文化遺産や信仰の対象などを破壊することを特に意味するような言葉がありましたら教えて下さい。それから、宗教上の抑圧・権力乱用などに対する民衆の蜂起を意味するような言葉もお願いします。
 何かあったような気がするのですが思い当たらず、非常に気になります。

A 回答 (4件)

聖像破壊、偶像破壊がそうかな?

    • good
    • 0

蹂躙(じゅうりん) 聖地を-。




謀叛・謀反(むほん・ぼうはん) 国家・朝廷、また主君にそむくこと。
反旗を翻す
反逆
造反
    • good
    • 0

廃仏毀釈・排仏棄釈(はいぶつきしゃく) 明治初年の仏教排撃運動。





暴動 軍隊が-。
反乱
叛乱 為政者に対しての民衆の乱。
動乱 戦争や暴動。
擾乱(じょうらん) 僧兵が都を-。
変乱
一揆 農民の反乱。
打ち毀し 江戸時代、飢えた貧民の略奪騒動。
騒乱・騒擾(そうじょう) 大規模なもの。クーデターや内乱。
事変
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。ただ、軍隊が~や僧兵が~などの説明無しで、その言葉単体で宗教的な意味を持つような言葉がなかったか、と気にかかっているんです。

お礼日時:2002/01/11 05:46

仏教排斥運動として「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」があります。

多数の仏像などが破壊されました。
民衆の蜂起は「一揆(いっき)」です。逃散(ちょうさん)、強訴(ごうそ)、荘家(しょうけ)などもありますが、土一揆(どいっき)百姓一揆となると武力闘争です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そんな言葉があるとはしりませんでした。気になるのですが、西洋の方では廃仏毀釈にあたるような言葉はないのでしょうか?あったとしても日本語には訳されていませんか?

お礼日時:2002/01/11 05:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの言葉は誰が言った言葉でしょうか?

曖昧な記憶しかなく、ニュアンスでしか覚えていないので、わかりづらいと思うのですが、
どうしても誰が言った言葉か知りたいので質問させてください。

「死ぬために生きるのではなく、
生きるから…」

といったような言葉です。すいません、ニュアンスで、もうちょっと違う言葉かもしれません。
確かちょっと前の詩人か、文人だと思うんです。

これかな?と思う方、いらっしゃいましたら回答をお待ちしています。
手がかりでも構いません!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

#4に追加します。

● たった一人しかない自分を、たった一度しかない一生を。

● 人は生まれて、生きて、死ぬ、これだけでたいしたもんだ。

● 生きているということ いま生きているということ

● いかに死ぬか、いつ死ぬかを選ぶことはできない。
   選べるのは、いかに生きるか、それだけだ。

Q『失意の日も得意の日も・・・』という言葉、誰の言葉でしょう??

全文は、
『失意の日も得意の日も それからすっかり時がたって 全てが消えてしまっても いかに小さくとも真剣に激しく生きたときの思い出は残っている』
です。

何年も前の、メモに走り書きしたのを、最近発見したので、もしかすると全く有名なものではないかもしれませんが・・・

もしご存知の方がいらっしゃったら、誰の言葉か、また
本や詩の中の言葉でしたら、その作品名等教えて頂けない
でしょうか。
宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは!
自信は全く無いのですが、これはもしかすると井上靖さんのお言葉ではないでしょうか??
「失意の日」「得意の日」という言い回しにピンときたのですが、井上靖さんの「夕映え」という作品に、この言葉が出てきます。
井上靖さんのこの作品は、背景描写が本当に素敵なので、もしお時間がおありでしたら一度読んでみて下さい。

Q日本には妻を権力者に差し出す習慣があったのか

歌垣という習慣や「源氏物語」などの文学作品からも分かるように、
奈良時代や平安時代の日本人は「性」に対して大らかでした。
今の時代でいう「不倫」も多かったと思います。

では、夫が妻を身分の高い者に差し出す(黙認を含む)という習慣はあったのでしょうか?
あったとは思うのですが、いい例が思い出せません。
今一つだけ思い出せたのは、
「とはずがたり」の御深草院が二条を近衛大殿に差し出すという話です。
似たようなお話をご存じでしたら、是非お教えください。

また、「源氏物語」のなかにも「客人に妻を差し出した」という話が
あったような気がしたのですが、該当箇所が見つかりません。
(空蝉の場合は夫が望んで差し出したわけではありませんよね?)
記憶違いだと今は思っているのですが、もし該当場面がありましたらお教えください。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

美努王に関しては「差し出す」というと微妙な表現ですが、藤原不比等が軽皇子の乳母という立場に注目して県犬養橘三千代に接近し、夫の美努王を太宰府に左遷させて、いない間に一方的に離婚をさせてしまい、それを知った美努王はこの時点で妻だった県犬養橘三千代と権力を掌握しつつある藤原不比等の権勢の前に何も言えなくなりあきらめるしかなかった。
哀れというか、今の時代で言えば単身赴任中に妻が会社の上司と浮気して、帰ってみたら離婚届に判を押さなければ(飲み屋の伝票をごまかした程度の理由で)会社を懲戒免職、押せば関係会社へしかるべき地位で移れると一方的に言われ、この年で再就職も難しいと泣く泣く判を押したという状況かと思う。

Q信仰と恋愛を主題としている小説・映画について、

先日アンドレ・ジッドの『狭き門』を読んで深く感動したのですが、この本のように信仰と恋愛を主題としている小説・映画でお薦めはありませんか。深く考えさせられるものであれば、古典でも現代でも何でも良いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

・自叙伝でもあり小説にもなると思いますが、故人三浦綾子の「道ありき」を推薦します。
この小説は、電車の中で読んでいたのですが、思わず涙が止まらなくなり、震える位に
若い頃に感動しました。

Q「いや、唄は。そう、踊の稽古の時に聞き馴れたのは、どうにかいいけれど、新しいのはラジオや、それからど

「いや、唄は。そう、踊の稽古の時に聞き馴れたのは、どうにかいいけれど、新しいのはラジオや、それからどこかで聞き覚えて、でもどうだか分らないわ。我流が入ってて、きっとおかしいでしょう。それに馴染みの人の前では、声が出ないの。知らない人だと、大きな声で歌えるけれど。」と、少しはにかんでから、唄を待つ風に、さあと身構えして、島村の顔を見つめた。

――『雪国』から引用したものです。ここでの「我流が入ってて、きっとおかしいでしょう。」の意味がよくわからないですが、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

.踊の稽古で聞き慣れたのはまだいいけれど、新しいのは自己流が入っておかしいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報