自己破産の経験者の方の感想等を聞かせていただけませんか?
する前とした後の違いや、して良かったか、しなければ良かったか?
いくらくらいの費用がかかったのか?
生活面の変化などetc.
できれば就学児童がある家族持ちの方なら尚、いいのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは



今まさに自己破産の手続き中です
自己破産をするまでに色々と悩みましたが
友人の「自己破産はあなたのためではなくて周りの人がこれ以上迷惑がかからないようになるための制度なんだから、ちゃんとしなさい。」
という言葉で決意しました

私の場合株式会社の役員でしたのでそれをやめることから始めました

法律扶助協会にご相談するといいですよ
無料相談がありまして弁護士さんが話を聞いてくれます
その後自己破産をするようでしたら扶助協会が弁護士費用を立て替えてくれます
それを分割でお返しするという形になります
私の場合は18万ぐらいです

裁判所に払う3万円は最初にお渡ししますが、私の場合は弁護士さんがいいかたで
少し待ってゆっくり目に申し立てをしてくれました

審査が有りますがきちんと働いていればたいてい通るそうです。

そのあとはあたった弁護士さんにもよりますが
財産など相談しながら処分の仕方を決めていくようです

下のレスに自己破産をした人が返事を返すはずはないような発言がありましたが
確かに重大事ですけれどやったことのある人にしかわからない悩みだと思いましたのでお話させて頂きました

私もまだ個人の方への返済は有ります
それはわざと破産リストからはずしました
それだけでも返したいというのが私の最後の気持ちだからです

返したくても返せない・・・・わかっていただけたら嬉しいです

頑張ってください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか、そんな協会があったんですね。
ありがとうございました。
弁護士費用がネックになっていたんですよ。
返したくないどころか、返したいから無理をしてこんな状態になってしまったんですよね・・・・同じ気持ちなのでよく分かります。
大変参考になりました。ありがとうございました。
私にも新しい人生が開けるでしょうか・・・不安で・・・

お礼日時:2002/01/11 18:33

No.2です。

ごめんなさい。ご紹介したURLは自己破産ではなく、特定調停をした方のサイトでしたね。本当に済みません。

気になったので裁判所に勤めている知り合いに自己破産や債務の整理のことについて聞きました。

まず、破産について。

弁護士に頼まなくても、素人でも大丈夫。(実際に弁護士がつくのは1割程度)

破産の申立てをすると、裁判所から債権者に通知が行き、それ以降、債権者からの督促はなくなるはずです。ただし、それは金融監督庁の通達に基づいているものなので、個人の金貸しや友人から借金している場合には以前と同じように督促されることになるでしょう。

破産にかかる費用は、

特に財産がなく、借金のみの場合(同時廃止事案)は、約3万円。(官報公告費用として2万円弱の現金と、郵便切手が約1万円。)
土地建物等の財産があり、それを処分して債権者に配当する場合(管財事案)では、同時廃止事案の費用に加えて、とりあえず50万円ほど納めます。

ただ、土地建物があっても、ローンの残債務額が土地建物の評価額よりも大きくて、売却しても余剰が見こめない時は同時廃止事案になることもあります。

どちらにしろ、破産するのなら、家屋敷は手放さなければなりません。

破産(厳密に言えば、その後の手続である免責)という制度は、債権者の犠牲を強いるものなので、弁護士に払う30万円があるのなら、それを債権者に返してあげて欲しいと思います。

ちなみにNo.1の方のおっしゃる借金がなくならない場合とは、破産してもその後の免責が認められない場合をさします。

破産後のデメリットですが、借金はできますが破産しても免責が認められません。いわゆる破産(借金の棒引き)ができないので、返ってお金を貸したがる業者もいます。

また、例えば生命保険のセールスレディなど就くことのできない職業があります。

次に、特定調停(債務の整理)について。(No.3の方はこのことをおっしゃっているのかも。ちょっと違いますが)

これは破産をせずに借金を返済していく上で、裁判所を通して返済額や期間などの約束事を定めることです。

「利息制限法」という法律にしたがって、債権額を見なおすことになるので、通常、債務額は債権者の請求額よりも減少します。中には、過払いが生じている場合もあるでしょう。ただ、借り入れてからの期間が短ければあまり債務額は減りません。

一応の返済の目安は、借金の総額を4年(48ヶ月)で払いきれるかどうかですので、それ以上の借金額ならば、破産を選択したほうがいいでしょう。

特定調停の費用は、

債権者1件につき約500円です。

とりあえず、破産にしろ、特定調停にしろ、一度最寄の裁判所で相談を受けられることをお勧めします。窓口は、破産は地方裁判所、特定調停は簡易裁判所です(裁判所の相談は無料です)

知り合いのメモをほとんど写しましたので、かなりわかりにくいと思いますが、もし、わかりにくい点で補足できるようであればまた知り合いに聞きますので、補足要求をお願いします。

いろいろなご事情があると思います。ご家族とも良く話し合い、tomato36さんにとって一番良い選択をされますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい明細をありがとうございます。
そうなんですよ、弁護士さんにお支払いする費用があるくらいなら、返済にあててます。できるなら、自己破産はしたくはないのです。
弁護士さんに相談する前にまず、簡易裁判所に行くべきなんですね。
ちょっと敷居は高いですが・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/11 18:39

serotoninさん、すみません出てきました。

自己破産経験者のburanです。
お答えできる範囲でしてみますね。

1.する前とした後の違い
精神的に随分違います。毎月返済日が迫ってくるにつれて返済額を気にしなければならなかったのに比べ、債権者の方には申し訳ないのですが気が楽になりました。
2.して良かったか?
良かったと思います。
ただ、弁護士の方がおっしゃっていたような「借りられない以外の不利益は無い」というのは言い過ぎかと。官報に破産や免責が告示されると各種の業者から融資のダイレクトメールが毎日飛び込んできます。電話はかかってはきませんが。
3.いくらくらいの費用がかかったか?
まず、弁護士会の市民法律相談に2回行きました。
少し前の話なので料金が変わっているかもしれませんが、30分で5千円(税別)。貴重な話が聞けました。やはりプロに聞くべきだと強く思いました。2回目の相談のときにその弁護士の先生が自己破産を勧められました。そこでその先生にお願いをしました。(もちろん他の先生を紹介してもらうことも可能です。)自己破産については、30万円でした。(当時。税別。事務手数料込み)
あとは裁判所に出頭する交通費と財産関係で書類の取り寄せが必要なのでその切手代です。
4.生活面の変化
当たり前ですが、借金ができなくなりました。クレジットもダメ。金銭面では随分キッチリできるようになったと思います。もともと私の浪費が原因ではないため、その方面も整理できました。
5.その他。
私は妻帯者ですが子供はいません。共働きです。賃貸住まいで車も持ってませんので、不動産や処分できる動産がありませんでした。自己破産といっても近年では裁判所から一定額納めるようにいわれますが。
とにかく、手続き的には自分でできないこともないですが、弁護士に代理人に就いてもらうと貸金業者から直接自分のところに請求や要求が来なくなるのでありがたかったです。整理や按分などは弁護士の先生に任せるべきだと思います。そういう意味で30万円は全然惜しくなかったですし、それだけのことはあったと思います。

持ち家などがある場合、自己破産だと処分しなければならないケースがままあります。
新しく民事再生法が成立し小規模民事再生ができるようになりました。
これだと不動産や処分可能な動産の範囲が自己破産に比べて緩いと聞きます。また手続きも早いそうです。(自己破産で私の場合、申立から免責決定まで8ヶ月かかりました。)

いずれにせよ、破産を検討しなければならない状態の場合は、各弁護士会の法律相談で相談されることを強くおすすめします。

他の事柄は長くなりますので、私の過去の破産関係の回答を見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『して良かった・・』そう思えるんですね・・
自己破産ってしてはいけない事ですよね?普通は・・だから後ろめたいんです。
弁護士費用が残念ながらありません。
できれば、この家には住み続けたいなんて虫のいい事を考えてします。
(子供に転校や、同じ学校に持ち家から借家に変わり登校させたくないので)
私は毎日ポストを開けるのも電話に出るのも怖いです。
そして、とうとう薬のお世話にならなければ眠れなくなりました。
こんな日常から抜け出したいです・・

お礼日時:2002/01/11 18:47

2ヶ月間すべての支払いが止まるという欠点がありますが、


自己破産をしなくても借金が現在の10分の1くらいになる
方法があります。以前、某ラジオ番組やテレビでも放送して
いたものです。一度、市役所や区役所で借金の件に関して
相談してみると貴方の地域でどこでそういう申請ができるか
教えてもらえると思いますよ。借金は何年でその縮小された
借金を必ず毎月支払うという前提で裁判所が仲介してくれま
すので追い立てられるというのがないと聞いています。

もし、マンション等を購入してローンが残っている場合はか
なり厳しい状況になるようですが、最低限の生活費は保証さ
れるはずです。ただし、最低限ですから数年は苦しいのも我
慢して返済のみ必至に返す生活になります。

この回答への補足

それはどのような物なのでしょうか?現在住宅ローンを返済しつつ他のローンも返していますが苦しいので、何とか住宅ローン以外を一本化したいのですが・・
甘いですよね・・・家を手放すしか手段はないのでしょうか?
藁にもすがりたい心境です。

補足日時:2002/01/10 16:54
    • good
    • 0

私自身にはまったく経験がありませんので、ご質問の件についてはよくわからないのですが、参考URLは自己破産の経験のある方が作られているサイトですので、もしよければそちらの方でも聞いてみられてはいかがでしょうか。



参考URL:http://www.c-forum.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/01/10 14:46

自己破産をしても、借金が無くならない場合もあります。


私は、経験者では、ありませんが、果たして、自己破産したよという勇気ある人が、例え、ニックネームでも、出てくるでしょうか?別の法律用サイトに相談した方が都合が良いと思いますよ。あえて、サイトは限定しませんが、探してみて下さい。自己破産は、重みのある大事な問題です。回答になりきれませんで、大変、申し訳御座いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね・・あさはかな質問をしてしまったのかもしれません。
明日には締め切らせていただきます。
アドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/10 14:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過払い金返還手続き後の自己破産と、破産後の債権者への配当

過払い金の返還と、返還金の債権者への配当についてお伺いします。

親類が債務超過に陥り、昨年10月弁護士に相談に行きました。
借り入れのある消費者金融が10社以上と多く、返済期間も長期だったために、
弁護士からは『すぐに自己破産せず、まずは過払い分の返還手続きをしましょう』と勧められました。

その後弁護士から、『一部の業者から合計約100万円の返還を受けた』と連絡があり、
そこから報酬と諸費用を差し引いて、残額は80万ちょっとと、残債を整理するのは難しいとの判断で
結局自己破産の手続きをすすめ、先日破産が決定しました。

先日、本人宛に裁判所からの破産決定文と
弁護士からの連絡事項・注意事項が郵送されてきたのですが、
そこには『返還された残金をこれから債権者に配当します』と書かれていました。

破産した本人は、返還された過払い金は自分に返ってくるものと思っていたのですが、
内容を読んでもよくわからない状態のため、家族に相談。
めぐりめぐって私に連絡をしたようです。

身近な者が自己破産ということで、今回自己破産について調べたのですが
こちらのサイトでは、99万円以下は自由財産として手元に残せると書かれてあります。

弁護士ドットコム
http://www.bengo4.com/intro/intro001_23.html

私は法律に素人なので、都合の良いように解釈しているのかもしれません。
ですがこれを読む限り、最低限の現金を手元に残すことができるのでは、
またはできたのではないかと思いました。(親類は金銭的に本当に困窮しています)

ある程度経緯を知っていた私が、弁護士に電話で尋ねたところ、
『返還された分の残金というのは、破産手続きの中で出てきたお金で債権です。
現金ではありませんので自由財産にはあたりません。よって残金を返すことはできません』
という返答が帰ってきました。
また、その話の中で
『過払い金の返還を受けた後に、自己破産の手続きをしていれば残金を手元に残すことができた』
とも言っていました。(これは会話の中で、2度確認しました)

弁護士との電話の後、本人の家族に話すと
破産の申請は、過払い金返還の連絡が来た後だったと言います。
書類をファックスで送ってもらうと確かに下記のような経緯でした。

・昨年10月 弁護士に相談
・2月中旬 弁護士より、過払い金の返還があった旨、破産手続きを始める旨の連絡
・3月下旬 弁護士より、破産決定の連絡
・4月上旬 弁護士より、返還金を債権者に配当する旨の連絡

『過払い金の返還を受けた後に、自己破産の手続きをしていれば残金を手元に残すことができた』
と弁護士本人が言っているにもかかわらず、
過払いの返還を受けた後に、破産の申請をしているのに
それが債権になる、という弁護士の説明に私は納得がいきません。

返還された過払い金の残額を、手元に置くことは可能でしょうか。
短くまとめる事ができず、大変申し訳ございません。
どなたかお知恵を貸していただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

※ 本人は、債権者のみなさんに迷惑をかけたことを充分に反省しています。
弁護士の説明に私が納得できていないのが発端ですので、債務者が債権者に
返済するのが当然、といったご返答は、今回は容赦頂きたくお願い申し上げます。

過払い金の返還と、返還金の債権者への配当についてお伺いします。

親類が債務超過に陥り、昨年10月弁護士に相談に行きました。
借り入れのある消費者金融が10社以上と多く、返済期間も長期だったために、
弁護士からは『すぐに自己破産せず、まずは過払い分の返還手続きをしましょう』と勧められました。

その後弁護士から、『一部の業者から合計約100万円の返還を受けた』と連絡があり、
そこから報酬と諸費用を差し引いて、残額は80万ちょっとと、残債を整理するのは難しいとの判断で
結局自己破産の...続きを読む

Aベストアンサー

確かに納得がいかないかもしれませんね・・・。

私も自己破産には素人で解決出来る回答は出来ませんが、私は今、任意整理を知り合いの協力のもとで自ら整理しています。
そして、私の友人がつい先月、自己破産が確定したばかりなので質問者様の言われている気持ちは分かります。

的確な回答は出せませんが・・・もう一度、別の弁護士の方に相談してみてはいかがでしょうか?
確かに、債務整理をする事は大人としてしてはいけないことなのかもしれませんが、中には深い事情があって債務を背負う事になってしまった方も少なくないと思います。
今まで散々、悩まれて出された結果、自己破産する決意をされたのですから・・・(自己破産は債務からのがれられても背負うリスクは大きいですよね)

別の弁護士の方に相談されて納得がいくまで聞かれた方がいいと思います。
もしかするともっと奥深い事が分かるかもしれませんし、納得も出来るかもしれませんよ。
今は過払い金を返してもらうことよりも納得をして解決したいのですよね?分かります。意味の見えないまま終わりたくないものです。

親戚の方の為にも力になってあげて下さい。
回答になってなくてスミマセン!

確かに納得がいかないかもしれませんね・・・。

私も自己破産には素人で解決出来る回答は出来ませんが、私は今、任意整理を知り合いの協力のもとで自ら整理しています。
そして、私の友人がつい先月、自己破産が確定したばかりなので質問者様の言われている気持ちは分かります。

的確な回答は出せませんが・・・もう一度、別の弁護士の方に相談してみてはいかがでしょうか?
確かに、債務整理をする事は大人としてしてはいけないことなのかもしれませんが、中には深い事情があって債務を背負う事になって...続きを読む

Q自己破産した妻、自己破産しようとする夫・・何か手はないでしょうか

7年前に専業主婦だった妹は生活費を工面するために借金し、返済できず、また借りるというよくあるパターンになって、夫と相談し、自己破産をしました。
当時、私も多少のお金は持っていたので、破産費用は出してあげたのですが、今となってはそれがよかったのか・・・。
先日妹から相談があり、2年ほど前からまた借金をしていました。
共働きをしだしたことで、自分が使うお金が余裕と思い、今度はパチンコに手をだしているのです。
私には理解できません。今回お金の工面は一切しないといいました。
妹は自分は破産しているから、今度は、夫が妹の分を借りて返済し、夫が破産するというのです。そんなことするより、夫にどこかの銀行で、まとめて返済することをすすめました。妹がいうには、破産した妻がいると夫も銀行から借りれないというのです。本当でしょうか。妹に私も夫も甘いと思います。
ですが、何か良い方法があれば、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

>夫は消費者金融で借りていないのですが、なぜでしょう。
幾ら借りようとしましたか?
たとえば年収800万程度であれば50万~100万程度なら借りることが出来る可能性は十分あります。
年収が500万以下であれば、初めは20~40万程度が限度になるでしょう。

あとは返済実績などにより段々と枠がつみあがってきます。

Q自己破産

自己破産申請前に車を査定してもらってその価格で売却してそのお金を財産として申告するのは
可能でしょうか?

Aベストアンサー

>自己破産申請前に車を査定してもらってその価格で売却してそのお金を財産として申告するのは
可能でしょうか?

可能です。

質問者さまが処分を考えている車種が分かりませんが・・・。
評価額が20万円以下だと、自己破産しても「所有権を放棄する事無く、乗り続ける事が可能」です。
つまり、20万円以下の車は「財産とは看做さない」のです。

Q自己破産

自己破産で免責が下りなかった場合でも所有している財産は没収されてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

>自己破産で免責が下りなかった場合でも所有している財産は没収されてしまうのでしょうか?

自己破産と、債務者の財産差押えは異なります。別物です。
自己破産は、ご存知の様に「借金返済義務が免責」される事ですよね。
免責のかわりに、資産を放棄するのです。
対して、差し押さえ。
こちらは、債権者が「裁判所の許可を得て、債務者の資産を強制的に処分する権利」です。
住宅ローン返済が出来なくなると、住宅を差し押さえて競売にかけますよね。
借金返済が滞ると、裁判所の許可を得て「預貯金・給料などの差し押さえ」を行ないます。
資産の差し押さえがあっても、債務者は自己破産していない(申請もしていない)場合が多いのです。

ですから、免責が降りなくても「債務者が返済できないと判断すれば、差し押さえ」となります。

Q自己破産

はじめまして 働ないと自己破産できないと言うのは本当ですか?

Aベストアンサー

 破産の要件は「返済出来ないと認められること」です。働いている・いないは関係有りません。

 破産以外の債務整理(特定調停・民事再生など)は、債務は圧縮されますが残ります。残った債務は返すのが前提ですから、一定の収入が見込まれなければ出来ません。なので、他の債務整理手段については、働いていないと出来ないというのは、嘘とは言い切れません。(働いていなくともある程度収入があったり、資産を持っている人もいますので。)

 まぁ、現実的に、働いておらず、収入もなく、一銭も無くて、裁判所への申し立て費用すらないと言うならばできないでしょうから、「働いていないとできない」と言うのも嘘とは言い切れませんがね。そこまで行っていればホームレスでしょうから、出来なくとも実質関係ないかと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報