喫煙する人も献血をやっているのですか?
喫煙によって血も変わると思うのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

『喫煙によって血液の成分に変化はおこりますよ。



例えばヘモグロビンですが、酸素と結合するのが本来の仕事ですが一酸化炭素とつながることによって『一酸化ヘモグロビン』を作ります。これは動脈硬化の原因とも言われますが、ヘモグロビンと一酸化炭素の結びつきは強く容易には離れませんので献血血液中の一酸化ヘモグロビンも濃度が高いことでしょう(これが有意差があるか、臨床上意味があるかはわかりません…)
またニコチンやタールも血中に現れます(だからこそ脳みそに作用するんでしょ?)ですが、代謝時間が短いですので、タバコ吸いながら献血ということもないでしょうから、献血血液中に有意に濃度が高いとまでは考えられませんね。さらに白血球の免疫活性は喫煙によって高度に低下します…ただしこれは白血球はもともと無毒化(放射線によって)してしまう献血血液なので差は生まないでしょう。

献血の血液のチェックはある意味『使えれば良い』というレベルですので、完璧な健康体である必要はありません。採血結果が正常だからといって必ずしも健康ではないのと根幹を同じくしています。献血自体が少ないので、集めることが大切ですし、臨床上明らかでない部分にまでそれほどに質にこだわる必要がないのも事実なんでしょう。(机の上での科学的な推理では当然質は悪いと思いますよ…それが臨床上意味をなすかどうかをまったく無視して、あくまで科学的に推測すればですけれども…一酸化ヘモグロビンが高いだけでも酸素運搬能力には劣りますからね)

公衆衛生の観点から述べれば、少ない献血材料を提供していただくために宗教上などの問題がなければ、こだわりなく献血に参加していただけたらいいなあ…という結論に落ち着くと思います。

一部に推測を含めたコメントなので自信なしとします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明をありがとうございました。
分かり易い説明で素人の私にもよくわかります。
勉強になりました。
ありがとうございました

お礼日時:2002/01/14 04:21

以前血液センターに勤めてました。


喫煙で血液成分の変化するから献血者の健康を考えて献血はできないという研究、学説はなく、輸血用血液として使用できないという研究、学説も無いと思います。
したがって、献血の問診にもありません。むしろ、サプリメントを大量に飲んでるとか、アルコールを多少飲んでるとかの方が献血者、患者さんにとってのリスクが高くなると思います。(もちろん程度によりますが)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確か項目で○日以内に薬をのみましたか?という項目があったように思います。
薬やアルコールのほうが血液に影響を与えやすいのですね。
ありがとうございます。
参考になりました

お礼日時:2002/01/14 04:23

ばーりばりのスモーカーですが、献血は趣味で、もう48回やってますが、400mlでも成分献血でもがんがんいってます。

検査で引っ掛かったこともありませんよ。血圧・血沈ともに正常まっしぐら。
あとから送られてくる生化学検査の数値もどれも標準値内です。
喫煙歴20年はとっくにこえてますから、影響があるものなら、もう出ているはずだと思うんですよね。
献血前の注意事項にも健康チェックにも喫煙に関する項目はありませんから、関係ないんだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
喫煙者だからといって、献血の検査などで引っかかったりはしないのですね。
それが判って安心しました
ありがとうございました

お礼日時:2002/01/14 04:18

再びの、オジサンです。



純粋に興味があります。
論理的・科学的な問題として、
喫煙によって、血液の何が変わるのでしょうか?

血管が細くなる、血管内を流れる血液中のビタミンなどの成分が減るなどの事例は存じていますが、献血する際の必要成分とは関係ないと思うのですが・・・。

アラー、此れは、私の疑問になってしまいました。
どうしよう、質問するべきかなー?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~~む。
よく発ガン物質が含まれるとかは言うではありませんか。(私は吸ったからと言ってガンになる、というのは全く信じませんが)。多少の害はあると思うのですよね。だと、体を廻る血液にも何らかの変化が無い訳はないと思いまして、推測の域を越えないので質問したのです。
理論的、化学的にも、輸血される患者さんにとって健康な非喫煙者の方の血液に喫煙者の血液は劣るのではないかと。
だからといって喫煙者が献血すべきでないとは思いません。
ただ質問投稿した時点で、喫煙者は献血できるのだろうかと疑問に思っていた節があったので、その程度の疑問だったのです。
別に喫煙者が献血することについて間違っているとは思いませんし、非難する気もありません。(そこのところ勘違いされているように思うので)

お礼日時:2002/01/14 04:16

喫煙によって血管が収縮し、血液の循環が悪くなったりはしますが、喫煙により血液の成分が変わることはないと思います。



ですので、喫煙者でも献血に差し障りはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安心しました。
煙草を吸っていても献血は出来るのですね。
ありがとうございました

お礼日時:2002/01/14 04:09

喫煙によって、血液自体が変わるって事ですか?


私が聞いたのは、喫煙によって、血管が狭くなるってことは聞きましたが・・・?
しかし、献血に行った場合、予備検査が必ずありますから
その時点でお断りされるでしょうね、そこまで喫煙で汚れていたら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり検査でわかるものなんでしょうか?
血管が狭くなる・・とは聞くのですが、血自体に変化もあるのでしょうか。
やはり煙草は血を汚すのではないかと、
推測の範囲で思っていました。
ありがとうございます

お礼日時:2002/01/14 04:08

 それを言ったらキリがないですねー(笑)


 たしかに俺が輸血を受ける立場なら、可能なら喫煙者の血液は避けてほしいですね。
 でもそれはニンニクをよく食べる人にも、同じことが言えるのではないでしょうか(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ニンニクは血に関係があるのですか(笑)
自分が献血する場合、喫煙始めたのでどうかな~とちょっと気になったのです
ありがとうございました

お礼日時:2002/01/14 04:05

私は、立派な(?)ヘビースモーカーですが、


献血していましたよ。

喫煙者の何処が問題なのでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

喫煙していると血液の健康度(?)が変わるのでは?との単純明快な質問です。
どこが問題なのか。
わからないから質問しました。

お礼日時:2002/01/14 04:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q献血の結果で・・

献血をすると血液検査の結果も後日通知してもらえるそうですが、どんな病気が分かるんでしょうか?
HIVは通知しないそうですが、例えばガンや糖尿病などは分かるのでしょうか?
今後病院などでも血液検査をしてみたと思っているのですが、病院の検査とは違うのでしょうか?
不謹慎かも知れませんが、献血する機会があるので聞いてみたいと思いました。

Aベストアンサー

詳しくは、日本赤十字社のHPを見てもらえればわかります。
結論から言うと、
HIV→通知してくれません
肝炎→希望者のみ通知してくれます
梅毒→希望者のみ通知してくれます
ガン→血液だけでガンとは確定できません。
GOT、GOPなどの数値が高ければ医療機関でも診察を勧められます。
糖尿病→これも血液を一度だけ採取してもわかりません。
食事後はだれでも血糖値があがります。しかし、以上に高ければ医療機関での診察を勧められます。

よって、献血時にやってくれる生化学検査では、健康診断以下、参考程度にしかなりません。ちょっとしたサービスだと思いましょう。
病院でやる血液検査は、特定の病気を疑って検査しますので、いろいろわかります。
肝炎・梅毒等は感染していればわかりますが、検査目的の献血はゼッタイにしてはいけません。
輸血・血液製剤として使用される前に安全な血液かどうかチェックしますが、感染症の感染後すぐは検査に引っかからないことがあるからです。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/

QA型やAB型の人は利己的で輸血は受けても献血はしないのでしょうか?

電柱に「A型とAB型の血液が不足しているから献血して」と張り紙されてましたが、特定の血液型が不足するのは変だと思います。A型やAB型の人は利己的で輸血は受けても献血はしないのでしょうか?

Aベストアンサー

>>電柱に「A型とAB型の血液が不足しているから献血して」と張り紙
献血センターの前などではないでしょうか?

よく、献血所の前などでは、「本日不足している血液型」とか張り出されています。


>>特定の血液型が不足するのは変
なぜでしょうか。。。?

他の方も言うように、それぞれの血液型を持つ人間が均等にいるわけではないですから。
しかも、いくら献血を行っても、使えば減る。わけですから、A型の人ばっかに輸血する日があったりしたら、A型の血液の保存量が減りますよね。


ちなみに、輸血でとった血液の寿命は、1月もありません。
ですので、使うまでずっと保存できる~わけじゃないので、ある程度たったら、残念だけども捨てなければいけないようです。(処分方法やどうなるかは知りませんが。

定期的に入れ替えはしなきゃいけないので、どの血液型が足りない~とかは、まぁありえますよね。


>>A型やAB型の人は利己的で
一緒に献血に行く先輩や上司がいますが、A型です。
年3回、400ccの献血やってますよ。

Q献血の結果

献血をして検査結果通知がきました。
B型肝炎のHBs抗体検査の結果が陽性とありました。
HBs抗原検査の結果と核酸増幅検査でHBV-DNAは陰性とあります。
よって「現在HBVに感染していない可能性が極めて高い」と。
これは一体どういうことなんでしょうか。
以前にB型肝炎にかかっていたことがあるということでしょうか。
振り返ってみても感染するようなことは身に覚えがありません。
母子感染も決してないです。
今後献血はしないでくださいということも書いてありました。
HBs抗体がなくなればできるのでしょうか。
今後どうしていいかわかりません。
同じ通知をもらった方、専門家の方のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

以前にかかったB型肝炎ウィルスを自分の体が免疫機
能でもってやっつけた。現在は、ウィルスは残ってい
ないと考えられる。

という状態が一番可能性が高いと思われます。

貴殿の年齢がわかりませんが、昔は、血液を介して感
染する事が知られていなくて、集団予防接種の針を通
じて感染した場合などもあるようです。その他の場合
だとしても、どこから感染したか特定することは、ま
ず不可能です。

「今後、献血ができない」。というのは、

B型肝炎ウィルスが、検出限界以下であるが、病気の
ため免疫機能の落ちた人に輸血をしたら、元気になっ
て、弱い人なら発症するかも知れない。

感染する機会があったことを示すので、他の未知のウ
ィルスがいるかもしれない。

などという事に対する保険的に、輸血用血液としては
使わない。ということです。残念ながら、日赤に登録
されており、例え、チェックを通り抜けて献血された
としても、その後、廃棄するという結果になります。

ご本人にとっては、「異常がないのに」という不満が
あるかも知れませんが、「まあ大丈夫だろう」という
事で許可して、薬害などを起こしてきた過去の反省か
ら、このようなシステムができあがってきました。残
念ながら、現在は、「ずっと献血はできません」とい
うお答えになります。

以前にかかったB型肝炎ウィルスを自分の体が免疫機
能でもってやっつけた。現在は、ウィルスは残ってい
ないと考えられる。

という状態が一番可能性が高いと思われます。

貴殿の年齢がわかりませんが、昔は、血液を介して感
染する事が知られていなくて、集団予防接種の針を通
じて感染した場合などもあるようです。その他の場合
だとしても、どこから感染したか特定することは、ま
ず不可能です。

「今後、献血ができない」。というのは、

B型肝炎ウィルスが、検出限界以下であるが、病気の
...続きを読む

Q献血をしたことがあったら、献血手帳の備考という欄を見てください

献血手帳の献血記録の右に備考という欄がありますよね。

献血をすると、その備考欄に、例えば
96/67
という樣に数字を書かれることがあります。
この数字は献血をするときに測った血圧だと思います。
(多分、献血「後」の血圧ではなくて、献血「前」の血圧だと思います。
ま、いずれにしても「血圧」には変わりないですよね。)

この備考欄に血圧を、書かれるときと書かれないときがあるんですが、
どういうときに書かれて、どういうときに書かれないのかが
何回献血してもわからないのです。
書くか書かないのかは、何か基準があるのでしょうか。

血圧(うえ)が100を切ると書かれるのかなあと思ったんですが、
そういうわけでもなくて、100以上の数字が書かれていることもあります。


あと、この欄(備考)の血圧の数字って誰が書くのでしょうか。
献血する前に医師が血圧を測って検査用紙に記入するんですが、
その検査用紙に記入された数字を献血ルームのスタッフの人が書き写しているのでしょうか。

だとしたら、書かれるのか書かれないのかは、献血ルームのスタッフの気まぐれなのでしょうか。(←失礼な)

別に書いてあっても書いてなくても困るわけではないので、献血ルームの人に訊かないですけど、
今、過去の献血手帳を見返して疑問に思いました。

回答は臆測でもかまいませんが、その場合は臆測だと書いてください。

献血したことがあったら献血手帳を見ていただきたいのですが、
備考欄に血圧って記入されていますか?


私は東京都と自分の住んでいる県で献血をするんですが、
どちらの場合でも、書かれるときと書かれないときがあるんです。

献血の種類(全血・血漿・血小板)によるのだろうか、とも思ったのですが、
そうでもないようなのです。

献血手帳の献血記録の右に備考という欄がありますよね。

献血をすると、その備考欄に、例えば
96/67
という樣に数字を書かれることがあります。
この数字は献血をするときに測った血圧だと思います。
(多分、献血「後」の血圧ではなくて、献血「前」の血圧だと思います。
ま、いずれにしても「血圧」には変わりないですよね。)

この備考欄に血圧を、書かれるときと書かれないときがあるんですが、
どういうときに書かれて、どういうときに書かれないのかが
何回献血してもわからないのです。
...続きを読む

Aベストアンサー

私は献血を50回以上やっていて、要するに献血手帳が6枚目になっているんですが、新しい手帳に切り替わって最初の献血のときに血圧を書き込まれると、それを見て次の献血のときの係りの人が書くようです。手帳の途中でも、一回血圧を書かれるとそのあとはずーっと書いてあったりするんで、それから考えると、

・血圧を書くようにしている係りが少なからず存在する。
・それを見て、「血圧を書くものなのか」と思って書く係りも少なからずいる。

といったところではないでしょうか。
血圧だけでなく、比重とか、血液センター名を書かれることもあります。

Q感染を防ぐため、献血後にエイズ検査の結果報告を

エイズは発症までに数年かかる病気です。ですからエイズにかかっているのを自覚無しに献血する人もいるでしょう。
献血検査段階で必ずエイズ血液検査や他のC型肝炎等の感染血液検査は実施されているはずです。
献血血液検査段階でエイズ感染が疑われた場合は、本人に通知すればエイズの拡散化も防げるはずです。
献血時の事前検査に「エイズの検査が目的ですか」との問いがあり、○をすると献血できないのはおかしいのではないでしょうか。
献血とは他の人の生命を助けるのが目的ですが、知らずに他人に移してしまうことを防ぐのも
医療じゃないんでしょうか。
私は50回以上献血しています。
エイズ感染を知らずに善意で何回も献血を繰り返す人への注意の促しと、知らずにエイズを広げてしまう現状を改善できませんでしょうか。
エイズ検査を目的で検査がてら多くの献血者が来すぎる事も怪訝されますが、献血者の住所、名前その他何かの方法を考慮できないものでしょうか。

Aベストアンサー

私も同じような疑問を持ち、日本赤十字社に回答を求めました。血液事業本部の担当様より、「感染者に対して早期治療を促す、または拡散防止についての重要性は認識しているが、検査目的の献血を誘発させないためにも、通知も告知もしないという方針を貫くことが、輸血を受ける患者を守ることになる」という趣旨のメールを戴きました。HIVなど、感染初期の一定期間は検査をしても反応しない空白期間(ウィンドーピリオド)が存在するため、もしも通知するというサービスがあると、この期間に当たる感染者が献血ルームに押し寄せ、検査を擦り抜けた血液が患者に輸血されてしまう危険があります。現状では、このウィンドーピリオド問題が解消しない中で、通知しないという方針は変えられないことを理解する必要があります。献血しても何ら通知されない、検査は保健所や病院でしか受けられないと強調することでしか、輸血される患者を守れないのです。HIVに感染していると、皮膚や粘膜の異常・痒みや発熱、倦怠感などの体調変化、白血球数や肝機能の数値で異常値を示してくるため、自覚無しに献血を繰り返す、などは難しくなるのでは。



【東京都赤十字血液センターWeb】より
Q なぜエイズ検査をしていないのですか?
A 輸血用の血液として患者さんにお渡しするために、献血された血液に対しては非常に厳格なHIVの検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。献血ではない一般の方のためのエイズ検査は保健所などで行われています。


Q エイズ検査結果も教えてほしいのですが?
A エイズ検査の結果を通知すると、HIVに感染しているかもしれないと思っている人が、HIV検査の結果を知る目的で献血する恐れがあります。現在の科学技術では、感染してすぐの時期にはHIVを検出できません。特に感染を起こす恐れのある行為をしたばかりで不安なために検査をしたいと思っている方の場合には、感染していても検査でわからないことが多いと思われます。そのような時期に献血されますと、検査をすり抜けた血液が患者さんに輸血されてウイルスが感染してしまう恐れがあります。このような理由でエイズ検査結果はお知らせしていません。より安全な血液を患者さんに届けるためにもご理解をお願いいたします。


Q 献血をするとエイズに感染しているかわかると聞いたのですが?
A 輸血用の血液として患者さんにお渡しするために、献血された血液に対しては非常に厳格なHIVの検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。献血ではない一般の方のためのエイズ検査は保健所などで行われています。
http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/qa/index2.html

参考URL:http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/qa/index2.html

私も同じような疑問を持ち、日本赤十字社に回答を求めました。血液事業本部の担当様より、「感染者に対して早期治療を促す、または拡散防止についての重要性は認識しているが、検査目的の献血を誘発させないためにも、通知も告知もしないという方針を貫くことが、輸血を受ける患者を守ることになる」という趣旨のメールを戴きました。HIVなど、感染初期の一定期間は検査をしても反応しない空白期間(ウィンドーピリオド)が存在するため、もしも通知するというサービスがあると、この期間に当たる感染者が献血...続きを読む

Q臍帯血献血するとしたら

こんにちは。
一人目の出産の時に、臍帯血献血を知らなかった為に、「臍帯血を無駄にしてしまった」という罪悪感でいっぱいになりました。
最近長男の成長も安定し、やはり一人っ子では淋しいかな?とも思う様になり、高齢妊娠&出産に挑もうと思っています。
しかしながら二人目がなかなか出来ず、8年間お腹は空っぽで、妊娠自体がラストチャンスですが、もしも妊娠出来たとしたら、臍帯血献血を是非希考えています。
そこで、東京都赤十字血液センターのURLで都内の病院を調べてみましたが数少ないので驚いてしまいました。
ホントに数院しかないのでしょうか?信じられません。採取する病院以外で出産した場合には、全く意味がないのでしょうか?
採取しに来てくれるのではなくて、採取する病院で出産しなくてはいけないのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非情報を教えてください。新宿近辺がベストです。
妊娠もしていないのに、ちょっと気が早いのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

返事がきました。また簡単に訳しておきます。

If your friend has a doctor that she is already seeing, then I could give her doctor or your friend the name of some doctors that have done this before. This way her doctor could learn about the procedure and how to do it. I think you mentioned that her doctor may not speak English so that may be the best way to educate him on how to do this. The cord blood collection is a very easy thing for the doctor to do.

もし、すでにお医者さまにかかっているのであれば、私がそのお医者様または御本人に、さいたい血採血を行ったお医者様の名前を渡すことができます。そうすればどのような手順でおこなわれるかが学べると思います。もし、担当のお医者様が英語がわからない場合、このようにすることがそのお医者様に理解していただく一番いい方法だと思います。さいたい血採血はお医者様にとってとても簡単な作業です。

As far as payment, the $1885 payment is broken into 2 payments.  $495.00 is due when she is ready to enroll in our program and receive our collection kit, 2-3 months before delivery.
$1390.00 is due after the baby is born and the stem cells are processed by our laboratory.

支払いについてですが、1885ドルを二分割にすることができます。495ドルを入会して採血キットを受けとるとき、これは出産に2,3ヶ月前になります。そして、のこりの1390ドルは赤ちゃんが生まれてさいたい血が私どもの施設で処理された後で支払いとなります。(訳注、もしなんらかの事情でさいたい血がつかいものにならない場合(感染してたり量がたりなかった場合)、あるいはとどかない場合(流産や難産の処理などで採血ができなかった場合)はこの部分は支払う必要はでてきません。そしてこの金額は18年間分の保存費だと思います。)

I hope this helps,
Louanne

献血をうけつけてるあと二つの施設からはまだ返事がきていませんが、おそらく今の段階で返事がないということは、海外からの献血に関心がないのではないか、と思います。


本当に、さいたい血への関心が日本でももっと高まり、さいたい血の有効利用、保存にせよ献血にせよ、もっと積極的に行える環境になるといいですね。

返事がきました。また簡単に訳しておきます。

If your friend has a doctor that she is already seeing, then I could give her doctor or your friend the name of some doctors that have done this before. This way her doctor could learn about the procedure and how to do it. I think you mentioned that her doctor may not speak English so that may be the best way to educate him on how to do this. The cord blood collection is a very easy thing for the doctor to do.

もし、すで...続きを読む

Q献血後に届く血液検査の結果

献血をして何日か後に送られてくる成分検査の結果についての質問です。

過去20数回献血をしています。
私はかなり太っていて、
もちろんカロリーの高い油ギッシュな物もよく食べますが、
「コレステロール値」はいつも標準値の真ん中ぐらいです。
これだけで、「自分のコレステロール値は正常だ」と思っていいのでしょうか?
それとも、その中で善玉とか悪玉があるって事ですか?
血圧も特に「高い」と言われた事はないです。
自分の体型・食生活からすると、とても不思議なのですが・・・。

ちなみに他の成分も標準値を外れた事はありません。
この結果だけで自分が健康だとは思いませんが、いつも届くのが楽しみです。

Aベストアンサー

かなりの肥満や高コレステロール食をたくさんたべる人でも、高コレステロール血症にならない人もいれば、ほんのちょっとでも標準体重をオーバーすれば、コレステロールが上昇したり、糖尿病になったりする人もいます。

こういう体質は遺伝的に決まっているようで、ご質問の方は、それだけ、健康な体質をお持ちということだろうと思います。(^^)

コレステロールには、総コレステロール、HDLコレステロール(いわゆる善玉)、LDLコレステロール(いわゆる悪玉)などの測定値がありますが、総コレステロールが正常範囲であれば、通常は、それだけで十分かもしれません。

どこかの文献で、定期的に献血をしてる人は、長生きをするという報告がありましたが、献血の検査値のフィードバックは健康管理に有用だと思います。(^^)

Q献血の血で儲けているのは誰?

今日、駅前で献血の車を見て、疑問がフツフツわいてきました。

献血の血は集められて、輸血、血液製剤として使われるんですよね。献血する人は、売血する人と違って、無料で血を提供しています。けれど、輸血、血液製剤が医療機関で無料で提供されることはありませんよね。確かに、血液の保存、輸送には設備も費用も必要ですし、血液製剤の製造にも、コストがかかります。でも、医療機関でそれが使用されるとき、最小限のコスト負担だけで、患者に提供されるわけではありませんよね。

献血って、なんだか、ある意味、透明なようで不透明な、善意を利用した営利活動の一端をになっているような、そんな気がするんですが、それは私の考えすぎでしょうか。

Aベストアンサー

URL忘れてました。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/

Q献血時の検査結果

献血センターで献血を行う前に、一度採決し、血液検査をしますが「血液比重」「肝機能」は献血前にわかるそうです。これ目以外に献血前にわかる検査項目はありますか?又、献血した血を用いて色々検査をしてくれるそうですがどんな、検査項目があるかわかりますか?教えてください。

Aベストアンサー

献血前に調べる検査は比重と血型だけだったと思います。
肝機能はさすがにわかりません。
検査内容は参考URLに詳しくありますのでそちらをご覧下さい。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/active/blood/flow/test.html

Q献血ができない人は、実子への臓器移植や輸血も?

夫婦ともにBSEが多く発生した国に海外在住歴があり、献血ができないのですが、
ということは自分の子供への臓器提供や輸血もできないのでしょうか?
それとも同じ血を分けた子なので問題ないのでしょうか。

Aベストアンサー

質問者の熱意と医師の判断です
熱意とは BSEの発症他、どのような事態になっても医師の責任は追及しないとの意思表示を文書で行なうことです、それも質問者だけではありません、後日損害賠償を請求できる可能性のある人全てです

それが明確に示されなければ、医師は実行しないでしょう


人気Q&Aランキング