磁石の質問で、舌足らずだと気付いて補足を書こうとしたときには締め切られていた(泣)。反省を込めて私が質問します。

『補足します。
「では、どうしてそのちっちゃい磁石は同じ方向なのにくっついているの?」
(ちっちゃい磁石を↑と書きます。上がN、下がSとします。)
「大きい」と↑↑でくっつかないのに、「小さい」と(電子のスピンだと)↑↑でくっつくの?
実は、この原因、世界中の誰もわかっていないのです。世界中の物理学者が、必死になって、電子だと↑↑でくっつくのか研究中です。f(^^);』

なんてことを書こうとしたのですが。。。

で、本題です。電子スピンの↑↑の強磁性相互作用が、量子力学的起源を持つというところは、わかりますが、現在本当のところ、強磁性相互作用の起源の説明はどれくらいできるのでしょうか?物理の専門家の先生へ。
長岡フェロとかフラットバンドとかいろいろ各論はありますが、総論としてどうなのでしょう?

A 回答 (2件)

物理屋の siegmund です.



「棒磁石を縦に割ると」の質問は「子供(小学生)に分かる説明を」
ということでしたが,
一挙に大学院あるいはそれ以上のレベルになっちゃいましたね.

前の質問への補足という点から行きます.
どうも,chukanshi さんには釈迦に説法というう気がしますが...

マクロな磁石同士(棒磁石を割ったもの同士,など)の磁気的相互作用と,
ミクロな磁石
(磁気モーメントと言う方がいいかも知れません,すなわち電子や原子)
同士の磁気的相互作用とは異なります.
前者は磁場を経由した相互作用です.
つまり,1番目の磁石が周囲に磁場を作り,
2番目の磁石がその磁場を感じる,という仕組みです.
別に,1,2の役割は入れ換えても構いません.
こういう相互作用を「磁気双極子相互作用」と呼んでいます.
この相互作用は「棒磁石を縦に割ると」の回答の通りの結果をもたらします.

一方,ミクロな磁気モーメント同士の相互作用は chukanshi さんもお書きのように
量子力学的効果が主要です.
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=191280
の私の回答でもちょっと触れましたが,
電子間にクーロン相互作用 V がありますから
(1)  ∫ψ1*(x1) ψ2*(x2) V(x1-x2) ψ2(x1) ψ1(x2) dx1 dx2
のような,いわゆる交換積分が電子の磁気モーメント間相互作用として現れます.
この交換相互作用は,量子力学的効果,しかもパウリ原理に関連した効果です.
(1)は波動関数がどのように広がっているかによりますが,
単に電子密度だけの話ではなくて波動関数の位相関係が重要です.
この相互作用は,たとえ電子を格子位置に止めて置いても
(絶縁体をイメージしてください),波動関数の様子によって
↑↑が有利になったり(強磁性的),↑↓が有利(反強磁性的)になったりします.
もちろん,電子も磁気モーメントを持っていますから双極子間相互作用もありますが,
交換相互作用が圧倒的に優勢です.

交換相互作用は短い距離間しか作用しませんが,
双極子間相互作用は長い距離でも作用します.

さて,棒磁石を割る前には交換相互作用で↑↑になっていたのだから,
もういちど破片を押しつけて交換相互作用が優勢になるようにすれば
もとに戻らないのか?,と言う疑問が当然わいてきます.
おそらく簡単には元のように戻らないのでしょう.
割るということは,もともと強く結合していたものを切るわけですが,
ミクロに見れば切り口はでこぼこでしょう.
ミクロに見て元通りに合わせられるとはなかなか思えません.
また,結合が切れたところはいわゆるダングリングボンドになっていて反応性が強く,
割った瞬間(?)にそこに空気中のイオンがついたり酸化されたりして
表面の状態が変わってしまい,いわばコーティングしたみたいなことになります.
そうすると,単に押しつけても割る以前のような交換相互作用は働きません.
残るのはマクロな磁石同士の双極子相互作用で,
このため↑↓になるのでしょう.

------------------

さて,後半です.
こちらは滅茶苦茶難しい.
> 強磁性相互作用の起源の説明
ですが,強磁性的相互作用があるかどうかと,
実際に強磁性状態が実現されるかどうかは一応別の話です.

スピンの場所を固定したモデルでも,
例えば1次元の強磁性イジングモデルは絶対零度でのみ強磁性状態となり,
有限温度では常磁性状態であることが知られています.

上のようなスピンの場所を固定したモデル(イジングモデルやハイゼンベルクモデル)
でも厳密な話はなかなか難しいのです.
chukanshi さんのご質問の長岡フェロやフラットバンドの話は
電子が動ける話ですので,またもっと難しくなります.

鉄,ニッケル,コバルト,などの遷移金属に対するバンド計算では
強磁性状態が出現するようです.
ただし,バンド計算は本質的に一体近似
(相互作用の影響をいろいろな形で取り込んでいるにせよ)です.
一体近似は秩序状態が出現しやすいので,
これをもって強磁性状態が出現することが示されたとは言えません.
軌道縮退やフント結合などを省いてしまって簡略化したモデルの1つが
ハバードモデルの類ですが,
例え簡略化しても多体問題で厳密な結論を得るのは容易なことではありません.
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/halJ.htm
にこの方面の第一人者の田崎による優れたレビューがあります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

siegmund先生、ご指導ありがとうございます。空間スケールだけではなく、質問レベルも飛躍してしまいました。その上、スピンを固定した話と、遍歴電子の話を区別していないような質問で、錯乱した質問になってしまいました。お恥ずかしい限りです。
混乱した質問なのに、物理の先生方から、優れたコメント、回答をお寄せ頂き感謝いたしたいと思います。
「磁性はムズカシイ」という言い訳を残して「お開き」にいたしたいと存じます。
みなさん、お騒がせしました。m(_ _)m。

お礼日時:2002/01/12 18:29

ご質問に対するお答えからは少しはずれるかも知れませんが、コメントをいたします。



強磁性相互作用の問題と、「ちっちゃい磁石は同じ方向なのにくっついている」問題は、観点が違います。

微小分割した磁石は、横に並んだ対はエネルギーが高くなりますが、縦方向に並ぶ対はエネルギーが低くなります。結局、ダイポールの効果が効いてくるのは、磁石の両極部分だけです。この両極の存在によるエネルギー上昇は、通常の強磁性体では、磁区構造をとることによりほとんど解消されますので、不安定の原因になりません。永久磁石では、この磁区構造への分割を防ぐために、強い異方性やピニングの効果を持つような処理がなされています。ですから、永久磁石の自己分割を防いでいるのは、異方性とピニングセンター、それと、あえて言うなら結晶の凝集力ということになるでしょう。交換相互作用は、この結晶の凝集が保証された後の、固定されたサイト上でのスピンの向きを決める要因と理解した方がいいです。

ある物質系を仮定して交換相互作用が実際に計算できるかという問題は、第一原理計算による磁性の問題で、化学構造論的な立場で研究が進展していると思います(私は詳くありません)。構成原子が多くなれば相当難しいことと思われます。

交換相互作用が求められたとして、さて、有限温度でどんな磁性が出てくるのかというのは、これまた別の問題です。相転移、量子効果、ランダムネスとフラストレーション等等、話題は尽きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。お説ごもっともです。たしかに、強磁性相互作用と「ちっちゃい磁石」の問題は、スケール的に飛躍しすぎですね。またまた反省です。磁区(nmスケールでしょうか、μmスケールでしょうか。メゾの領域ですね。)をつくることによって古典的なエネルギーを稼いでいますね。

お礼日時:2002/01/12 18:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピン起動相互作用について

重い元素ほどスピン起動相互作用が大きいのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

直感的には原子核の原子番号が大きいと電子はより大きな(光速に近い)速度で原子核の近くを通過するから、と理解されます。

Qスピンと磁場の相互作用

局在スピンと磁場の相互作用はH=-σHや内積でH=σ・Hとあらわされておりテキストによって形が違うためスピンは磁場の方向を向いたほうがいいのか、逆向きがいいのかがわからなくなってきました。
どなたか詳しく教えてください。

Aベストアンサー

まず磁気モーメントは磁場と平行なときが一番エネルギーが低いです。
次にスピンですが、スピンの向きと磁気モーメントの向きは逆になります。それは電子の電荷が負だからです。つまりスピンというのを角運動量Sで自転している電子と考えてみると、電荷が負であることから角運動量が-Sの円電流(の集まり)と考えられます。つまりこの円電流によってスピンの向きとは逆向きに磁気モーメントが生じます。

Q磁石にくっつく金属、くっつかない金属

つたない質問ですいません。世の中、磁石にくっつく金属(鉄など)、くっつかない金属(アルミニウムなど)がありますよね。何をもってくっついたりくっつかなかったりするんでしょうか?一度聞いたことがあるような気はするんですが記憶のかなたに飛んでいってしまいました。(*_*)
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

話をわかりやすくするために、化合物ではなく元素のみにして説明します。
いきなり結論から言いますと、鉄やニッケル、コバルトといった原子は、その原子自体に磁石と同じ性質を持っているからです。

一般に、原子核の周りにある電子一つ一つが磁石なのですが(電子はマイナスの電気を帯びておりそれがスピンすることによって磁界が発生します)、多くの場合電子が偶数個組となって磁石としての性質を相殺してしまいます。
ところが、鉄、ニッケル、コバルトでは電子が相殺されずに、原子全体で磁気を帯びています。
また、一般的に磁石は固体であり、固体とは原子が規則正しく並んでいる状態のことを言います。そして鉄、ニッケル、コバルトでは原子の方向がそろっているため、磁石としての性質を持つことになります。

そして、これらの物質の磁石の方向をそろえて固定化したものが(強力な磁界を一方向からかけるなどして)、永久磁石です。

なぜ普通の鉄は永久磁石ではないのかは、磁気を持ったそれぞれの区分では磁石でも、その区分が非常に小さく分かれているため、鉄全体では磁石としての性質を持たなからです。

話をわかりやすくするために、化合物ではなく元素のみにして説明します。
いきなり結論から言いますと、鉄やニッケル、コバルトといった原子は、その原子自体に磁石と同じ性質を持っているからです。

一般に、原子核の周りにある電子一つ一つが磁石なのですが(電子はマイナスの電気を帯びておりそれがスピンすることによって磁界が発生します)、多くの場合電子が偶数個組となって磁石としての性質を相殺してしまいます。
ところが、鉄、ニッケル、コバルトでは電子が相殺されずに、原子全体で磁気を帯びて...続きを読む

Q電子と光子の相互作用の計算について

こんにちは、ランダウ相対論的量子力学1のP404の計算(コンプトン散乱)について、
下記を教えてください。

1.P404上から12行目の式
  f(s,u)+g(s,u)+f(u,s)+g(u,s)は、
= f(s,u)+2*g(s,u) +g(u,s)でよろしいでしょうか?

2、g(u,s)の計算は、下記でよろしいでしょうか?

計算式
T3 = 1/4*tr[(sl[p1] + m[p])**gm[up[n]]**(sl[p] - sl[k] + m[p])**gm[up[m]]**(sl[p] + m[p])**gm[m]**(sl[p] - sl[k] + m[p])**
gm[n]];

T33=ExpandAll[T3 /. sc[k, k] -> 0 /. sc[p1, p1] -> m[p]^2 /. sc[p, p] -> m[p]^2/.sc[p, k]->1/2*(s-m[p]^2)/.sc[p1, k]->1/2*(m[p]^2-u)/.sc[p1, p]->m[p]^2-t/2/.t->2*m[p]^2-s-u];
T33*(1/(4(u-m[p]^2)^2))

答え
(-2*s*u - 10*s*m[p]^2 - 6*u*m[p]^2 + 26*m[p]^4)/(4*(u - m[p]^2)^2)

こんにちは、ランダウ相対論的量子力学1のP404の計算(コンプトン散乱)について、
下記を教えてください。

1.P404上から12行目の式
  f(s,u)+g(s,u)+f(u,s)+g(u,s)は、
= f(s,u)+2*g(s,u) +g(u,s)でよろしいでしょうか?

2、g(u,s)の計算は、下記でよろしいでしょうか?

計算式
T3 = 1/4*tr[(sl[p1] + m[p])**gm[up[n]]**(sl[p] - sl[k] + m[p])**gm[up[m]]**(sl[p] + m[p])**gm[m]**(sl[p] - sl[k] + m[p])**
gm[n]];

T33=ExpandAll[T3 /. sc[k, k] -> 0 /. sc[p1, p1] -> ...続きを読む

Aベストアンサー

T1 に sl[k] は2か所ありますが、T3 ではそのうち1か所が -k に置き換わっています。また
 sc[k1, p1] -> 1/2*(s-m[p]^2)
計算のチェックはご自分でするようにお願いします。ただしランダウ=リフシッツ「相対論的量子力学」に誤植はかなりあるようです。

Qスピンと磁性

よく電子のスピンが揃っているから強磁性など、磁性はスピンで決まるといった記述をよく見かけます。なぜスピンが磁性と関係があるのでしょうか?量子力学はまだ習いはじめなのでなるべく簡単な話でお願いします。

Aベストアンサー

電子は固有の角運動量(ベクトル量)を持っていて,これはスピン角運動量(あるいは単にスピン)
と呼ばれます.
電子のスピンには磁気モーメント(ベクトル量)が付随しています.
たとえば言えば,小さな磁石みたいなものです.
スピンの向きがバラバラですと,
全体で見たときに磁気モーメントは打ち消し合って
(ベクトル量の合成ですから,大きさ一定で方向がバラバラですと,零ベクトルになってしまいます),
大きな磁石のようには見えません.
一方,スピンの向きがそろっていると,全体で磁気モーメントが残り,
大きな磁石のように見えます.

なぜ,電子に磁気モーメントが付随しているかのわかりやすい(しかし正確ではない)
説明は以下のようなものです.
円電流が磁気モーメントを持っているのはご存知でしょう.
電子は電荷を持っていますから,
もし電子が自転していれば円電流と似たようなことになるので,
磁気モーメントを持つでしょう(当然,角運動量も持つ).
スピンという言葉自体が量子力学の初期の頃の上のような考えに基づいています.

なお,磁性にはスピン角運動量だけではなく軌道角運動量も寄与します.

電子は固有の角運動量(ベクトル量)を持っていて,これはスピン角運動量(あるいは単にスピン)
と呼ばれます.
電子のスピンには磁気モーメント(ベクトル量)が付随しています.
たとえば言えば,小さな磁石みたいなものです.
スピンの向きがバラバラですと,
全体で見たときに磁気モーメントは打ち消し合って
(ベクトル量の合成ですから,大きさ一定で方向がバラバラですと,零ベクトルになってしまいます),
大きな磁石のようには見えません.
一方,スピンの向きがそろっていると,全体で磁気モーメント...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報