「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

先物取引きをする訳ではないのですが、アクリルを欲しい友人がおり(海外にいる)相場を調べてくれと頼まれています。
検索サイトで「アクリル 相場」とか「アクリル 価格」と入力しても半年前のデータや数年前のデータしか見つかりません。
 どなたか、ご存知の方がいましたら教えて下さい。ホームページなどを紹介して頂ければ嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アクリルは、アクリル樹脂やアクリルファイバーなどのことだと思いますが、たぶん原材料 raw materials と考えていいとは思うのですが、アクリル自体が原油などから生成・精製されているのか、先物市場には上場されていないようです。



製品であり市場はあるはずですので、現地の問屋等で取引される価格はあるとおもいます。
ただ日本でもそうですが、民間市場は取引所のような公開市場価格はないので、いちいち毎日の取引価格を公開しているところを探すのは難しいかもしれません。
メーカーが出した季節ごとのデータは、ある可能性はあります。

もしその友人の方が業界の方であれば、日本の合成樹脂協会のようなところに問い合わせ、海外での流通価格のデータを手にいれることは可能かもしれません。

参考URL:http://www.plastics.or.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、先物市場には無いのですね。
どこで質問して良いか判らなかったので、「先物」で質問したのですが。。しょうがないですね。。
わざわざ詳しい回答有難うございました。

お礼日時:2006/02/12 01:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステンレスの単価を教えてください

ステンレスってキロ当たり幾らぐらいするのでしょうか?
工場卸の価格でいいので教えてもらえませんか?
加工とかで大きく違うのは判っているんですが、多分、鋼産業統計とかで使われるマクロな値段でも構わないので教えて頂けないでしょうか?あとそれに対して鉄の値段もわかると助かります.

Aベストアンサー

参考URLは鋼材ドットコムです。
下の方の〔市況・鉄鋼〕を見てください。
現在の卸相場が判ります。

一般に購入する時の価格は、鋼材は1kgで100円前後、ステンレスは400円
位だったと思います。

日経新聞にも相場が出ています。

検索キーワード:鋼板 SUS304 相場 で行っています。
ちなみにSUS304はJIS規格の呼称で、一般的には18・8ステンレスと
言われる物です。

他にも相場表があります。
http://www.japanmetal.com/
↓のほうが便利かも、過去相場もあるので・・
http://www.japanmetaldaily.com/

参考URL:http://www.kouzai.com/

QFOBとCIFについて誰か教えてください…

外国から物を輸入するとき、FOB Los Anjeles $3,000とCIF Yokohama $3,000では価格面でどちらが安いのでしょうか?FOBとCIFについては調べてみて、CIFの方が輸入者負担が少ないことはなんとなくわかったんですけど、ちゃんと理解しきれていなくて、こうなるとわからなくなってしまいます(;_;)こんな初歩的なことでごめんなさい。。誰か教えてくれませんか?

Aベストアンサー

すみません。まだ締め切っていないようなので、ひょっとして基本的な部分で困っているのかな?と余計な一言です。

外国からものを輸入するときにかかる費用は、大まかに
1.ものの値段 (COST)
2.輸送費   (FREIGHT)つまり海上運賃・航空運賃など
3.保険料   (INSUANCE) になります。
もちろん、その他に通関業者の取扱料、輸入消費税、等々の費用もありますが...

先の回答者が既に答えられていますが、
FOBは、Free On Board (貨物の本船渡し~ものが船に積み込まれてから以降の費用、つまり輸送費・保険は受け荷主の負担)
C&Fは、Cost & Freight(ものの値段と輸送費が荷送り人の負担~保険は受け荷主側の負担)
CIFは、Cost, Insurance & Freight(全て荷送り人側の負担~受け荷主は届いたものを受け取るだけ)
といった形になります。

参考までに書き込んでみました。

Q耐熱温度とは?荷重たわみ温度とは?

ある資料に「ポリプロピレンの耐熱温度は120度、食器洗浄機で使用するお湯の温度は60度~80度で温度による影響は少ない」と書かれていました。

別の資料には「ポリプロピレンの荷重たわみ温度は60度前後のため、食器洗浄機を使用すると変形の恐れがある」と書かれていました。

また、ポリカーボネートは耐熱温度より荷重たわみ温度のほうが高いようです。

耐熱温度と荷重たわみ温度って何がどう違くて、上記に関してはどちらのほうが正しいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

耐熱温度とは?荷重たわみ温度とは?

樹脂の耐熱温度は、樹脂試験片を一定の温度中に所定時間置き、その時の外観変化や力学的特性の
低下が無いかで判定され、その温度を樹脂の使用目安として表したものです。
JISでは例えば、温度範囲として110~180℃、時間は2時間が規定してあります。
荷重たわみ温度(~熱変形温度)に付いては以前に下記URLで回答しておりますので、
そちらを参照してください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5031005.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5046336.html

ポリプロピレンPPの場合は両社とも、
耐熱温度=力を受けない状態で樹脂容器等の製品が変形変質しないでその機能を保てる温度、
荷重たわみ温度=ある力を受けた状態で樹脂容器が変形を起こす温度と、
同じように理解しています。
PPでは耐熱温度>荷重たわみ温度です。

理解は両社とも同じですが、
PPなら短時間加熱なら力が掛かっていない限り大丈夫だろうと説明するか、
短時間でも力が掛かれば(自重等)熱変形温度以上だから変形の恐れは有ると説明するかの違いです。
後の社の食器洗浄機では、熱水温度と浸責時間が変形の恐れが有るほど高く長いのかも知れません。

無難な折衷案は次のようなものです。
「ポリプロピレンの耐熱温度は120度で荷重たわみ温度は60度前後です。食器洗浄機で
使用するお湯の温度は60度~80度となります。洗浄時間が短い場合には温度による影響は有りませんが、
洗浄時間が長い場合や不適切な並べ方をした場合は変形の恐れがあります。」

非結晶性樹脂のPCはPP等の結晶性樹脂とは違い、荷重たわみ温度が明確には測定できず、
荷重の大きさに依存し大きく変わります。標準測定条件より荷重が大きくなると大きく低下します。
http://www.rontec.co.jp/basic/plastic/charapc.htm

さらに、耐熱性と熱変形温度の測定条件の違いから見かけ上の逆転現象が起きています。
大雑把ですが、耐熱性=無荷重長時間耐久、荷重たわみ温度=荷重短時間加熱での性質と捉えてください。

耐熱温度とは?荷重たわみ温度とは?

樹脂の耐熱温度は、樹脂試験片を一定の温度中に所定時間置き、その時の外観変化や力学的特性の
低下が無いかで判定され、その温度を樹脂の使用目安として表したものです。
JISでは例えば、温度範囲として110~180℃、時間は2時間が規定してあります。
荷重たわみ温度(~熱変形温度)に付いては以前に下記URLで回答しておりますので、
そちらを参照してください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5031005.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5046336.html

ポリプロピ...続きを読む

QkN単位とkgf単位の変換の仕方について教えてください。

kN(キロニュートン)単位とkgf(キログラムエフ)単位の変換の仕方について教えてください。
kgf側の数字がわかっている時、○○kgf×9.8=○○N
とういのは聞いたのですが、キロニュートンで答えを知りたい場合はどうしたらよいのでしょうか?
また、逆にニュートン側の数字だけわかっている場合にキログラムエフにするには、キロニュートン側の数字だけわかっている場合にキログラムエフにするには、の場合も教えてください。

ネットで調べても、数字がぐちゃぐちゃになってどういった考え方をして計算してよいのかわかりません。
強度計算をしているので、間違いないように理解できるように教えていただければ本当に助かります。
どうぞ助けてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 k(キロ)は1000という意味ですから、

 1kN=1000N

となります。

http://www.weblio.jp/content/%E3%82%AD%E3%83%AD

 1km=1000m、1kg=1000g

と同じです。

Qガラス転移温度と荷重たわみ温度の違い

ガラス転移温度と荷重たわみ温度ってどこがどう違うのですか??
調べたらどちらも同じような似てるような感じなのですが・・・
Tgはそれを超えると急激に弾性率が下がる(で良いんですよね?)のだから、
荷重たわみ温度も同じなのではないのですか??
それにどちらも近い温度値のような気もするのですが・・・

教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

低分子物質では固体から液体、液体から気体への相変化の際に
融解熱や蒸発熱などの潜熱を伴い一次転位といわれます。
これに対し、潜熱は伴わないが比熱や体積が不連続に変化する
転位を二次転位といいます。

ポリマーの場合、この二次転位をガラス転位、その温度をガラス
転位温度といいます。この温度より低い温度では、ポリマーは
ガラス状固体のように振る舞い、高い温度ではゴム状弾性の
挙動を示します。

結晶性ポリマーの場合、ガラス転位温度より更に加熱されると、
融解します(一次転位)。この融点Tmとガラス転位温度Tgの
間には、
 Tm = 2.75Tg + C 対称性ポリマー、PIB (-CH2-C(CH3)2-)n 等
 Tm = 1.50Tg + C‘ 非対称性ポリマー、ポリクロロプレン
                (-CH2-CCl-CH-CH2-)n 等
の様な関係が認められます。
融点とガラス転位とポリマーの構造の間に何らかの関係が有ること
を示しています。

ガラス転位温度はポリマー鎖の内部自由回転が始まる温度、または
自由体積が急に増える温度との解釈があります。
この温度で弾性率の急激な減少も見られ、振動に対する緩和現象も
見られます。

大事な点は、ガラス転位は負荷が有ろうが無かろうが観察される
物理的な二次転位点(温度)です。

熱変形温度は、樹脂試験片に一定の静的荷重を加えた場合の、
系の応答を温度を指標として表したものです。
力に抗しきれず撓む温度ですので、弾性率が急激に減少するガラス転位
温度以上でその近傍であることは予想が付きます。
しかし、ポリマーの構造と集合状態の違いから、それがガラス転位
のどの位上の温度で現れるか、それは明確かは樹脂によって違います。
あくまでも、樹脂の使用目安としての温度で荷重の大きさや昇温速度
でも異なります。

低分子物質では固体から液体、液体から気体への相変化の際に
融解熱や蒸発熱などの潜熱を伴い一次転位といわれます。
これに対し、潜熱は伴わないが比熱や体積が不連続に変化する
転位を二次転位といいます。

ポリマーの場合、この二次転位をガラス転位、その温度をガラス
転位温度といいます。この温度より低い温度では、ポリマーは
ガラス状固体のように振る舞い、高い温度ではゴム状弾性の
挙動を示します。

結晶性ポリマーの場合、ガラス転位温度より更に加熱されると、
融解します(一次転位)...続きを読む

Qアクリル板と塩化ビニール板の透明度

自作の棚にスライドドアを付ける予定なのですが、理由があってガラス板は使えません。アクリル板か塩化ビニール板のどちらかになります。そこで知りたいのが、アクリル板と塩化ビニール板では、どちらの方が透明度が高いのでしょうか。棚の中がよく見えるのはどちらなのでしょうか。もちろん同じサイズ、厚さの場合でどちらが透明度が高いか、ということです。ちなみに傷が付きにくいのはどちらの方なのでしょうか。併せて教えてください。

*「化学式の理論上ではアクリルの方が透明度が高いはず」などという論理的・推論的回答は求めていません。日曜大工で実際にアクリル板や塩化ビニール板を使った経験から、こちらの方が透明度が高いとか傷が付きにくいといった、実践的で具体的な回答を希望します。

Aベストアンサー

こん**わm(__)m

経験では圧倒的にアクリルです(^▽^)。
耐候性でも塩ビはだんだん黄ばんできますがアクリルはかなり長持ちします。

アクリルは身近な所では水族館の水槽に使われていますが、厚さ数十センチであの透明度です。
航空機用の窓もアクリルとガラスの積層が多いですね(*^ー゜)


 一方、透明な塩ビというと、文房具のハードタイプクリアーケースでしょうか…

ただホームセンター辺りだと、塩ビは1ミリ程度、アクリルは薄くても2ミリ以上…という感じもします(^◇^;)。


加工性は…厚みの違いも有りますが…塩ビの方が粘りがある感じでしょうか…。アクリルはバキッといく感じがします。

傷付き易さは塩ビの方が劣ると感じますが、アクリルの方がなまじっか透明度が高いので目立つ感じもしないでも無いです。はい(^◇^;)。アクリル用の磨き剤で綺麗になりますが…(逆に塩ビは磨いても効果が殆ど無い感じもします。)

これも板厚とも関係しますが万一割れた時は、塩ビの方柔らかい分切り口はマイルドかなぁ…。


棚の扉にされるなら、アクリルの方が適していると思います。塩ビの方が軽いとは思いますが………。塩ビは柔らかすぎて枠から外れる可能性も有りますね。

書き忘れした。接着剤もアクリルなら透明度を保ったままくっつけられる物が用意されでますが、塩ビはパッとしたものが無い感じがします………。


ご参考になれば幸いです。

こん**わm(__)m

経験では圧倒的にアクリルです(^▽^)。
耐候性でも塩ビはだんだん黄ばんできますがアクリルはかなり長持ちします。

アクリルは身近な所では水族館の水槽に使われていますが、厚さ数十センチであの透明度です。
航空機用の窓もアクリルとガラスの積層が多いですね(*^ー゜)


 一方、透明な塩ビというと、文房具のハードタイプクリアーケースでしょうか…

ただホームセンター辺りだと、塩ビは1ミリ程度、アクリルは薄くても2ミリ以上…という感じもします(^◇^;)。


...続きを読む


人気Q&Aランキング