ドラマ「Dモード」だったかと思いますが、中谷美紀がひとり2役で姉妹を、松坂慶子がその晩年の役でした。初回から見ていたのに、最終回だけ見落としてしまいました。松坂慶子が、実の息子に銃で撃たれるところまでは覚えているのですが、最終回はどうなったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

BSで見たのですが、だいぶ時間が経っていて、他の方のレスを楽しみにしてたんですが・・私の知っているところまでお書きます。



松坂慶子の○才の誕生日パーティでひ孫に話すように回想していく展開で、最後は会社を追い出された姉の方は外国人の夫を連れてそのパーティに参加していました。

原作のように顔を整形したり、ということもなく爽やかなハッピーエンドでした。

でも、銃で撃たれるところではまだまだ「半ば」ですよね。 「お礼」の欄に質問していただけたら、またお答えしたいと思います。
    • good
    • 0

ドラマのほうはまったく見ていないのですが、おそらくドラマの原作である「ゲームの達人」(シドニィ・シェルダン著)の方のあらすじでは松坂慶子にあたる役の孫が中谷美紀演じる双子であったと思います。

実の息子に撃たれる、双子の姉妹という点は同じです。ドラマとはだいぶ違うあらすじになっていたようですが、原作も面白くて読みやすいですから、参考までに読んでみてはいかがですか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシドニーシェルダン原作の映画について

シドニーシェルダン原作の映画について、
原題と映画のタイトルが違うので見たくても探せません。
どなたか、邦題で何というタイトルの本が、
何というタイトルの映画(ビデオ)になったか
教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

映画化、あるいはTVドラマ化されてビデオになっているものは以下のようなものがあります。右側が映画化・ビデオ化のタイトルで、変更がないものもあります。

「顔」→「露骨な顔」
「真夜中は別の顔」→「真夜中の向う側」
「私は別人」→「鏡の中の他人」
「血族」→「華麗なる相続人」
「天使の自立」→「天使の自立」
「天使の自立2」→「運命の扉」
「ゲームの達人」→「ゲームの達人」
「神の吹かす風」→「神々の風車」
「時間の砂」→「時間の砂」
「女医」→「女医」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報