人気雑誌が読み放題♪

パターには「フェースバランスパター」(シャフトを視点にしてバランスを取るとフェース面が水平となり天井を向く)がありますよね。
一方、最近読んだ某誌にスコティーキャメロンはフェース面を45度にするようにバランスが取られていると書かれていました。

実際、フェース面のバランスにはどのような効果があるのでしょうか?
「フェースバランス」と「45度バランス」ではどのような違いがあるのでしょう?
さらに、パター売場で色々なパターを試すと様々な角度があります。
あのバランスって実は結構重要だと思うのですが。。。
どういう人には何が合うのか。。。誰か理屈を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

フェースバランスはまっすぐヘッドを出しやすいので直進性は優れていると思います。


トゥバランスはスムーズな弧を作りやすくボールをコントロールしやすい感じがします。

>どういう人には何が合うのか。。。誰か理屈を教えて下さい。

これは誰にも分かりません。本人が使いやすければ何でも構わない訳です。
今までいろんな種類のパターをたくさん試しましたがどれが自分に合っているかまだ分からないのが本音です。
ゴルファーの保有するクラブで一番多いのがパターかもしれません。
スコアに直結するので誰でも疑問や悩みはあります。
毎回30パットを切れれば最高なのですが…
    • good
    • 2

こんにちは。



僕は「フェースバランスパター」が好きです。スイートスポットでボールを捕らえた時にフェース面のぶれが発生しにくいですね。グリップをソフトに握って振り子スイングをするのに適していると思っています。いわゆる縦振りなので方向性が出しやすいです。

スコッティキャメロンやピンアンサーなどは、たしか「ヒールトウバランスパター」と言うのでしたね。握った感じのバランスが良く、いろんな打ち方に対応できるオールマイティー志向のパターだと思います。僕も使ったことがあるのですが、ショートパットでの方向ミスに悩んだ結果「フェースバランス」に変えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

弧を描くイメージならば45度。
真っ直ぐ派ならフェースバランス・・というイメージなんでしょうね。
私は2BallからPINGタイプに変えました。
これはやはり弧を描くイメージが強いからだと思います。
パターこそ重要なのでちょっとこのあたりの理屈を理論的に考えてみたかったのです。

お礼日時:2006/02/13 14:39

パターのフェースバランスは


シャフトの取り付け角度、曲げ角度により上向きになる事もあり
45度になる事もあります
すべての目的は
「フェースがボールを真っ直ぐに押し出す」手伝いをする為です

手の打ち出しのくせを出来るだけ消そうと考案されたものですね

効果は、ご自分で試打してお確かめくださいね

アドバイスまで
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピン型でフェースバランスは何故少ない?

まだ初心者ですが、最近パターについて勉強しております。
ピン型や(ネオ)マレット型などの形があること、
フェースバランスやトゥ・ヒールバランスがあること、
それによって適切なストロークの軌跡がが直線か円弧か変わる、などを知りました。

一般的にはピン型は弧を描くストローク、ネオマレットは直線的というのが主流だと思います。

自分としては見た目はピン型が最もシンプルで好きなのですが、
ストロークは微妙に弧を描くよりは直線なほうがわかりやすく、
つまりピン型でフェースバランスがいいなと思いました。
このタイプもPING ANSWER #5を始め、あるにはあるのですが、ややマイナーな印象です。
これは何故なのでしょうか?
ピン型でフェースバランスにすると構造的に無理がある、ピン型とトゥ&ヒールバランスは相性が特別良い、などの事実があるのでしょうか?

不勉強で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
質問の趣旨。
>>このタイプもPING ANSWER #5を始め、あるにはあるのですが、ややマイナーな印象です。何故なのでしょうか?

についてお答えします。

結論から言うと難しいからです。フェースバランスは確かにフェースをスクエアに保ちやすい(不要なフェースの開閉がしにくい)のですが、フェースの「面」を感じにくいため、一旦ストロークが狂い始めると修正が極めて難しくなります。ロボットでなく、人間が使う道具ならではの理由です。

それから少し高度な話になりますが、フェースバランスでないパターの場合には基本的にフェースは「開きたがる」ものです、これはカップの右に外すミスになりやすいとの意味です。もうひとつ、パターのスイートスポットよりも先でヒットした場合には右に出るのはお分かりかと思いますが、ヒールよりに外したからヒッカケやすいとは言い切れません。ところがフェースバランスではそうはいきません。
先に外せば右に、ヒールよりではずせば左に行きやすくなります。  
練習グリーンのノープレッシャーの中でならともかく、実戦の緊張した場面では、芯を外したらどちらにいくかわからないでは、道具としては「使えない」と感じるプロが多いのです。
まっすぐ上りの1,5mのパーパットが残ったとき、「ミスしても右」の確立が高ければ、カップのやや左側を狙えば、少々のプッシュアウトでも入るわけです。「ミスできない」と思ってストロークするよりはるこに重圧は少ないものです。

こんにちは。
質問の趣旨。
>>このタイプもPING ANSWER #5を始め、あるにはあるのですが、ややマイナーな印象です。何故なのでしょうか?

についてお答えします。

結論から言うと難しいからです。フェースバランスは確かにフェースをスクエアに保ちやすい(不要なフェースの開閉がしにくい)のですが、フェースの「面」を感じにくいため、一旦ストロークが狂い始めると修正が極めて難しくなります。ロボットでなく、人間が使う道具ならではの理由です。

それから少し高度な話になりますが、フェースバランス...続きを読む

Qパターのヘッド重量が重過ぎると

スパイダーパターを使っています。
重りをかえることができるので
色々試しているのですが、気になることがあります。

よく重い方がストロークが安定するとか
慣性モーメントが増すなどといわれていますが、
それならパターを重くしたほうがいいのでしょうか?

ドライバーなどは重くしすぎると
ヘッドスピードがおちてしまいますが、
パターは飛ばす必要はありませんよね。

パターを重くしすぎた場合、どういった問題がおこるのでしょうか?

スパイダーは初期設定で4g×2個の重りがついています。
それを14g×2個にかえてみましたが、
重いとは思いますが、特に問題なかったです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>重すぎる
何を基準にされていますか?
個人差は非常に幅が広く、何がその方に適しているかは
判らないと言うのが正解かと思います

御使用のパターで、初期設定が4gX2で
14gX2に変えてみた
普通のパターに比較して見ないとどこが基準になるか見えません
総重量がどう変わるかでも目安になりますね

ところで私がゴルフを始めた際
Acushnetのかまぼこ型を頂きました
(残念ながら盗難に遭い手元にはありませんが)
これが普通のパターの2倍ほど重かったのを記憶しています
当時は他のパターを知らずそれが当たり前と思っていました

後に、いろいろなパターを知る事になりましたが
思い起こすと重さゆえに手首を使わずにパターの重さを利用して
腕全体を動かしていましたね
私のパッテイングの基礎はこの時に出来たと思います

現在、軽いパターを知った後で重いパターに変えたとき
打ち方が変わるために、手の微妙な感覚が
パッテイングに出ないのではないかと思っています
(長く慣れればまた変わるのでしょうが)

アドバイスまで

>重すぎる
何を基準にされていますか?
個人差は非常に幅が広く、何がその方に適しているかは
判らないと言うのが正解かと思います

御使用のパターで、初期設定が4gX2で
14gX2に変えてみた
普通のパターに比較して見ないとどこが基準になるか見えません
総重量がどう変わるかでも目安になりますね

ところで私がゴルフを始めた際
Acushnetのかまぼこ型を頂きました
(残念ながら盗難に遭い手元にはありませんが)
これが普通のパターの2倍ほど重かったのを記憶しています
当時...続きを読む

Qスコッチキャメロンの本物と偽物について

スコッチキャメロンの本物と偽物について
毎度皆様にはお世話になります。
知人からの代理質問になりますがご容赦下さい。
実は先程ゴルフ仲間から相談がありました、何でも知り合いからスコッチキャメロンのパターを譲ってもらえるらしいのですが当人より「本物だろうか?」と・・・・・・
何でもほとんど使用してないキレイなパターながら1万円でいい、と言われているそうです。
確か最近のモデルでニューポートなんとかと言ってました。

当人も本物で1万円ならお買い得?みたいな事を言っておりますが・・・

ただ以前にスコッチキャメロンは「偽物」も多く出回っていると聞きました・・・
はて?何か見分ける方法みたいなモンはあるのでしょうか?

自慢じゃありませんが自分はパター以外のクラブについては結構詳しいのですがスコッチキャメロンだけはあまりに高い事もありまた興味もないため大した知識もありません・・・・・
それに行きつけのショップが明日、明後日臨時休業な為聞くに聞けず困っております。

どなたか詳しい方がおられましたら教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

決定的な証拠は、ヘッドに磁石が付くとの事らしいです。
本物はステンレス製なので付かないみたいですね。

他にも、
・CAMERONの字が細い
・加工が荒い(フェース以外でも加工機械の歯跡がわかる)
・ヘッドトップのエッジが立っている
・シャフトにシリアルナンバーが入っていない
・シャフトが太い
・パターカバーが小さい
・パターカバーの「S」文字が本物と違う
と見分けるところがあるそうです。

ちなみにこの情報は下記のサイトで見つけました。ご参考までに。
http://bbs.kakaku.com/bbs/61503912255/SortID=9533306/

Qパターの長さ

今ピンのアンサー使ってますが、どうも長いと思ってます。
ほんで調べてみると身長180cm以上の外国人プロも34~5インチを
使ってるとのこと。
私は身長170cmです。標準の長さはどれくらいなんでしょうか。
打ち方によって合う長さが違ってくるのも理解してますが、一般的に
どの程度が標準なのか気になってます。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

身長171センチでほぼ変わらない、ゴルフ歴25年のものです。最近の流行はよくわかりませんが、20年前からピンパターを使っています。昔、店頭に並んでいたのは、33インチと34インチのものが半々位だったと思いますが(32や35インチのものも販売はしてましたけど)、どちらかといえば33インチを使う人が多かったと記憶しています。
その後、プロの間でパッティングを肩でストロークするのが主流になってきてから、34や35インチを使う人が増えてきて、今は一般的にも34インチが主流のようですね。ただ、肩でストロークすると言っても、腕を伸ばす人もいますからなんとも言えませんが...。
手首を使って打つ人は前かがみになって打つ人が多く、33インチの方が合っているように思えます。
外人は、日本人より手が長く構え方も違いますから、日本人のプロを参考にした方がいいかもしれませんよ。
※私自身は、33と34インチのものをその時の気分で替えて使っています。

あと、32インチのパターが欲しければ、シャフトを切ればいいのではないでしょうか?パターの場合、バランスを鉛で調整する位で、長さを変えても問題ないように思えますけど。

身長171センチでほぼ変わらない、ゴルフ歴25年のものです。最近の流行はよくわかりませんが、20年前からピンパターを使っています。昔、店頭に並んでいたのは、33インチと34インチのものが半々位だったと思いますが(32や35インチのものも販売はしてましたけど)、どちらかといえば33インチを使う人が多かったと記憶しています。
その後、プロの間でパッティングを肩でストロークするのが主流になってきてから、34や35インチを使う人が増えてきて、今は一般的にも34インチが主流のようで...続きを読む

Qキャディバックにフードを着けない、って何か意味があるのでしょうか?

毎度皆様にはお世話になっております。
素朴な質問ですがお付き合い願います、昨日も寒空の中仲間のコースに行ってきました(笑い)
実は前から気になっていたんですがキャディバックにフードを着けないで来る方を見かけます、バックの荷卸しを見ていると必ずと言って言い位数人はいます、コレって何か意味があるんでしょうか?
普通のキャディバックには必ず(絶対かな?)と言っていいほどフードが着いていると思うんですが何でわざわざ外しているんでしょうか?
それにあのフードって主に移動中などのクラブの保護が目的だと思うんですが着けないとしたら何のメリットがあるんでしょう?
自分のゴルフ仲間も結構大勢いるんですが誰一人そう言う方はおりませんので何故か理解出来ないのです・・・・・

以前に完全なプロ仕様(支給?)のバックの場合フードはオプション(希望に応じて)みたいな事は聞いたんですが・・・

Aベストアンサー

私も普段は付けてません。
但し、アイアンカバー(アイアンのヘッドをまとめて入れる袋状のもの)を付けてます。
もちろん、ウッドはヘッドカバーをつけてますしパターもヘッドカバーをつけてます。
私はそれ以上クラブを保護する意味があまりないと思ってます。

理由としては、フードを付けたり外したりが面倒だというのが一番です。
また、大抵のコースでカートに積む時に、フードを半分だけ外して折り返されることが多いので、フードに折り目が付いたりスナップが壊れたり原因になるので嫌いです。完全に外して背袋などに入れて欲しいと思ってます。

もちろん、宅配便や飛行機に預ける場合はフードをつけてトラベルカバーをして預けてます。ちなみにその時はシャフトが動かないようにタオルなどで軽く固定をしています。

Qグリップ側に鉛バランスを貼ると?

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻ります。

ここで自分なりに考えてみたのですが、グリップエンドに鉛バランスを貼って、フェースが返りやすいすればどうか? という事を思いつきました。

質問

1)この方法で本当にフェースが返りやすくなるでしょうか? 自分では「テコの原理」で、手元が支点になって、他の両方が力点・作用点になって動きが大きくなる、すなわちフェースが返って、かつヘッドスピードが早くなる ・・・ こんな事を考えています。

2)もしそうなら、ドライバーからFW,5IからSWまでのクラブに、どの程度(重量)の鉛を貼れば、パター以外13本あるクラブ全体のバランスが取れるでしょうか?

なお、今使っているドライバーとFWはカーボンシャフトのS,アイアンはNS950のSシャフトです。

他の注意点やアドバイスなど、ご教授、宜しくお願いします。

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻りま...続きを読む

Aベストアンサー

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響させたいなら鉛はヘッドに貼るべきかと。
ヘッドのヒール~ネック寄りの箇所(もちろんバック側)に鉛を貼れば、
トゥ側が先行しやすくなり、フェースがカブリやすくなります。

ただし、鉛を貼るほどクラブの全体重量も重くなりますし、
適当に貼るとクラブ自体のバランスも無茶苦茶になってしまいます。

とりあえず試しに貼って打ってみるのは全然OKだと思いますが、
最終的には専門店で計測しながらバランスを出すのがベストです。
何グラムの鉛を貼るのが良いか、という正解はありません。
あなたにとって最も良い重さが正解ということです。

自分に合わないクラブにスイングを合わせていくよりは
自分のスイングにクラブを合わせるほうが理想的ではありますが、
それはスイングが完成しているシングル~プロレベルの話だと思います。
スイングに欠点があることが分かっているのであれば、
そこを修正した上で、クラブ側を微調整していく順序で考えないと
合わないバランスのクラブにスイングを合わせようとしてしまい、
本末転倒になってしまうリスクがありますのでご注意を。

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響さ...続きを読む

Qアイアンのシャフト。DG-S200について

よろしくおねがいします。
当方38歳、ゴルフ暦5年、HC17です。
クラブについては今まで無頓着で詳しくありません。

先日アイアンを買い換えようとゴルフ5に行ったところ、
シャフトDG-S200をすすめられました。
今までは上司のおさがりのカーボン製を使用していましたが
弾道にバラつきが出たり、吹けあがったりしていました。

HSは、7番アイアンでHS36~38くらい、
ドライバーで43~45くらいです。
いきなりDGではちょっと重たいのではないかと思っています。
体格は身長168cm、体重62kgといったところです。

先々考えると体で打てるようになりたいので
DGで練習したほうが良いと思うのですが、
やはりいきなりでは無謀でしょうか。
他の掲示板などを見ていると、
NSPRO950くらいからはじめたほうがよいのか悩んでいます。
よろしければ何かアドバイスをいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の体は良くも悪くも順応していきます。

 ただ、S-200ということなので、多少の注意は必要です。このシャフトは多くのクラブに装着されていて比較的やさしめのモデルからかなりハードなクラブにまで装着されているので、シャフトだけでそのクラブ自体の難しさが分からないのです。通常アイアンは、同じヘッドに複数のシャフトを用意しています。やさしめのクラブではその中でも「やさしめはカーボン、通常はNS、難しめでS-200」が多く、難しいクラブの中では「やさしめ・普通がs-200、難しめがx-100」等になっていることがあります。最近ではやさしめのクラブでs-200がない場合もありますが、シャフトだけでは何とも言えません。

 私自身、DGは(ヘッドは違いますが)sは200、300、400、X-100を使ってきました。たまにNSのクラブを使うと「頼りない感じがする。ただ最初は飛距離がいつもより出るが、(頼りないので)次第に手加減をし飛距離も落ちるのではないか」と感じます。両方を打ったことがある人には分かると思いますが、「NSはシャフトの金属部分が薄い気がする」という感覚があります(実際にはそんなことないと思いますが、感覚です)。これは、しなりが良くするためにそう感じるのだと思いますが、しなりが大きいために(薄い感覚と同時に)「ヘッドが走る」感覚もあります。ただ、ヘッドスピードに合わないと「走りすぎる」感覚になります。
 頼りない感じ・走りすぎる感じ(「クラブが仕事をしてくれる」とも言います)が少しでもあればDGをお勧めします。慣れればDGでもできますし、買う前からそれができるようであれば、力を抜く可能性が非常に高いです。いきなりs-200でも無謀ではありませんよ(私も初めて購入したクラブはs-200でした)。ただ、日ごろ練習しないでゴルフ場に行くようであればお助けのNSの方がスコアがいい場合も多いです(練習ができない日本のサラリーマンにはお勧めのシャフトです、特に筋トレ等をしていない人にです、筋トレ等をしていれば物足りないはずです)。

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の...続きを読む

Qセンターシャフトのパター

今、パッティングに悩んでいてセンターシャフトのパターに興味があります。
今現在使用中の方、過去に使用していて現在は使っていない方、賛否両論の意見をお願い致します。皆様の意見を参考にしたいと考えています。宜しくお願い致します。自分の周りの人間はWOSSやマレット、センターシャフトを一応、試したあと、必ずピンタイプに戻っています。これが不思議で・・・・。

Aベストアンサー

私は現在使用中のものです。オデッセイ#5のバッタものを購入して、33インチあったシャフトを1インチ短くして、鉛を貼って使っております。それで数回ラウンドしましたが、うーん何とも言えないですねぇ。その時々によってパット数が変わります。これは、パター云々より技術的なものかもしれません。技術についてはビデオなどを参考にして、自分で一番気持ちのいい打ち方を探すしかないでしょう。

とはいえ、やはりセンターシャフトが気になるのであれば選ぶときの注意をひとつ。シャフトの刺さり方(ヘッドとシャフトのなす角度)によって、まったく同じパターでも構えたときの印象がぜんぜん違います。これは他のパターでも言えるのですが、センターシャフトの場合グース等のない分特によくわかります。

パットって難しいですよね。私はカーペットの上で毎日練習してますが、現場ではまだまだです。自分にあったパターと打ち方がお互いに早く見つかるといいですね。

Qウエッジの角度について PW AW SW

ウエッジ(アプローチ用)の単品購入を考えています。

アイアンフルセットの中にPW、AW、SWは入っていたのですが、どうもアプローチが上達しないので道具のせいにしています。
使用しているアイアンは、テーラーメードのバーナーだったと思います。
そこでお聞きしたいのですが、通常フルセットに入っているウエッジ角度ってどのくらいあるんでしょうか?
また、単品で購入する場合は何度くらいの物を購入すれば良いでしょうか?
ちなみに当方がフルショットしての飛距離は、
PW-110Y
AW-100Y
SW- 85Y
ぐらいです。

残り40Y~60Yのアプローチが苦戦中です。

Aベストアンサー

フルセットに入っているウェッジはそのアイアンの性質で変わってくると思います。
アベレージモデルならストロングロフトのモデルが多くPW45度、AW51度、SW56度くらいが一般的ではないかと思います。

プロモデルならスタンダードロフトのモデルが多くPW48度、AW53度、SW58度と全体的に寝ている傾向があります。

ウェッジの買い換えはアイアンセットの流れを無視すると9番アイアンとのつながりが悪くなるのでロフト自体はあまり変えない方が良いと思います。

もし変えるならロフトが同じでソールの形状に着目すると良いと思います。
人によって好みがあるのですがソール幅が狭いモデルやバウンス(ソールの出っ張り)があまりないモデルなどもありますから友達のクラブなど借りていろいろ試してみる事をおすすめします。

僕が思うにショートアプローチが苦手な方は無意味にボール上げたがる方が多い様に感じます。短い距離のアプローチはミスしてもグリーンにだけは絶対乗せたいので僕はできるだけ地面からボールを離さないアプローチを多用します。

Qアプローチウエッジ

店に人に、基本は、52度と58度だということで、2本セットで買いました。

どうやって使い分けていますか?58度のほうが、スピンがかかるんだと思いますが、それ以外に何か使い分けるこつを教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

初めまして、宜しくお願いします。
まず、基本的には別売りウェッジの購入の際には、manekaneさんの様にお持ちのアイアンセットのPWのロフトに合わせるのが一般的です。つまりPWからSW(又はLW、注意ロフトが多いウェッジほど難易度が高くなります)までのロフトを均等に割るのが基本と思います。均等に割るのは距離の打ち分けがメインだからです。PW、AW、SWのフルショット(自分が気持ちよく打てる)の平均飛距離を把握する必要があります。
次にアプローチ等のグリーン周りでの使い方ですが、jimmy35さんの様にシュチュエーション別に自分で決めるのがいいと思います。昔は同じスィングでクラブ(ウェッジ)を使い分ける事で打ち分ける事を薦めていましたが、今はAW又はSW(tmaru1221さんの場合は52度、58度となりますが)のどちらかひとつをメインで使い、打ち分ける方法を薦めているのが多いようです。(ゴルフ雑誌等でご覧になる機会も多いと思います)
購入したクラブによりますが、52度、58度ともにバンス、ソール幅等のソール形状を確認して頂きまして、バンスの少ない方(一般的には52度の方が少ないと考えます)をアプローチの主力に使用した方が無難と思います。バンスが少ない方がフルショット、グリーン周りでの使い勝手はいいと思います。但し絶対ではないので、58度を主体にすることでも問題はないとは思いますが(プロはSWをアプローチの主体で使っている様です)、技術的に未熟ですとロフトが多いものは距離がばらつく可能性が高くなる事が多いです。
失礼とは存じますが、グリーン周りのアプローチは、第一にランニングアプローチ、第二にピッチエンドラン、第三にピッチショットの順番に難易度も上がりますので、この順番で出来る出来ないを選んで実行するのが確率の高いやり方と考えます。
練習頑張って下さい。
参考まで。

初めまして、宜しくお願いします。
まず、基本的には別売りウェッジの購入の際には、manekaneさんの様にお持ちのアイアンセットのPWのロフトに合わせるのが一般的です。つまりPWからSW(又はLW、注意ロフトが多いウェッジほど難易度が高くなります)までのロフトを均等に割るのが基本と思います。均等に割るのは距離の打ち分けがメインだからです。PW、AW、SWのフルショット(自分が気持ちよく打てる)の平均飛距離を把握する必要があります。
次にアプローチ等のグリーン周りでの使い方ですが、jimmy35さんの様...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報