焼している状態です。おそらく吸い込んだ煙に酸素を加えれば再点火するでしょう。

昔、いたずらでタバコの中に、マッチの粉を入れたものです。マッチの粉には硝酸カリウムが含まれ熱で酸素が分解します。その酸素でタバコが燃え上がり、吸った人がびっくりする仕組みです。

つまり酸素が再供給されれば燃える状態ともいえます。

そもそも炎というのは、燃料が分解して気化ガスが燃焼し、炭素粒子が赤熱している状態のことです。

まずタバコの葉が燃焼する際に、炎が外部に広がるほどの気化ガスが発生していないのでしょう。

炎をよく上げる燃料に揮発油があります。これの蒸気圧は高く、なおかつ引火点が低いので簡単に着火し大きな炎を上げます。灯油や軽油は蒸気圧が低く、芯となるものを入れてやらないと気化が十分に行われません。重油ともなると点火することが難しくなります。

木炭を思い出してください。木炭は自身が赤熱し...続きを読む

Qろうそくの火が橙赤色に見える理由

ろうそくの火が橙赤色に見える理由を説明せよ。この問題がわかりません。

Aベストアンサー

マイケル・ファラデーの[ロウソクの科学」をお薦めします。
角川文庫 「ロウソクの科学」 マイケル・ファラデ- 三石巌 訳
角川書店 (1989/08 出版)  (発売:角川グル-プパブリッ)
180p / 15cm / 文庫判 ISBN: 9784043127016 NDC分類: 430.4 価格: ¥380

水素やメタンは燃えるときに黄色い炎を出しません。
この黄色い光はロウソクの材料に含まれている分子の中の炭素が粒子になり、高温で熱せられて光っているのです。
酸素が多いとこの光は見られません。
炎の先端では炭素は一酸化炭素に変わり色が無くなります。

Q「火」「炎」は元素記号で表せるものですか?

「火」「炎」は元素記号で表せるものですか?
それとも気体?
いったい正体は何ですか?
ご存知でしたら、バカなやつと思わず、教えてください。

Aベストアンサー

危険物取扱者試験での燃焼の説明に「炎が見えているときは気体が燃えている」という文章があります。
固体が燃えるときには炎は見えません。火花が見えるときは高温の固体が飛び散っているときです。
液体は普通燃えません。気体になってから燃えます。蒸発燃焼という言葉が使われています。
炭が燃えるときでも炎が見えるときと見えないときがあります。炎が見えるときは反応が2段階で起こっていることになります。まず、炭の表面で気体が生じる反応が起こり、次にその気体が燃える反応が起こります。炭の表面ではC→COが起こり、CO→CO2の反応が炎として見えていると考えていいでしょう。

炎が見えるのは化学反応により生じた熱のために光が放出されるからです。でも「炎=光エネルギー」と言ってしまうと少し「?」となります。
#1でも
>炎のように形を成すのは、気体が拡散してそれらが燃焼しているためです。
と「物質」であると書いてあります。でもその上の文章に
>物体が燃焼するときに発生する光エネルギーです。
と書いてありますので文章を読むと「炎=光エネルギー」だという印象になります。
#2は「炎=光エネルギー」だいう文章です。

質問が
>元素記号で表されるものですか?
>それとも気体?
というものでしたからこういう回答になってしまったのだろうと思います。
この質問の文章では「気体は元素記号では表されないもの」という内容になってしまいます。メタンやプロパンが燃える、一酸化炭素が燃える、アルコールが燃える、・・・はすべて元素記号で表されます。「元素記号で表されるもの=物質」と考えるのが普通でしょうから「気体は物質ではなくて状態である」と理解しているという印象になります。
この2行の意味が不明なわけです。
もうひとつ可能性があります。
「元素記号」という言葉を使っていますが「元素」という言葉を#3にあるようにギリシャ時代の4元素説のなかの元素の意味で使っているのかもしれません。「周期表に載っている元素以外に『炎の元素』というのがあってそれを表す特別な記号がある」と考えているのかもしれないということです。
炎は「物質ですか? それとも状態ですか?」という質問であれば違った表現の回答になった可能性があります。

4元素説でいう土、水、空気、火は「物質の3つの状態(固体、液体、気体)とその移り変わりの原因となるもの」という理解になると思います。
この説明は教科書にも出てきます。それは元素という言葉の移り変わりを示すためです。また物質と物質の世界で起こる現象をより基本的な存在の組み合わせで説明しようという考え方の流れの紹介としてです。
高校で「炎は物質ではない」とは教えていません。

「炎の中では気体の燃焼が起こっている。」
「ローソクの炎の中では蝋の蒸気が燃えている。」
ファラデーは「ローソクの科学」のなかで色々実験をしながらこのことを説明しています。
炎は金網を通り抜けることが出来ないという実験をやると炎が温度の高い物質であるということが良く分かると思います。「炎の温度が下がると炎としては見えなくなる。でも炎が見えなくなっても炎の元となっていた物質は存在する」というのが明らかになります。

危険物取扱者試験での燃焼の説明に「炎が見えているときは気体が燃えている」という文章があります。
固体が燃えるときには炎は見えません。火花が見えるときは高温の固体が飛び散っているときです。
液体は普通燃えません。気体になってから燃えます。蒸発燃焼という言葉が使われています。
炭が燃えるときでも炎が見えるときと見えないときがあります。炎が見えるときは反応が2段階で起こっていることになります。まず、炭の表面で気体が生じる反応が起こり、次にその気体が燃える反応が起こります。炭の表...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報