ベース、ギターのメンテナンスについてお聞きします。

ネックの反りなんですが、弦を張った状態で1フレットと最終フレットを押さえ、真中辺のフレットと弦の間に出来た隙間を見て調整する、というのはわかるんですが、その隙間はどのくらいなのがベストなんでしょうか?
それぞれの好みや楽器の状態で変ってくるのかもしれませんが、何か目安のようなものを教えていただければ嬉しいです。
できれば、ベース、ギター、それぞれについて教えていただけますか?

また、ギターのPUの高さの調整ですが、ハムのフロントPUの場合、どのくらいの高さにすればよいでしょう?
こちらも何か目安となる数字などを教えていただければ嬉しいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ネックの反りはそのやり方でもいいですが、僕の場合それは最終確認の気休め程度に考えています。

目で見て反りを判断した方が良いんじゃないでしょうか。ねじれも同時にわかるし。上から下から見上げたり見下ろしたりして確認できるようになった方がいいですよ。
 PUの高さはとりあえずリヤとフロントの音量が同じになるようにしましょう。もしくはどちらかをちょっと低め(高め)とかにしておけば、カッティングとソロ等で音量が変えれていいかも。全体的な高さとしては高いほど大きな音になりますが、上げすぎるとカリカリいっちゃうので、悪くない音でパワーが出てるなってとこまで上げたら良いのでは?1弦と6弦の音量にも気を付けてください。クリーントーンだと6弦側の方が大きく聞こえちゃったりすることを踏まえて調整して下さい。
    • good
    • 0

ネックの反り調整に関してだけです。


>弦を張った状態で1フレットと最終フレットを押さえ、真中辺のフレットと弦の間>に出来た隙間を見て調整する、というのはわかるんですが、その隙間はどのくら>いなのがベストなんでしょうか?
 普通紙1~2枚がスッスッと抜き差しできるくらいが適当です。
つまり、気持ち順反り気味、というところですね。それで弾いてみて、弦が指板にあたってビリついたりしなければOKでしょう。ただ永く使っているとネックやネックの付け根の状態が変わってきていますので、必ずしもネックがまっすぐならいいと言うわけではありません。ビリつかずに弾きやすい状態に調整するのがいいです。
    • good
    • 0

コンニチワ。


1フレットと最終フレットを押さえたその隙間は、
紙1枚分くらいですっ。って本に書いてたの覚えてます。
隙間あるか無いかくらいでいいらしいですよっ。
といっても、私自身反っているかどうか、
チェックできないんで本当かどうかは分かりませが。。。

PUの高さって、高いとサスティーン落ちるんでしたっけ?
回答の筈なのに、無知全開ですいませんっ!
とりあえす私は、パワー欲しさのあまりリア,フロント共々ギリギリまで上げておりますっ!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターの指先押弦とフレットハンドでの高音弦ミュートの矛盾

ギターで単音を弾く際、弦の共振を抑えるために弾いている弦より低音弦はピックを持っている手で、高音弦は押弦している指の第1関節より下の方を当ててミュートしています。しかし、そのようにして高音弦側をミュートしてしまうとどうしても指が寝てしまい、指の腹で押弦するようになってしまいます。
「ギターの押弦は指先でした方がいい音するためそうすべきだ」、「ギターという楽器は共振してしまうため、抑えるためにミュートすべきだ」両方の意見を見るため、なかなか納得できなくなってしまいました。

皆さんはどのように単音を演奏していますか?
共振を気にせず指で立てる
共振を抑えるために腹で押さえる(私はこのケースが多いです)
指先で押さえて使ってない指で共振ミュート(最近練習していますが、指がかなり忙しい)
その他...

皆さんのこだわりを教えてください。

Aベストアンサー

左手のキーマンは親指と人差し指です。
左手のミュートはほぼ全てこの2つの指で賄っていると言っても過言ではないです。
寝かせると言っても60度ぐらいで既に直ぐ下の弦は触ってると思います。
また、4弦から上では人差し指はほぼ寝ていますね。
3弦から起き始めて1弦では完全に起きていますが、運指次第では寝ています、と云うか縦移動も有りますから、常に同じフレットを押さえた状態で力(気持ち)を入れてない状態で何時でも鳴らせる準備が出来ている状態です。
他の指はどの場合もほぼ立っていますが、やはり4弦から上では寝た感じになります。

総じて、人差し指は常に寝た感じの状態で他は立ってる感じですかね。
つまり、コードを押さえた時と同じ様な状態と云えると思います。
バレーコードでは無く、Fを親指6弦で弾く時と似た感じの手の形が常に有る状態ですね。
勿論、5、6弦を人差し指で弾く時はバレーコードの様になりますよ。
大体ですが、654弦では親指はネックの支えになって、4321弦では親指も6弦や5弦を触ってる感じです。
4弦が切り替えのタイミングですね自分の場合。
しかしこれは人に寄って違うでしょう、すべて親指はネックの支えになってる人(クラシックギター風)も居るでしょうし。

左手のキーマンは親指と人差し指です。
左手のミュートはほぼ全てこの2つの指で賄っていると言っても過言ではないです。
寝かせると言っても60度ぐらいで既に直ぐ下の弦は触ってると思います。
また、4弦から上では人差し指はほぼ寝ていますね。
3弦から起き始めて1弦では完全に起きていますが、運指次第では寝ています、と云うか縦移動も有りますから、常に同じフレットを押さえた状態で力(気持ち)を入れてない状態で何時でも鳴らせる準備が出来ている状態です。
他の指はどの場合もほぼ立っていますが、...続きを読む

Qアコギって、弦とフレットが付いてる板が平行なのが普通ですか? 1フレットと弦の間は近いのに、20フレ

アコギって、弦とフレットが付いてる板が平行なのが普通ですか?
1フレットと弦の間は近いのに、20フレットと弦の間が5mmぐらいあるのですが。
弾いてみたいなぐらいの軽い気持ちでネットで安いのを買ったので、決して良いギターではないです。

Aベストアンサー

5ミリはちょっと高すぎるかもしれませんね。楽器屋(ギター屋)さんで、弦高調整してもらったら弾きやすくなると思いますよ。

Qギターで7フレット1弦の同音異弦を教えてください

エレキギターで曲をやっていて
どうしても前の音から次の音の7フレット1弦にいくのに
時間がかかってしまうのです

7フレット1弦と同じ音の弦はどこですか
教えてください

Aベストアンサー

自分で同じ音を探すのも勉強ですが。。。
弾きながら聴き比べるだけなので難しくはないです。ぜひ自力でも探してみましょう。
回答としては、
2弦の12フレット、
3弦の16フレット、
4弦の21フレットに同じ音があります。

しかし普通は指定されている運指が一番弾きやすいものですよ。
頑張って練習してください。

Qウクレレ4弦の3フレットと4フレットが同じ音に

趣味で弾く程度のウクレレを独学でやっています。

最近、4弦の3フレットを押した音と4フレットを押した音が同じようになってしまいました。
(添付動画の通りです。)

楽器屋に見てもらうのが良いとは思うのですが、ウクレレはハワイで買ったものであり
また家の近くに楽器屋もなく、見てもらえるかどうかもわからないので、少し困っています。

もし個人で何か対処できる方法がありましたらご教示頂ければ幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=rCzTa3e3zz4

Aベストアンサー

これは、LOW-Gチューニングですね。第4弦がスタンダード(レギュラー)チューニングよりも1オクターブ下でOKです。
第三フレットが低いか、第四フレットが高いかということで、第三フレットを押さえても、第四フレットを押さえても、結局第四フレットの頂上が弦にふれているという現象ですが、根本的にブリッジ(サドル)が低い場合が大半です。木の板か、牛骨の板、あるいはプラスチック製のサドル材を買ってきてヤスリで調整して作り直すのが本来ですが、素人には難しいです。ハワイで数千円で買われたものなら、楽器というよりおみやげ物なので、そのような物が多いです。修理費のほうが高くつくので、ウクレレが好きになったのなら日本製の購入を考えたほうが良いと思います。ハワイで5~6万円出して購入された本格品なら、楽器屋さんでそれなりの費用で修理調整をされたら良いと思います。コアロハ、カマカ、Gストリング、というのが量産のハワイブランドの御三家ですが、現地では調整はよい加減で、正規に輸入されたものは、販売する問屋さんや楽器やさんが調整してから店に出しています。
ちなみに、「Low-Gチューニング」はオータ・サンが始めたチューニングで、どこでも通用しますが、「ハイGチューニング」という言い方は、日本人の恥ずかしい間違いで、ウクレレがギターの人に馬鹿にされる一因でもあります。ギターではダウンチューニングがありますが、レギュラーチューニングを「アップチューニング」とは言いません。本来のチューニングに対してLowがありHighがあるので、普通のチューニングは「スタンダード」または、「レギュラー」という言葉が正解です。
「ハイジー」という言葉が蔓延してきているので、阻止しようとしていますが、力が及びません。

これは、LOW-Gチューニングですね。第4弦がスタンダード(レギュラー)チューニングよりも1オクターブ下でOKです。
第三フレットが低いか、第四フレットが高いかということで、第三フレットを押さえても、第四フレットを押さえても、結局第四フレットの頂上が弦にふれているという現象ですが、根本的にブリッジ(サドル)が低い場合が大半です。木の板か、牛骨の板、あるいはプラスチック製のサドル材を買ってきてヤスリで調整して作り直すのが本来ですが、素人には難しいです。ハワイで数千円で買われたも...続きを読む

Qギターの2弦の2と3フレットの音が同じ

ギターの初心者ですが、2弦の2フレットと3フレットの音が同じで困っています
他の所は問題ないのですがこの場所だけ音が同じです。それと弦がヴィーンとなります
こうなった場合は、直すことができるのでしょうか?
ギターはストラトタイプです

Aベストアンサー

2弦2フレットを押えても2弦3フレットの音が出る、と解釈しました。
恐らく、2フレットを押えたときに弦高が下がり、3フレットに当たり、ヴィーンと響き、3フレットの音程が鳴っているものと思います。

2弦の弦高が低くありませんでしょうか?
ブリッジの駒を上げて試してみて下さい。
それで改善されたら6弦全体の弦高のバランスを調整してみて下さい。
更に、オクターブチューニングを行うことも忘れずに。

他の推定原因は、
フレットの摩耗、
ネックの反り、ねじれ、
これらの原因が複合している、
などが考えられます。
これらの場合はリペアショップに相談するのが妥当かと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報