はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

教えてください(すみません、長いです。)
私は電子工学科に属する3年生です。
授業では半導体、電子回路の授業を受けましたが、3年間学んで今の私に何が作れるのか考えても何も浮かんできません。


ただ漠然と卒業後は半導体関係の仕事しかないのかな~、それだったら電気工学科に進んでいたほうが電気を使う回路設計など出来たのかな~と思ってしまいます。

そこでお尋ねしたいのですが、電子工学科と電気工学科の作るものの違いってなんですか。
電子工学科を求める部署や職種ってどのようなところがあるのですか。
電子工学の仕事ってどのようなものなのですか。

女だからって事務に就かされたくないので現場の第一線で開発、設計に携わりたいと思っているのですが、自信もって「この知識を開発、設計に役立てたい」と言えないのがくやしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

何が学べるのか、学んだことを活かせる仕事は何なのか?進学や就職は悩みが尽きないですよね。


中部大学工学部では、「電子情報工学科」、「電気システム工学科」、「情報工学科」の違いを説明しているサイトもありますので、こちらも参考にしてみてください。

・電気・情報との違い 電子情報工学科 中部大学|電子情報工学科 学科の違い 中部大学 工学部
http://www3.chubu.ac.jp/electronics/feature/diff …

A 回答 (8件)

bigscale21さん、こんにちは。

高校が電気、大学が電子です。違いは弱電・強電ですよね。何十年前卒業しました。実験も全然違います。今はコンピュータの世の中ですから、何かしら使う羽目になるでしょう。あとはbigscale21さんが何をやりたいかですかね。
大都市だとそれなりに就職口も有るでしょう。電子だからといって何も作れないですよ。会社に入社して制御系をやるとか、色々会社によっては自分の希望通りの職種に就けるのは稀ではないですか?今度4年となると卒論及び就職活動で大変かも知れませんが、今から電気云々は考えない方が良いと思いますが。

この回答への補足

回答ありがとうございます(すみません、もう少し質問させてください)。
やはり自分の希望通りの職種に就くというのは稀なんですね、大学の先生も新卒には期待していないからみたいなことを言っていました。でも少しでもアピールはしたいのでそれだけの実力をつけたいです。これから主に回路について勉強しようと思っています。

電気化の実験をしらべました。。「回転機」「直流機」「交流機」「誘導機」「同期機」などまったく初めての言葉ばかりです。やはり電気と電子では学ぶことも違うのですね。

そこで質問なのですが、電気科で学ぶ知識と電子科で学ぶ知識は、それぞれどのような職種・部署で生かされるのですか。やはり電子科で学ぶ回路知識は回路の開発の部署でしか生かされないのですか?

補足日時:2006/02/09 23:47
    • good
    • 3

メーカの技術系の管理職です。


学校の専攻とか気にしていません、機械専攻が電子関係をやっています。
学校で勉強した事がそのまま会社で通用するとか思わないで下さい、そんな物は1月で上書きされます。
一番必要なのは本人の気持ちです。
電子だ電気だ男だ女だと言ってるうちは甘いですよ!!
    • good
    • 6

電気電子のエンジニアであるとともに、大学の電気電子系のカリキュラムが大学のレベルにふさわしいかどうかの審査に携わっている者です。


http://www.jabee.org/

電気電子技術者の分野を示したものに、技術士試験の受験科目があります。
http://www.engineer.or.jp/examination_center/app …
一言で電気と電子といっても5つの大分類があります。一般に電子系といっているのは電子応用と情報通信ですが、
4-3 電子応用: 高周波、超音波、光及び電子ビームの応用機器、電子回路素子、電子デバイス及びその応用機器、コンピュータその他の電子応用に係るシステムに関する事項、計測・制御全般、遠隔制御、交通管制、無線航法等のシステム及び電磁環境に関する事項、半導体材料その他の電子応用及び通信線材料に関する事項
4-4 情報通信: 有線、無線、光等を用いた情報通信技術(公衆ネットワーク、専用・企業ネットワーク、国際通信ネットワーク、コンピュータネットワーク、インターネット、伝送システム、アクセスシステム、通信線路、地上固定無線通信、移動通信、衛星通信、放送、ケーブルテレビ、音声情報通信、画像情報通信及びマルチメディア通信を含む。)に関する事項
情報通信ネットワーク全般の計画、設計、構築、運用及び管理に関する事項
などに細分化され、さらにこのなかも製品やプロジェクトごとに細分化されています。多分誰ひとりとして同じ仕事をしておらず、ほとんどの人が異なった仕事をしていることでしょう。

「半導体かな」ということでしょうが、半導体もたとえばLSIでは素材、製造プロセス、LSI論理設計、大量生産技術があり、LSIもメモリとCPUでは異なります。カスタマイズなどは電子というよりカウンセリングの世界に近いものがありますし、カスタム商品の納期管理は雑誌の編集のようなイメージです。
あなたに与えられた仕事があなたの仕事であり、あなたがやりたいことがあなたの仕事になります。
エンジニアとして会社に入れば工場に配属されますが、工場ごと、部課ごとに仕事が異なるだけでなく、上司となる人でも仕事のやり方が異なります。

4年進学時に研究室配属と卒論作成があるはずで、この段階である程度の方向性が決まります。
卒論を終えた段階で身につくのはその分野の入り口の常識とエンジニアとしての仕事の進め方、まとめ方の初歩です。
修士論文では与えられたテーマを追求して解を求めることが要求され、博士でも「自立的に学術研究を進める基礎的能力がある」というレベルです。
つまり大学を出てもエンジニアとしては即戦力になれるわけではありません。

研究室の同窓生で研究室のテーマの関連の仕事をいましているのは数割です。(大学院では6割)
就職時には研究室のテーマ関連であってもその後別の分野に移った人間もいます。(私自身電力システム専攻でしたが現在は通信関連の仕事です)

卒論テーマは就職時に有利ですが、入社後の研鑽で戦力としての能力が身についていくものです。
学部卒は「卒論テーマに関しては基本的な教育がいらない人材」と見られる程度です。

日本の企業では、女だからということでの差別は、現場の仕事にはまだまだあるようです。たとえばエネルギーや重工関連の工場に行く様な仕事に配属されることは非常にまれです。一方で設計やシステム開発やシミュレーション、研究などは活躍の場があります。
外資系は現場も含めて男女差はありません。女性管理職も多くいます。もしジャンプアップする意思があるなら、2-3年日本の企業に入り研究所でがんばり、会社持ちで留学させてもらうか、貯金と借金をし自費で留学してMBAを取得できれば、外資系企業が管理職として迎えてくれる可能性が広がります。MBAは経営者としての知識を勉強しますが、技術者としての素地プラス経営能力がある人材は製品の方向性を決めたり、最適な生産方法を決定することが出来る人材とみなされます。
MOTの取得も良いかもしれません。

ところで「技術士」は,「技術士法」に基づいて行われる国家試験(「技術士第二次試験」)に合格し,登録した人だけに与えられる称号です。国はこの称号を与えることにより,その人が科学技術に関する高度な応用能力を備えていることを認定することになります。
 一方,「技術士補」は同じく「技術士法」に基づく国家試験(「技術士第一次試験」)に合格し,登録した人だけに与えられる称号です。技術士補は,技術士となるのに必要な技能を修習するため,技術士を補助することになっています。
http://www.engineer.or.jp/gijutsusi/index.html
学卒なら技術士補(1次試験合格)程度の幅広い知識を必要とされ、卒業後7年程度の技術者なら2次試験(技術士)の程度が望ましいとされています。
技術者は研究者ではないので、深い専門性だけでなく電気電子全般を広く浅く理解し、電子関連を太く理解し、自分の専門を深く理解していることが求められます。

電気電子を両方とも経験しての意見ですが、対象とする製品やシステムは変遷しても仕事の進め方やまとめ方は共通であり、卒論を基本にしてプロジェクトの経験で培われるものです。対象となる仕事やシステムは自分の好きなことで決めればよいと思います。
任された仕事が最初は面白くなく乗り気ではなく、きつく死にそうであっても、うまく出来たときには好きになるということもありました。
面白いプロジェクトはやはり大きな会社ほどチャンスが大きいようですが、大きい会社ほど裁量は少なくなります。
    • good
    • 4

とおりすがりのものですが、真面目で好感の持てる質疑応答ですので、ちょっと書き込みたくなりました。

質問者の言葉と回答のかたの言葉とから、ふむふむと感じた部分をピックアップします。えらく長文になりましたが。

「やはり電子科で学ぶ回路知識は回路の開発の部署でしか生かされないのですか?」
→回路そのものの知識が生きるのはやはり回路の開発か設計かサービスかの部署でしょうね。
→ですけれども、大学で身につけることを期待されているのはもっと基礎体力的なものなんですよね。物理や数学の基礎理論がわかる力、論文を読んでも理解できる素養。問題解決能力、とか。そういう基礎体力ができていると、大学でやったことと少し違う分野でも活躍できるようになるんです。最初から自分の将来コースをあまり狭く考えないほうがいいかと思います。

「今の私には、
「大学で学んだ回路の知識を生かし、新製品の開発に貢献したいです。」
ぐらいしか答えられないし、実際にそれほどの実力も無いから声も小さくなってしまいそうです。」
→そんなものですよ。大学卒業していきなり現場で役に立つ人なんて殆どいません。みんな最初は職場の足手まといなのです。いきなりばりばりやれると思っている人は自信過剰and/or無知もいいところ。面接で十分な自信はまだ無いと言ってもそれほどマイナスには取られないでしょう。だけど必ず役に立つようになる、そういう努力をする自信はあるという姿勢は見せましょう。
→ちょっと自分のことを書くのは気が引けますが、ご参考に。私は通信工学科を卒業し大手電機メーカに就職しました(35年前)。メーカの中の事業分野を選択するにあたり、回路が全く不得手だったので、回路に最も縁が遠そうな部門を選びました。結局そこでも回路をやらざるを得ないことになりましたが、不得手ながらもやっていると一応は一流レベル扱いをされるくらいにはなりました(実力はたいしたことなかったんですが、なんだかそう見られていたようです)。要するに、なんとかなるもんです、といいたいわけです。やる気さえあれば。

「私は開発の仕事がしたいです。」
→ここ、ちょっと「うーむ」なんですよね。設計と開発と研究と区分ははっきりしませんが、どちらかというと、こつこつ図面を引いて作ってテストして、なんていう職人的な業務よりもクリエーティブなことがしたいということでしょうか。少し研究よりの志向かと。もし一流企業でそういう職種を希望するとなると、大学院に行った方が良いかもしれません。昔に比べて学力低下しているので、現在では学卒では研究開発的な場面ではちょっと素養不足で苦しむ面もあるし、大手企業だとやはりそういうことを考えて人員配置する傾向ですから。学卒でも素質とやる気次第で一流の開発ができる力を身につけ、そういう業務にあたる人もいるのは確かですから、一概に言えませんが。

「今の知識ではトランジスタやCMOSの仕組みとか製造方法はわかるのですが、実際の使い方がわかりません。」
→そんなものです。
→また私事ですが、私は会社に入って始めてコネクタなるものを見て感動しました。電線は半田で付けるものと思っていた無知さ加減。それでもなんとかなるのです。

「このようなキットを使って勉強して身に付く知識や技量ってどのようなものでどれくらいのレベルですか、またそれは新卒レベルでアピールできることですか」
→これは感心しました。その志は素晴らしいと思います。こういうことをやると何が良いかというと、あらためて教科書を読むと腑に落ちてよく理解できるのです。基礎力がつくのは間違いなし。
→実際に回路を組んでみるのでなくても、PCで回路シミュレーションするのも意味があります。pSPICEなんてお勧めです(参考書:電子回路シミュレータPSpice入門編 CQ出版社 CDつき、1800円、私もときどき使います。実は大学で電子回路の講義をするときのネタ作りに使ってます)
→さて、これで回路実技がどのくらいのレベルに達するか、就職でアピールできるか。ここに重大関心があるのでしょうか。うーん。それで飯が食えるというところまでは行かないのではないかと。やはり実際にモノツクリをするのと、練習問題的な回路を組むというのとでは違いますから。だけどそういうことをやったというガッツを示すのはアピールするでしょう。

「英文の文献を抵抗無く読めるように慣れておくことです」
→これはそのとおりなんです。多くの場面で英語の素養は役に立ちます。仮に大学院に行くのだって英語の力は必ず試されますし、就職でもなんでも、英語というのはその人の資質とか努力とかを示すものとしてしばしば重視されます。研究的な仕事をするのでしたら、英語の論文が読めなくては話になりません。
    • good
    • 5

No.2のmomotoumeです。


私は研究所に配属されましたが、学部卒の新卒でした(ただし、ほとんどがマスター以上ではある)。あまり、学部卒だから...と悲観的になる事もないと思います。マスター卒でも学部卒でも、大学の専門のままの場合以外はほとんどみんな似たようなレベル。院卒だから優秀というわけではありません。

「大学で学んだ回路の知識を生かし、新製品の開発に貢献したいです。」と言えるなんて、立派ですね。面接官に大き過ぎる夢や嘘を語る必要は別にないし、あなたが学部の四年間で基本的な知識をしっかり身に着けた事。それを活かして、新しい物を作りたい事。をはっきり言えれば、何の問題もないと思います。

長くなってごめんなさい。私も(と言うか、私はもっと)電子工学って...と思っていた口だったので。電子の女性ってホント少ないから、頑張って欲しいと思います。

ただ、一つ気になった事が。
高密度の実装技術にもし興味があったとしても、あなたがせっせと半田付けを練習した事が役立つでしょうか? ミクロンルールの微細化を研究をするのに、お手製の回路キット作りが生きてくるでしょうか? 次世代LSIだろうが、CMOSだろうが、磁気ディスクだろうが、今あなたがおこずかいで練習できる技術はないと思っていいです。
実際に役に立つのは、電磁気学や電気回路、固体物理などの基礎基本。そして、研究する時の考え方のはず。回路キットで学べる事が重視されるなら、大学を出る必要はないと気づくはずです。
    • good
    • 3

電子工学は、もともと電気工学から「弱電」といわれる分野が分かれて出来た学問で、固体物性から電波、回路技術まで、幅広い分野を抱えています。

電子工学から情報工学など、より新しい学問も分化しています。

とはいえ、私の学校では、電気工学科と電子工学科は、必修科目にわずかの違いがあるだけで、違うところも選択なら取得できるし、4年生の研究室選びも電気系・電子系の区別無く行うことができたので、ほとんど一体で運用されていました。

学生の内から回路に親しむのは良いことですし、回路設計がメインの職場では即戦力として重宝がられるかもしれません。でも一般的には新入社員の即効性はそれほど期待されていません。オームの法則やキルヒホッフの法則など、ごく基本的なところから確実に学んでおくことがいいでしょう。

それから、4年で研究室に入ると思いますが、そこで研究のやり方、発表のやり方を学ぶことはきっと役立ちます。もうひとつ言えることは、英文の文献を抵抗無く読めるように慣れておくことです。半導体のデータシートなど、英語の文章を読む機会がきっと増えると思うからです。
    • good
    • 6

電気科を卒業した私は、何も資格をとらなかった為に、


勉強した事は生かせませんでした。
そう漠然と過ごして卒業しましたので。


電気というのは、発電から電源供給までです。
電子は電源供給を受けてで、その機器の部品や回路などですね。

だから、何がしたいかを絞り込む必要があります。
例えば、超LSIの設計をしたければ、その勉強が出来る
専門の大学の学科を選び設計が出来るレベルになってから就職場所を
探すと良いでしょう。

電子部品ならば材料工学などでしょうか。

だから、ひとつの事にピントを合わせて更に専門の勉強するコース(大学など)行くと良いでしょう。
そう、腕を磨いて腕に技術を身に付ければやりたい事を
仕事にできるでしょうね。

さて、電子回路と言えば[電子ブロックでしょう]。
復刻版の電子ブロックEX-150のWebです。
http://shop.gakken.co.jp/otonanokagaku/vol07c.html
このWebで、いくつか電子回路が見れます。
電子ブロックはラジオも組めます色々回路が組めるのです。

しかし、今の電子回路はICやLSIを組み合わせて
回路を作らないといけないでしょうね。

電子回路は
http://www.hobby-elec.org/menu.htm
このWebでも見れるでしょう。

私はプリント基板を製作したことはありません。
エッチングなどの加工です。

しかし、アンプのキットを購入して作ったりした事もあります。
半田付けも出来ますが、最近半田付けの半田が変わったと言います。

鉛フリーの事が書かれてWebです。
http://www.janis.or.jp/users/katsumik/nonlead/

さて、やりたい専門分野を見つけて、技術や経験を身に付けましょう。
そう、就職の前に。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます!(すみません、もう少し質問させてください)
私も今までアルバイトに力を入れすぎてしまい、試験をこなすだけの漠然とした大学生活でした。今の知識ではトランジスタやCMOSの仕組みとか製造方法はわかるのですが、実際の使い方がわかりません。

そこで、半導体関係の仕事だけではなくもっと技術職としての就職の選択肢を増やせるようにと、電子回路工作キットの購入を考えていました。

大学の実験ではブレッドボードを使って増幅回路とかカウンタを作り、なんとなく技術者らしいなと思っていました。

そこで質問なのですが、このようなキットを使って勉強して身に付く知識や技量ってどのようなものでどれくらいのレベルですか、またそれは新卒レベルでアピールできることですか?教えてください。

購入は一人で出来て少しでも深く学べるようにと、カタリスト社のEL500 in 1をと思っているのですが(難しいですか?)。

補足日時:2006/02/09 22:39
    • good
    • 2

大学が電子工学科だった女性です。

卒業後はある研究所で在学中の専門だったものの開発をやっていました。

電子工学卒でも電気工学卒でも、実際の就職先はそれほど変わらないと思います。例えば、LSIの部署だからみんな電子・電気という事もなく、中には化学屋さんがいたり、物理屋さんがいたりするんです。フラッシュにもロジックにも携帯電話にも各種薄型テレビでも、エレクトロニクスと名がつく所には、電子系の人が沢山います。そして、他にも色々な経歴の人が携わっています。電子だからコレ!と考える必要はなく、畑違いだからこそ重宝がられる事もあるんです。(基本的な知識が備わっていれば)やりたい事、少しでも興味が沸く事・企業を調べて見て下さい。電子卒なら、何でもできますよ。

ちなみに、基本のところで「第一線で開発、設計に...」と考えている点なのですが、開発と設計では大変な違いがあります(電気か電子かよりも大問題)。何がしたいのか、考えてみて下さい。
電子工学科卒の女性が事務に就かされる事はまず無いと思いますが、逆に電子・電気系の開発・研究はほとんど男社会。女性は大変な事が多いと思いますので、頑張って下さい。
回路設計をしたいなら、そういう部署を希望して下さい。電気・電子は本当に女性が少ないので、結構希望通りにいった人が周囲には多いです(甘いかな?)。

この回答への補足

回答ありがとうございます(すみません、もう少し質問させてください)。

辞書で調べました。設計とは図面にすることで、開発とは実用化することなんですね。今までなんとなく、「設計・開発」とひとくくりにしていました。私は開発の仕事がしたいです。

「電子卒なら、何でも出来ますよ」の言葉、とても自信になりました。ありがとうございます!

ただ、よく先生から学部の新卒には期待はしていないということも聞き、やっぱり、大学での知識は本当に基礎の基礎なんだなぁとも思っています。

そこでmomotoumeさんにお聞きしたいのですが、就職活動のとき、半導体関係以外の技術系の会社で、面接官から
「当社でどのような活躍が出来ますか?」
と聞かれたとき、どのように答えればいいと思いますか?
今の私には、
「大学で学んだ回路の知識を生かし、新製品の開発に貢献したいです。」
ぐらいしか答えられないし、実際にそれほどの実力も無いから声も小さくなってしまいそうです。なんか嘘をついているようで後ろめたいです。男社会を前にしてマイナス思考過ぎるのでしょうか?

補足日時:2006/02/09 22:44
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気回路と電子回路の違いって

電気回路と電子回路の違いってなんでしょうか?

電気機器と電子機器の違い、電気信号と電子信号の違いもよくわかりません。

電気って電子が流れて発生するんですよね?

Aベストアンサー

最も大きな違いは、電気をエネルギーとして見ているか、情報の伝達手段と見ているかです。
電子管(真空管)、電子銃(ブラウン管)、電子計算機、電子手帳など全て情報伝達だとお思いになりませんか。
昔、弱電、強電と言う言葉が有りました。今でいう電子と電気の違いですね。

悩ましいのは、放送局や音声アンプです。1000キロワットの送信機や1キロワットのアンプでもやっぱり、電子回路です。なぜなら情報伝達のために大電力を使っているわけですから。

例外は電子レンジです。エネルギーを目的としていますが巨大な電子管で、マイクロ波を発生させています。技術的にはマイクロウエーブ回線技術の応用なので「電子」と言う名前がついています。

Q電気電子工学科で学んだことはどんな企業のどんな場面で役立つか

電気電子工学科でまなんだことは、どんな製品をつくる企業において、どんな場面で役立つのでしょうか。
「~などの製品をつくっている企業で、~というような場面で電気電子工学科で学んだ~という科目(以下のURLにのっているような)が役立つ」
http://news7t1.atm.iwate-u.ac.jp/jp/syllabus/2001/elc/index.html
http://www2.elec.okayama-u.ac.jp/edu/syllabus/list.html
という具合に、できるだけ詳しく教えてください。
そこまでくわしく教えていただけない場合でも、電気電子工学科でまなんだことが
どんな製品をつくる企業で役立つのかを、知っている限りで教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

質問されてる方は高校生ですか?中学生ですか?
#2の方の言われるように工学は勉強より、経験の学問ですから、実際にやってみれば判るのですが....
どの科目のどの原理がというよりも、実際の製品にどの科目のどの原理が使われているか
のほうが簡単なので...

簡単な例で
今携帯電話で流行っているCDMAという技術ですが、
通信工学や、信号処理(どちらに出てくるかはわかりませんが)
スペクトラム拡散通信という方式がつかわれています。
これのベースとなる科目(単元かな?)は、「変調方式」「フーリエ解析」
です。実現させるために「電気回路」「電子回路」の知識が必要となります

最近の、コンピュータの設計でも、電磁気学の知識が必要になったりとか、
電流の反射(これは電気回路の、インピーダンスの整合ででます)を考えないといけなくなっているとか...

放送局では、電波障害の起こる原因を探したりするのに、電波伝搬や、電磁波工学
当然、送信装置の整備には、電気回路の基礎知識は必要になりますよね...


ちなみに、電気回路、電子回路の科目は、#2の方のように趣味でやっている人には
小学生か中学生の時にクリアしているレベルの話しかしません...
(それだけ安定した学問であるということでもあります)

ただ、こういうことは、実際に経験しなくてもわかることかと思うのですが...
それとも、あまりにも簡単な事なので、本当に役に立つことなのか疑問になったのでしょうか...

質問されてる方は高校生ですか?中学生ですか?
#2の方の言われるように工学は勉強より、経験の学問ですから、実際にやってみれば判るのですが....
どの科目のどの原理がというよりも、実際の製品にどの科目のどの原理が使われているか
のほうが簡単なので...

簡単な例で
今携帯電話で流行っているCDMAという技術ですが、
通信工学や、信号処理(どちらに出てくるかはわかりませんが)
スペクトラム拡散通信という方式がつかわれています。
これのベースとなる科目(単元かな?)は、「変調方式」「フー...続きを読む

Q「強電」と「弱電」の違い

「強電」と「弱電」の違いがいまいちわかりません。

僕が思っていたのは、
 ○学門等なら一般の電気工学が「強電」、
  電子工学とかが「弱電」、
 ○設備等なら電力設備が「強電」、通信ケーブルとか
  電話線等の信号等の設備が「弱電」
かと思っていました。

なんか定義等ありますか?

「電子工学」は「弱電」かと思いますが「電気工学」
だけでも「強電」と「弱電」に分かれますか?
量子力学なんかは弱電ですか?
制御工学は?

どの辺で強電・弱電に分かれるか、等よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子回路系は弱い電気ですよね。電気エネルギー、熱エネルギーに変換するような機械とかは強い電気を使いますよね。それへの違いだと思います。
なのでその電気の量に対して重点を置かない量子力学や制御工学は、どちらとも言えないんじゃないですか?
一般的には強電流工学 (電力・電気機器工学)と弱電流工学(電子・通信工学)に分かれます。

Q電気電子工学分野のこれからについて

現在電気電子工学科に所属する大学三年のものです。
四月に研究室配属が控えています。
電気電子工学には「回路、通信、光・波動、電子物性・デバイス、電力・プラズマ、パワエレ」と様々な分野がありますが、研究室紹介などを見ているとどの分野も面白そうで興味があり研究室を決めかねています。
そこで興味以外の面からも考えてみようと思うのですが、どの分野がこれから先に社会からの需要が多く、より発展していきそうなのでしょうか?
皆さんのご意見を聞かせていただけると有り難いです。
個人的には、ITバブル崩壊の影響受けている通信や韓国企業に押されがちな半導体分野の未来はあまり明るくさなそうな印象があります。

Aベストアンサー

昨日答えた人とは別かな?先日の回答をを参照していただきたいのですが、大学で学ぶのは、勉強の仕方、仕事の仕方であって、特定の技術で飯が食えるほどにはならないと思います。

どこがよいかですが、それがわかればみんなそこの株を買うでしょう。1年先はわかるが3年先は予測もつきませんが、少子高齢化、日本国の財政破綻、中国との競争激化、食料とエネルギー・資源の奪い合いなどが10年後に直面するといわれている課題です。

繊維産業が基幹産業だったり (60年代)
鉄は国家なりとかソニーのステレオが高級品だった (70年代)
銀行証券に多数のエンジニアが行った時代、MSDOSのPC98が全盛の時代(80年代)
ネットバブルの時代(90年代)
がありますね。
流行り廃りはありますが、たとえば日産やTeijinやJFEスチールは莫大な利益を上げて年収ランキングでは銀行に次いでもらっているようですし、企業の体質や経営者、実力によるところが大きいのではないでしょうか。
どのようなライフスタイルを希望するのかによりますが、WAN構築のような大きなプロジェクトができるとか、全世界の人間が使う製品を作るとか、ロケットのようなオンリーワンの技術をやりたいのか、地元でそこそこの暮らしを維持できるような企業を運営できるような能力を身に着けたいのかさまざまだと思います。

通信機器メーカーではアナログ電話機の製造や基板を設計していた人は仕事を失い(中国での製造になったため)、ネットワークの構築のコンサルタントや超高速のネットワーク機器の開発をしています。10年前のPHSやISDNの開発をした人が現在ではWifiや3Gを担当しています。
当然あなたの地位は中国やインド、中米などの安価な労働力と競合になります。

いずれにしろまだ学部なので専門性もそれほど深くなく、夏休みくらいまで多くの人に会って話を聞いて見て進路を決めてください。

照明の省エネルギーにLEDが貢献するからといって、LED業界に行ってもLEDの仕事を担当できるとは限りませんし、開発者(キーマン)にならなければ分け前ももらえないでしょう。
30歳を過ぎると、仕事は与えられるのではなく自分でとってくるものになります。「どこの業界がいいか」というのは仕事をもらう段階です。自身が勉強して他人にない技術や能力を身につければ、一生仕事を続けていくことができるわけです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1954511

昨日答えた人とは別かな?先日の回答をを参照していただきたいのですが、大学で学ぶのは、勉強の仕方、仕事の仕方であって、特定の技術で飯が食えるほどにはならないと思います。

どこがよいかですが、それがわかればみんなそこの株を買うでしょう。1年先はわかるが3年先は予測もつきませんが、少子高齢化、日本国の財政破綻、中国との競争激化、食料とエネルギー・資源の奪い合いなどが10年後に直面するといわれている課題です。

繊維産業が基幹産業だったり (60年代)
鉄は国家なりとかソニーの...続きを読む

Q東京の私立工学部、 芝浦工大 東京都市大 日大理工の中で最もお奨めは? 

早稲田、慶応、理科大にはちょっと及びません。
MARCHは確かに魅力がありますが、もともと文系大学のイメージが強くて・・・

で、理系でMARCHと同格もしくは少し下のレベル?で 例えば、芝浦工大 東京都市大 日大理工のうち、学ぶ環境や教授陣、将来の就職(出来れば東京)でもっともいいのはどこでしょうか?
あと、これらの大学は地方国立大工学部(旧ニ期校レベル)と比べて遜色ないものでしょうか?

Aベストアンサー

某大工学部出身者です。

ここであがっている私立3校の中では、芝浦工大をおすすめします。一般的には地味ですが、工学部出身者で知らない人はいませんし、社会での評価も高いです。
学科定員、教員に対する学生数等、「濃さ」がかなり違います。まずは学科定員を確認してみてください。あとは、自分が勉強したい内容を専門にしている教員がいるかどうかも重要です。
MARCHは大学名は有名ですが、それは一般人の間での話で、現場での評価はあまり高くないと思います。お気に入りの先生がいるなら別ですが。

私立理系と国立理系の違いは、教授が研究者であるか実務者であるか、という点が大きいです。国立の場合、その身分から兼業が難しく、博士→助手(助教)→助教授(准教授)→教授というコースを歩んできた「学者」が多く、研究内容や思考が現実と乖離してしまうケースが多くみられます。
一方、私立の場合、企業や官庁で実務経験を積み、40代や50代で助教授(准教授)や教授として大学教員になるケースや、自ら事務所等を主宰しているケースがみられ、「実学」を身につけることができます。

工学は実学の世界ですから、社会に出てから役に立つのは後者です。前者はまったく役にたたないケースもあります。

以上、ご参考まで。

某大工学部出身者です。

ここであがっている私立3校の中では、芝浦工大をおすすめします。一般的には地味ですが、工学部出身者で知らない人はいませんし、社会での評価も高いです。
学科定員、教員に対する学生数等、「濃さ」がかなり違います。まずは学科定員を確認してみてください。あとは、自分が勉強したい内容を専門にしている教員がいるかどうかも重要です。
MARCHは大学名は有名ですが、それは一般人の間での話で、現場での評価はあまり高くないと思います。お気に入りの先生がいるなら別ですが。

私立...続きを読む

Q機械と電気電子の二択で迷っています

進路について相談があります。
今現在電気電子か機械科で迷っています。
どちらにも興味があるのですがハッキリとした決め手がありません。
私は機械系でら重機には全く興味がなくロボットにもあまり興味がないですが、自動車には興味があります。アウディやフェラーリなどブランドのあるかっこいい自動車を作ってみたいとは思います。
また、電気系ではiPhoneやiPadなど画期的なものに興味があります。
機械か電気電子なのかはわかりませんが、例えば、見た目はガラスのような物だがパソコンの画面のようにタッチして様々なことができる最先端の技術(映画でありがちな)にも魅力を感じます!
とても曖昧なのですが、一言で言うと「近未来のテクノロジー」に憧れています!
勉強について言うと、電磁気より力学の方が簡単で解きやすいと思います(一般的にそうなんでしょうが)が、受験の際、電磁気の問題は嫌いではなく、むしろローレンツ力などを使う問題は比較的得意でした。熱力学と音に関しては正直あまり好きな分野ではありません。
ちなみに、企業に入ってからも寸法とかを考えながら製図を書き続けるのは良いなとは思いませんし、誰かにいきなり「回路とか半導体好きなの?」とか言われても
「好き!」とは答えられません(実際に電気電子行く前にそう言える人は少ないとは思いますが…)。

こんな私は電気電子か機械科どちらを選べば良いのでしょうか?
たまに好きな方選んだ方がいいに決まってる、などといった回答を見るのですが、これまで述べたように「こっちが好き!」とは簡単に言えません。
このことも踏まえてどちらを選択した方が良いのかを教えてください。よろしくお願いします。

ついでですが良かったら、電気電子と機械について、それぞれの将来性(これから先も発展していくなど)も教えていただけるとありがたいです。

進路について相談があります。
今現在電気電子か機械科で迷っています。
どちらにも興味があるのですがハッキリとした決め手がありません。
私は機械系でら重機には全く興味がなくロボットにもあまり興味がないですが、自動車には興味があります。アウディやフェラーリなどブランドのあるかっこいい自動車を作ってみたいとは思います。
また、電気系ではiPhoneやiPadなど画期的なものに興味があります。
機械か電気電子なのかはわかりませんが、例えば、見た目はガラスのような物だがパソコンの画面のようにタッチ...続きを読む

Aベストアンサー

>今は電気電子の面白さというのがよくわからないのですが、学習していくうちに面白さがわかってくるのでしょうか??

それもありますけど、まぁゆっくり見て行きましょう。電気電子は範囲が広いですから。
いわゆるエレクトロニクスは、他分野との融合がしやすく、夢が広がります。

・有機エレクトロニクス
・光エレクトロニクス
・バイオエレクトロニクス
・ナノエレクトロニクス(ナノテクノロジー)
・量子エレクトロニクス
・スピントロニクス
挙げればキリがないですが、
どの分野も最先端は質問者様が考えている
「近未来のテクノロジー」を超えていると思われます。
興味があるのを調べてみてください。

一方、電子回路などの勉強を通じて得られる知識・能力
(具体的には数学や観察・洞察力)は一生モノの宝となるでしょう。

少ないですが、参考にしてください。

Q機械、電気電子系で有名な大学

はじめまして、閲覧ありがとうございます。

自分は受験を控えている高校三年生です。

将来的に電化製品の設計、製造をしたいのですが、
自分はどの大学がそういった分野で有名なのかわかっていません。

一応第一志望は筑波大学、です。
関東に行きたいという欲がありますので・・・w

そこで質問ですが、
機械、電気電子系で有名な大学はありますか?

偏差値は気にしません。
また、私立、国公立も問いません。
偏差値は低いけどその分野は突出している、等で問題ありません。

こちらはついでで、自分のような夢の場合、示した二つの学科の
どちらに行くべきでしょうか?

できるだけ多く回答をいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

理系は大学名だけでは語れません。
大学より研究室を見た方がいいですよ。
ご自身の偏差値に見合う大学にある研究室の内容を一度確認されることをおすすめします。

ご質問にご回答すると以下になります。
有名となると一般的に東大、東工大、筑波大学、横浜国立大学くらいでしょうか。
ただ、国立であれば、各分野で有名な大学は、以下のセンター得点率70%以上の大学でしょう。
http://www.keinet.ne.jp/rank/14/kk08.pdf

私立は以下の通りですが、有名な大学となるとやはり早慶でしょう。

ただ、電化製品の設計、製造でしたら偏差値45以上であればチャンスはあります。
http://www.keinet.ne.jp/rank/14/ks08.pdf

>こちらはついでで、自分のような夢の場合、示した二つの学科の
>どちらに行くべきでしょうか?
大差はないので機械、電気電子系興味のあるほうにいくべきです。

よほど試験で悪い点を取らない限り、筑波大学を受験するレベルでしたら合格した大学
どこでもチャンスはあります。

Q大学院の修士課程と博士課程の違いは?

大学院の修士課程と博士課程の違いは?
博士はドクターと言うことですが
修士は?
勉強の内容が違うんですか?
そもそも大学院は何を勉強するところですか?
分かりやすく教えてください
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

過去の回答を見て、
私の時とはひょっとして
いろいろ制度が変わったのかしら?
と首をかしげているのですが

文科系の学科では、修士課程は2年、博士課程は3年が
一般的だったと思います。
ただし、それは大学によっても違いますし、
私大と国立によっても違います。
たとえば修士課程を、博士課程前期と言い換えて、
いきなり博士課程5年にするところもあります。

決して何年でも在籍できるわけではなく、
大学によって全4年なり全8年なり、
限度はあります。

学生(学士過程)では
授業(講義)を受けることにより
研究作業の訓練を習得しますが、
大学院では訓練で習得したことを生かして
主体的な研究作業をします。

つまり、学士では一般常識と同時に、
大なり小なり教授や助教授の方法論や
研究成果やを学びますが、

大学院では、より主体的なテーマを設定して、
研究を発展させていきます。
(大学によってはチームで研究することもありので
あくまで、個人的研究ではなく、主体的研究です。)

ただ修士の場合は、一方で、
学士と同じように講義を受けなければなりませんので、
(学士と一緒に受ける場合もあるし、修士のみの授業もある)
大学院でも初等的な訓練もしなければならないということでしょうか。

博士になると講義そのものはありませんが、
大学によっては出させてくれるところもあるようです。
また、教授や助教授の研究のお手伝いをしたり、
講義のお手伝いをしたり、
愛犬の散歩をしたりします(笑)

実質的な違いは、はやり名声とお金という
殺伐とした話になります。

たとえば大学の役職は教授職、助教授職、講師、助手などがありますが、
たとえば教授職になるための条件の一つとして、
博士号を修めていることなどがあります。
助手や、まれに講師職でしたら修士程度でも
雇ってくれるところはあります。

またたとえば、同じ助教授職でも、
雇用契約書によっては博士と修士の間に
給与の面で差をつけるところなどもあります。

就職難の今日では大学院へ行く人が多いようですが、
大学院に在籍しているからといって、
就職できないわけではありません。

たとえば、修士課程を受けながら、
ほかの県の予備校などで高校生相手に
受験勉強を教えている方など
いっぱいおられます。
中には昼は大学院で、夜は建設業(ドカタと言ったほうがいいかも)の方もおられます。

終戦で勉強したくてもできなかった
おじいちゃんやおばあちゃんがいる大学院も
中にはあるんじゃないでしょうか?

いずれにせよ、大学院過程は
大学によって違うし、
文科系、理科系によってもちがうし、
国立、公立、私立などの違いもあるでしょうから、

一番よいのは、志望する大学に問い合わせて
(たいていの大学院はパンフレットを発行していて
そこに研究方針やしくみなど詳しく書かれてあります)

場合によっては、教授や助教授を
直接たずねられてみてはいかがでしょうか。

最後にこの情報は何年も以前のうろ覚えですので、
今現在はこれが性格かどうかは責任もてませんが・・・

がんばってね。

過去の回答を見て、
私の時とはひょっとして
いろいろ制度が変わったのかしら?
と首をかしげているのですが

文科系の学科では、修士課程は2年、博士課程は3年が
一般的だったと思います。
ただし、それは大学によっても違いますし、
私大と国立によっても違います。
たとえば修士課程を、博士課程前期と言い換えて、
いきなり博士課程5年にするところもあります。

決して何年でも在籍できるわけではなく、
大学によって全4年なり全8年なり、
限度はあります。

学生(学士過程)では
授...続きを読む

Q電気科と電子科と決定的な違いはどこですか?

工業高校の電子科を受験しようと思っています。私は、電気回路に興味があり将来、車の電気回路やPCの電気回路、機械の動かすための回路などを造る仕事をしたいと思っています。高校の電子科ではどの位の知識を教わるのでしょうか?また、電気科にしようか、電子科にしようか迷っています。
電気科と電子科と決定的に違うところはどんなところですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

同じ高校に電気科と電子科があるとすれば、かなり違うはずです。
ひとことで言えば、電気科は強電(電力など)、電子科は弱電(PCやデジタル家電)と情報です。
電力の技術者・工事なら電気科、計測制御・集積回路・プログラミングは電子科です。

カリキュラムは高校によって違うので、志望の高校を調べないといけません。
一例として茨城県の日立工業高校には、「電気科」と「情報電子科」がありますが、こちらでカリキュラム(科目名)がわかります。
http://www.hitachi-th.ed.jp/katei/katei_index.html

そして、各科目の内容は、文科省のサイトで学習指導要領を調べます。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603/013.htm

ちなみに、私は以前エレクトロニクス企業に勤めていましたが、大昔とは違い、高卒の人には設計の仕事は与えられません。
事務方になるか、あるいは、交替制の製造現場に配属されるかです。
クルマの回路の仕事をしたければ、(よく知りませんが)高校卒業後に自動車専門学校に行って、(うまくいけば)メーカーの技術者になるとかです。
回路を作る(設計する)仕事をしたければ、最低でも高専です。

余談ですが、今時の集積回路は、コンピュータでプログラムを作って設計します。車載専用の集積回路もです。どんなときにどういうことをさせるかをプログラムするわけです。ロールプレイングゲームを作るようなものです。
動作の一次チェックも、集積を実際に作ってからではなく、プログラミングの段階で行います。つまり、ゲーム機のソフトを作る作業とさほど変わりがないのです。

こんにちは。

同じ高校に電気科と電子科があるとすれば、かなり違うはずです。
ひとことで言えば、電気科は強電(電力など)、電子科は弱電(PCやデジタル家電)と情報です。
電力の技術者・工事なら電気科、計測制御・集積回路・プログラミングは電子科です。

カリキュラムは高校によって違うので、志望の高校を調べないといけません。
一例として茨城県の日立工業高校には、「電気科」と「情報電子科」がありますが、こちらでカリキュラム(科目名)がわかります。
http://www.hitachi-th.ed.jp/katei/katei...続きを読む

Q大学の工学部と理工学部ってどう違うの??

大学の工学と理工学ってどう違うの??
今、自分は工学部ですが、他の大学には理工学部というのがあって、
少し不思議でした。
やっぱり名前が違うのですから、内容もそれなりに違ってくるんですよね??

Aベストアンサー

理学と工学の言葉の違いは分かりますか?

理学は、研究を行う部分。科学の基本的な理論から真実をつかもうとする学問です。
工学は、技術を培う部分。科学を実際の生活に役立てようという学問です。

これを大学(高等教育機関)に当てはめる際に、教える部分は同じだろう、両方一緒に教えた方が有用な人材が作れるだろう、と考えたのが理工学部です。理工学とは、理学と工学という意味ですね。
工学部は、技術面だけに特化した学部です。社会的にどう役立てるか都考えるものですね。そういう意味合いでは、薬学、医学も工学の一部なのですが、歴史的な関係で、これらは独立した学部を持っています。

ということで、理学部に機械工学科はありませんし、工学部に理論物理学科はありません。
また、理学部は研究者を、工学部は技師・技術者の育成機関です。理工学部はその両方を目指したものですが、早稲田大学の理工学部は明らかに実学志向で、研究者も基礎研究重視の国公立大と一線を画しているようです。

ただ、理学と工学に境界線はありません。化学を例に取ると、基本研究の面から、社会に役立てられないかと考える応用(工業)化学科が理学部にあることもありますし、技術に役立つ化学を研究したいと、工学部に化学科があることもあります。生物学・生命学についても同じです。
理学部の基礎研究から化粧品や洗剤など、社会に役立つモノができることもあれば、量産するにはどうしようと考えた工学部から基礎理論ができることもあるわけです。
両者は、やりたいことは異なるけど、お互いに共存する関係です。なので、理工学部というものもあるわけですね。

他の回答の方への回答となります。大学を教育機関と見ると、この区別は他の回答の方に見られるようにどうでも良いことになってしまいます。研究機関と見なしたとき姿が見えると思いますよ。
学生に教えることを重視すれば、頻繁に人事交流されることもあるかと思いますが、その研究の基軸になる部分で人材が異動することはよほど特殊なケース(研究内容を変更するなど)でない限り、無いはずです。なお、研究交流は先に書いた理由で無い方がおかしい。
数学科
物理科→これ、物理学科ですよね。
化学科
があってそれらが理学。という部分は正しいです。理学の中の理論学科系ですね。あと、
生物学科(これは、動物学科・植物学科・細菌学科など、学会の構成に応じて割れることも多いようです)
地学科(これも、天文学科、気象学科など、学会の~以下略~)

ただし、これを基礎理論から応用させようという、応用化学科、応用数学科、応用物理学科やコンピュータ基礎理論を完成させようと、情報学科・情報数理学科などが新設されてきていますが、こういう学科も理学です。

社会に役立てようという面から、基本理論を求める学科は工学系となります。工業化学科などですね。ただし、研究内容の理念の違いは、教育内容はあまり変わらない(大学もある)かもしれません。

なお、真実を求めるのは、科学も文学も同じだ!!アプローチの仕方が違うだけだ、という理念の元、文理学部という学部もあります。(ありましたという大学も多いですが)
文学部と理学部は兄弟だという考えですね。科学の生まれはいろいろありますが、その生まれを博物学に求めた場合、博物誌という文学とくっつくわけで、そこからの発想ですね。科学論文も文学であるといえば、間違ってはいないわけで。
早稲田大学の理工学部(無くなりましたが)は、当時の国公立大が文理学部を表明し、研究を真理の探究とみなしたのに対し、研究も実生活へ役立つ実学であるとしたアンチテーゼの表明だったのだと思いますよ。

東京理科大については、前身が東京物理専門学校(今の専門学校とは違うものです)で、当初から学部卒の理系学生を社会に送り出すことを目的にしていました。
もともとは基礎研究を重視した理論系の理学部だけでした。敷地の関係もあり、大きな実験はできなかったのですよね。
その後、郊外にキャンパスが持てるようになり、工学系で必要な広い設備を持つことができ、念願の理工学部を持つことができましたが、基礎研究を行っているところとは区別しました。
さらにその後、さらに郊外(日本国内だけど海外?)に本格的な工業施設を作る敷地が確保でき、工学部を作りました。その結果、理学部、理工学部、工学部の3つとも持つことになりましたが、教育内容に即してのもので、名前にはきちんと意味があります。実験施設に応じている部分もあり、私としては正直だなと思っていますが。
東海大など、世界的な設備を完成させて教授を招聘し、それに応じた学部学科を作るケースもあり、理工系はお金が掛かる分、大学もその設立・意地は本気でないとできません。
東海大は、大学設立のルール変更に伴い、この4月に九州東海大と北海道東海大を吸収合併しますが、これに伴い理工学系各学部を再編させています。この辺、苦労がかいま見れるので、面白いですよ。
けっして規模とか他のいい加減な理由で分けているわけではありません。

理学と工学の言葉の違いは分かりますか?

理学は、研究を行う部分。科学の基本的な理論から真実をつかもうとする学問です。
工学は、技術を培う部分。科学を実際の生活に役立てようという学問です。

これを大学(高等教育機関)に当てはめる際に、教える部分は同じだろう、両方一緒に教えた方が有用な人材が作れるだろう、と考えたのが理工学部です。理工学とは、理学と工学という意味ですね。
工学部は、技術面だけに特化した学部です。社会的にどう役立てるか都考えるものですね。そういう意味合いでは...続きを読む


人気Q&Aランキング