近頃どんどん女性も社会に貢献し、家庭の経済面は男だけでなく
女も同じように仕事をし、家事を分担して行くのが理想の形だという傾向が世の中では
進んでいるようですが、本当にそれが一番いい形なのですか?
特に男性の方にお伺いしたいのですが、男性も本当にそれを望んでいるのですか?

私には現在結婚を考えている彼がいるのですが、彼は依然として
「家族を養うために稼がなければならないのが男の責任で、
女はそこまでの責任を負わない変わりに、家事をするという責任を果たす」
という考え方を断固として持っています。
男は一家を養うという責任を背負っているのだから、やはり男が一家の大黒柱であるべきで、
権限は父親にあるんだという事だと思います。

男も女も同じレベルで仕事をし、一家を担い、家事も分担するとなると、
どちらかに権限があるのではなく、二人にあるという事になりますよね。
それがやはり男としてのプライドというか、嫌なんだと思います。
男の人ってやはりそういうのは嫌なものなんですか?
それとも彼は今時珍しく、時代の流れに逆走しているのでしょうか?

私的にも、やはり女性が一家を養えるだけの稼ぎをするというのはまだまだ
難しいし世の中だし、それだけの能力はないので、一家のためにがんばってくれる夫の
ために、良い家庭環境を作ってあげたいと思っていますし、それを彼も望んで
いるのだと思います。

ただ経済的に私も稼がなければならない状況になる事もあるとは思いますが、
それでもやはり男は(彼は)、「俺が一家を養っているんだ」という
考えは持っていたいのだと思います。

今だにこんな考えを持っているのは古いのですか?
それともそれが男の本音ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

恋愛・結婚とは別の観点から皆さんが話題にしていないことをお話ししましょう。


「制度化された性別役割分業」についてです。

すでに女性の労働力を生かさなければ、マクロレベルでの日本経済は成り立たなくなってきています。また、そのような政策を国も取り始めましたから、いずれは専業主婦はなくなると思います。政策的に消されそうなのが専業主婦なのです。
でも、主婦の心理としては、「いつ主人がリストラされるか分からない」というところにあるとも思います。

今、103万の壁(主婦の税金対策)、130万の壁(国民年金の第3号被保険者の壁)が取り払われようとしています。壁の意味するところはご存知ですよね? 女性はそれ以上稼いではいけないということです。

不幸にも、現在は労働需要が減少していますが、それでも過労自殺などは後を絶ちません。今まで男性が1、女性が0.2働いてきた社会を、男性・女性ともに0.7ずつ働いて、ワークシェアリングをすべきだと思うのは私だけでしょうか?
その方が、彼に育児も託せます。

ただ、彼の言っていることも一理あるんですよね。
高度経済成長は、そのような性別役割分業の下で行なわれてきたという事実があります。この点を捉えた埼玉大学の長谷川三千子教授は、男女雇用機会均等法の制定にこの理由から反対したという経緯があります(というご本人が主婦でないのは納得が行きませんが)。
どうしても、というのであれば、せめて家計の管理はケチなまでに自分でやりましょう。夫の小遣いが自由にできるのは、日本の主婦の特権です。

詳しくは、図書館とか、女性センターの講座などを調べてみるとよいですね。
彼の思想がかなり保守的であることも事実です。
その考え方が全く変わらなければ、かなり危ない。
「女性学」や「男性学」、「家族社会学」「ジェンダースタディーズ」などをやってみて下さい。
この分野の研究者として、井上輝子、上野千鶴子、伊藤公雄、江原由美子、山田昌弘などが有名です。彼女らの著作に啓発されるところあれば幸いです。

「女性学」「ジェンダースタディーズ」については、補足をいただければ、大学でその分野を修めた経験者として別途アドバイスもできます。
下の回答・アドバイスにもセクシズム(性差別主義)がありますね。指摘はしませんが、個人的には気持ちが悪い。

最後に。
rothaさんが結婚・妊娠・出産・育児でキャリアから離れないことを希望します。
多くの女性が結婚退職するのは事実です。またそれによって企業も女性を使えないと判断し、幹部候補から外します。
一概に企業が悪いのではありません。自ら退職を選ぶ多くの女性にも、現在の企業社会における男尊女卑制度を逆にサポートしているという点において責任があります。

すべてはご自身の判断にゆだねられます。人生の岐路において、悔いのなき決断をされんことを。
パラサイト・シングルの20代男性より。

ちなみに、結婚は、それ相応の意思能力を持った人だけに許される制度です。
だから、女性は16歳にならないと結婚できない。
意思能力なくてもできるのなら、15でも14でも認められてしかるべきですからね。
(女性の16歳は肉体的成熟と言われるから、本当は民法の規定を「18歳以上」に改正すべきでしょう)

書いて思い出した。
彼は絶対に家事をやりたくない、ということでしょうか。
でしたら、「下手でもいいから少しずつやって」というのが、家事をやってもらうコツですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「女性学」「ジェンダースタディーズ」などですね。。
突き詰めて考えたらそういった事にまでなりますよね。

>彼は絶対に家事をやりたくない、ということでしょうか
絶対にやだという事ではないと思います。
ただ男は外でいろんな責任を抱え、必死でがんばっているのに
家に帰ってまでいろいろやってくれと言われるのは
ちょっと、、という考えがあるようです。
彼は女性も男と同じ程の責任を持って働くべきだとは
思っていませんから。。

アドバイスありがとうございました

お礼日時:2002/01/11 11:07

男は昔は狩猟などを主に担当し、外で獲物をとってくる役割を果たし、女性は子育に専念するなど家政を主に担当としてきたというのが基本だとおもいます。


世界史的にみても男性>女性というのが基本です。
例えば選挙権などもまずは男性に与えられ、女性に与えられたのは彼らが社会に進出するなど生活力を向上させてきたからです。
いまでも男性>女性という風潮があるのではないでしょうか?あるように思います。
ただ、現在では男性>女性という考え方をする必要性はなくなってきているとおもいます。
男性も女性も同じように仕事をできる社会になってきてますから。
どんな業種をみても女性は絶対無理というのはないみたいです。例えばプロレスラーなんかをみても女子プロがあるし。
でも、男性が主導権をとって、女性がそれに従うという考えは現在でも有効であるとおもいます。なぜならそうでないから生まれているといわれるような問題がいくつかあるといわれているからです。学級崩壊なんかはその例なのではないでしょうか?おやじが優しくなりすぎて、子供がだだっ子になってしまった。
文部省が父親がもっとしっかりしないとだめだなどとアナウンスしているくらいですから(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅れてすみません。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/02/08 20:37

私の独断と偏見ですが


(1)社会的に貢献する仕事なら家事の分担はしますが暇なのでパ-ト等で家事の分担を言われたら当然反対します。
(2)貴女の彼の家庭環境だと思いますが一理ありますので彼と彼の御両親(お母さんは貴方に賛成すると思います)に納得してもらうべきと思いますよ。
(3)権限とか同じレベルとかの問題ではなく彼が貴方の考えをどれだけ理解してくれるかだと思います。
家事等は慣れて習慣になれば何でもない事で私の当番に自分の好きな物が食べられら最高です。
(4)良い家庭環境等ありえないと思いますが彼がそれを望んでいるなら少し甘い考えだと思います。
私は帰宅してから妻が近所の下らない話を長々と聞かされるとウンザリするし聞かないと拗ねるし、そんな話題よりも仕事の第一戦の話の方が面白いと思いますけどね。
(4)私の知っている大手企業のサラリ-マンの人ですが定年退職の次の進路で私と会社を興して商売の話があり、奥さんに話したところ奥さんがしている仕事を法人にして専務で就職、結構大きくなっていますよ。
(5)言うが易し、実行は難しいと思います。
高度成長期と違い一寸先は闇の世界で有名大学卒業、よきポジションの立場にいてもいざとなれば3K仕事をするだけの覚悟があるかどうかだと思います。
死んだ父は頭だけで稼げる人間は1万人に一人ぐらいで食えなくなれば体を動かせとの事でした。

最後は貴女の彼は結婚生活に理想があり、そのパタ-ンに家庭を合わせたいと思っているだけの話で古くも無く地方出身者に有りがちな考えと思いますよ。
関係ないかも知れませんが私の経験から男を前面に出す男ほど女性的でした。貴女の彼も優しい性格で貴女を大事にしたい男性と思いますからよく話し合うべきと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>彼は結婚生活に理想があり、そのパタ-ンに家庭を
合わせたいと思っている
彼は地方出身者ではないのですが、そう思っているのだと
思います。私がそれに合わせられるか、自分もそれがいいと
思うかですよね。
ただ今までの回答のお礼でのべましたが、(よろしければ
参照してください)
私の教えられて来た環境(母から)と違うので
「いいのかな?」という少し戸惑いがあるの
だと思います。

>男を前面に出す男ほど優しい性格で貴女を大事に
したい男性と思いますから
そうなんですよね。意外とそういう性格から
「男の責任なんだから」とか言うのかなとも思います。

アドバイスありがとうございました

お礼日時:2002/01/11 11:13

既婚の男性です。


Q.「彼の考えは古いか?」
A.流行の考え型では無いので、古いかなぁ
彼の両親が、古風な考え型だったのかな
たまに、いますね彼のタイプ、良く言えば男気がある
悪く言えば男尊女卑(本人に言うとすごく怒りますけど)

Q.「男性も家事分担を望んでいるのか?」
A.個人的には、家事も仕事も面倒な事全てやりたくない
のですが(本音:笑)、パートナーが望むなら出来る範囲
で、負担します(いや、させて頂きます。)

ただ、子供がいない間は、家事分担を望むより、
パートナーに、経済的な分担を望んでました。
子供ができたら、経済的な分担は望みませんでしたが、
育児の分担は望みました、なぜなら、子育てに参加したか
ったからです。

結論:お二人は、とてもお似合いのカップルですので、
周りの考え方など気になさらず、お付き合いするのが
良いのではないでしょうか?
”威張らない””暴力をふるわない”ならOKじゃない
っすか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>周りの考え方など気になさらず、お付き合いするのが
良いのではないでしょうか
確かにそうなんですよね。皆さんの回答をいただいて
人それぞれの考えがあるんだなという事を実感しました。

アドバイスありがとうございました

お礼日時:2002/01/11 11:11

30歳台の男性妻あり子供なしのburanです。



正直な話、そんな風に考えたことは一度もありません。
別に古いとも思いません。そういう考え方の人もいる、という感じです。
うちは共働きで文字通りDINKS(古い?)を地でいってますが、家計も分担家事も分担でやっています。
特に一作年から私が休職・入院しているため、本当にヨメさんが働いてくれていて助かるし頼りがいがあると感じています。
ヨメさんも別の時期に入院したのですが、共働きでよかったと二人でつくづく思ったものです。

ただ、生活のあり方はそれぞれの家庭で違っててもまったく構わないと思うので、二人が納得する形を作り上げることだと思います。
「本音(?)」かもしれませんが、プライドうんぬん言ってられない状況というのはありますよ、やっぱり。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

buranさんのような夫婦のあり方もあるんですね。
それはそれで素晴らしいと私も思います。

>二人が納得する形を作り上げることだと思います。
結局はそれなんですよね。

>プライドうんぬん言ってられない状況というのはありますよ
それはちょっと心配かな。。
彼は意地でもプライドを張りそう。。

アドバイスありがとうございました

お礼日時:2002/01/11 11:09

 原始において、人間はもともと、群れの中にリーダーが1人だけいる構造を持った生き物なんです。


 現代社会の「夫婦両方がリーダーである」という構造はあきらかに不自然なものであり、もしこのような形を無理に実現しようとすれば、その家庭はまず間違いなく崩壊します。断言できます。

 が。通常は、そのようなことにはならず、必ずどちらかが自然とリーダー的な立場になります。人間はそういうふうに出来てるんです。
 つまり、必ず最後に「じゃあ、そうしよう」と決定を下す人物は決まっているんです。
 今お2人の関係は、たとえば食事に行こうといったときには、どちらが先に言い出したにしろ、必ず彼が最終的な決定を行っているはずです(自分達のことなので、意識しなければ分からないと思いますが)。

 もしそのような状態になく、特に重要な状況において rotha さんが最終決定を行おうとするような場面があるとすれば、彼は現在、物凄く無理をしているはずです。
 なぜなら、彼は「リーダー気質」という、リーダーシップを取りたがるタイプの人間だからで、それが彼に強固な態度をとらせているんです。

 もしそうではなく、すでに最終決定を彼に任せている状態であるならば、本当にそうか、もう一度考えてみてください。無意識に、彼に無断で決定を下したりしていないでしょうか。

 これを解決するためには、rotha さん自身が、最終決定を常に彼に任せるよう心がけることです。もし「そんなこと絶対にできない」と思うなら、結婚生活自体が成り立たないでしょう。
 もっとも、その前にそのようなカップルが恋人同士になったりしなかったでしょうから、大丈夫だと思いますが。

 で、どうしても自分でなければいけない場面においては、「これについては全部私に任せてもらっていいかしら?」と一言いうようにすれば、彼の態度もほぐれるはずです。

 巧くいけば、これが夫婦円満の秘訣ってやつになると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>必ず彼が最終的な決定を行っているはずです
うーん、よく考えたら結局そうなっている事が
多いかもしれません。

>無意識に、彼に無断で決定を下したりしていないでしょうか
そういう事もありました。
一時期彼の家で同棲状態の時がありましたが、
私が決めて実家に帰りました。
そうすると彼はとても気に入らなかった様子でした。
でも話合い、結局は私の意見に決定し、
彼は無理をしているのかもしれません。

しかし、全く彼に最終決定を任せられないという
わけではないので、どうしても自分でなければいけない場面に
おいては、「これについては全部私に任せてもらっていいかしら?」
と一言いうようにすればいいのですね。
これが夫婦円満の秘訣ですね。

アドバイスありがとうございました

お礼日時:2002/01/11 11:05

tweetieさんのおっしゃっているとおりカップル次第だと思いますよ。



男性の場合、家庭を作る、家族を持つという時点で、事故、災害、その他、何かトラブルの時、体を張って守っていこうという覚悟をしている人が少なからずいると思います。家族を養うという事は単に経済面だけでなく、男の意識の中ではそう言うことも含まれていることが多いのではと思います。(いざというとき女性の方が強いこともあると思いますが。)
rothaさんが非常時に、彼に夫として、将来は父親としてしっかりして欲しい、守って欲しいと思われているなら、男のプライドも少し大事にしてあげて欲しいなと思います。

少しズレますが、彼にいわゆる男らしさを求めるのなら、男のプライドを認めて、女らしさを求められれば応じてあげる。そんなものは求めないのであれば、パートナーとして経済的な面、家事の分担、育児その他いろいろを対等に分け合うように二人で決めていけばいいのかなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>男らしさを求めるのなら、男のプライドを認めて、
女らしさを求められれば応じてあげる。
そうするしかないですね。
彼は経済的な面、家事の分担、育児その他いろいろを
対等に分け合うという考えはありませんから。。
私も無理に母(これまでのお礼のコメント参照して下さい)
のように考えを相手に押し付けて
もめたくありませんから。。
ならある程度妥協をして相手の考えをわかって
あげるのも必要かなと思います。

アドバイスありがとうございました

お礼日時:2002/01/11 11:03

私は男です。


彼の考えが正しいとか間違ってるとは言えません。
ただ男性の多くは多かれ少なかれそのような考えを持ってると思います。
彼は「最近の若い男性にしてはそのような考え方が強い」程度のことだと思います。
ちなみに、女性の多くは「定年まで働いて家族を養いたい」とは考えてないと思いますよ。

最近男女平等と言われるようになりましたが、歴史的(縄文時代など)にも女性は家庭で子供を養っていました。つまり女性はそのような体の作りになってると思います。動物だってそうですよね。

女性が一家を養うなんて現実的には非常に難しいことだと思います。
女性は子供を産む必要があるからです。産休を取ればその間は収入がありませんし産後もある程度は子供を育てる必要があります。一生子供を産まないつもりなら何とかなるかもしれませんがそれは一般的ではないですよね。

出産は無理でも育児だったら男だってできるだろ!と思うでしょうが、本来育児は女性が行うものです。男性は母乳が出ませんし母性を持っていません。女性が育児をすることにこそ意義があると思うのです。もちろん父親も育児に参加するべきですが、メインは母親がやったほうがいいと思います。(子供のためにね)

まぁ何だかんだ言っても彼の考え方が到底受け入れられないと思ったら結婚をあきらめるしかないですよね。お互いにある程度妥協することができれば一番です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>歴史的(縄文時代など)にも女性は家庭で子供を
養っていました。
kurioさんの意見に同感です。
彼もそのような考え方をする方です。

>受け入れられないと思ったら結婚をあきらめるしかない
全く受け入れられないというわけではないです。
しかし今まで全く違う事を教えられて来たので、
(よろしければ今までの回答のお礼コメント
参照してください)
そういう考えも間違いではないと思うように
なりましたが、それが本当に正しい事なのか
知りたかったのだと思います。

アドバイスありがとうございました

お礼日時:2002/01/11 11:02

こんにちわ



私の場合は、主人がかなり年下であり、収入も私のほうが多いのですが、やはり主人をたててますね。

主人は若い世代なのか、あまり大黒柱という意味で男をたてろとはいいません。ただ、彼の両親の前では立てるというより、家事などを積極的に彼の母親と一緒にするといった良い嫁であってくれという感じですね。

私は30代半ばですが、私の同世代の男性はやっぱり男性が家庭の大黒柱であるのが当然と思ってますよ。

でも、家を借りたり、何かあると主人が表に出なければならないので、そういうときは自発的にやってくれます。
男女同権の時代とはいえ、まだまだ男性有利な世の中ですから、社会的に男性が出ざるを得ないのも事実です。

どの考えが悪いとか良いというのは#1でもあるとおり、判断できないと思います。

ご主人の望んでいる家庭環境をつくることに賛成であれば、よろしいと思います。
問題はどんな家庭にするかお互いが納得していればいいのだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>家事などを積極的に彼の母親と一緒にするといった
良い嫁であってくれという
のは私の彼もすごくありますね。

>ご主人の望んでいる家庭環境をつくることに賛成
であれば、よろしいと思います。
皆様からの回答を読んで考えているうちに
正直自分でも少しわからなくなって来てしまいました。。
やはり、自分の育った環境を基準にしてしまうのでしょうか。

私の母は男性が家庭の大黒柱であるのが当然
という考えが大嫌いです。そしてそれを植え付けられて
育ちました。
でもそれは母の考えだからと思うようにはなりましたが、
彼の望んでいる家庭環境をつくることに賛成するのが
正しいのかまだ少し不安があるのかもしれません。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/01/11 10:52

こんにちわ。


既婚の男です。

ウチは私も妻も働いております。
家事(育児含む)も分担して行うようにしてます。
(妻が)働いてるのに家事も全て妻に押し付けるというのは虫が良すぎる
というか・・・そこまで亭主関白になるつもりもないし、しようとも思わないです。

一家を養っていく程収入が自分にあれば妻には家庭に入ってもらう
こともあるかもしれませんが経済的に妻には働いてもらわないと
ちょっと厳しい環境にあるので・・・
後は、家庭に入ると友達との付き合いがなかなか出来なくなるというのと、
育児ストレス(やはり女性でないとダメな時がありますから)から
開放されたいという妻の願望もあり、妻も働いてる状況です。

rothaさんの彼の両親が男は仕事、女は家庭という考え方を持っているんでは?
子は親を見て育つと言います。
自分の育った環境がそういった環境なら「自分も・・・」と思っているのかもしれません。
ただ、そう思うことが間違ってるとは思いません。
しかし、私自身、男も女も働いて家事も分担するという生活をしているので
rothaさんの考えも間違ってるとは思いません。
最終的には彼と理解し合えるまで話をして結論を導きだす必要があると思います。
(ケンカになったりするかもしれませんが)

こういう家庭もあるという参考にして頂ければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

greatblueさんのような家庭もとっても素敵だと思います。
greatblueさんがすごく理解のある旦那さんで。
#2のお礼の回答でも延べましたが、私の母が望むような
旦那さんです。だんなさんはgreatblueさんのよう
じゃないといけないと教えられて来ました。

父は共働きにも関わらず、家事には協力的ではなかったようです。
父からしてみれば、自分が一家の大黒柱でいたいのに、
母が働く事でそうなれなかったのがいやだったようです。
経済的に仕方がなかったみたいですけど。

今の彼は母のいうタイプではないようなので、
少し戸惑いがあって、世間の男の人ってどういうものなのか
知りたかったのかもしれません。


アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/01/11 10:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自殺する人が毎年3万人以上いる日本はやはり異常だと思うのですが・・・?

自殺する人が毎年3万人以上いる日本はやはり異常だと思うのですが・・・?

最近、お隣の韓国でも自殺する芸能人の方が続々と報道され悲しい気持ちになります。
韓国と日本とではまたちょっと違うのかも知れませんが、それにしても日本での毎年
3万人以上の一般の人々が自殺するこの現状は異常というか恐ろしいです。

会社の倒産や病気や介護や借金やいじめやそれらの複合的要因などそれは人それぞれ
様々な理由があるとは思うのですが、自殺を防ぐための対策が日本では遅れている?
そんな気もします、心療内科や精神科やカウンセリングを受けることができる窓口の
絶対数が不足しているのではないでしょうか!?それとそのようなカウンセリングを
受ける事、それ自体が恥ずかしいことであるとか、気軽に受けられないとかいう
意識(風潮?)があるようにも思われます。

今の日本社会、閉塞感に満ち満ちています、先の見通しも暗く長い霧の中、トンネルの中
って感じです、いったいどうすれば明るい気持ちで暮らせるようになり自殺者も減少する
のでしょうか・・・・。

Aベストアンサー

 現代に限らず有史以来人は自殺という行為に、なにかしらの救いを求める生き物です。その形態や経過も無数に存在します。自殺に関してその原因を探ろうと思えば、膨大な量の素因が出てくるでしょう。人間という根源的な存在からいえば、社会問題から精神内部の探求まで際限はないはずです。

 自殺者の多寡は確かに社会環境や、いくつかの効果的な防止策などで減少することもあるでしょうが、完全になくなることは絶対にありえません。自殺者が今のレベルの半数になったからといって、それをもって今の社会は健全になったとは誰も思わないでしょうし、そう考えるべきでもないでしょう。

 私は人間の生は精神的な生と生物的な生のふたつに分けられると思っています。生物的な生が人間の大部分を占めているのなら、自殺に対しての対処法はかなりの効果的な手法が取られると考えます。しかし精神的な生の問題であるのなら、これは大変に困難な仕事になるでしょう。

 残念なことに今も昔も、自死は余人の預かり知らないところで決められるのです。そのような人が他人に相談することがあるのなら、その人は絶対に自殺を選びません。ほんとうに生きたい人は生きていきます。ほんとうに死にたい人はどんな方法をとっても死んでいきます。

 そして哀しいことに真面目に必死に生きている人に限って、死にたいと思う頻度は多くなるばかりです。絶望しても生きぬく人がいるのに、絶望にあっけなく取り込まれて死んでいく人もいます。

 そこに哲学やカウンセラーの入り込む余地はありません。人が人であるが故に自死があると考えます。そしてそれを批判し詰る権利は誰にもありません。ただ黙して彼らの決心を尊重することしか出来ないのです。

 とはいえそれを目の当たりにして看過するほどの度胸は私にはありません。遺された者たちの悲しみを見るにつれ、一人死んでいった者へのうらみつらみも確かに有ります。何かをしなければという焦燥感もありますが、個々人に出来ることはわずかなことだけです。

 ずいぶん昔に目にした一文があります。いまはもう他界されたかもしれない老道師のことばです。必要なときがあれば、いつもこのような気持ちで自分にも他人にも接したいと思います。

「ひとはだれでも真剣に生きるかぎり、ふと死にたくなるものです。私も90歳をとっくに過ぎた今日まで”死にたい”と思ったことが度々あります。「自殺志向」は、人生の通過駅です。しかし通過駅なのですからけっして停車してはなりません。臨時停車したくならないように、日ごろから心中に生き抜くエネルギーを貯えることです。」

 

 現代に限らず有史以来人は自殺という行為に、なにかしらの救いを求める生き物です。その形態や経過も無数に存在します。自殺に関してその原因を探ろうと思えば、膨大な量の素因が出てくるでしょう。人間という根源的な存在からいえば、社会問題から精神内部の探求まで際限はないはずです。

 自殺者の多寡は確かに社会環境や、いくつかの効果的な防止策などで減少することもあるでしょうが、完全になくなることは絶対にありえません。自殺者が今のレベルの半数になったからといって、それをもって今の社会は健...続きを読む

Q曽我さん一家の羽田から都内の移動で??

曽我さん一家が今日帰国(来日)しました。
航空会社のチャーター便の入札をして今回JALが5万円で飛ばしました。損得は解りませんが色々な試算が有るのだろうと納得しています。
ところが、羽田から病院(都内)迄のバスは、入札しているとしたら何故「三菱ふそう」のバスに決めたのか疑問です。
今、問題になっているメーカーのバスを何故使わせたのか外務省の考え方が解りません。
5万円でチャーター機を飛ばす会社に失礼だ・・っと思いました
ジェンキンスさん達が燃えなくて良かった!
「三菱ふそう」に決めた経緯をご存知ですか?

Aベストアンサー

信じられないかもしれませんが、三菱ふそうはかなりのシェアを占めています。

日野・日産UD・いすゞのトップ2は三菱と日野ですね。特にバスについては三菱ふそうのものはかなり評価が高いです。
観光バス等、1ヶ月ごとにきちんとメンテナンスを行っていれば不具合の発見も容易ですからね。ちなみにバス運転手の友人は「三菱が一番いい」と言っています。

他の方のおっしゃる通りバス会社がのバスが三菱だっただけです。

Q自己責任ではなく、安倍責任では?

後藤さんに言わせたコメントにあるように、「人質である湯川さんを殺したのは安倍」。安倍首相はイスラエル国旗の前で「テロには屈しない」と演説した。これはアラブの人々には「お前、ケンカ売ってるのか?」というレベルの会見。安倍首相は理解してなかったのだろうが、罪は重い

Aベストアンサー

自己責任とは、民間(個人間)における責任感です。
国家はそれを構成する国民の安全・安心を確保するためにあるので、いかなる場合でも国民に対しての責任があります。
人質事件のさなかに関係国への援助金を出すことを公表演説しましたが、その英訳文では「人道支援目的」とは読み取れない内容といわれており、「イスラム国」にとってはまさに「お前、ケンカ売ってるのか?」というレベルでとられてもよい内容のようです。
かつての靖国参拝(隣国の刺激が目的)と同じで、安倍晋三首相の言動はまさに「喧嘩を売っている」と言えるでしょう。
兵器産業振興や輸出自由化も進め、米軍のお手手伝いで国軍派遣・戦争参加も進めていることが「喧嘩を売る」ことができる背景なのでしょう。「過去の敗戦は繰り返さない」強い信念の持ち主。
戦争派遣する国軍はそれを進める政府与党議員で構成し、現地作戦本部長には安倍首相本人がつく、そのような覚悟ですすめるはずです。そのため、関係党員・親族の入隊の閣議決定もされるでしょう。
安倍首相自身の行動は国民を全く理解していないといえます。沖縄県知事に対する面会拒否は子供のいじめ(仲間外し)そのもの。
本人からいえば「なぜおれのやることが理解できない国民ばっかりなのか?」。
国民とは違う世界に住んでいるので(生活に制限がない財産持ち)、社会保障なんかはどうなっても関係ない、なので、なんでも自在です。
その周辺も、国民の聞くべき声であるデモを「デモはテロ」「デモは業務に支障」と公言する人々です。

自己責任とは、民間(個人間)における責任感です。
国家はそれを構成する国民の安全・安心を確保するためにあるので、いかなる場合でも国民に対しての責任があります。
人質事件のさなかに関係国への援助金を出すことを公表演説しましたが、その英訳文では「人道支援目的」とは読み取れない内容といわれており、「イスラム国」にとってはまさに「お前、ケンカ売ってるのか?」というレベルでとられてもよい内容のようです。
かつての靖国参拝(隣国の刺激が目的)と同じで、安倍晋三首相の言動はまさに「喧嘩を売...続きを読む

Q天皇一家について

日本では、




天皇が日本の象徴だということは分っているのですが、

(象徴→あるものに対してその性質や量を表すには通常言葉(言語)や数値が用いられる。たとえば、日本に対してその性質を表すならば「ユーラシア大陸の東端に位置する列島、及びそれを領土・領海・領空とする国家の国号」となろうし、その量を表すならば領土の面積や日本標準時子午線の経度、あるいは各月の平均気温や湿度、平均降水量などを挙げることとなる。このような具体的表す方法のほかに方法がある。それは、あるものを、その物とは別のものを代わりに表象することによって、あるものを間接的に表現し、知らしめるという方法である。そのことを“象徴”といい、象徴を用いて表現することを“象徴する”という。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%A1%E5%BE%B4)

(象徴主義(しょうちょうしゅぎ)またはサンボリスム(仏:Symbolisme)は、19世紀末を中心に台頭した芸術運動。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%A1%E5%BE%B4%E4%B8%BB%E7%BE%A9)

(象徴主義→http://100.yahoo.co.jp/detail/%E8%B1%A1%E5%BE%B4%E4%B8%BB%E7%BE%A9/)



民主主義国なので、

(民主主義は個人の人権である自由・平等・参政権などを重視し、多数決を原則として意思を決定することにより、人民による支配を実現する政治思想である。→​http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9​)

(かつては国を統治する王など一部の権力者が、政治を思いのままに動かす「専制政治」を行っていましたが、やがて重い税金や厳しい労働に苦しんでいた民衆が立ち上がり、「国民の意思や、個人の人権を尊重してくれ!!」と主張しはじめます。そして、その主張は専制政治をうち破り、国民は多くの権利を獲得しました。→​http://www.city.yokohama.jp/me/senkan/u20/01_minshu.html​)

(「民主主義(デモクラシー)」の語源は、ギリシャ語の「デモス(人民)」である。民主主義国においては、立法者や政府ではなく、国民に主権がある。世界各地のさまざまな民主主義制度には微妙な違いがあるが、民主主義政府を他の形態の政府と区別する一定の原則と慣行が存在する。→​http://aboutusa.japan.usembassy.gov/j/jusaj-principles1.html​)




天皇も国民ですか?




自由がなさそうな感じがして、
息苦しさは見受けられますが、
素敵な暮らしをしていそうだし、
当たり前なのかもしれませんが、
国民よりも、
とても特別な価値があるように、
見受けられるのですが。。。

日本では、




天皇が日本の象徴だということは分っているのですが、

(象徴→あるものに対してその性質や量を表すには通常言葉(言語)や数値が用いられる。たとえば、日本に対してその性質を表すならば「ユーラシア大陸の東端に位置する列島、及びそれを領土・領海・領空とする国家の国号」となろうし、その量を表すならば領土の面積や日本標準時子午線の経度、あるいは各月の平均気温や湿度、平均降水量などを挙げることとなる。このような具体的表す方法のほかに方法がある。それは、あるものを、その...続きを読む

Aベストアンサー

天皇も国民ですか?
人間であるとはいえ、普通の国民ではないですよ 政治に関する権利や義務がまったく違ってます 将来的には 神→象徴→伝統をもった国民と変化することが天皇も国民も望まれる事かもしれません 本当の国民にしてやらなければ申し訳ないと思うのが人間です 

Q清水一家について

静岡市清水区には清水一家という悪質なヤクザ組織がありますが、これは清水次郎長の子孫ですか?

Aベストアンサー

清水の者です。wikiには、書かれていない内容を書きます。
初代以降の清水一家ですが、次郎長と何の繋がりもありません。清水で一番のワルが、
箔付けの為に「清水一家」を名乗るだけの物と認識してください。5代目まで
「正統清水一家」と名乗りますが、正統でない為こんな名がつきました。
本当の次郎長の流れはまったく別で、今はごく普通の一般家庭です。

4代目、5代目は元は、神戸出身で清水の港湾労働業に入りこむ為、山口組が送りこみました。
でも時は、港湾はしけ業務(船から人足が担いで積み下ろし)からコンテナ一貫輸送
業務に移行し、港湾労働者が一気に減少した時期でもありました。

それに伴い人足も雇え切れなくなり、衰退し1970年代前に途切れました。

地元の人間は「清水一家」を名乗るなら次郎長通り近辺に住んでないと認めません。
ですから、美尾組が清水一家を名乗ると言った時、「庵原一家だろ。」と笑ったものです。
で、あと清水警察署内に「清水一家壊滅対策本部」が出来た時、次郎長が
最初の街道警固役(警察署長)だったろ。とこれも笑ったものです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報