離婚の財産分与のことなんですが、婚姻期間中に旦那がポケットマネーで買った車(40万くらい)は誰のものなのでしょうか?
ちなみに、代金は結婚3ヶ月くらいのときに旦那が結婚前からもっていた貯金で払いました。
しかし、私達は共働きだったので旦那のおこづかいとしてはだいたい大体7万~10万くらい家計をくんで渡していました。
財産分与に際してこの車は旦那の物ですか?それとも二人のものですか?
教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

民法におきましては夫婦別産制が採用されておりますので、結婚前から所有していた個人の財産は尊重されます。



よって、この車に関しましてはほぼ問題なく旦那さんの物であるということが出来るでしょう。
ただ、維持管理面において殆ど妻のほうがやっていた、というのであれば残存価値に占める割合も変わってくる可能性はなくは無いと思いますが・・・。
あきらめられたほうがよろしいと思います、

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
すみません、もうちょっとお伺いしたいのですが。

結婚前の貯金は浪費していて、その車は月々の家計からのお小遣いで買ったとしたらそれでもやっぱり彼のものですか?
私も働いて収入を全部家計に入れて、そして一生懸命やりくりしておこづかいをあげて、足りない家計は私の結婚前からの貯金を切り崩していたもので。
端的に言うと車を買えたのも私がお小遣いをたくさんあげて余裕があったからでしょうってことなんですけど。

車は別にどうでもいいのですが、それによってほかの物にもそういう主張をされたり、家計をやりくりして貯めた貯金に対しても車は別という形で請求されると納得がいかないので。
すみません、分かりにくいでしょうか、いまいちどアドバイスをいただけるとありがたいのですが。

補足日時:2002/01/10 15:53
    • good
    • 0

 原則として、結婚後に2人で形成された財産が、離婚に伴う財産分与の対象と考えてください。



 ご質問の文面では、奥さんが金銭的に負担した様子がありませんので、財産分与の対象とはならないと思われます。ただ、日常管理を奥さんがしていた場合は、財産分与というより慰謝料に多少の上乗せという方法も、双方の相談によっては成り立つ場合もあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/13 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q共働きでの財産分与

夫婦共に働いており、妻がX円、夫がX+100万円年に稼いでいます。
生活費は共に同額ずつ負担していました。家事は1日交代で二人とも全く同じ負担のことをしていました。
さて、この夫婦は結婚後ちょうど1年で離婚が成立しました。
この場合、財産分与が発生しますか?
子供はおらず、家、車、家具やらの固定資産は全て結婚前の夫のものを使用していたとします。

Aベストアンサー

財産分与ではお互いの収入は関係ありません。

結婚前の財産は個人の財産ですが、結婚後に蓄えた財産が分与の対象となります。


家・車・家具は当然に旦那さんの個人財産です。
その他の財産が明記されていないのでわかりませんが…


結婚後に蓄えた預貯金を均等に分け合う事になるかと思います。

Q(質問カテゴリ変更)離婚の財産分与について:共有財産と特有財産の考え方

質問カテゴリを変更して改めて質問させていただきます。

相続U不動産・現金)や婚前預金、障害年金などの私の特有財産が5千万です。
(ある程度の記録は残っています。)
現在の夫婦の資産(家、車、預貯金など)が3千万です。

この場合、分与の対象となるのは3千万で2分の1ずつの15百万。
しかし特有財産が15百万を上回っているので分与は発生しない。

という考え方になりますか?

Aベストアンサー

離婚における財産分与は、婚姻中築いた財産は
夫婦が協力して築いたものだから、離婚のときは
半分ずつに分けるのが公平だ、というものです。

つまり、婚姻中に築いた財産に対して、初めて
財産分与の対象になります。

だから、婚姻前に既に存在した財産は、財産分与の
対象にはなりません。



相続U不動産・現金)や婚前預金、障害年金などの私の特有財産が5千万です。
(ある程度の記録は残っています。)
    ↑
相続した不動産と現金で5千万ある、という
ことですね。
相続財産は夫婦が協力して築いた財産とは
言えないので、財産分与の対象にはなりません。



この場合、分与の対象となるのは3千万で2分の1ずつの15百万。
しかし特有財産が15百万を上回っているので分与は発生しない。
     ↑
分与の対象となるのは3千万です。
固有財産がそれを上回っていても、それは
関係ありません。
だから、財産分与は発生します。

Q調停離婚による年金分与・財産分与

長文で申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。
私の伯父が調停離婚を奥さんから申し立てられています。

奥さんからの要求は年金分与と財産分与です。

年金分与については奥さんの要求は妥当なものだと思うのですが、財産分与については納得の行かない要求が来ているので知識がある方に教えていただきたいのです。

伯父さんの財産は今の持ち家のみです。
結婚生活は浮気もしておりませんし、生活費についてもまったく困らせたことはないです。
となると慰謝料としての財産分与ではなく単なる専業主婦としての財産分与になると思います。
奥さんは伯父さんから毎月の生活費の他にパートでの収入がありそれは自分のために貯金をしていました。その他に伯父さんの退職金を500万円ほどもらっています。他にも株や投資信託を持っているようです。
ですが、調停委員には200万円ほどしか金融資産を持っていないと申し立ててているようです。
伯父さんは上記の金融資産を持っていると調停委員に主張しているようですがそれはまったく受け付けられないとのことです。
弁護士さんに相談をしても年金分与と持ち家の半分の価値のお金を渡すしかないといわれたようです。しかも奥さんの財産に関しては調べることは出来ないといわれたようです。
このままでは伯父さんか年金を半分取られ住む家までなくなります。なんとか伯父さんに有利なように調停離婚をさせたいのですがなにかよい知恵はありませんでしょうか。それと調停離婚を不調にして裁判に持ち込んだほうがいい条件を引き出すことが出来るのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

長文で申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。
私の伯父が調停離婚を奥さんから申し立てられています。

奥さんからの要求は年金分与と財産分与です。

年金分与については奥さんの要求は妥当なものだと思うのですが、財産分与については納得の行かない要求が来ているので知識がある方に教えていただきたいのです。

伯父さんの財産は今の持ち家のみです。
結婚生活は浮気もしておりませんし、生活費についてもまったく困らせたことはないです。
となると慰謝料としての財産分与ではなく単なる...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも調停は話し合いの場です。条件に納得できないのであれば、(離婚に)合意すべきではありません。今回のケースでも伯父様がその条件に納得できないのであれば(条件にも離婚にも)合意しなければいいだけのことです。

逆に「こちらの主張はこうで、したがって財産分与についてはこうすべきである。それで納得できないなら離婚には合意できない」と相手に伝えればよいのでは? 後はその条件を呑んで離婚を成立させるか、妥協案を出してくるのか、決裂して裁判になるのか、相手に決めてもらえばいいのです。

また奥様の側から離婚調停を申し立てられている、とのことなので、伯父様自身は積極的に離婚するつもりはないのでしょうか? そうだとすれば調停が決裂したところで伯父様は困らないわけですよね。逆に離婚したい奥様は裁判しか手段はなくなるし、そうなればまず(原告である)奥様の側から自分の主張が正しいという証拠を提示する必要に迫られることになるでしょう。伯父様はそれを待った上で反論すればよい、ということになります。

更にこのケースであれば伯父様には浮気などの離婚事由はなさそうなので、そもそも裁判判決にならない可能性もあります。つまり伯父様が同意しない限りは離婚を主張する奥様の側が妥協を求められるケースだと思われます。

要は伯父様自身が納得する条件でなければ離婚に同意しなければよい、というだけのことかもしれません。

そもそも調停は話し合いの場です。条件に納得できないのであれば、(離婚に)合意すべきではありません。今回のケースでも伯父様がその条件に納得できないのであれば(条件にも離婚にも)合意しなければいいだけのことです。

逆に「こちらの主張はこうで、したがって財産分与についてはこうすべきである。それで納得できないなら離婚には合意できない」と相手に伝えればよいのでは? 後はその条件を呑んで離婚を成立させるか、妥協案を出してくるのか、決裂して裁判になるのか、相手に決めてもらえばいいので...続きを読む

Q相続財産は、離婚時の財産分与の対象外?

夫の両親が死んで、夫が財産を相続してから
離婚し、夫の財産を分与してもらう予定で、
友人が離婚の準備をしているそうです。

ただ、うろ覚えなのですが、確か夫が両親から相続された財産は
財産分与の対象外だったように思うのですが。
分与される財産には、どのようなものが含まれますか?
夫の給料の残り分くらいではないのでしょうか?
アドバイスするにも確かなことがわからないので・・・
誰か詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

下のサイトを参考にしてください。
http://www.rikon.to/contents4-2.htm

結論から言いますと、ご主人が相続・贈与を受けた財産は財産分与の対象になりません。
財産分与とは、婚姻の間に形成した夫婦共同財産の清算を言います。どこまでを共同財産とみなすか見解の分かれるものもありますが、相続財産はこれには含まれません。何故なら、奥さんの存在にかかわらず、ご主人はその財産を得たからです。
逆に言えば、奥さんが相続した財産を分ける必要もないのです。

Q財産分与で特有財産はどのように加減したら良いですか。

お世話になります。

自宅(ローンなし・評価額2000万円)を財産分与のため売却し、現金で1/2ずつ分けることになりました。

購入代金の中には、以下のようなものが含まれています。
・夫の実家からの贈与50万円
・妻の実家からの贈与100万円
・妻の独身時代の貯蓄200万円
・妻が結婚後に9年間勤務した会社の退職金200万円

(1)これらはどのように加味したら良いでしょうか。
(2)養育費と慰謝料も請求予定ですが、売却代金から相殺するにはどのようにしたらよろしいでしょうか。(不動産屋さんに指定した金額を夫と妻の口座へ別々に振り込んでもらうことはできるのでしょうか)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本題の前に「養育費と慰謝料も請求予定です」と云うことですが、その額は決まっていますか ?
それが決まっていて、なおかつ、相殺も承諾していて(慰謝料等額が決まっていないと相殺はできないです。)更に、不動産屋も承諾していることが必要です。(振り込んでもらうためには)
・夫の実家からの贈与50万円=夫の財産とみます。ただし、当該不動産の購入代金とした場合。
・妻の実家からの贈与100万円=妻の財産とみます。(上記と同じ)
・妻の独身時代の貯蓄200万円=妻の財産とみます。
・妻が結婚後に9年間勤務した会社の退職金200万円=夫婦2分の1の財産とみます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報