経済産業省が10日付けで省令を変更して、商品やサービスの宣伝広告を一方的に送り付ける時には『!広告!』の明示義務などを2月1日より導入することとなったようです。罰則規定も同時に設けられるようですが、これにより迷惑メール減少に効果があるでしょうか、それともないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 No1の追加です。

今回の規制は、商業広告に関わる電子メールの規制です。匿名メールに関しては、現段階では法律の規制はありません。

 ただ、一方的にメールを送信したとしても、全てが「迷惑」に該当するかといえば、そうではない部分もあると思われます。問題は、受けて側の判断と、必要のない登録はしないこと、加えて、送る側のモラルが確立しないと、迷惑メール問題はイタチゴッコのような気がします。

この回答への補足

迷惑メール=広告メール(サイトの広告のみであってもその判断です)との念頭で記載した為、誤解を生じ申し訳ありません。確かに誤送付やウイルス感染によるメール送付などもありますから一律に取り扱うことはできないと思います。

他の方の意見も拝聴したいと思っておりますので、お礼は今暫くお待ちください。

補足日時:2002/01/16 12:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に関心の低い問題のようですから、締め切ることといたします。

この質問を行った背景は、匿名の広告メールが自社のファイヤーウォールに引っ掛かりイントラネットが使用不能になったことがありました。原因究明と調査とシステム改変の費用だけで1000万円(逸失損益を加えれば莫大な金額)かかり、当該発信者に対する損害賠償の民事訴訟を行うかどうかという問題となりました(その時は断念)
今回の法令改正により、今後は同様の事態が発生した場合は刑事+民事両面で積極的に動くことが決定しております。システムダウンは必ず表に出る宿命ですので、その原因を訴訟提起という形で示すこととなったということです。

勿論発生しないことが望ましいのですが、第三者の意見としてどのような認識であるかということを知りたかったためにこの質問となりました。

hanboさまには唯一ご回答をしていただき、大変感謝しております。お礼が遅くなりましたことをお詫びいたします(2/1という日に意味があったのでご容赦ください)

お礼日時:2002/02/01 11:45

 効果は期待できないと思います。

発信側にしてみれば、送るメールの文章に「広告」であることを明示するだけの作業ですので、この省令が公布されたとしても、減少への効果は期待できないと思います。罰則規定があっても、「広告」であることの明示だけですので、送る側はなんら影響がないでしょう。一方的に送ることを規制するのでしたら、効果は当然期待できますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0002285/

この内容から匿名のメールは禁止となるように読めますが、それも効果ないのでしょうか。

お礼日時:2002/01/11 07:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q競馬法の罰則規定

競馬法の第28条で「学生生徒又は未成年者は、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。」とあるのです。しかし、罰則の中では、第34条に28条に違反し売った側に対しての罰金規定はあるのですが、買った側への罰則はか書かれていません。
他のJRA関連法令も見てみたのですが、特に何もかかれていないように思います。県や市の条例もそれらしいものは見あたりませんでした。(探し方が足りなくて、あるのかもしれませんが…。)
仮に学生や未成年者が馬券を買ったとした場合、法律違反になるとは思うんですが、
1,競馬法自体に罰則規定はなくてもなんらかの罰則が他の法律などから適用されたりするのですか?
2,前科がついたり、補導・逮捕されたり、罰金・科料などが課せられたりするのでしょうか?
3,親や学校に連絡されたりするのでしょうか?
っていうか、罰則規定のない禁止事項はどういう意味があるのですか?(罰則がないのなら禁止されていたところで、全く意味がないように思うのですが…。)
変なこと聞いてすみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.
特に刑事罰はありません。

2.
犯罪行為ではありませんので、逮捕されることはありません。しかし、未成年者であれば、「不良行為少年(非行少年には該当しないが、飲酒、喫煙、深夜はいかいその他自己又は他人の徳性を害する行為をしている少年)として、補導の対象となります。これにより刑事罰を受けることはありませんが、警察官や補導員から注意を受けることになります。

3.
補導活動は、学校・地域・家庭と連携して行うことを要請されていますので、必要であれば、学校・両親等に、補導の事実を通知するとともに、指導を要請します。

その他
民法上、法律で禁止された契約は無効となりますので、馬券が当たっても、配当の払い戻しは受けられません。普通は問題になりませんが、学生が100万馬券とか当ててしまうと、それが週刊誌沙汰になったことなど考えて、JRAは払い戻し拒否するかもしれませんね。

Q銀行の宣伝・広告の規定

以前、どこかで、見たか、聞いたかの記憶があるのですが、
銀行は、銀行法によって、一般の企業と違い、広告や宣伝に何らかの制限や
規定(規則)があり、その範囲で、宣伝活動を行わなければならなかったと
思うのですが、本当にそうでしょうか?
銀行法を調べてみたのですが、私が、見た限りでは、その規定の記載が見当たらなかったものですから...。

現在の業務上、どうしても、知りたいので、どなたか教えてください。
もし、私が、言うとおりであれば、その記載部分の紹介もお願いいたします。

Aベストアンサー

私も以前、仕事に関連してよく似たことを調べた記憶がありますが、銀行法の中には、規定されていませんね。改訂版の補足にものっていないようです。
CMやポスターもドンドンやってますから、一般企業と同程度と考えていいのでないかと思います。

参考URL:http://www.lec-jp.com/law/houritsu/k_28.html

Q新聞折込広告に、いつの間にか店の宣伝が・・・

今朝、新聞の折込広告を見ていると、
創刊されたばかりだと思われるタウン誌が入っていました。
女性のための地域密着型の内容でした。
何気に目を通していると、私の店の広告が載っていたんです。
カラー印刷でハガキ位のスペースを使っていました。
私は、この広告会社のことは全く知らないし、
掲載するにあたって、事前連絡も一切ありませんでした。
全部で20社の広告が載っており、ネイルサロン・エステサロン・
ペットショップなどと多種多様な内容でした。
そして広告の隅に、広告会社代表者のメッセージとして
「協賛金の一部は福祉施設に寄付いたします。協賛いただいた事業所様には
感謝いたします・・・」といったことが書かれていました。

質問したいことは、
(1)広告掲載料を請求された場合、どうすればいいのか?
 (今のところ、なんの連絡もありません)
(2)こちらから、広告会社に今回のことを問い合わせてもいいのでしょうか?
 
はじめてのことなので、ただただ驚くばかりです。
最近は、このような詐欺が流行り出したのでしょうか?
回答、よろしくお願い致します。

今朝、新聞の折込広告を見ていると、
創刊されたばかりだと思われるタウン誌が入っていました。
女性のための地域密着型の内容でした。
何気に目を通していると、私の店の広告が載っていたんです。
カラー印刷でハガキ位のスペースを使っていました。
私は、この広告会社のことは全く知らないし、
掲載するにあたって、事前連絡も一切ありませんでした。
全部で20社の広告が載っており、ネイルサロン・エステサロン・
ペットショップなどと多種多様な内容でした。
そして広告の隅に、広告会社代表者のメ...続きを読む

Aベストアンサー

1)広告掲載料を請求された場合、どうすればいいのか?
(2)こちらから、広告会社に今回のことを問い合わせてもいいのでしょうか?


こういう場合はスペースが空いてしまい、埋めるために広告を載せる場合がほとんどです。
それでも事前にお願いがあってはじめて成り立ちます。

事前に何の相談もなく広告を掲載されたのでは損害賠償の請求さえできます。
その広告は以前に掲載されたもので、そのデータを流用したとしか考えられませんが、その中に価格改定で旧料金が載っていたり、今は中止しているサービスが掲載されていてはどうするのでしょう。
ここは断固抗議の電話をするしかありません。
当然、請求などがあるわけがありません。

Q消費税の転嫁を阻害する宣伝や広告の禁止について

こんにちは
弊社は、消費税転嫁対策特別措置法において、特定供給事業者(売り手)に該当します。
この法律の中で、「消費税の転嫁を阻害する宣伝広告の禁止」で消費者(買い手)に対して売り手が「消費税分安くする」等の宣伝行為が禁止されてますが、この場合、買い手とは、一般消費者を指すのでしょうか?

弊社が商品を売る先は、ほとんどが業者で、一般の消費者に対しての販売はほとんどありません。
(webもやっておりますので、ないわけではないと思いますが)基本、卸売業ですので、相手は業者です。相手が業者の場合は「消費税安くしますよ」等の禁止行為に対しての適用外となるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

消費なのですから、消費した側(買い手)が払うのが、消費税です

相手が一般消費者であろうが業者であろうが、消費している側が払うのが消費税です


なので、買い手側全てが消費側ということです


http://www.caa.go.jp/info/infosend/pdf/14_now08.pdf
http://www.jftc.go.jp/tenkataisaku/index.files/tate2.pdf

Q省令はどうしたら見れるのでしょうか。

法律を見ていると「省令による」と言う記述が頻繁に出てきます。結局省令を見ないと法律の詳細がわからないのですが、インターネットで省令を参照できるでしょうか。具体的には「総務省令」が見たいのですが、探してもなかなか見つかりません。
ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

官庁のサイトには,もうちょっと法令情報が欲しいなと私も思いますが,それはさておき…
「総務省令」や「旧郵政省令」だけではちょっと探せないと思います。というのは,昔から,法令を関連省庁ごとに網羅的に集めて探せるようにするという発想はあまりない(らしい)からです。
(昔といったのは,データベースやインターネットがなく法令集といえば紙で印刷されたものしかなかった時代,程度の意味です。)
むしろ,専門分野別に集めるという発想のほうが実用的と考えられています。

具体的に,何年何月郵政省令第何号,あるいは省令の名前だけでも分かれば手がかりになるのですが。

で,私の場合は紙メディアを使うことが多いです。
図書館に行くと「現行法規総覧」などの,ひもでとじてある(加除式という)全部で100巻以上もある法令集があります。これは市・区の中央図書館クラスなら置いてあるところが多いです。
また,郵政省令でしたら「郵政六法」や「電波六法」などの,分野を限定した専門的な六法全書をご覧になると,その分野に限りますが法律・政令・省令がもらさず載っていることが多いですね。
ただこの種の専門六法は,かなり大きな図書館でないとなかなかおいていません。むしろ,政府刊行物を扱っている大きめの書店にあったりします。
(参考URLは全国の政府刊行物取扱店のリストです。)

参考URL:http://www.gov-book.or.jp/seifu/seifu-howtoget.html

官庁のサイトには,もうちょっと法令情報が欲しいなと私も思いますが,それはさておき…
「総務省令」や「旧郵政省令」だけではちょっと探せないと思います。というのは,昔から,法令を関連省庁ごとに網羅的に集めて探せるようにするという発想はあまりない(らしい)からです。
(昔といったのは,データベースやインターネットがなく法令集といえば紙で印刷されたものしかなかった時代,程度の意味です。)
むしろ,専門分野別に集めるという発想のほうが実用的と考えられています。

具体的に,何年何月郵...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報