夕方や夜、時々気持ちが悪くなる事があります。
全身から力が抜けるような、冷や汗や脂汗をかくような、何ともいえない不快感に襲われます。むかむかとした感じもありますが、嘔吐したことはありません。めまいや意識の乱れもありません。
子供の頃から自律神経失調症気味で、成人してからは十二指腸潰瘍などを経験した頃にセルシンに巡りあい、そういった不快な時にだけ服用して、効果があります。
もともと脈が遅い方で、1分間に50~60程度です。
定期的なスポーツはやっていない為、スポーツ心臓でもありません。
今まで脳貧血かと思っていたのですが、低血糖の発作なのかとも思い、質問させて頂きました。何故なら、気分が悪くなった際、甘い物が食べたくなり、チョコレートなどを食べると、しばらくして治る為です。
健康診断は1年に1回行い、数値的にはどこにも異常がありません。また、親族に糖尿病などに罹った者はおりません。
ご判断、ご診断等をお願いしたいと思います。

なお、できましたらご経験者及びご専門の方にお願い致したく、参考URLのみのご回答は遠慮させて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

低血糖の症状は冷汗、動悸、全身倦怠感等ですので、resolute44さんの症状は低血糖の可能性が高いと考えられます。



低血糖には空腹時の低血糖と、食後に出現する低血糖があります。空腹時低血糖は、血糖を上昇させるホルモンの欠損(下垂体機能低下症、副腎皮質機能低下症等)で起きる場合と、血糖を低下させるホルモンの異常増加(インスリン産生腫瘍、インスリン自己免疫症候群等)で起きる場合があります。

又食後の低血糖は、肥満や糖尿病の初期に出現する事があります。食事をすると血糖が上昇しますが、普通それに伴ってインスリンが分泌され、糖分が細胞に入り血糖は正常値を維持します。肥満や糖尿病の初期の方はインスリン分泌が遅く、尚且つ過大に分泌されます。この為食後2-3時間くらいになって食事からの栄養成分が消化管になくなった頃に血中インスリン濃度が上昇するため低血糖になります。

低血糖か否かは症状のあるときの血糖測定ですぐわかりますが、それだけでは原因を含めた診断に到達しません。内分泌、代謝科の受診をされますとそのあたりの鑑別診断をしてくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hubbleさん、ご回答をありがとうございました。
実は現在、心療内科に通っておりまして、先日、低血糖発作について主治医に話を聞いたところ、朝食の摂取の有無を聞かれました。わたしは朝食は摂ったり摂らなかったりなので、その旨を答えると、まずは朝食と昼食をきちんと摂るようにとの事でした。

わたしの場合は、主に夕方の空腹時に気分が悪くなります。
吐きそうな感じになったり、全身の力が抜けるような感じになります。
特に排卵期に具合が悪くなる事が多いです。もともとは自律神経失調症である為、ホルモンのバランスが悪いのかなと思っていました。

なるべく早く、病院を訪れてみたいと思います。

お礼日時:2002/01/17 13:05

 症状からは低血糖が疑われます。

しかし、そうきめるには、その時点での血糖値の測定がぜひ必要です。
 それはともかくとして、やせ型の体格の人には、ときどき見られる症状です。また、肝硬変の人、胃切除後の人にも、似たことが起こる場合があります。
 症状だけで判断するのは間違いのもとですから、病院で一度は検査を受けられることを勧めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yosinosugiさん、アドバイスをありがとうございました。お礼が遅くなり、失礼致しました。

やせ型・・・ではなく、むしろその逆気味です。
以前、具合が悪くなった際、家で血圧と脈拍を測った時は異常が無かったので、一体何だろう?と不思議に思っていました。

先日、とりあえず、低血糖によいと言われている「黒糖」を買って来て、職場の机においてあります。

やはり、今度血糖値を測りに行ってみます。

お礼日時:2002/01/15 09:17

私もよくなりますよ。

看護婦の友人に話したらやはり「低血糖じゃない?」と言われました。やはり空腹時になるようで、飴玉1個でもなめておくと違うよ・・・と言われたものの、当時は不規則な仕事(接客業でお菓子なんか食べられない)だったので、なかなか改善されなかったのですが・・・。(やはり健康診断などでは異常なしでした)

やはり3度の食事をきちんととるようにしてから、割と少なくなったような気がします。最近はほとんどありません。

チョコレートを食べた後でもなる・・・と言うことですが、血糖値を急激に上げるものは、同じく血糖値を急激に下げる、とも聞いた事があります。チョコレートもそういうものの代表だったような・・・。
出来れば3時のおやつには腹持ちの良いおにぎりなどを食べられるといいですよ。(もちろん昼食時も)なにも甘い物でなくても「糖分」であればいいので・・・。是非一度試してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

m2_mさん、お礼が遅くなりました。アドバイスをどうもありがとうございます。

お仕事の種類や職場環境によっては、食事時間帯以外で何かを口にするのは確かに難しいですよね。
つい先日も、夕方職場で具合が悪くなった為、チョコレートとラムネ風のビタミンタブレットをバリバリ食べたばかりです。
その美味しいこと!まさに「身体が求めている」という感じでした。
あ~ん、ダイエットしなくちゃいけないのに~(まだ始めてはいません)!と思いながら、どうしたらいいのかと困っています。

やはり3度の食事をきちんととる事が、低血糖にもダイエットにも一番たいせつな事なのかもしれませんね。

お礼日時:2002/01/15 09:12

空腹の時に、起こりませんか?


以前、食事時間がなかなか取れない仕事をしていた時、同じような症状に時々なりました。
むかつきとかはありませんでしたが、急に汗が大量に出て、立っていられなくなります。
やはり甘いものを食べて少し経つと、症状がなくなりました。

友人の医師に聞いてみたところ、空腹時低血糖ではないかと言われました。(ちゃんとした診断は、受けていません)
その時は仕事でストレスが多く、食事を取らずにお酒を飲んだりもしていましたので、そのことも関係あると言われました。

その仕事を止めて、食生活を正したところ、そういった症状はなくなりました。

ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Rikosさん、早速のご回答をありがとうございます。
そうですね、空腹時になります。
でも、例えば午後3時頃チョコレートなどの甘い物を食べた後の夕方でもなるんです。
もともと、甘いものはそれほどの量は食べませんが・・・。
やはり血糖値と関係があるのでしょうか?

わたしも、食生活の改善を検討してみます。

お礼日時:2002/01/10 17:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qめまい・冷や汗・ストレス

日ごろ、残業続きで、見るからにストレスをかかえているような主人ですが、昨日も、接待でお酒を口にしていたそうです。そのうちに、血の気が引いて、めまい・冷や汗がでて、途中で帰宅してきました。
これって、何かの病気のシグナルですか?
教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

血の気が引く、
めまい、冷や汗、
これらの症状を伴う病気は数多いですよ。

代表的なのが貧血ですね。
空腹でも同様の症状が出ます。
また、お酒を飲んで飲みすぎてもそのような症状になりますよね。

病気じゃなくても、小さな病気でも、大きな病気でも、表に出てくる症状は同じようなもの多いので、それが本当に病気のシグナルかどうかは分かりませんが、大事を取って、とりあえず一度は内科で診察を受けてもらうことを強くお勧めします。

Q不快感、イライラの離脱症状がでてます。我慢すればいつか離脱症状がなくな

不快感、イライラの離脱症状がでてます。我慢すればいつか離脱症状がなくなる日はくるのですか?

Aベストアンサー

向精神薬の減薬や断薬に当っての注意は次が参考になると思われます。
薬の種類が違っても同様な注意が必要です。
先生や看護婦と相談の上で対処される方が良いと思われます。

http://bz-drug-info.hp.infoseek.co.jp/index.html

Qプロスポーツ選手の寿命について

過度の運動や筋肉鍛錬は寿命に影響がありますか?

プロ選手
例として
野球
水泳
相撲
サッカー
ボクシング
マラソン
ゴルフ
テニス
プロレス
柔道
などいろいろなプロ競技がありますが

どのプロ選手の寿命が一番長生きですか
また逆に、短命なのはどの競技」ですか?

Aベストアンサー

こんばんは!
漠然とですが、相撲やボクシング、プロレスや柔道など、いわゆる「格闘技」の選手の方々が短命では?と思います。直接的にダメージを受けるもの。
勿論全てに当てはまるわけではありませんが・・・・・。
逆に野球やテニスやサッカーなど、動きそのものは激しいですが、直接的に攻撃を受けないスポーツ(デッドボール(野球)や顔面直撃(サッカー)などの例外はありますが)の方が寿命が長いような気がします。
勿論、こちらも全てには当てはまりませんが。

Q高血圧に気づき・・色々教えて頂きたいです!

先日のことですが・・。
71歳になる母が、実家から私の家に自転車で来ました。
帰り道・・途中でいつもと違って疲れた様子を聞きました。

翌日、たまたま母と二人で温泉に行くことになっていました。
行く途中の駅の階段で、動悸や息切れみたいなものが起こり、温泉地では、休んだり、ゆっくり歩いたりなど・・。
いつものペースとは違って行動してきましたが・・。
心配なので近くの医院に行き、話したところ・・。
血圧がすごいですよ!・・と言われ(上200・・下100)
ひとまず母に合った薬を処方する為に様子をみる・・という事で
「アムロジン」という処方薬(朝、晩1錠)を頂きました。
いつも元気に、シャキシャキ動いていたり、友人と会ったりしていたことなど、そして、実際の兆候もなかったので・・。
「血圧」自体を他人事のように、母も私も考えていたのです(泣)
それから・・その事自体で母も、少し心配になる日が続いていますが・・。
2~3日後に医院にまた行き測ったら・・180くらい
更に同じ「アムロジン」を処方してくれました。
昨日きちんとした血圧計を購入していろいろ測っています。
平均的には・・上が170~更に高い時で200とか220とか。
下は100よりは下がりません・・100~110といったところです。
高血圧の方は沢山いらっしゃるとはわかっていても、初めて気づいた為、私も母も・・少し臆病になっていて、それに対してのストレスがかかる事も心配の一つです。
「アムロジン」自体が・・どの程度の薬なのか?
本当にこの薬で良いのか?
血圧を下げる為だけの薬なのか?
他に組み合わせて良い状況になりそうな処方薬があるのか?
薬以外で・・高血圧から少しでも脱出できるサプリメントや生活の中でのちょっとした方法があるのか?
他の高血圧で、薬を処方されている方の注意点や、アドバイス、お気づきになる事などありましたら・・。
是非ともいろいろと教えていただきたく思い質問させて頂きました!
どうぞ、宜しくお願い致します!!

先日のことですが・・。
71歳になる母が、実家から私の家に自転車で来ました。
帰り道・・途中でいつもと違って疲れた様子を聞きました。

翌日、たまたま母と二人で温泉に行くことになっていました。
行く途中の駅の階段で、動悸や息切れみたいなものが起こり、温泉地では、休んだり、ゆっくり歩いたりなど・・。
いつものペースとは違って行動してきましたが・・。
心配なので近くの医院に行き、話したところ・・。
血圧がすごいですよ!・・と言われ(上200・・下100)
ひとまず母に合った薬...続きを読む

Aベストアンサー

アムロジンはカルシウム拮抗薬といい高血圧の第一選択薬なのでよい薬かとおもいます。
血圧の薬は風邪が治ったからと飲むのをやめる風邪薬と違い、血圧が正常に戻っても毎日飲み続けることが大切なお薬です。決められた量をきちんとのむことで毎日の血圧がコントロールされます。
血圧の測定を家でされるのはとてもよいことだと思います。
もし何か健康食品を試される際は主治医に飲んでもいいかを相談されることをおすすめします。

Q空腹時血糖値や尿酸値の改善の為に生活習慣を見直したいと思いますが、次の

空腹時血糖値や尿酸値の改善の為に生活習慣を見直したいと思いますが、次の中で行っても良い事はどれでしょうか?

アドバイスをお願いします。

検査結果は空腹時血糖値101、ヘモグロビンA1C4.7%、尿酸値6.9、身長170、体重64.5でした。

(1)週に3日程度缶ビール350を1日に1本飲む(週に4日は休肝日)、つまみはキノコと野菜中心にする

(2)毎朝6時に朝食を摂り、7時から30分ウォーキングをする(土日は50分にする)

(3)コーヒーブラック無糖を1日に4杯飲む(6時、10時、13時、15時)

(4)朝食は食パン4枚切り1枚、牛乳コップ1杯、時々生野菜サラダ1皿

(5)23時30分就寝、6時起床

Aベストアンサー

食べものや運動を見直すことも大事なことでそれを否定するわけでもありませんが、生活習慣の見直しでもっとも大切なことはストレスの多い生活、生き方そのものです。糖尿病や痛風の原因を食べものなどにするとことの本質を見誤ることになりかねません。
糖尿病も痛風も免疫抑制の病気です。例えば睡眠不足、長時間労働、心の悩みなどが慢性的にストレス過多になると低体温や高血糖が続き免疫力が低下していきます。痛風は低体温と排泄抑制によって尿酸が結晶化するものです。糖も尿酸も体に必要なものですが、体温が低下して細胞の働きが鈍りうまく処理できないことがトラブルの原因です。食生活が偏ってるわけでもなく痩せた人でも糖尿病や痛風になりますが、こういうことが原因なのです。
仕事を頑張り過ぎたり、無理をした時はそれに見合うだけの休息、休養が必要です。もし、生活を見直すことなく心や体のケアを放置したたまで働き過ぎると知らず知らずストレスが自分の適応力を超えるようになります。

血糖値や尿酸値を考える時はまずは疲れがとれない、体温が低い、悩みが解消できないなどストレスの原因を探ることが先決です。

食べものや運動を見直すことも大事なことでそれを否定するわけでもありませんが、生活習慣の見直しでもっとも大切なことはストレスの多い生活、生き方そのものです。糖尿病や痛風の原因を食べものなどにするとことの本質を見誤ることになりかねません。
糖尿病も痛風も免疫抑制の病気です。例えば睡眠不足、長時間労働、心の悩みなどが慢性的にストレス過多になると低体温や高血糖が続き免疫力が低下していきます。痛風は低体温と排泄抑制によって尿酸が結晶化するものです。糖も尿酸も体に必要なものですが、体温...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報