女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

今までお化粧に無頓着な人生を送っていたのですが、30代中盤にてやっと少し目覚めてきました・・・(遅いですが)。お化粧と言っても、主に洗顔と化粧水などの基礎中基礎をしっかりやりたいのですが、DHCなどのカタログを見てフッと疑問に思いました。今まで私が使っていたローション(ドラッグストアで1000円くらいで買っています)と、カタログに載っているような1本3000円以上のローション、一体何が違うんだろう?って。アレルギーのある方、皮膚がデリケートな方はアレコレ選ぶ理由がありますが、私はそういうのは無いつもりです。私のような「違いの分からない人」は、高い化粧品を買うのはもったいないのでしょうか?
少々値の張った化粧品の方が良いという御意見、高くなくても大丈夫っていう御意見、両者の御意見を伺いたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 こんにちは。


私の経験なので一概に言えないのですが。

 ブランド価値といのが0だとは思えません。多少はあります。 
また、希少価値があって原価が高く抽出し製品にするのが難しいものは高いと思います。
いわゆるたくさん取れない成分や、集めるのに手間がかかるものです。

 ただ、私の感覚としてですのではっきりとはいえないのですが。
高いものは吸収がよく肌にすぐ反映するようにおもいます。
吸収のよさは特に値段に比例するなぁと感じています。
 たとえば化粧水なども保湿効果があるのにべたつかないという一見正反対の機能を矛盾なく持っているものは、高価格の化粧品のほうが買っての失敗は少なく感じました。
サンプルなどをいただくので。
余計に。
高いブランド価格は、カウンターのBAさんの人件費も入っているのでしょうか?
別だとしても、指導量やお試し体験コミでこその値段だと考えてもいいと思います。

 コレは、根拠がないのではっきりとはいえないですが。
安いものでもいいものはありますが、見る眼のない私としては、失敗する率が高かったなぁと思います。
その失敗の最たる原因は、敏感肌で使えないというより、もっぱら使用感にありました。
つけた後のベタツキが気になる(化粧水)、
スクラブの粒子が粗くて乾燥する(スクラブ洗顔)、
泡立ちが良いけど、落ちも良すぎてつっぱる(洗顔料)、
落ちが悪い(クレンジング)、
香りが人工的で鼻につく(全般)
肌の上でいつまでもテカっている(クリーム)などなど。

 逆に、すぐ新製品の出す会社が、ずっと変わらず出していて売れている定番の中に安いものは意外に名品がありました。
上記のものが当てはまらず驚くほどローコストでできているものたちです。

 私自身新しいもの好きですが、冒険は高いものをサンプルで試してから使う。
安いものも一度は手に取れるテスターのある店になるべく行き、定番の売れ筋から試してみるという風に私は買い方を分けてます。ブランドカウンターはつけてもらって使用方法のアドバイスやカウンセリングやサンプルあってこその価格ですのでそれらをフルに使用するのを徹底してます。

 普通に考えてコストがかかるということは、パッケージ、製品開発の研究費、広告費、ブランド価格、使用感を含めた原材料価格(質感、香り含む)の予算額を高価格に設定しているということです。
会社によってどこの部分にに比重を置いているかというものも違ってくると思います。
高くても、製品は全くだめなものもありますし、
安くても素晴らしい効果のものをローコストで実現しているメーカーもあります。
 
 基礎化粧品ジプシーの私としても世界中の化粧品を試しているわけではないので本当に一概に言えません。


 ただ製品開発会社がどこに比重を置くか少しずつ検討していくのと同じように、消費者側もどこに比重を置くか考えていきながら買うと思うので、
そこは粗悪品にあたらなければ自分の選択しだいだとは思うんですが。
どうでしょう?


 参考HPは私もよくアクセスする『@Cosme』です。
ここは、購入済み、サンプル使用済みの人のコメントと評価が乗っているコスメ口コミとしては最大級のHPです。
 顔が見えませんので、
申告していない化粧品の関係者がいる可能性や
素人の思い込み口コミのある可能性も全くゼロではありませんが、
その危険性を頭に入れて冷静に口コミを見ていくと参考になります。
また、別のアイテムとあわせるとうまくない組み合わせや、
コレと混ぜたら使ってなかったものが再利用できたなどという『裏技』などがさりげなく書かれていて参考になりますよ。
良かったどうぞ。

参考URL:http://www.cosme.net/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素晴らしいアドバイス有難うございます。何だか説得力があるのは、やっぱり「基礎化粧品ジプシー」の方だからでしょうか?ご回答者様の購入の仕方、的を得た攻撃(?)だと思います。はぁ~・・・(感心の溜息)、是非、ツメの垢でも煎じて飲ませていただきたいと思います。大変参考になりました!

お礼日時:2006/02/12 08:46

40代女です。


昔、桃井かおりさんがCMをしているものを使っていました。
本当に、良いです。
今、手作り化粧水・フキン洗いの石鹸(110円程)を使用しています。
そんなに、問題はありません。
私の考えとして、何千円代の化粧水は、どれもかわらないだろう。という結論です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。桃井かおりさんCMのお化粧品ですか!早速探してみます!結局、似たようなお値段の物は、あまり違いが無いのでしょうかね?!

お礼日時:2006/02/12 08:53

こんにちは


コスメの値段ってほとんどが開発費(技術費)と広告費だそうです。つまり原材料費にかかるお金は製品の値段のごく一部だとも。。

また、同じ系列ブランドでありながら通販専門として人件費や店舗にかかる費用を抑えることでコストカットを計っているブランドもあります。

どこのメーカーも同じブランドでも日々開発研究を重ねてシーズンごとマイナーチェンジ、改良を加えています。その結果旧製品のマイナスポイントが改善されています。

その場合、通販などだと旧製品を値段を割り引いて、背セールすることもあるようですが大手の場合、旧製品を作っていた工場のラインをそのまま使って値段を安くして売り続けることがあるようです。はっきりとはいえませんが、いわゆるスーパーなどでみかけるセルフコスメといいうのがそれに近いかな。。。この場合ブランド名もかわります。

質問者さんのおっしゃっている安いコスメはこういったセルフコスメか宣伝開発費がさほどかかっていないブランドの物ということだと思います。ついでにパッケージもあまりお金がかかるもの使っていないこと多いですし。

とはいえ数年前までは、ずっと高い値段で売られていたものとあまりかわらないものもあるでしょう。
また、高級なコスメのウリの新成分が肌に合わないか効果がないということもありうるわけです。場合によっては効果が半減どころかマイナスですよね。この場合高いものを使う意味はないです。

同じ製品でも人によって効果はさまざまというのは先のかたもあげられているアットコスメの口コミをみるとわかります。

また、外資系のブランドだと、税金やものによっては輸送費などのコストが別途かかってきますので、これまた値段=品質ともいいきれないです。

なので、あくまでも値段に惑わされず自分の肌にあったものを使うのがべスとという結論になるんですよね。

私も安いもの高いものいろいろ使いましたが、値段ほどの差があるかどうか正直わかりませんでした。もちろん、高いものでもイマイチ、安いものでも良いものがあったという意味です。

個人的には、使ったときの感触や香り(中途半端な香りなら無香料が好み)など重視しています。効果に関しては、同じ商品でも使うシーズン、肌の状態によってもかわるのなかなか比べることが難しいというのが本音です。
もちろん、肌荒れやあきらかに肌に合わないなと思うものは論外ですが。

私もいろんなの試したい人なんで、サンプルもらえるものならもらって、なくても最近は1~2千円くらいでトライアルサイズのセットを出しているブランドも多いのでそういうのから試してはじめるようにしています。サンプルだと、1,2回分くらいですけどトライアルセットならラインで1週間くらいは使えるので参考にしやすいです。

ドラッグストアやソニプラなどのバラエティショップ、通販サイトでもいろんなコスメのトライアルセットをみつけることができます。こういうのはたいていお値段、内容ともお徳なっていることが多いので活用するといいですよ。

参考URL:http://www.cosme.net/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素晴らしいご回答有難うございました。色々試されている方の御意見は本当に参考になります。化粧品の値段の裏には、色々な事柄が潜んでいるんですねぇ。皆さんが言われていることを総合したご回答で、なるほどなるほどと頷きながら拝見しました。やっぱりサンプル(か、サンプル大の大きさのもの)から始めることにします!

お礼日時:2006/02/12 08:51

高い化粧品はそれなりにいいとは思いますが、一番いいのはやはり自分の肌にあった物を使うということだと思いますょ☆


特に、化粧水、乳液などは毎日、朝と夜と使うものなので、じっくり選んだ方がいいかもしれないですね♪
ドラックストアなどでサンプルが貰えるので、いろいろ試して自分に合ったものを見つけることが大事だと思います(*´∇`)ノ
私は結構、敏感肌で肌が荒れてしまったスキンケア用品とかもありました・・・
しかし、友達に勧めてもらった『無印良品』のスキンケア用品が私にはすごく合っているようで、なくなってもいつもそれを買っています☆
そのおかげでお肌がツルツルになりました+.(○´∀`ノノ
敏感肌用と普通肌用があるのも助かっています!
値段は1000円未満とかなりお得ですょ!
もし良かったら、無印良品のサイト見てみてください☆

参考URL:http://store.muji.net/static_html/pc/search/prod …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。敏感肌の方は、アレコレ試した方が良いのでしょうね。私のように「何でも、良くも悪くもない・・・」という違いの分からぬ肌の持ち主にも、やっぱり探求すれば「良い化粧品」「合わぬ化粧品」ってあるんでしょうかねぇ?無印、興味があります!ちょっと探してみますね。

お礼日時:2006/02/12 08:41

基本的な原料は皆同じです.


一番大きな違いは高い香料と馬鹿高い容器代です.
あとは広告宣伝費がかなりのウエイトを占めています.

基本的には肌に合えばいいのですし,トラブルがなければそれで十分です.
あとは高いからいいだろうという自己満足とプラシーボ効果です.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

率直なアドバイス有難うございます。やっぱり高いものは、ブランド料なのでしょうかね~。安いヤツでも肌に合えば良いであろうという御意見、参考になりました。

お礼日時:2006/02/12 08:38

いろいろ試して肌質にあったものを選んだ方がいいですよ。


高くて肌に合うものもあれば合わないものもあります。
高いからいいというものではないです。

私は奮発して高い化粧品を買って使ったら、すごく痛痒くなり一回で肌がぼろぼろに荒れました…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。嗚呼・・・高いお化粧品買ってボロボロの経験があるんですね?!私もそれが怖くて、高いのを買えずにいるところです。でも色々試さないと、どれが良いかなんて分かりませんものねぇ・・・。

お礼日時:2006/02/12 08:37

値段に限らず、自分の肌に合う合わないがありますからね。


安いものなら、購入しても合わなかったなぁ~ってことでかまわないですが
高い化粧水(デパートの美容部員がいるようなところ)とかだとショックも大きいですよね。
なので、高い化粧水を購入するときはとりあえずサンプルをもらうといいですよ。

せっかく化粧水をつけるなら、自分の好み(香りや付け心地、効果ですね)に合ったものの方がいいですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございました。そうなんですよね。高いお化粧品買って「やっぱり合いませんでした」が、一番怖いんです(ケチな私はすごく後悔すると思うので)。サンプルで様子を見るようにします♪

お礼日時:2006/02/12 08:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安い化粧品と高い化粧品・・・効果は同じですか?

化粧品について質問します。4~5年前に肌の調子が悪くて資生堂の敏感肌用の化粧品を使い始めました。でも最近、肌の調子が悪くないのと、お金がないのとで、少しでも節約したくて、ドラッグストアに売っているメイク落とし、洗顔を使い始め、化粧水も手作りにしています。(半年前位からです。値段も1/3位なので・・・)今は、化粧下地とファンデーション、おしろいだけは資生堂のを使っています。それももうすぐなくなりそうなのですが、やはりそれらを買おうとするとすぐに1万は超えてしまい、ビンボーな私にはつらいのです。それもドラッグストアーのものに変えていきたいなとは思っていますが、値段によって効果は違うのでしょうか?その辺のことに詳しくなくて・・・お店の人に聞くと高いのを勧められそうな気がして・・・。
今まではお金はなくても何にも考えずに高いのを買っていましたが、高いものを使ったからいいって訳ではないような気がしてきました。
下地は日焼け止めの代わりにもしているので、「SPF」は気にしています。(しみ、そばかすが出来やすいので)
あと、アトピーもちなのですが、顔にはほとんど出ません。
今まで、お店の人まかせに選んでいたので、選ぶときのコツなどもアドバイスいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

化粧品について質問します。4~5年前に肌の調子が悪くて資生堂の敏感肌用の化粧品を使い始めました。でも最近、肌の調子が悪くないのと、お金がないのとで、少しでも節約したくて、ドラッグストアに売っているメイク落とし、洗顔を使い始め、化粧水も手作りにしています。(半年前位からです。値段も1/3位なので・・・)今は、化粧下地とファンデーション、おしろいだけは資生堂のを使っています。それももうすぐなくなりそうなのですが、やはりそれらを買おうとするとすぐに1万は超えてしまい、ビンボーな私には...続きを読む

Aベストアンサー

会社で基礎化粧品を扱っています。
化粧品の製造原価って、びっくりするほど安いんですよね~^^;。
で、それに研究開発費や広告費などの経費、値引きを想定した+α……etc.を載せた上で、#1、#2の方も書かれている通り、「これくらいなら買ってくれそう」な値段に定価が設定されるわけです。
よって、必ずしも「高い=良い」とは限りません。

時々「この商品は高いけれど、良い原料を使っている」などと言う販売員さんもいますが、原料の値段なんて知れてますし(化粧水なんて、ほとんど水分ですからねえ^^;)、どんなに高価な原料を使っていても、自分の肌に合わなければ意味がないので、値段とは関係なく、自分の肌に合うものを1コ1コ見つけていくしかないと思います。
わたしもアトピーがあるので、実地で試すのは非常にリスキーで嫌なんですけどねToT。

わたしが選ぶときのポイントは、原材料です。
以前合わなかった化粧品に含まれている成分を覚えておいて、それが入っているのはパスします。
化学成分がやたらいっぱい入っているのもパスですね。但し、原材料表示を見て、ナントカ酸ナントカとか、カタカナで化学成分ぽい名前でも、植物から抽出された成分だったりすることがあるので、必ずしも悪いとは限りません。逆に、天然成分でも肌に合わない場合もあります。興味があったらインターネットなんかで調べてみるとおもしろいですよ。

今は、化粧品売場で販売員さんに勧めてもらったものと、ドラッグストアで選んだものを取り混ぜて使っています。ライン使いが良い、とよく言われますが、同じラインでも合う合わないがあるので、販売員さんに勧められても「化粧水はいいけど、ジェルは合わなかった」「下地は別のメーカーを使っている」とはっきり言って、必要なものだけ買います。
販売員さんのアドバイスは参考になりますので、「勧められたら困る」と敬遠しないで、時々のぞいてみるのもいいと思います。手入れの仕方や必要アイテムを教えてもらって、ドラッグストアで似たようなのを探すのも手です^-^。
@コスメの評価もわりと参考になるかな。

ご参考までに。

参考URL:http://www.cosme.net/

会社で基礎化粧品を扱っています。
化粧品の製造原価って、びっくりするほど安いんですよね~^^;。
で、それに研究開発費や広告費などの経費、値引きを想定した+α……etc.を載せた上で、#1、#2の方も書かれている通り、「これくらいなら買ってくれそう」な値段に定価が設定されるわけです。
よって、必ずしも「高い=良い」とは限りません。

時々「この商品は高いけれど、良い原料を使っている」などと言う販売員さんもいますが、原料の値段なんて知れてますし(化粧水なんて、ほとんど水分ですからねえ^...続きを読む

Q低価格なのにすごい!っていう化粧品教えてください

今まではランコムとかを使っていたんだけど、
経済的な事情が変わったので、安くていい化粧品を探しています。
ブランドで高価な化粧品は、雑誌にたくさん紹介されていますが、
お手頃価格の化粧品はどうなのか知りたいと思っています。

たとえば、資生堂のホワイティアとか、ポーラデイリーコスメみたいな感じの、
1000~2000円くらいで買えるような、
化粧水や乳液や美容液などの基礎化粧品で、
「これいいよ!おすすめ!」というのを教えてください。
そういうサイトを知っている方がいらっしゃれば、ぜひ紹介してください。

ちなみに、私はどちらかと言うと乾燥肌です。
「私は○○を使ってるけどいいよ~」みたいな感じの
口コミ感覚で、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

口コミといえば「@コスメ」とゆうサイトがすごい情報量です→http://www.cosme.net☆このサイトによると、激安コスメ・ちふれがアツいようです☆見ごたえあるサイトですよ☆

Q高いコスメと安いコスメの違いって?

100均のコスメ 3つで1000円のもの 1つ1000円するヤツ 3000円するもの
色んなコスメがありますよね。それらの違いっていったい何なんですか?
やはり 高いヤツの方がノリが良いと言うことなんでしょうか?

Aベストアンサー

ある化粧品会社のBAさんに知り合いがいて、以前こんな事を言っていました。
基礎化粧品に関しては、防腐剤が入っているか、どんな薬品などを入れているか、
そのパッケージや宣伝料なども考えて、価格が決まりますし、無添加でも高いものと安いものがあるのはパッケージと微量の防腐剤などが入っているかで決まっているそうです。
一方、口紅やマスカラ、ライナーといった類は、質がやはり違うそうです。口紅も伸びや発色、マスカラは粉っぽさ、ライナーはリキッドの場合、伸びも持ちも違うそうです。
いずれも10分の1~3分の1くらいが原価で、高ければそのパッケージデザインに費用が費やされる為、絶対的な効果はあるとは言いがたく、安ければ伸びが悪いと言う具合で、高い方に手が伸びるようになっているとか…。
BAの友達が言っていた事を書いたので、専門家にさせてもらいますね。

Qファンケルは「界面活性剤いっぱい」ってほんと?

私は、大手メーカーの化粧水を使って荒れたり、時には水も染みるほどの敏感&
乾燥肌です。界面活性剤・アルコール・香料無添加とうたっている物をいろいろと
使ってみた結果、現在、ファンケルのフェナティをライン使いしています。
以来、肌が荒れるということはないので気に入っていますが、使用者のクチコミに
「ファンケルは無添加をうたいつつも、実は界面活性剤がいっぱいでコワイ」
っていうのを目にしました。成分には詳しくないので自分では真偽の程が分かりません。
本当なのでしょうか? よくご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

サイエンスを勉強したものです。

界面活性剤とは、科学的には「乳化・分散作用を持つもの全部」を指します。
この作用を利用して、油汚れを落としたり、水と油を混ぜてクリームを作ったりします。

だから、石鹸もバターもクリームも全て「界面活性剤」なんですよ。
乳液やクリーム、バターなどは「界面活性の乳化作用」を使わなければ作れないのですから。
化学を知らないヒトが「界面活性剤=悪者」という話をされますが、石鹸やバターが悪者でしょうか?
http://www.eco-takei.co.jp/kaimenkaseizai.htm

現在、合成・天然を含めて1000種類以上の界面活性剤が存在すると言われています。
石鹸やヤシ油から精製した天然活性剤と、石油から合成した合成活性剤とがあります。

石鹸などの天然界面活性剤は、アルカリ性の条件でのみ浸透し、太陽に当たると分解しやすい性質を持ちます。
だから、石鹸シャンプーで洗髪すると髪がキシキシしますし、酢でリンスして中和しましょう、というのはそのためです。

一方、合成界面活性剤の多くは、どのpHでも浸透する性質を持ち、石油精製時に出る成分から取れて廉価なので、洗濯洗剤や台所洗剤に多用されています。
合成界面活性剤で浸透力が高すぎるものは、油を落としすぎて手荒れを起こしたり、皮膚に浸透した石油由来成分が分解せずに残ったりするため、皮膚への毒性が示唆されています。
http://www.kenko.com/info/advice/20040301.html

ただし、合成界面活性剤の毒性に関しては、専門の科学者でも意見が分かれます。
人間が何千年も使ってきた石鹸は安全性が確認されていますが、戦後50年で急速に大量に使用されるようになった合成界面活性剤は、作用や毒性がよく分からない物質が多くあることは事実です。
新しく開発された合成界面活性剤をいちいち人体実験するわけにはいかないですから。

「嫌なら別の化粧品に代えよう」と言いたいところですが、現在のところ石油由来成分を含まない化粧品は、殆どありません。
また、界面活性剤を使用したくないのであれば、化粧品も台所洗剤も洗濯洗剤もバターも石鹸も一切使わないということになります。
それより、身体にも環境にも優しい成分で、自分の肌に合うものを選んで使用することが賢い消費者なのではないかと思っています。
http://www.kenko.com/info/advice/20040301.html

ファンケルのサイトでは、「石油系界面活性剤を使用していません」となっています。
心配ならば、どんどん相談室に質問してみたらどうでしょうか。
また、ネットで「界面活性剤、化粧品」で検索すれば、いろいろな情報が得られます。

ただし、「アレルギー」と「界面活性剤の毒性」とは、全く別の話です。
天然のものだってアレルギーを起こします。ピーナッツやミルクでアレルギーを起こすヒトはいますよね。
私はアレルギー症なので、無添加・無香料のファンケルに飛びついたのですが、ぴりぴりして肌には合いませんでした。

参考URL:http://www.kagaku21.net/livingland/house/kaisetsu/kaisetsu1.shtml

サイエンスを勉強したものです。

界面活性剤とは、科学的には「乳化・分散作用を持つもの全部」を指します。
この作用を利用して、油汚れを落としたり、水と油を混ぜてクリームを作ったりします。

だから、石鹸もバターもクリームも全て「界面活性剤」なんですよ。
乳液やクリーム、バターなどは「界面活性の乳化作用」を使わなければ作れないのですから。
化学を知らないヒトが「界面活性剤=悪者」という話をされますが、石鹸やバターが悪者でしょうか?
http://www.eco-takei.co.jp/kaimenkaseizai.h...続きを読む

Qロート製薬のオバジって40代にはどうなんでしょうか?

こんにちは。
40代前半であまりお金に余裕はありませんが、肌のくすみ、弾力の無さをどうにかしたいと思っている女性です。
肌はすこし弱いほうで、現在はオルビスのアクアフォースシリーズを使っています。

先日、薬局でオバジを見かけ、手の甲に美容液らしきものをたらしてみたのですが、なんかしみ込むような・・・、よさそうなカンジがしたのですが、あとからなんとなく付けたところのテカリのようなものや、独特のニオイに「ちょっと良くないかも?」と思い始めました。

効果があるのなら、がんばって付ける事もできそうな気もするのですが、あまり使った方の感想が載ってなかったので質問してみました。

40代で経験のある方、お返事よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2年ほど前にオバジCを使っていました。
スーとしみこむし私は臭いはきにならなっかたです。
反対に製薬会社(?)の物だからと納得していましたけど。
実際、効果はありました。つけてすぐにそれを感じました。シミにもききました。つけて何日か後に鏡をみてわかるんです。薄くなるのが!うれしかった。
お値段が高いので悩みながらでしたけど3本リピしました。
ただその効果がだんだん薄れてきて・・・BAさんに相談したら「肌がなれてしまったんですね」って。
それから違う化粧品を使って今はつかっていませんが、それ以後もオバジCほどの実感を感じたものにはあえません。いまでもDSに行くとまた買おうかなぁと悩みます。ただ高いのでぇ。


人気Q&Aランキング