現在の日本の硬貨では5円玉と50円玉だけが穴があいてますが,あれはなぜなんでしょうか?
外国の硬貨を見ても穴があいてるのは珍しいのでは?
なぜ穴があいているのかなどをしりたいのでよろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

紐銭」に関するQ&A: 紐銭とは??

A 回答 (4件)

穴をあけたら径を変えずに材料を減らすことができます。



50円硬貨は100円硬貨と同じ材質(銅とニッケルの合金)でできています。
100円硬貨の半分の重量に硬貨を作ると径が小さくなりすぎて不便なので真ん中に穴をあけているのでしょう。

では、なぜ100円硬貨が今のサイズなのか?
昭和40年代まで流通していた前のモデル(銀の合金)が今のものと同じサイズだったからです。
(モデルチェンジの都度、サイズが変わったら紛らわしいでしょ)

同じく5円硬貨の前のモデルは今のものとほぼ同じ径、材質(銅と錫、亜鉛の合金)で穴があいていませんでした。
これを材料費節約のため穴をあけています。

「材料費」とか「モデルチェンジ」とか言ってますが、貨幣の改鋳は公共性のきわめて高いものなので、「紛らわしさ」を極力さける必要があります。
そのため、径をコロコロ変えたり他の硬貨と似たサイズにしない必要があります。

穴あき硬貨は先の方の回答にもありますが、中国で伝統的に使われていた手法で東アジア特有の発想ですね。
    • good
    • 0

伝統的に日本の硬貨って形は違いますけど穴があいてますよね?


・硬貨の作成技術は、ずっと昔に中国あたりから入ってきたんだと思いますが、その中国での硬貨の形がそうだったために、日本でも穴のあいた硬貨が作られるようになった。
・中国の硬貨は、古代にはいろいろな形があったものの、結局すりへりにくく紐を通してまとめやすい○に□の穴を開けた形になった。
という風に聞いています。
この、硬貨に穴があいている伝統が残っているのではないかと思います。
あとは、目の不自由な人が触って区別が可能なように、各硬貨に特徴を付けている、とも聞いたことがあります。大まかな大きさ、ふちのギザギザと、穴で区別が可能なように。
    • good
    • 0

前にも同様の質問があり、回答が寄せられていますので、参考にしてください。



http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=188367

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=188367
    • good
    • 0

 昔の「銭(ぜに)」に穴の空いていたなごりを、現在は硬貨の区別に利用しているのです。



 銭になぜ穴が空いているか、というと、持ち運びに便利だからです。
今と違って昔は貨幣が全て硬貨でしたので、片方に大きな結び目を作った紐に銭を通して扱っていたのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1円玉は一円?10円玉は10円?50円玉は50円?

1円玉は
材料費、加工費、銀行までの運送費をすべてたしたら1円?それとも1円以下?一円以上?

10円玉は?50円玉は?100玉円は?、500円玉は?
、以下同文~

Aベストアンサー

はいどうぞ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDJ1900X_R20C11A5000000/

世の中そんなに単純ではない

Q五円玉と五十円玉の穴について。

五円玉と五十円玉の穴について。
子供のころからの疑問です。
五円玉と五十円玉には穴があいていますが、五円玉の穴ってきれいな穴なのに
五十円玉っていびつな楕円で汚い穴のような気がするのですがどう思いますか?
何となく五円玉は作るときに穴も一緒に作っていて、五十円玉は玉を作った後に
穴を別工程で作っているって感じなんですが違いますかね。

Aベストアンサー

五円硬貨は銅と亜鉛の合金である「黄銅」
五十円硬貨は銅とニッケル合金の「白銅」
この二種類の硬度の違いが影響してはずです。
1966年(S41)迄のニッケル100%の五十円硬貨の穴は潰れませんでしたが、翌年から発行した現行の五十円硬貨は白銅の為に硬度が下がり穴が潰れやすくなったと考えるべきです。
年号の新しい五十円硬貨と年号が古い五十円硬貨を比べてください。
恐らく古い年号の五十円硬貨の方が流通過程で穴が潰れてる物が多いと思います。
単に、黄銅と白銅の硬さの違いだと思います。

Q1円玉、5円玉、・・・500円玉

なぜ、「玉」が付くのでしょうか?
「札」と同じような感じ???

Aベストアンサー

「いざとなったら珠(たま)を出せ」(「南総里見八犬伝」より)
珠・・・球状・丸いもの

そこからも丸い硬貨を「玉」と称します。

「500円」は値段
「五百円玉」は物体

その違いを明らかにするときに区別します。

「この本いくらですか」という問いに対して「五百円玉です」とは言いません。

「500円を落とした」
  百円玉5個を落としたのか五百円玉1個を落としたのかはっきりしません。

 

Q昔の50円硬貨(穴あき、穴無し)の価値をおしえて

おばあちゃんが集めていた昭和30年頃の、50円玉を、
ほしい方がいたら売りたいと言っているのですが、
どのくらいの価値があるのか、また、何処へ持っていけば
良いのか、わかりません。
詳しい方がおいででしたら、どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。

  昭和30年~昭和33年:穴無し
  昭和34年~昭和41年:穴有り

 となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年
以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。
 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。)


※理由と現在の引取価格目安

 昭和35年:発行枚数が少なく、プレミア対象になっている。
       おおよそ500~2500円程度で引き取ってもらえる。
       (状態によって価格差有り)

 その他年号:プレミア無し(存在量が多く、どのお店にも大量の在庫有り)
       額面通りの価値


 その他に、一般年号でもプレミアが付く可能性があるのは、俗に言う
「エラーコイン」です。一般的なものは下記です。

・角度ズレ
 表裏の角度がずれているもの。
  通常は±10度以上ずれていないと、「角度ズレ」として評価してもらえない
 場合がある。

・穴ズレ(昭和34年~昭和41年)
  穴が中心になく、ずれているもの。
  穴の縁が切れる程ずれていれば確実。
  少々のズレでは評価してもらえない場合が多い。

・穴なし(昭和34年~昭和41年)
  穴が無いもの
  前述の二つよりも評価が高い。

 エラーコインの場合、エラーの度合いにより評価が異なります。
 (価値もピンからキリまでです。)


 処分の方法ですが、下記の方法が考えられます。

1.古銭屋さん
  買取価格は何処でもほとんど同じと思って良い。
  当然プレミアも加味した金額となるので一番無難です。

2.骨董屋さん、リサイクルショップ屋さん
  古銭が弱いお店の場合は、全て額面という場合があるので注意。
  リサイクルショップ屋では引取らないお店もある。
  通常は高値の期待はしない方が良い。

3.インターネットオークション
  熱くなってくれる人が入札してくれると高値になる場合がある。
  (出品方法に一工夫が必要)
  自分だったらこの方法を選びます。

4.フリーマーケット
  安く買い叩かれる場合や、売れ残ってしまう場合の方が多く、
  値付けが難しい。
  手間を考えると個人的には絶対にしません。

5.銀行
  プレミア等一切関係なく、額面で引取ってもらえます。


 こんな所でしょうか。
  




 

 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。

  昭和30年~昭和33年:穴無し
  昭和34年~昭和41年:穴有り

 となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年
以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。
 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。)


※理由と現在の引取価格目安

 昭和35年:発行枚数が少なく、プレミア対象になっている。
       おおよそ500...続きを読む

Q穴のあいていない5円玉

昭和23年に作られたもので、表が国会議事堂らしき建物をバックに中央上位に
『五円』、裏が中央にハトの絵が描かれています。
非常に珍しいものとは思うのですが、この硬貨の現在の流通状況と価値ははたして
どのくらいのものでしょうか!?
ちなみに、私が持っているのはかなり使い込まれたやつです。

Aベストアンサー

こちらのサイトが、参考になると思います。

*昭和23年の穴のない5円玉
http://www.harujapan.co.jp/otakara/page07/menue.htm

コイン市場では、割と多く出回っているそうで、
コインの評価としては、通常品で数十円といったところだそうです。

参考URL:http://www.harujapan.co.jp/otakara/page07/menue.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報