gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

今まで詩というのをあまり読んだ事がなかったのですが、
最近なんとなく詩が読みたくなりました。
なのでみなさんのおすすめの詩を教えてください!
元気になるとか感動するとかどんなものでもいいです!!
どんなものがあるのかよくわからないので;
よろしくおねがいします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

井上靖 「北国」


こころを動かされた小説をあげろ、といわれれば苦もなく、いくつも列挙することができる。でも、おなじことを詩について問われたとすると、とたんに、道に迷ったようにきょとんとしてしまう。
いい詩だな、くらいはわかる。でもそれ以上はわからない。
「がさつな性分だから、詩の繊細さは荷がかちすぎてるんだ」といささか卑下しておりました。

そんなわたしが、感動してしまったんですね。この詩集に。
うれしかったなあ。詩にも感動できるんだ!
詩の力、に目を剥くおもい。だって、小説以上の感動だったんですから。

散文詩です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

私も詩は学校の授業ぐらいでしか読んだ事がないので
全然わからないんですが、ぜひ読んでみたいと思います!
ありがとうございました!!

お礼日時:2006/02/12 10:24

こんにちは。


私もあまり詩ばっかり読みませんが
谷川俊太郎さんの「黄金の魚」、「愛」、「生きる」が良かったです。
「愛」は本屋で立ち読みしてそのまま泣いてしまったのを覚えています。
また、CDですが『家族の肖像』という谷川賢作さん(息子さん)との
コラボの作品があり、その中の「夕焼け」という詩もよいですよ。

それから覚和歌子さん。
千と千尋の神隠しのテーマソングで有名な
「いつも何度でも」は何度聴いても本当にすばらしい詩だと涙が出てしまいます。
詩と散文の中間のような作品をお書きになっていますが、
『ゼロになるからだ』という詩集の「拝啓 陶芸家様」という作品も
心に響いて泣けてしまいます。

それから高橋佳子さんの「千年の風」という詩集も
多くの詩が載っていて、そのときそのときの自分を励ましてくれます。
言葉の力、言霊を感じさせる人です。

ご参考になれば・・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!
心に響くっていいですね。私も千と千尋の歌詞はすきです。
読んでみたいと思います!!

お礼日時:2006/02/26 17:19

お好みに合うかどうか、わからないのですが。



高村光太郎の智恵子抄が好きです。
「樹下の二人」「あどけない話」「風にのる智恵子」「レモン哀歌」

吉野弘さんも心の中に何かがしみじみと広がっていきます。
「I was born」「夕焼け」

石垣りんさんは淡々とした言葉が力強くてすてきです。
「表札」「儀式」

山之口漠さんは読んでいると隣に獏さんがいるような気分になります。
「頭をかかえる宇宙人」「告別式」

茨木のり子さんも。他の方も書かれてますが、
「みずうみ」とかも。

三好達治さんの
「雪」
2行だからすぐ覚えられちゃうくらいなんですが、読み終わりたくないんですよね。

詩ってよくわからないものも多いんですけど、これいいなぁ、っていうものに出会うとすごくうれしいですよね。
好きな詩を見つけてたっぷり楽しんでください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

たくさんありがとうございます!
本当に詩ってよくわからないんです;
いいと思えるものをたくさん見つけたいです

お礼日時:2006/02/26 17:17

井上靖の「北国」をおすすめしましたが、作品の主な時代背景を考えにいれると、戦争の影が色濃くのこっている北国よりも、「乾河道」のほうが、若いひとには受け入れられるかと思います。

この詩集は、わたしの「自信作」ならぬ「自信のおすすめ詩集」です。感動をぞんぶんにあじわってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

2度もありがとうございます!
まだ読んでいないのですが図書館で予約したのでくるのが
楽しみです!「乾河道」も読んでみます!!

お礼日時:2006/02/26 17:12

私も詩はあまり読みません。


が、宮沢賢治の「永訣の朝」は読んだ時にボロボロッと涙を流してしまいました。
宮沢賢治の詩は他のものもすごく好きなので機会があればぜひ読んでみてください(^^)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4265040 …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。宮沢賢治の小説ならいくつか
読んだ事があります。詩も今度読んでみたいと思います!!

お礼日時:2006/02/26 17:08

川崎洋編集のアンソロジー「教科書の詩を読み直す」(ちくまプリマーブックス)「こころに詩をどうぞ」「ひととき詩をどうぞ」「すてきな詩をどうぞ」(ちくま文庫)はいい詩がてんこ盛りでお勧めです。

テーマごとに、季節の詩や別れの歌、戦争と平和など幅広く集められてきて、こんなに人々は詩を作ってきたのかと思わされます。
川崎洋の解説も味があり、さらに詩を楽しませてくれますよ。
この中でも、長田弘「おいしい魚のつくりかた」は傑作。淡々とおいしい魚の作り方が羅列されるなかで、最後の段がどきりとさせます。

ちなみにこの川崎洋という人は、自分でも詩を作る傍ら、無名有名に関わらずいい詩を集め、紹介を続けてきた人です。はじめて詩の世界に触れる人には格好の入門書になるかも。
ではよい読書を。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ていねいにありがとうございます!
みなさんの回答だけでも、たくさんの詩があるんですね。
おいしい魚のつくりかた、気になります!ぜひ読んでみたいです。

お礼日時:2006/02/12 16:51

中原中也の「月夜の浜辺」「汚れっちまった悲しみに」「サーカス」「冬の日の記憶」が好きです。


高校生の頃、「七銭でバットを買って」という詩が妙に気に入って、感想を投稿?があります。
是非、詩集を読んでみてください。
中也の生い立ちもみていくと、いいと思います。
私はすっかり中也にはまって、山口の中原中也記念館まで行ってきました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「汚れっちまった悲しみに」は去年授業でやりました!
他のも読んでみたいです。ありがとうございました!!

お礼日時:2006/02/12 10:19

茨城のり子「倚りかからず(よりかからず)」


御年80になろうとする人が、こんな若々しい詩を書くとは。しかもタイトルからも分かるとおり、「権威や肩書きや、そんなものに寄りかかるな!」です。彼女の詩は昔からそんなのが多いです。「自分の感受性くらい」とか。
詩に分類しても良いものとしては「若きウェルテルの悩み」もちろんゲーテ。手塚治虫の「火の鳥」未来編(だったかな?)で猿田博士が愛読していました。「わしも若い頃これを読んで力を沸き立たせたものじゃった」とか何とか。世界中の、あらゆる時代の若者が、今はもう亡くなったり老人となった昔の若者が、これを読んでともすればへこたれそうになる自分を力づけています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!
今度読んでみたいと思います!80歳なのにとても
力強いですね!!

お礼日時:2006/02/12 10:12

有名ですが、元気がでますよ。



参考URL:http://hello-iroha.com/kim/index.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
今まで知りませんでした;写真もあっていいですね。
今度読んでみたいと思います!

お礼日時:2006/02/12 10:08

工藤直子さんの「のはらうた」を


お勧めします。

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=02676533

http://www.noharauta.jp/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
「のはらうた」のかまきりの詩を中学生のころ
授業でやったのを思い出しました。
他のもぜひ読んでみたいです!

お礼日時:2006/02/12 10:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生に聞かせたい詩

小学生に聞かせたい詩を探すことになったのですが、私は詩をあまり知らないのでこんな詩があるよ、というものがありましたら、教えてください。
作者等、教えてくだされば嬉しいです。

Aベストアンサー

私も、「金子みすず」いいと思います。
うちの子の小1の時の先生が、なにかにつけて「私と小鳥と鈴と」の「みんなちがって、みんないい。」という部分を言ってくれてました。

「鈴と、小鳥と、それから私、
   みんなちがって、みんないい。」
下記のHPに、詩が載ってました

星野富弘もとてもいいと思います。
大人が読んでも、心が洗われる気がします。

参考URL:http://home.owari.ne.jp/~fukuzawa/misuzu0%2C.htm

Q前向きで、明るい気持ちになれる詩をおしえてください

不安な気持ちになりかけるとき、「雨にも負けず」などの詩を口にして気持ちを切り替えたりします。

重くなく、明るくすっきりとした心持ちになれるような、少しだけ勇気が出るような、詩を教えてください。

ただし、あまり前向きすぎず、あまり元気すぎない方が良いです。
(若干、不安神経症気味なので)

Aベストアンサー

「今不安なのは幸せだった時があるからだ、それだけでも素晴らしい」「今不幸だと思えるのなら、それは幸せになる準備ができているということである」 by isabeli 今あなたのために創ったよ。稚拙でごめん、、

Q中3の生徒に向けて贈る詩

中学校3年生の子どもたちが卒業する時にぴったりの詩を探しています。
これからの人生をしっかりと歩んでいけるような
元気の出るものがいいです。
どなたかいい詩を紹介してください。

Aベストアンサー

 高村光太郎「道程」…ではあまりに有名すぎて、
却ってよくないですか? 
でも静かに内から闘志が漲ってくるような作品ですよね。
中学生の頃に好きな詩でしたが…。
江口榛一さんの作品に「地球はさっき生まれたばかりだ」
というのがありますが、
>これからの人生をしっかりと歩んでいけるような
>元気の出るものがいいです。
というのに相応しい、しかも中学生ぐらいに分かりやすい詩です。
ここにその作品を掲載するのはどうも著作権法に触れる可能性が
あるようですので差し控えさせて戴きますが…。
武者小路実篤の作品などにも力強くて分かりやすい詩がありそうですね。
あまり参考にならなかったら申し訳ありません。

Q「友達」の詩を教えてください。

友達っていいなぁ。友達ってとても大切なものだよ。というたぐいの詩をさがしています。

書店などでさがしてみたのですが、恋愛関係や自己をみつめる詩は多くありますが、「友達」というテーマでの詩が見あたりません。

具体的な詩でも、抽象的な詩でもかまいませんので、ご存じの方教えてください。できれば、中学生程度でも理解できる詩がいいです。

Aベストアンサー

こんばんわ
またもや#2です。
今日、本屋で(入りびたりなんです)ぴったりの本を見つけました。
宇佐美 百合子 (著)『ずっと、大好きだよ』
参考URLにAmazonを貼っておきましたので、「出版社/著者からの内容紹介」のところを確認してみてください。
では、失礼しますε=ε=(┌ ・)┘

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569629407/qid%3D1062689481/249-5759778-5638732

Q日本を代表する現代詩人

日本を代表する現代詩人の名前を教えてください。

海外の友人に「日本の現代詩人の名を数名教えてほしい。」と頼まれました。私自身あまり詩には興味がないため馴染みがなく、困っています。検索エンジンで各詩人団体のHPなども調べてみましたが、会員さんや役員さんたちのリストを見ても名前が多すぎて、どの人を「日本を代表する現代詩人」として紹介すべきか皆目見当がつきません。

一言に「現代詩人」と言っても幅が広すぎますので下記の条件でお願いします。

1.戦前の作家さんは除外。
2.基本的にできれば現在活躍中か、近年まで活躍していた方。
3.多少前に亡くなっていても戦後かなり有名であった方も可。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たいへん難しい質問と思います。

戦後の詩はおどろくほど多様で、そしてしばしば超難解です。お経のほうがやさしいくらい(笑)。
とても一つの流れでくくることができず、評価もさまざまではないかと思われます。

田村隆一、安東次男、天沢退二郎、高橋睦郎、鈴木志郎康、大岡信、石原吉郎、入沢康夫、吉増剛造、澁澤孝輔。
女流で、新川和江、吉原幸子。
黒田三郎、吉野弘は平明で親しみやすい詩です。

けれども、個人的には、おもに戦後になって活躍し今は物故した二人の詩人に注意が向きます。

西脇順三郎 :詩集「Ambarvalia」「旅人かへらず」「近代の寓話」「失われた時」「えてるにたす」など。戦後第一級の詩人と思われます。

吉岡 実 :詩集「静物」「僧侶」「紡錘形」など。詩を書くためにだけ生まれてきたと言われています。

それと、もう一人、皆さんお書きの谷川俊太郎に私も一票。
テノールで歌う天性の詩人。皆さんが第一に推すのはもっともです。

以上3名、いかがでしょうか。なにかの参考になればいいのですが。
それにしても、こんなにぎくしゃく書きながら、回答にこれほど時間がかかったのは初めてです。

たいへん難しい質問と思います。

戦後の詩はおどろくほど多様で、そしてしばしば超難解です。お経のほうがやさしいくらい(笑)。
とても一つの流れでくくることができず、評価もさまざまではないかと思われます。

田村隆一、安東次男、天沢退二郎、高橋睦郎、鈴木志郎康、大岡信、石原吉郎、入沢康夫、吉増剛造、澁澤孝輔。
女流で、新川和江、吉原幸子。
黒田三郎、吉野弘は平明で親しみやすい詩です。

けれども、個人的には、おもに戦後になって活躍し今は物故した二人の詩人に注意が向きます。

...続きを読む

Q春がテーマの詩をご存知の方!

春がテーマの一部になっている詩をご存知の方いらっしゃいませんか?

現代詩で、作者は日本の詩人で探しています。
※宮澤賢治『春と修羅』、歌詞除く

出来ればサイト等で閲覧可能の詩が嬉しいのですが。。。

出来るだけ名の知れた人がいいのですが(受賞歴がある等)、有名無名に関わらず、春がテーマで素敵な詩をご存知の方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

近代から現代にかけての詩の中からいくつか。
真っ先に思い浮かべるのが安西冬衛の次の一行詩の傑作です。
 
   春

 てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた。

http://uraaozora.jpn.org/poan2.html

宮沢賢治の詩「春と修羅」は私も大好きです。
これとテーマが似ていて、より直截的なのが室生犀星の「寂しき春」です。
http://uraaozora.jpn.org/pomuro2.html
また犀星には「春の寺」という、これまた有名な詩もあります。
終生の親友だった萩原朔太郎には「旅上」という、

 ふらんすへ行きたしと思へども
 ふらんすはあまりに遠し

と始まる、これも有名な詩です。
堀口大學は訳詩集『月下の一群』によって殊に有名です。
その中の一つ、ギー・シャルル・クロス「リュクサンブール公園で」は全詩引いてみましょう。
訳詩といいながら、これは創作詩と変わりないと思います。

 私は一人の小さな女の子を思ひ出す、
 それはリュクサンブール公園の五月の或る日のことだつた。
 私は一人で坐つてた。私はパイプを吹かしてた。
 すると女の子はじつと私を見つめてた。
 大きなマロニエの木陰には桃色の花がふつてゐた、
 女の子は音なしく遊びながらじつと私を見つめてた。
 女の子は私が言葉をかけてくれればいいがと思つてゐたのだ。
 彼女は私が幸福でないと感じたのだ、
 でも幼い彼女は私に言葉をかけることは出来なかつたのだ。
 榛(はしばみ)の実のやうに円い目をした女の子よ、やさしい心よ、
 お前ばかりが私の苦悩を察してくれたのだ、
 彼方(むかう)をお向き、どうして今のあんたに理解が出来ませう?
 彼方へ行つてお遊びなさい、姉さんが待つてゐます。
 ああ誰も治すことも慰めることも出来ないのだ。
 小さな女の子よ、何時かあんたにそれが分る日が来るでせう。
 その日、遠いやうで近いその日、あんたも今日の私のやうに、
 リュクサンブール公園へ、あんたの悲みを考へに来るでせう。

西脇順三郎「皿」も短い詩だし、大好きなので全詩引きます。

 黄色い菫(すみれ)が咲く頃の昔、
 海豚(いるか)は天にも海にも頭をもたげ
 尖った船に花が飾られ
 ディオニソスは夢みつつ航海する
 模様のある皿の中で顔を洗って
 宝石商人と一緒に地中海を渡った
 その少年の名は忘れられた
 麗(うららか)な忘却の朝

かなり難解なところのある詩ですが、前四行は皿の模様のことだと気がつけばわかりいいでしょう。
北海道生まれの伊藤整にも「雪解」とか「春夜」とか春の詩が多く目につきます。
丸山薫にも「白い自由画」「まんさくの花」など遅い北国の春の訪れをまんさくの花に託したいい詩がありました。
嵯峨信之「春雨」は抒情詩の典型のような詩です。

 ぼくが消えてしまうところが
 この地上のどこかにある
 死は時の小さな爆発にあって
 ふいに小鳥のようにそこに落ちてくるだろう

 その場所はどんな地図にも書いてない
 しかし誰かがすでにそこを通ったようにおもわれるのは
 その上に灰いろの空が重く垂れさがっていて
 ひとの顔のような大きな葉のある木が立っているからだ
 あなたは歩みを速めて木の下を通りかかる
 そしてなにかふしぎな恐れと温かな悲しみを感じる
 ぼくの死があなたの過去をゆるやかに横切っているのだろう

 春雨がしめやかに降りだした
 いますべての木の葉が泣きぬれた顔のように
 いつまでもじっとあなたを見おろしている

第二連最終行は詩特有の、かなり屈折した表現です。
ここで詩的ヴォルテージが最高潮に達しますが、春雨の詩にふさわしくあくまでしめやかです。

現代詩はいわゆる花鳥風月をほとんどうたわなくなっています。
なぜかというと、たぶん作るのがむつかしいからでしょう。詩は何より斬新さをもとめます。

近代から現代にかけての詩の中からいくつか。
真っ先に思い浮かべるのが安西冬衛の次の一行詩の傑作です。
 
   春

 てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた。

http://uraaozora.jpn.org/poan2.html

宮沢賢治の詩「春と修羅」は私も大好きです。
これとテーマが似ていて、より直截的なのが室生犀星の「寂しき春」です。
http://uraaozora.jpn.org/pomuro2.html
また犀星には「春の寺」という、これまた有名な詩もあります。
終生の親友だった萩原朔太郎には「旅上」という、

 ふらんすへ...続きを読む

Q皆様のお勧めの詩を教えてください。

私は今中学三年生で、近く卒業を控えています。
今日の学級会議で、私と私の友人ひとりが卒業文集の表紙の製作を請け負うことになったのですが、
写真のほかに、何か詩のようなものを掲載しようということになりました。
しかし、卒業文集に載せるものとしていざ考えてみると、なかなか考え付かないのです。
そこで、ここをご利用の皆様のお力をお借りできればと思い、質問させていただきました。
皆様の心に残る、お勧めの詩を教えていただけませんでしょうか。
詩の形式でなくても構いません。何か一言だけの名言や格言でも良いですし、なんでしたらご自分で考えられたものでも・・・。
お暇でしたら、ご回答いただけますと助かります。

Aベストアンサー

鳥いけり、静かに白き羽のして
       ゆうべ明るき海のあなたへ  牧水

 詩なら光太郎でしょうね。
 思い出に残る文集になりますように
私の大好きだった先生のお話に
 大きな靴に小さな足は喜劇であり
 小さな靴に大きな足は悲劇である。なんてのもありますが私は転任の折、さようならには又会おうの意味も込められているという言葉が印象的でした。
まだ「今日の日はさようなら・・・」の歌のなかった昔ですが。君は私には孫みたいな年齢です。
 

Q「やなせたかし」の詩について。

小学校のころ父から贈られた、やなせたかしさんの詩
たしか『ほほえむことを 忘れちゃいけない
   涙は今も こぼれているが 忘れちゃいけない ほほえむことを』

だったと思いますが、この詩の全文と題名とイラストを調べられるサイトってありますか?
また、知ってる人教えてください。

Aベストアンサー

題名は「おもいだしちゃいけない」ですね。

やなせたかし著「詩集 愛する歌 上巻(サンリオ出版)」にありました。かなり古い詩集です。
『ほおのえくぼをけしてはいけない 涙はあつくあふれてきても すぎてしまえば夢とおなじ』
で始まります。

検索してみましたが、残念ながら全文掲載されているサイトは見つかりませんでした。以下の22に一部の抜粋があります。

著作権上の問題がありますので全文の紹介はご容赦願います。

参考URL:http://www1.ezbbs.net/cgi/bbs?id=stera&dd=17&p=1

Q「国語表現」の授業

高校の国語教員をしています。
国語表現の授業を持っているのですが、何か授業で使えるような良いアイディアはないでしょうか?
国語が楽しいと思えるようなものにしたいと思っているので、あまり堅苦しくないものが良いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今年度から、縁あって小中と大学で教えているものです(英語と国語科)。
以前ゲストティーチャートとしてお邪魔したある区立中学で、以前に林真理子さんが「本の帯を作成する」授業をされたと聞いて、感心しました。機会があったら、私も取り入れてみたいと思っています。
事前に、書店で本の帯をいろいろと見ておいてもらって、好きな本の惹句を書き、帯の大きさからレイアウトし、イラストや写真も入れて、実際に本につけて展示して品評会をしてみたいなと思っています。
本を選ぶ楽しさ、図工の楽しさ、惹句を考える楽しさ、デザイン性、きっとどの生徒も何らかの楽しさを見つけ出してくれるのではないでしょうか。

Q詩を読みたいけど知識が皆無。お勧めの詩や、これだけは読んでおけというものを教えてください。

小説を読むことは好きでしたが、今まで詩を読んだことがありません。
これから詩を読んでみたいのですが、作詞家などの知識がまったくないため、どの詩から手をつけていいのかわかりません。

何度か本屋の詩集コーナーに行き、手にとって読んだりするのですが、やはり、詩をたしなんでいない私には何がいいのか悪いのか、どれがすきか嫌いかもイマイチわからず選べません。
そもそも詩の読み方もわかっていませんので・・。
(ちなみに図書館は少し遠くて行くには気合と暇がいります)

どうせ読むなら、文学が好きな方ならフレーズを覚えているような詩、有名な作家の詩、詩の世界の古典(?)からはじめて、そこから詩の読み方を自分なりに探求したり、好みを発見したりしたいと思います。

お勧めやこれは必須と思われる作詞家、詩集を教えてください。
作詞家は国内外といません。
片っ端から読んでいこうと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1、和歌 
○古典 『万葉集』『古今和歌集』『新古今和歌集』 が良いと思いますが 手始めに 『百人一首』から
○近代では 斎藤茂吉『赤光』など

2、俳句 松尾芭蕉『奥の細道』 ほかに 蕪村 一茶 など

3、近代詩現代詩
室生犀星 詩集「愛の詩集」「抒情小曲集」
     小景異情 ふるさとは遠きにありて思ふもの
          そして悲しく歌ふもの
           ‥…
宮澤賢治 詩集「春と修羅」
     永訣の朝 けふのうちに
          とほくへいってしまふわたくしのいもうとよ
           ‥…
中原中也 詩集「山羊の歌」「在りし日の歌」
     春日狂想 愛するものが死んだときには、
          自殺しなけあなりません。
           ‥…
安西冬衛 詩集「軍艦茉莉」
      春   てふてふが一匹辰韃靼海峡を渡って行った

立原道造 詩集「萱草に寄す」
     はじめてのものに
          ささやかな地異は灰を降らしたこの村にひとしきり
           ‥…
伊東静雄 詩集「わがひとに与ふる哀歌」
     帰郷者  自然は限りなく美しく永久に住民は
          貧窮していた
           ‥…
吉本隆明 詩集「固有時との対話」
      街々の建築のかげで風はとつぜん生理のようにおちていった
       ‥…
吉増剛造 黄金詩篇  ‥…‥…
          下北沢裂くべし、下北沢不吉、日常久しく恐怖が芽 
          生える、なぜ下北沢、なぜ

その他 阿久悠 中島みゆき 尾崎豊 などなど は まだ 道ばたに転がっているから 誰にでも拾えるでしょう。

こういうものを書かせてもらって、すごく楽しかった。
ありがとう。

1、和歌 
○古典 『万葉集』『古今和歌集』『新古今和歌集』 が良いと思いますが 手始めに 『百人一首』から
○近代では 斎藤茂吉『赤光』など

2、俳句 松尾芭蕉『奥の細道』 ほかに 蕪村 一茶 など

3、近代詩現代詩
室生犀星 詩集「愛の詩集」「抒情小曲集」
     小景異情 ふるさとは遠きにありて思ふもの
          そして悲しく歌ふもの
           ‥…
宮澤賢治 詩集「春と修羅」
     永訣の朝 けふのうちに
          とほくへい...続きを読む


人気Q&Aランキング