例えば、HPデザインをやっていた会社が、広告代理店をやりはじめたら、定款を変えて追加する必要があるのでしょうか?その際、また、公証人役場にいってお金がかかるのでしょうか?
こちらは有限会社で私だけで運営しております

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

官公庁の仕事をされる場合は、既に登記されている以外の営業種目を始める場合は、定款の変更をされた方がよろしいでしょう。


この場合、定款の変更と同時に商業登記の「目的欄」の変更登記が必要になります。

定款変更は、公証人役場ですからそれほどの費用はかかりませんが、目的変更を司法書士に依頼すると、やや高額費用になりますから、書店などで商業登記関連の書籍を購入して、後は登記所で聞きながら、ご自分でされる方法も有ります。

あるいは、しばらく様子を見てもよろしいかと思います。
    • good
    • 0

 対外的に、会社の登記簿謄本を提出した場合に、追加して始めた業務内容が定款に記載されていないと不信感を与えるでしょうし、官公庁への指名願を提出されているのでしたら、定款に定められた業務しか指名の対象になれません。



 登記は、最寄の司法書士の方に依頼すると良いでしょう。当然、料金はかかります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公証人役場へ行かずに定款を出してしまいました

会社の設立登記をしたのですが、定款を公証人役場で公証するのをしていませんでした。
登記はできたのですが、定款は法的には無効なのでしょうか。
また、何か支障があるのでしょうか。

Aベストアンサー

 持分会社(合同会社、合資会社、合名会社)の原始定款であれば、公証人の認証は不要です。

Q会社設立 公証役場について質問

払い込みをする公証役場ですが、

東京都内、A区で設立の場合
A区内の役場のみでしょうか?
区内に無い場合
他の区でしたらどこでも良いのでしょうか?
それとも23区内、都下全域どこでも大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

法務局の管轄は都府県においてはその都府県単位、北海道においては4つに分かれています。
各都道府県には複数の法務局がありますが、それは支局・出張所であって、ここで言う管轄は、その上位の本局単位で考えます。

ですから、東京都に本店を設置するなら、東京都内の公証役場なら、どこでも構いません。

参考
http://www.koshonin.gr.jp/tei.html#04

Q合同会社の電子定款を自分で作成した場合、電子定款である旨を定款内に記載する必要はありますか?

合同会社の設立を考えております。
電子定款の作成を行政書士等に頼むと1万円程度かかりそうなのですが、調べてみると、電子署名さえ出来れば作成するのは大したことなさそうなので(私はe-taxのために公的個人認証サービスを利用しています)、自分で電子定款を作ってしまうつもりです。
で、ネットで調べてみた電子定款の文例では、
「以上、合同会社○○○○の設立に際し、社員○○○○、同○○○○及び同株式会社○○○○の定款作成代理人である行政書士○○○○は、電磁的記録である本定款を作成し、これに電子署名をする。」
と、電子定款である旨と、電子署名してある旨が記載されているのですが、これは個人で電子定款を作成した場合でも記載した方がいいのでしょうか。
また、記載する場合は
「以上、合同会社○○○○の設立に際し、電磁的記録である本定款を作成し、これに代表社員○○○○が電子署名する」
のように社員名でいいのでしょうか。

Aベストアンサー

合同会社は公証役場の認証が不用ですので、言葉は悪いですがそれなりの体裁が整っていれば、問題ないでしょう。

参考までに、以前私が合資会社を組織変更し合同会社となった際に、定款を作成したときの文章を書きます。

『以上、合資会社 ABCを組織変更し、合同会社 XYZ 設立のために社員 A、同 B の代理人である社員 C は、電磁的記録である本定款を作成し、これに電子署名する。』

このように表記し、社員A(代表社員)と社員Bから社員Cへの委任状を定款の最後に添付しています。
定款は社員全員で作成するものです。全員の電子署名が原則でしょう。例外的に委任での作成も可能ですので、このようにしましたね。私は法務局で言われなかったので用意しませんでしたが、委任状には印鑑証明が本来必要かもしれません。

Q有限会社の定款変更

よろしくお願いします。

会社(有限会社)の定款に社員(出資者)氏名、住所、出資口数を記載しています。
これから出資者の変更、出資割合の変更などを数回に分けて行う予定でいます。
都度、定款変更を行うと費用もかさむので、定款から、社員関連の記載を無くしたいと考えています。
(引越しても定款を変更する必要が出てきます)

資本金、出資の口数、出資1口の金額が記載してあれば氏名、住所などを削除しても問題ないでしょうか

定款に、最初の役員は記載してありますが、今の代表取締役、取締役を記載していません。記載する必要はないのでしょうか?

定款の最後に設立時の社員が記名押印しています。
この設立時の社員は、削除する事ができないのでしょうか?

Aベストアンサー

#2追加補足します。
1有限会社の出資者の会社に対する地位は持分という言葉で表されます。
2持分は株式会社の株式に該当するものですが、他の出資者以外の人に売買、譲渡するときには社員総会の承認を要します。
3当初の出資者間での売買・譲渡は譲渡契約書等でOKです。しかし新たな出資者の場合は
現出資者が譲渡承認申請、社員総会で譲渡承認という有限会社法上の手続が必要です。
(社内処理で何処かに届出は不要ですが、後日トラブルが発生したときにこの手続がないと法的には譲渡無効と判断されます。)
4また、設立後早期であれば問題にならないですが、業績により持分の評価(株価に相当する)の問題や譲渡益課税といった税務面も考慮にいれることも検討課題です。

Q確認有限会社の定款変更について

2003年に確認有限会社を設立し、現在に至りますが、
このたび本店事務所を近所に移転したので定款の変更が必要になりました。

この有限会社の証券口座で株式の運用も行っており、譲渡益が出た場合に経常利益に含める事ができるために、定款の目的欄に「有価証券の売買」といった項目をこの際ついでに追加しようと思っています。

この、本店を近所に移転と、目的欄への追加の2点を定款から変更するには、一体いくらかかるのでしょうか。
また、書類は法務局へ行けば頂けるのでしょうか。
よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

すみません。先ほどの書きこみで大きな誤解を与えるところでした。
定款変更は必要ありませんが、本店所在地が移転した場合は「本店移転登記」が必要になります。
ちなみに同一市区町村内の移動の場合は、所在地の法務局に申請すれば足り、登録免許税は3万円です。しかし別の市区町村に移動の場合は、まず旧本店所在地の法務局に申請するので登録免許税が3万円掛かり、その登記が終了した後で、新しい登記簿謄本を添付して新しい本店所在地の法務局に申請するのでまた3万円の登録免許税がかかります。(3万円+3万円+登記簿謄本1通1000円で6万1000円にもなります)

税務署に本店移転の届出をする時は、本店移転登記後の新しい登記簿謄本1通を添付し証拠とします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報