現在の日本のブロードバンドの整備状況や利用率は世界に比べてどうなのでしょうか?ヨーロッパなどでは整備されているが利用者が少ないとか聞いたので・・・

A 回答 (2件)

いろいろなサイトを簡単に斜め読みで漁ってみたところ以下のような感じで、


最も進んでいるのは韓国、続いて、シンガポール、アメリカ、日本。
ヨーロッパはさらに遅れている、という状況のようです。

日本 10% 300万(うちDSL:100万以上)(2001年末)
アメリカ 10~20% CATV:710万 DSL:420万(2001年末:予測)
韓国 60%超 (うちDSL:450万以上)(2001/6)
シンガポール 全世帯が接続は可能

ヨーロッパ 5%程度(2001/6)
 スペイン DSL:13万
 イタリア DSL:10万
 フランス DSL:10万
 ドイツ DSL:60~100万(2001/10)

http://www.watch.impress.co.jp/broadband/column/ …
http://www.nhk.or.jp/bunken/NL/n030-n.html
http://www.hotwired.co.jp/news/news/business/sto …
http://www.rbbtoday.com/column/arimoto/20011126/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いっぱい参考サイトを上げていただきありがとうございました。

お礼日時:2002/01/22 09:09

整備状況は都心部に限ってはかなり良いと思います。


ただ地方になるにつれて、悪くなっていきます。
整備するためにはお金がかかりますが、整備されてもそのお金が回収する見込みが立たないためです。
企業がやるので、ビジネスとして儲けがないとやらないのは当たり前といえば当たり前ですよね。

利用率はADSLを中心に右肩上がりです。
ただ、光ファイバーなどが後ろにあるのでまだどうなるか分かりませんけどね。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報