飛行機で夜間、離着陸する時に客室の照明を消すのはなぜなんでしょう?事故の時のため目を慣らしておくためなのでしょうか?

A 回答 (3件)

ご指摘の通り、目を慣れさせるためです。


詳しくは下記URLが参考になるかと思います。

参考URL:http://aviation.wcn.to/gimon.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLで大変よくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/24 23:24

その通りです。


離着陸時(特に夜間)の万が一の避難する際に備えて、暗くても視界が得られやすいように、照明を暗くしています。
あと、その際に、離着陸時は静かな音楽を流していますが、これは、乗客の緊張感を和らげるためだと言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。離着陸時の音楽は気が付きませんでした。今度乗る機会がありましたら、確認してみます。

お礼日時:2000/12/24 23:27

離着陸するときは何万燭光(しょっこう)もの地を照らすライトが必要です。



そのために少しでも電源をセ―ブしなければなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私も電源セーブも理由の一つかと考えていましたが、やはり避難説が正しいみたいですね。

お礼日時:2000/12/24 23:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報