シールドボックスを作ろうと思い、金属の筐体に電波吸収体を貼りました。
2GHzで実験をしたのですが、吸収体の厚さを倍にしたらシールド効果が上がりました。
周波数が高くなるほど薄い吸収体で効果が得られると思っていたのですが、
なぜでしょう?(メーカーが売っている電磁波吸収体も、対応周波数が高いほど厚さが薄くなっています)
また、筐体の隙間を減らすことでシールド効果が向上するというのは、
隙間があるとそこから電磁波が入っていってしまうということでしょうか。
波長より小さい隙間なら問題無いかな、と考えていたのですが…
高周波の知識も経験も少ないので初歩的なことかもしれませんが、どなたかご教授願います。

A 回答 (4件)

吸収体の厚さが、要求する性能に対して足りなかった、という事だと思われます。


 隙間に関しては:波長よりうんと小さい穴だと進行波は通過できなくても、穴の向こう側に近接場が発生し、穴から波長程度以内の距離にモノがあると、そこから再び進行波が発生します。これが問題になるかどうかも、求めるシールド性能に依るでしょう。

この回答への補足

ありがとうございます。
「穴の向こう側に近接場が発生し、穴から波長程度以内の距離にモノがあると、
そこから再び進行波が発生します」ということは、
その「モノ」がアンテナみたいになって電波がどんどん伝わっていってしまうということでしょうか?

補足日時:2000/12/18 11:00
    • good
    • 0

> その「モノ」がアンテナみたいになって電波がどんどん伝わっていってしまうということでしょうか?



結果から言えばその通りです。金属片があったりすると、そこで近接場が自由に振動できないために、その点から普通の電磁波が発生してしまうということです。
手抜きですいません。
    • good
    • 0

 電波吸収体といっても種々ありますが、質問の内容からシートタイプのものとお見受けします。

このタイプの吸収体の原理は、空間の特性インピーダンスとの整合をとることによって、いわば無反射終端をつくることにあります。そのため、電波の周波数と入射角、吸収体の材料特性と厚さなどによって減衰特性が変化するのです。周波数特性や入射角特性を改善するために、多層構造にしたり材料を工夫したりします。まずは、実験で使用する周波数に合った材料かどうかをカタログなどで確認することをお勧めします。
 また隙間に関してですが、隙間が狭くてもその長さが半波長程度ですと非常に効率よく電波を放射します。こういうアンテナをスロットアンテナといいます。隙間とはちょっと違いますが、電子レンジの扉の部分に張ってある金属板のように、波長より十分小さな丸い孔を開けるのならばまあ大丈夫でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。成程、わざと作ったアンテナでなくても、たまたま隙間がスロットアンテナとして働いてしまうのですね。勉強になります。

お礼日時:2000/12/18 11:10

私は主に電磁波の不要輻射測定を仕事としていますが、大型電波暗室も会社で保有しています.一説では、吸収体を厚くすると、電磁波の伝送経路に反射が生じるため、その反射の分だけまた減衰するようです.もう少し詳しくということであれば、この手の専門書が大型書店ですと売っていますので、見に行ってはいかがでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速、書店に見に行ってみようと思います。

お礼日時:2000/12/18 11:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシールドルーム内で、電磁波の周波数を測定する

電磁波が外からシールドルーム(周波数範囲10 kHz - 2 GHz)内に送られてくるとします。
その電磁波は周波数30MHz以下であるということ以外、周波数も波形も分かっていません。
そして、シールドルーム内でその電磁波を測定するのですが、
そのときに周波数や波形を測定する方法と、必要な器具を教えてください。
また、測定した波形を、何分~何時間分か、PCに保存する方法を教えてください。

Aベストアンサー

…要するに、測定対象の信号以外はない条件で測定するって言いたい訳ね?

 時間軸方向の波形を測らなくていいならそこそこ高級なスペアナで目的は達するでしょう。時間軸方向も測る必要があるなら、超高級なスペアナでダメなら原理に立ち返って受信機を使うか、まあそんなところでしょう。波形の保存は、今時の高級スペアナなら単体で出来ます(メモリーカードにデータを保存するものもUSBなどでPCに接続できるものもあり)。

 周波数が分かって、その周波数の信号強度を測る装置があれば、いろいろ工夫すればそれなりの事は出来ます。世間ではいわゆる受信機と呼ぶ装置ですが。

 当然ですが、30MHz以下で使えるアンテナ、信号のレベルによってはそれなりのアンプも必要です。

QThz波帯・ミリ波帯における、水・氷の吸収率の周波数依存のグラフを探し

Thz波帯・ミリ波帯における、水・氷の吸収率の周波数依存のグラフを探しています。どこか、載っているサイトをご存知でしたら教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

直ではないですが、関係ある論文。↓
http://www.nict.go.jp/publication/shuppan/kihou-journal/journal-vol55no1/06-01.pdf
情報通信研究機構(通信総合研究所と通信・放送衛星機構の末裔ですね)
wikiにも記事が、↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Terahertz_radiation

ミリ波帯については不明。

Q携帯の電磁波は体によくない?

最近、電車に乗ると「携帯電話の電源をお切り下さい」というアナウンスがよく流れます。
マナーという点ではそうかもしれません。
しかし、ふと思ったのですが、心臓ペースメーカー等の医療器具に不具合が出るという噂は本当なのでしょうか?私はそんな話や事故を聞いたことがありません。
また、そのような方が電磁波は体に悪いというなら電車に乗らないのではないでしょうか?
携帯より電車の電磁波の方が体に悪いとおもうのですが・・・。

Aベストアンサー

携帯電話とペースメーカーとの距離は、22cm以上に保つべし、というのが、常識になっています。
(ですから、22cm以上離せば、ペースメーカー装着している人自身も携帯電話を使用して構わないのですが。)


携帯電話の電磁波がペースメーカーに影響を与えるのは、事実のようです。
(参考URLをご覧ください!)


22cmという数字からして、おそらく満員電車でなければ、ペースメーカー装着している人へは影響ないでしょうけどね。


電車自体の電磁波は微弱で、影響はありません。


ところで、携帯電話と、もう一つ、電磁波の問題があるのが、IH炊飯器だそうです。
ペースメーカー装着している人は、大変ですね。


さて・・・
すいてる電車の中で、なぜ携帯電話を使ってはいけないのか?
これは、私も非常に疑問に思います。
仲間同士で乗ってる人が喋りあうのは良くて、一人で乗ってる人が携帯で喋るのが何故ダメなんでしょうね。
確かに着メロはうるさいけど、マナーモードだったらいいじゃないかって思いますけどね。
変に、押し付けがましい常識が、いつの間にか出来上がってしまったと思います。
たぶん、そのうち、世の中で見直しが行なわれると思いますよ。

ただ、ペースメーカーの問題があるので、満員電車ならば、今でも納得して電源を切りますけど。

参考URL:http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20020827/1/

携帯電話とペースメーカーとの距離は、22cm以上に保つべし、というのが、常識になっています。
(ですから、22cm以上離せば、ペースメーカー装着している人自身も携帯電話を使用して構わないのですが。)


携帯電話の電磁波がペースメーカーに影響を与えるのは、事実のようです。
(参考URLをご覧ください!)


22cmという数字からして、おそらく満員電車でなければ、ペースメーカー装着している人へは影響ないでしょうけどね。


電車自体の電磁波は微弱で、影響はありません。


...続きを読む

Q人間の体と浸透圧が近い為、スポーツドリンクなどは吸収が早いと聞きました

人間の体と浸透圧が近い為、スポーツドリンクなどは吸収が早いと聞きました。

でも素人考えだと浸透圧が高い方が吸収が早そうに見えるんですが
どうなってるんでしょうか?

Aベストアンサー

> 浸透圧が高い方が吸収が早そうに見える

逆です。
浸透圧は「濃度が一定になる」ように働き、
「濃度が低い方から高い方」に水分が移動します。

例えば、「ナメクジに塩をかけるとナメクジが縮む」というのがありますよね。
あれは「ナメクジ表面の水分と塩で、濃い塩水が出来」て、
浸透圧の関係により「体外の塩水を薄めるように」「体内から対外へ水分が移動する」ことによるものです。

そういう浸透圧の関係からは、飲料の濃度が薄い方が水の吸収効率効率が良くなります。
ですが、濃度が薄いということは、飲料中に含まれる塩分や糖分などの成分量が少ないわけですから、
栄養補給効率が悪くなります。

逆に、体液よりも成分が濃いと、浸透圧の関係から水分が吸収されなくなってしまいます。

水分補給と栄養補給の両方を満たそうとすると、体液濃度を上限として、ほどほどの濃度にするのが効率が良い、ということになります。

ただし、体液と同じ濃さにまでしてしまったらダメです。水分の吸収効率が悪すぎます。
そのため、脱水症状緩和のための水分補給なんかでは、
「ポカリスエットを、同量の水で2倍に薄めたもの」なんかが良いと言われてます。

> 浸透圧が高い方が吸収が早そうに見える

逆です。
浸透圧は「濃度が一定になる」ように働き、
「濃度が低い方から高い方」に水分が移動します。

例えば、「ナメクジに塩をかけるとナメクジが縮む」というのがありますよね。
あれは「ナメクジ表面の水分と塩で、濃い塩水が出来」て、
浸透圧の関係により「体外の塩水を薄めるように」「体内から対外へ水分が移動する」ことによるものです。

そういう浸透圧の関係からは、飲料の濃度が薄い方が水の吸収効率効率が良くなります。
ですが、濃度が薄いということは...続きを読む

Q無線通信でのベースバンド周波数とキャリア周波数の関係

無線通信でデジタル情報を送る場合、送りたいデジタル情報(ベースバンド)の周波数と搬送波(キャリア)の周波数はどのような関係があるのでしょうか?ベースバンドのデジタル情報(1,0)を多くすれば、ビット幅が狭くなるので、占有周波数帯が広くなるのは分かります。しかし、そのことと、キャリアの周波数との関係がいまひとつわかりません。ベースバンドの周波数を高く(デジタル情報を多く)するには、キャリアの周波数も高くする必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

占有帯域が広がると低い周波数では、多くの人が使えないので
高い周波数での使用が有利となります。

400MHzでの20MHzは、5%ですが、2.5GHzでの20MHzは、0.8%で
同じ占有周波数帯でも、周波数によって占める割合が違うと言う意味
です。

技術的な面から言うと、20MHzを5人で使った場合、400MHzでは、
合計25%の帯域のシステムが必要で、2.5GHzでは、4%となり、
システムを作る方としても、高い周波数の方が作りやすくなる
と言う事もあるかもしれません。

参考まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報