今学校で下水道について調べているのですが
くわしく教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

下水道について何をお知りになりたいのでしょうか?


下水道について、ではあまりにも範囲が広すぎます。
「自然」カテゴリー、なおかつ学校で学習、という要素を加えてもとても焦点を絞りきれません。

下の方々は終末処理場について重点的に説明されておられますが、下水道には
・公共下水道
・流域下水道
・都市下水路
の3つが下水道法により定められております。

公共下水道、流域下水道は終末処理場にたどり着き処理された後に河川や海へ放流されます。
都市下水路は市街地における浸水の排除を主たる目的として作られる人工の河川です。近年都市下水路におきましても景観整備、自然との融和を目標に事業が進められているところもまず多くあります。

かつて下水道事業に関わって現場を見ておりますので、補足いただければ改めて回答します。
    • good
    • 0

下水道については、自治体によって方式が違いますので、市町村の下水道担当部局に聞くのが一番です。


終末処理場の見学などにも応じてくれますので、一度実際に見ることを勧めます。
BOD200が5程度になって、本当にきれいになって川に放流されるのを見て下さい。(基準は20以下ですがどこの処理場でも5以下を目指していますよ。)

比較的分りやすく、家庭から処理場までの流れを説明しているものサイトを 参考URL に載せました。参考にして下さい。
また、現在は参考URLある方式よりも、大きな処理場では「嫌気好気法」を採用するところが増えています。
さらに、汚泥処理についても有害物質を封じ込める為の「溶融」を行っている所もあります。

webで調べるのも良いですが、ぜひ、自分の町の処理場を見学して下さい。「百聞は一見にしかず」です。

参考URL:http://www.alpha-web.ne.jp/jswa/japan/shikumi.html
    • good
    • 0

 下水道の仕組みについては、下記のURLを見てみてください。



参考URL:http://doboku.pref.shizuoka.jp/desaki/hamamatu/g …
    • good
    • 0

右側下の下水処理のしくみを適当にクリックしてください。


割と解りやすい説明になっています。

参考URL:http://www.siset.or.jp/top.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学校からでる大量の紙のリサイクル方法を教えて!!

高3の今。三年間ずっともったいないなあ。っと思っていた紙。ポイポイ。
かわいそう!!燃やしたほうがコストがかからないのは十分わかってるよ!
でもいったいどうすればいいの??なんとかしたいんですっ!!
塾でも大量の紙が必要以上に印刷されてはバンバンすてられてます。
もったいないよね。って口だけでおわらせたくない!
調べているうちに、わたしはなにをすればいいのかわからなくなってしまいました。

だれかあああ!!ヒントをください!

Aベストアンサー

学校の近くに大きな会社はありませんか?
大企業や環境に配慮した会社では「ごみゼロ運動」などをやっている会社もあります。
「ごみゼロ運動」とは会社から出る一般(燃えるごみ)ごみの量を極力減らす運動です。
例えば、紙などはコピー紙と雑誌のような印刷されたモノを分けてから
回収業者に引き取ってもらいリサイクルします。
ミスコピーやメモなどリサイクルできる紙はゴミ箱には捨てないんですね。

なので近くの企業をあたってリサイクル業者を教えてもらうってはいかがでしょうか?
もしかすると市役所などで教えてくれるかもしれませんが?

Q今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩

今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩化炭素や、フロン)をこどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?
簡単な説明の仕方を教えてください。

Aベストアンサー

オゾンホールはフロンが原因ということになっています。しかし、それは濡れ衣でした。
フロン原因説では、フロンが成層圏で塩素を放出して、これがオゾンを壊すという説なのですが、その反応には紫外線が不可欠です。
オゾンが減るという場所と時期は、南極の春先です。南極の春先では日光は水平に入射しますから、大気の中を通過する長さは、垂直入射の10倍になります。ということは、紫外線は宇宙へ散乱してしまってほとんど存在しません。

オゾンホールのフロン原因説のウソ
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss021/t01.htm#s13

>こどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?

オゾンホールの問題は、代替フロンの特許をもっている企業が仕掛け、その御用学者が宣伝して歩きました。

Q今 野焼きしています!!

隣の公園の葉っぱが駐車場に大量に入っていたので
野焼きを始めています。
周りにはマンション アパート 民家 旅館があります。
洗濯物も 焦げ臭くなりそうです。
良い解決策を教えてください。
場所は 相模原市の松が枝町です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、写真をとってください。
相模原市役所に苦情を言うときに、野焼きをされて、煙がこんなに広がっているということをアピールするのです。

私も野焼きの被害にあい、自治体に苦情を言いましたが、写真があれば効果的です。私の場合は、写真に日付がついたものを一緒に役所の環境保全課に出しました。効果てきめんで、野焼きをした人に行政指導が入りました。あまりにもひどく、受忍限度を超える場合は、法的に民事訴訟を行うこともできます。
その場合にも証拠として写真が効果的ですので、まずは証拠確保に写真をとってください。そして、どれくらいの時間に野焼きをしていたか、記録をとってください。

ご検討をお祈りいたします。がんばってください。

Q世界三大○○、日本三大○○、○○百選を調べる方法教えて下さい。

タイトルに関するHP、本など、お判りになる方教えて下さい。
また、世界三大と言えばいの一番にこれだというものがあったら教えて下さい。
(ex.世界三大珍味、世界三大スープ、世界三大ハム等々)

Aベストアンサー

誰か見つけてあげてと云いつつ自分で見つけてしまいました。

考えてみると、三大は三つだけど百選は百個一覧のページ創るのって大変ですよね。
でも、ありました。

HPに百選リンクあり。

参考URL:http://page.freett.com/shou_ta/index.html

Q今高校生です!!

今高校生です!!
要約が難しくて…誰かお願いします!!





熱中症 暑さへの対策をしっかりと(8月18日付・読売社説)
 各地で猛烈な残暑が続き、暑さが原因で体調を崩す熱中症の犠牲者が増え続けている。

 総務省消防庁のまとめによると、今年5月末から今月15日までに、熱中症で病院に搬送された人は全国で約3万1600人にのぼる。うち132人が搬送直後に死亡した。

 過去に例のない多さという。改めて予防策を思い出したい。

 熱中症は、暑さで体温調節が正常にできなくなって起きる。予防の基本は暑さを避けることだ。

 今週も、昼間に野球の練習をしていた中学生が倒れた。猛暑の日に激しい運動をする危険を、特に指導者は理解しておくべきだ。

 同様に大切なのが、水分の補給だ。体内に十分な水があれば、暑くても、血液が体を循環して汗が出て、体温を調節できる。

 ただ、軽い脱水症状は自覚しにくい。高齢者はトイレを嫌い水分を控えがちだ。水分補給は30分ごと、などと決めておくといい。

 最近の熱中症被害の実態を踏まえた対策も必要になる。

 東京23区内を対象に急性死などの原因を調べている都監察医務院の集計では、熱中症の死者は16日までの1か月で100人と、戦後最悪を記録した。

 数も深刻だが、問題はその内訳だ。死者の8割が70歳以上の高齢者で、屋内での死亡が9割以上を占める。涼しくなるはずの夜間に死亡する人も、約4割いる。

 道路の舗装やエアコン使用などで都市部が高温になる「ヒートアイランド現象」などが影響しているらしい。夜も、気温が30度前後にとどまる日は少なくない。

 エアコンがその原因の一端とはいえ、利用を控えると命取りになりかねない。若者も、エアコンをつけずに就寝して死亡した例が伝えられている。夜になっても気温が下がらない場合は、エアコンを活用して体を休めたい。

 政府や都道府県などによる情報提供や注意の呼びかけも、一層の充実が求められる。

 例えば環境省は、熱中症が起きやすい気象条件になるとネットで危険度を公表している。だが、危険度判定の範囲は都道府県単位で広すぎる。もっと精密な情報があれば、市区町村が警戒を呼びかけることが可能なはずだ。

 猛暑はまだ続く、と気象庁は予測している。太平洋高気圧は今も日本列島を覆う。赤道域の海水温が下がるラニーニャ現象が発生してチベット高気圧も居座り、暑さを助長するとみられるためだ。

 残暑を賢く乗り切りたい。

(2010年8月18日01時43分 読売新聞

今高校生です!!
要約が難しくて…誰かお願いします!!





熱中症 暑さへの対策をしっかりと(8月18日付・読売社説)
 各地で猛烈な残暑が続き、暑さが原因で体調を崩す熱中症の犠牲者が増え続けている。

 総務省消防庁のまとめによると、今年5月末から今月15日までに、熱中症で病院に搬送された人は全国で約3万1600人にのぼる。うち132人が搬送直後に死亡した。

 過去に例のない多さという。改めて予防策を思い出したい。

 熱中症は、暑さで体温調節が正常にできなくなって起きる。予防の基本...続きを読む

Aベストアンサー

社説は字数を満たすというよぶんな条件が
あるのでろくな作文ではないです。
死亡の内訳が予防法の後にでてきたりして
順序も混乱しています。
簡潔に添削してやりゃいいんですよ。
たとえば
「暑さが原因で体調を崩す」
は「熱中症」という言葉に含まれています。
全体を同様になおすと以下のようになります。


「今年の熱中症患者や死者数は悪い新記録となった。
猛暑下の激しい運動は避け水分の補給を怠らないことが大事である。
軽い脱水症状は自覚しにくいので要注意。
水分補給は30分ごと、などと決めておくといい。
高齢者はエアコンを使いたがらない傾向があり、
死者の8割が70歳以上で、屋内での死亡が9割以上。
そのうち夜間の死亡が約4割。
エアコンは必要に応じて使うべし。

猛暑はまだ続くだろう。
各人が熱中症対策に気を配ること
そのための広報の働きも必要である。」


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報