ここ数年、自分を自分として感じられないようなのです。本を読んだところ離人症のようですが都内23区か千葉県北西部での診療できる医院があったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

離人感は、私もかつて経験したことがあります。

神経症の治療で定評のある、先生を挙げてみました。

● 高橋 玲子
   専門科目 精神科 得意分野 女性の神経症
   山王クリニック院長(平成7年着任)
   精神保健指定医(平成7年)
   平成7年6月開業のため件数はそれ程多くはないが、精神科領域(精神分裂症、うつ病、神経症)を中心に紹介患者が多い
   山王クリニック 住  所 :東京都大田区山王2-5-3伊川ビル2階 TEL : 03-5742-1700
   特色 女性のための精神科デイケア。きめ細かいカウンセリングをモットーとしている。家族会による患者さん同志のネットワーク作り。

● 前田 健二郎
   専門科目 精神神経科 得意分野 精神療法 精神分析
   前田クリニック院長(平成3年着任)
   精神保健指定医(昭和62年)
   神経症、うつ病、精神分裂病が中心
   前田クリニック 住  所 :東京都中野区新井2-1-1ランドコープビル3階 TEL : 03-3319-8333

● 藤本 英生
   専門科目 精神科 得意分野 精神薬理 森田療法 東洋医学
   青葉クリニック院長(昭和62年着任)
   精神保健福祉法指定医(昭和62年)日本東洋医学会認定専門医(平成2年)    精神科全般を診るが、神経症、心身症の症例を多く診る
   青葉クリニック 住  所 :東京都練馬区関町南1-1-24 TEL : 03-3920-1111
   特徴 薬物療法は漢方薬を併用あるいは単独使用して自律神経症状の改善を目指し、全体的に使用する薬物の量の軽減をはかっている
    • good
    • 0
この回答へのお礼

精神科・神経科・心療内科でよいのですね。どうもありがとうございます。

お礼日時:2002/01/14 10:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鏡に映る自分の顔が自分でないように感じます

私は大学生位から社会不安障害・PMS・若年性更年期障害等で、
7年間精神科に通院しています。

最近、奇妙に感じることがあります。

それは20歳頃の自分と25歳の今の自分の顔が
同一人物だと思えないことです。

もちろん、人間歳はとりますし、
眉毛の整え方や肌の状態などで印象は変わります。
美容的な悩みではないです。

でも、明らかに眉の上の筋肉の状態
(いつも悩んで険しい顔をしていたため、
平常時でも逆ハの字に内側から筋肉が盛り上がってしまっていて恥ずかしい。
元々怒ったような逆ハの字眉だったため直線的な眉に整えた)

や目の印象
(二重の幅やくぼみ方がうつろで光がない感じになってしまった)
が変わったように感じます。

鏡や写真を見るたび、違う人がいるようで
整形しようか悩んでいます。

こういうことって普通でしょうか?
またこんな状態では整形しても満足できないでしょうか?

鏡を見る度、何度も何度も本当に自分なのか確認してしまいます。
ショーウインドーなどは怖くて目を背けてしまいます。

まるで自分でない人間が私の身体を借りて
生きているような気がします。

鏡を見る度泣けてきます。

何かいい解決法があれば教えてください。

私は大学生位から社会不安障害・PMS・若年性更年期障害等で、
7年間精神科に通院しています。

最近、奇妙に感じることがあります。

それは20歳頃の自分と25歳の今の自分の顔が
同一人物だと思えないことです。

もちろん、人間歳はとりますし、
眉毛の整え方や肌の状態などで印象は変わります。
美容的な悩みではないです。

でも、明らかに眉の上の筋肉の状態
(いつも悩んで険しい顔をしていたため、
平常時でも逆ハの字に内側から筋肉が盛り上がってしまっていて恥ずかしい。
元々怒ったような逆ハの...続きを読む

Aベストアンサー

大なり小なり
誰もが経験したことのある現象なのよ。

これは、
頭の中にある自分像と
現実の自分像のズレから起きるわ。
一晩泣きはらしたあとに鏡を見ると
見たことのない人がいてビクッとしたりね。

あなたの場合これが顕著に出てしまっているのだと思うわ。
あなたに実写並みの画力があったとして
あなたが自画像を描くと、たぶん現実のあなたの顔とは異なるはずよ。

おそらくだけど
あなたは自分が今の状況にいることに納得できていないのではないかしら?
 こうあるべきだったのに、あの場所にいるのは私のはずなのに、何で私はここにいるんだろう
そういう感情がないかしら?
理想の自分ではなく、予定の自分と現在の自分のギャップに苦しんでいるのではなくて?

こんな具合に、まずは自己分析をはじめてみるといいわ。
現実の自分を無理に受け入れなくていいから
なんで自分が嫌いなのか、過去に遡って考えてみるの。
恐らくそれはとても辛い作業だけど
必ず分岐点があるはず。
そこから後悔と反省をくりかえして
これから何をしていけばいいかを考えて見ましょう。

Q離人症?

なぜ自分がいるのでしょうか?なぜ自分に意識があるのでしょうか?変な話、自分が存在していないのでは?などと考えることがしばしばあります…
宇宙があり、なぜ自分に意識があるのか?ちっぽけな存在なのに意識があるのでしょうか?
自分が自分じゃないような気がします…

Aベストアンサー

自分も若い頃はこのような類の考えで悩んでましたよ。夜眠れないほどね。時間が経つにつれてどうでもよくなっていきました。あなたも確実にそうなっていきますよ。

Q離人症?パニック障害?対処法

23歳女性です。
小学生の頃から、

・物を見ている感覚が怖い
・今生きているという実感がすっとなくなる
・生きていること自体が勘違い、夢のような気がする→こんな状態が続いてそのうち年をとって死んで消えてなくなる、と思いとても怖くなる

というような発作を抱えていました。ただ一過性の物だったので、本当に本当にひどい恐怖なのですが、日常生活に支障はありませんでした。
しかしここ数日、特に「物を見ている感覚が怖い」という状態から抜け出せなくなり、会社に行くのも何をするのも怯え続け、どうしようもありません。あわてて精神科の予約を、火曜に入れました。でも火曜までどうやって生きていったらいいのかわかりません。怖くて怖くてたまらないのです。「視界を認識している自分」を意識するのが怖いのです。
存在ってなんだろう?
意識って?
考えるたびに、発作的に恐怖が襲ってきます。
検索し、これはパニック障害や離人症といったものではないかと思っています。
火曜まで耐えきるための何か対処法などありましたら、どうか教えてください。

携帯からの投稿ですので、お見苦しい部分があると思います。申し訳ありません。

23歳女性です。
小学生の頃から、

・物を見ている感覚が怖い
・今生きているという実感がすっとなくなる
・生きていること自体が勘違い、夢のような気がする→こんな状態が続いてそのうち年をとって死んで消えてなくなる、と思いとても怖くなる

というような発作を抱えていました。ただ一過性の物だったので、本当に本当にひどい恐怖なのですが、日常生活に支障はありませんでした。
しかしここ数日、特に「物を見ている感覚が怖い」という状態から抜け出せなくなり、会社に行くのも何をするのも怯え続け...続きを読む

Aベストアンサー

40代の男性です。4年近くうつ病で通院治療しています。

取りあえず月曜日は会社を休んで、ただひたすら寝てください。余計なことを考えずに済みますから。

その後は医師から処方される薬物等で、症状が徐々に緩和されると思います。

Q離人症状?

 ただいまうつ病の治療中で、症状は色々と出ているのですが離人感が主です。随分前のことなのですが明け方にやっとのことで寝ることができたのですが、目がさめるまでの4時間程度の記憶が曖昧でした。というのも、確かに部屋で寝たはずなのに、おきてみると別の部屋にいたのです。パソコンの電源が入っていたり、その他いろいろなことがおきていました。私自身は???という状態で不思議で不思議で仕方ありませんでした。最近も同じようなことが起きてしまい、今になって「もしかしてこれは一種の離人感なのだろうか?」と考えています。動なのでしょうか?
 また、車で外出して歩いて帰ってきて自分でもわけがわからないときが時々あります。これって集中力の低下っていうのでしょうか?病院を色々変えたりしているので今の担当のドクターにはこのことは伝えていません。今度こそ信用できるドクターなのかを見極めてから・・・と思っているのですが、友人に最近の行動は変だと指摘されてしまいどうしたものかと悩んでいます。何も知らない友人が変だと指摘するということは、明らかに普段の行動に支障が出ているということのような器もします。早めに相談したほうがいいのでしょうが、離人感ではないといわれてしまうとまた変な症状が増えるなあ・・・と憂うつです。
 質問ばかりで申し訳ありませんがアドバイスをお願いいたします。

 ただいまうつ病の治療中で、症状は色々と出ているのですが離人感が主です。随分前のことなのですが明け方にやっとのことで寝ることができたのですが、目がさめるまでの4時間程度の記憶が曖昧でした。というのも、確かに部屋で寝たはずなのに、おきてみると別の部屋にいたのです。パソコンの電源が入っていたり、その他いろいろなことがおきていました。私自身は???という状態で不思議で不思議で仕方ありませんでした。最近も同じようなことが起きてしまい、今になって「もしかしてこれは一種の離人感なのだ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
大変ですね。日常生活に不安を覚えるのでしたら、悪化する前に素直に御主治医におはなしいましょう。恥ずかしい事もないです。病気がさせているのですから、先生の指導は良く受けて、薬も決められたようにのみましょうね。解決の近道です。

夜中に起きてなにかやったのに記憶がないのでしたら、睡眠障害に随伴した 「夢中遊行」という症状があります。URLで確認してください。
http://www.pure.cc/~sakura/yakubutu.htm
http://akimichi.homeunix.net/~emile/aki/medical/psychiatry/node10.html#SECTION001015000000000000000
こういう症状は珍しくないので、きちんと今の御主治医に相談してください。

ただ、
>車で外出して歩いて帰ってきて自分でもわけがわからないときが時々あります
とありますが、外出先で事故、怪我の危険もそうですが、離人症状以外に、隠れた脳や精神の病気が隠れている可能性も捨てきれませんので、きちんと、御主治医に症状をお話下さい。MRI等の検査が必要な場合もありますので、早めに相談してください。

大事にしてください。

こんばんは。
大変ですね。日常生活に不安を覚えるのでしたら、悪化する前に素直に御主治医におはなしいましょう。恥ずかしい事もないです。病気がさせているのですから、先生の指導は良く受けて、薬も決められたようにのみましょうね。解決の近道です。

夜中に起きてなにかやったのに記憶がないのでしたら、睡眠障害に随伴した 「夢中遊行」という症状があります。URLで確認してください。
http://www.pure.cc/~sakura/yakubutu.htm
http://akimichi.homeunix.net/~emile/aki/medical/psychiatry/node10.h...続きを読む

Q離人症を治したい。

離人症になって約5年になります。
8年前、鬱で精神科へ通院して主治医にもこの感覚を伝えましたが、治療法はないという様な事を言われたと思います。

今現在は、肌で感じる場所の感覚が全く無く、星空を見上げても夕焼けを見ても何も感じる事が出来ません。
自然の中にいても、以前とは何かが違う、
人間として生きる、誰もがきっと当たり前に出来る、基本的な一番大切な感覚を失ってしまった感じです。
見える物すべてが平面的で輝きを失い、目の前にいる人を感じる事すらできません。
まるで私という人間が、体だけ残して居なくなってしまったような。
今の感覚を、言葉で表現するのはとても難しいです。

常に離人感の中、ここ何年も現実に生きる世界に戻った事はありません。
せめて10分でもいいから、夢から覚めたい、そばに居る愛犬の存在を感じたいです。

少しでも現実に戻るという言い方は変ですが、離人感から出る方法はないのでしょうか?

入院も考えていますが、離人症で受け入れてくれる病院がありましたら教えて頂けるとうれしいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は離任人症で辛い経験をした者です。14歳に「人生は何だろう、或いは、死にたくない」という事に意識が行ってしまいまして、常に「死」と言うものが意識から離れなくなって、死と言う事に取りつかれた経験が在ります。

死と言う事を毎日意識して生きてきましたが、年数を重ねたら、慣れてくる、とか、苦にならなくなると言うものでは有りませんでした。この意識し続けている事によって、普通の感覚が無くなったと言う事でした。生きている気がしなくなりました。現実か夢かという感覚で生きてきました。

28歳で子供が生まれて半年経った頃に、生き難い想いが強くなりました。ちょうどその頃飛び込んだ本屋で鈴木知順先生の書いた本に出会いました。直ぐに先生に会って入院森田療法を2ヶ月間受けました。先生の指導のおかげで、いくらか生きて行く事が楽になったかも知れません。先生は「ノイローゼの一年は10年坐禅をした事と同じ、或いは、ノイローゼは悟りを開かないと治らない。」こんな事を言っていました。

講和と言って、時々禅の話や、剣道や弓道の話をして下さいました。ですが、あの当時は何の話かまったく分かりませんでした。生活態度を教えて貰ったと言う事のようです。話しの初めに「今は分からなくても良いから、聞いておくように、判る時が来た時にはピタリと判る」と言う事でした。

退院してから4年後の事です。玄関の靴を揃えていた時の事でした、自分の意識が「無意識の意識」と出会うと言う体験が在りました。それ以後「死」と言うものが怖くなくなりました。心から不安が消えてしまいました。その日を持って離人症が完治しました。32歳の時です。

あれから、神経症になった事も、治った事も全て忘れていました。生活に追われる毎日でした。昨年近所の若い人が「神経症」になったと言う事で、神経症の話を精神科医に聞くと言う機会が在りました。精神科医の話を聞いていて、神経症の事をあまり分かっていないと感じました。

インターネット等でもいろいろ調べてみましたが。今の医学でも神経症や精神疾患の真の原因を掴んでいないような気がしています。神経症の中に書痙と言うものが在ります。その書痙を直している精神科医が「本当の原因は分かっていませんが、」という書き出しで説明をしています。

神経症が完治した経験から、貴方に説明をしたいと思います。ですがこの説明は、真実の事ですが、今の貴方にとっては、納得がいかないと思います。ですから「ただ読んで見て下さい、理解しなくても良いですから、読み進んで見て下さい。分かる時がきたなら、ピタリと判ります。」と言うしか在りません。

神経症は「意識」している事によって症状が現れます。その症状を異常なものとして心から追い出そうとする事で心にしっかりと固定されてしまいます。従って神経症の完治を望むなら、症状の改善は望まない事です。症状は不問として、別のアプローチをする事です。

別のアプローチとは、人間がどうして苦しまなければいけないのか、と言う事です。又神経症全般を学ぶ事も有効です。神経症の症状は様々です。色々とあります、ですがその元はみな同じです。共通しています。その事を学ぶ事で神経症から抜け出す事が出来ます。

又神経症の完治とは、自分の中の自分を悩ませているものと出会うと言う事が在ります。是が悟りですが、自分の症状ではなくて、症状を起こしているものが何であるかを学ぶ事も有効になります。是を学ぶなら「禅」と言う事になります。鈴木大拙博士の書いたものを学んでください。大拙博士と、鈴木知順先生から神経症の完治と言うものを学んだからです。

私は離任人症で辛い経験をした者です。14歳に「人生は何だろう、或いは、死にたくない」という事に意識が行ってしまいまして、常に「死」と言うものが意識から離れなくなって、死と言う事に取りつかれた経験が在ります。

死と言う事を毎日意識して生きてきましたが、年数を重ねたら、慣れてくる、とか、苦にならなくなると言うものでは有りませんでした。この意識し続けている事によって、普通の感覚が無くなったと言う事でした。生きている気がしなくなりました。現実か夢かという感覚で生きてきました。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報