先日アンコウ鍋を食べる機会があり、気に入ってしまいました。
アンコウ鍋に入れる相性のいい食材、作り方をしりたいのですが、教えていただけますか?
アンコウのほかに魚を入れても、うまいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アンコウ鍋、美味しいですね。


私は水炊きにして、肝をつぶして入れたポン酢で食べるのが好きです。

アンコウ鍋は、水炊きにしてポン酢で食べるか、味噌鍋にするのが一般的だと思います。

入れる材料は、普通のお鍋の材料でいいと思いますよ。
白菜・大根・しいたけ(きのこ類)・豆腐・長ネギなど

他の魚は入れないほうが、味が混ざらずおいしいのではないでしょうか?
白身の癖のない魚でしたら、入れてもかまわないかもしれませんね。
でも、私でしたら、アンコウだけでお鍋を楽しみます。

味噌味
http://bird.zero.ad.jp/~zam14869/ankou/process/i …

アンキモ味噌味
http://www.fujitv.co.jp/jp/supernews/info/mi_101 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。紹介いただいたHPも大変参考になりました。早速試してみます

お礼日時:2002/01/13 06:46

相性というと自信は無いですが。

。。m(__)m

アンコウ自体は淡泊ですので、何にでもあうと思いますよ。
野菜なら白菜・春菊・水菜・。・。・大根も下ゆでして入れると美味しいですね。
魚なら同じく淡泊なカワハギ・タラ・河豚・・・・牡蛎を入れても美味しいです。

個人的にお薦めのなのは「コチュジャン」を入れて辛い鍋にするのが好きです。
身体も暖まりますし、食欲も増進しますので良いですよ。
市販の「キムチの素」入れても美味しく出来ます。

ご参考までにどうぞ。。(^_^)/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キムチとは、以外でした。早速試してみます。ありがとうございました。BENIGENさんは、カワハギ・タラ・河豚・・・・牡蛎などお使いになることがあるのですね。魚の豊富な土地にお住まいのようですね。羨ましいです。こちらは埼玉県です。カワハギは魚屋で見たことがありません

お礼日時:2002/01/13 06:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあんこう鍋の量

今日通信販売で買った「あんこう鍋の素」が届きました。
中身はあんこうの身(300g)と肝(少ないです)、出し汁です。これで2~3人前だそうです。

2人で食べるには、あんこうの身の量はちょうどいいかんって感じなんですけど肝の量がこれで大丈夫なのかな~??って思っています。
肝の量はお弁当に使う小さなアルミ箔に入るくらいの量です。
肝は買い足したほうがいいのでしょうか??
初めて作るのであんこう鍋のおいしいレシピもお願いします♪

Aベストアンサー

うちでは肝も好きなので買い足しています。
そして、味付けして鍋にするのではなく うちでは普通に水炊きするような感じで昆布だけ入れて炊き、食べる時にポン酢をつけて食べるのが好きなのですが、ポン酢ににんにくの摩り下ろしたものを入れています。次の日には匂うのが欠点ですが、温まるし、美味しいですよ。

Qプーアル茶と魚の油(不和脂肪酸)の相性について

プーアル茶と魚の油(不和脂肪酸)の相性について

プーアル茶は油分を体から排出・分解すると聞きますが、お肉から出る油とは違って体に良いとされる魚の油も体から排出されてしまうのでしょうか?

うちでは、健康のことを考え魚を食べるよう心がけているのですが、もしせっかく採った不和脂肪酸が排出されてしまうなら、食後に飲むプーアル茶は採らない方が良いのではないのか悩んでいます。

食べ物は、分解されて初めて吸収されるとのことなので、プーアル茶の油を分解する効果はいいのかな?と思っているのですが。(あまり詳しくないのでもし間違ってたら訂正していただけるとありがたいです)

どなたか詳しい方が居たら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足に対する回答が遅くなり、申し訳ありません。

まず、食品や飲料で「○○に良いとかダイエットに効果が…」と言う物は医薬品などと異なり効果が立証されている物ばかりではありません。
医薬品であれば有効成分が効果のある濃度が含まれていますが、上記の様な文言を謳った食品や飲料は「□□と言う食品には○○に効果がある(もしくはそう言われている)△△△を(効果があるかどうかわからないほど薄い濃度でも)含んでいる」から「□□は○○に良いと言われている」とかになります。

まさに補足にあるような「プーアル茶 には、摂取した脂肪分を体外に排出する作用があり、また、体脂肪を減らす効果のあるカテキンが含まれているため、肥満防止やダイエットに効果的といわれています。」と同じですよね。

医薬品じゃないので肥満防止に効果があるとか、痩せるなどの効果を謳うことはできませんし、そんな効果も無いでしょう。

逆の例になりますが、「おみそ汁には高血圧の原因になる食塩が多く含まれている」だから「おみそ汁は体に悪い」とはなりませんよね?
ただ、どちらの場合もプーアル茶ならカテキン、おみそ汁なら食塩を摂取する量が一定以上の場合には効果が出ると言うだけで、良くも悪くも日常の摂取量ではそれほど影響しません。

他の方がプーアル茶には油を分解する効果が無いと言われていますが、ウーロン茶やプーアル茶は菌を使って発酵しているのですがこの菌がリパーゼを産生するため、ウーロン茶やプーアル茶にはリパーゼがわずかではありますが含まれます。

リパーゼがダイエットに良いと言われている時期もありましたが、先の質問にもあるように最近はリパーゼ抑制の方が良いと言われており、私も「リパーゼ摂ったからと言って痩せるかよ」って思っております。


ちょっと最初の回答に対する良いわけですが、当初の質問では脂肪に対する分解の話が出ていたのでリパーゼの話をメインにしましたが、補足があったので吸収に関する話を。

最初の回答にも書きましたがプーアル茶にはカテキンが含まれており、このカテキンは脂肪の吸収抑制効果があります。
なぜカテキンが脂肪の吸収抑制効果があるかというと、脂肪を吸収できる大きさまで分解するリパーゼという酵素の働きを抑制することにより、分解されなかった脂肪は吸収されないのでそのまま排出されると言うことです。

ただ、ここで一言、ややこしいのですが先ほどから言っているプーアル茶に含まれるカテキンですが、化合物名のカテキンではありません。
他の方が言っているようにプーアル茶に含まれるカテキンは茶カテキン(コレもカテキンと言う化合物ではありませんが…)が重合してできたポリフェノール(俗に言う重合カテキン、この名称も…)が含まれています。
プーアル茶やウーロン茶はお茶を発酵して作っており、この発酵の際にお茶に含まれる茶カテキンが重合して重合カテキンと言われているポリフェノールができます。

メーカーによってこのポリフェノールのことを、ウーロン茶ポリフェノールとかプーアル茶ポリフェノールと言っています。
これらポリフェノールの薬効については↓
http://www.suntory.co.jp/news/2006/9466.html
これらの効果でプーアル茶はダイエット良いと言われています。

この効果は脂肪に働くリパーゼですので肉の脂肪だろうと魚の脂肪だろうと分解を抑制します。


それで結論なのですが、リパーゼやカテキン(ポリフェノール)等のそれぞれの成分には確かに生理活性があるのでしょうが、おみそ汁の例えに書いたように健常な人が通常の摂取量で飲食する分にはそれほど気にしなくても良いと思います。

補足のもう一つの質問についてですが、リパーゼはお茶から摂取しなくても食事を摂れば体内で出てきます(じゃないと消化できませんよね?)。
お茶飲んだくらいじゃそんなに変わらないと思いますよ。


参考URLにもありますがお茶飲んだだけでダイエットなんて事はちょっとあり得ないですね。

参考URL:http://allabout.co.jp/gourmet/chinesetea/closeup/CU20011225A/

補足に対する回答が遅くなり、申し訳ありません。

まず、食品や飲料で「○○に良いとかダイエットに効果が…」と言う物は医薬品などと異なり効果が立証されている物ばかりではありません。
医薬品であれば有効成分が効果のある濃度が含まれていますが、上記の様な文言を謳った食品や飲料は「□□と言う食品には○○に効果がある(もしくはそう言われている)△△△を(効果があるかどうかわからないほど薄い濃度でも)含んでいる」から「□□は○○に良いと言われている」とかになります。

まさに補足にあるような「プーアル茶...続きを読む

Qおいしいあんこう鍋のお店、教えてください!

 こんにちは。いつもお世話になってます。
さて、私はあんこう鍋を食べたことがありません。
毎年「食べたいな~、食べたいなぁ~」と涎を垂らしながら、夢見て終わってしまいます。
「今年こそは!」という意気込みなのですが、どなたか都内で、おいしいあんこう鍋が食べられるお店をご存じでしたら、
是非教えてください。
自分なりに調べたのですが、引っかかっているのが次の点です。

・店によって、値段の開きがかなりある。
これはいいあんこうを使っているとか、そういうことで違うのかもしれませんが、どれを目安にしていいか分からない。
・あんこうに真剣に取り組んでる(?)お店が分からない。(調べると、「あんこう鍋「も」やっています」的なお店が多い??)

・・・・・など書きましたが、結局、「初めてなんだから、うまいあんこう鍋が食いたい!」です。(苦笑)

できれば、
・そのお店のおすすめメニュー
・一人あたりの予算
などを教えて頂けると嬉しいです。

色々うるさいですが(苦笑)、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

どっちの料理ショーで出てました
神田 新八
http://www.geocities.jp/t_sekizuka/tubuyaki/sinpachi_ankou/sinpachi_anko.htm

あと月島にあります。 ほていや
http://www.unisys.co.jp/club/shop/hoteisan.html

Q肝臓にいい食材、蛋白質を効率よく摂取できる食材を教えてください。

肝臓にいい食材、蛋白質を効率よく摂取できる食材を教えてください。また、効率よく取ることのできる食べ合わせなどがありましたら教えてください。ちなみに自分が食べれないものは脂っこいもの、牛乳、牛肉です。

Aベストアンサー

私もちょっと肝臓に問題があって(多少)気を使っています

本などによれば『。必須アミノ酸を多く含む魚や肉、大豆、大豆製品、卵、牛乳など…』なので 牛関係を除いた食材で賄えると思いますが…

玉子豆腐や 普通の大豆のお豆腐の料理なら 大丈夫でしょう

・豆腐+ひき肉→麻婆豆腐
 (油を使う普通のレシピではなくて 味付けだけマーボーの煮物みたいな状態で)


カスタードプリンや ゼリー(ゼリーもたんぱく質です)も良いですよ^^;

Q茨城であんこう鍋の美味しい宿を教えて下さい

泊りがけで茨城に行ってあんこう鍋を食べたいと思っています。

民宿でも旅館でも宿のタイプは何でも構わないので、とにかく地元ならではの美味しいあんこう鍋を食べられるところを教えて下さい。
このエリアという場所の指定も特にないのでお薦めの宿を教えていただけると有難いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

平潟の民宿でしたら、こちらで検索してみてください。
http://www4.zero.ad.jp/ucchy/ankou/yado/index.html
どぶ汁という本場物の鍋が味わえるはずです。

あとはこちら
http://www.sankaikan.co.jp/
旦那が昨年末に行って、うまかったと言っていました。

Qマイナスカロリー食材

先日、料理のカロリーを調べていたところ、マイナスカロリー食材なるものを紹介しているページがありました。
簡単に言うと、食べたものをエネルギーとして使用するにもカロリーが必要で、物によっては摂取したカロリーよりも消費するカロリーの方が高い食材の事なんだとか。例えばセロリなんかは5kcal摂取するとそれをエネルギーに変えるためにはその何倍ものカロリーを消費する、すなわち食べれば食べるほど痩せる、とありました。スイカなどは摂取と消費がニアイコールで、いくら食べても差し引きゼロらしいです。
果物なんかにはこういった食材が多いらしく、いろいろ書いてましたが・・・。
さて、これらの話がどこまで信用できるのか、というのが質問です。確かに直接エネルギーを補給しているわけではなく、加工にカロリーを消費するという説にも一理はありそうです。しかし、これがマイナスになるというのも信じがたい話です。例えばスイカばっかりお腹一杯食べたとしたら、基礎代謝を賄うカロリーがなく、あっという間に痩せ細るということになるのだろうと思うのですが、この手の話に詳しい方、おられましたらご意見伺いたく。うまく活用できればかなり楽にダイエットもできるようになりそうですが・・・。
宜しくお願い致します。

先日、料理のカロリーを調べていたところ、マイナスカロリー食材なるものを紹介しているページがありました。
簡単に言うと、食べたものをエネルギーとして使用するにもカロリーが必要で、物によっては摂取したカロリーよりも消費するカロリーの方が高い食材の事なんだとか。例えばセロリなんかは5kcal摂取するとそれをエネルギーに変えるためにはその何倍ものカロリーを消費する、すなわち食べれば食べるほど痩せる、とありました。スイカなどは摂取と消費がニアイコールで、いくら食べても差し引きゼロらし...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

No.2回答にDITが触れられているので補足すると、DITの向上がはっきりと認められるのはタンパク質摂取時とアルコール摂取時で、炭水化物摂取時や脂肪摂取時のDIT効果はまだ不明です。文献によっては、炭水化物や脂肪では、DITの向上が認められなかったというものもあります。なおDITはタンパク質の場合で、摂取カロリーのせいぜい10%程度とされていて、とても食品の持つカロリー全体を覆すというわけにはいきません。つまりDITの効果が最も期待できるタンパク質の場合であっても、マイナスカロリーにはならないということです。

なお、No.1回答に書いたように、この手のカロリー(代謝量)を正確に測定する技術は現在存在しません。DITの測定は被験者を密閉空間の中で何時間あるいは数日間生活させて、組成とカロリーが既に判っている食事を摂らせ、換気システムを通じて被験者が吐き出す二酸化炭素の量を計測するという涙ぐましいことを行います。被験者によって測定結果にさまざまな誤差(例えば排泄など)が含まれますから測定はなかなか難しいようですよ。内臓や筋肉単位の消費カロリーなど正確に測定できるはずもありません。

如何にも確立された数値らしいことを語っている情報は大抵ガセですから気をつけてください。

野菜のDITはあまり期待できません。野菜が太らないのは単にそれ自体ローカロリーだからということと、食物繊維が含まれているので食事全体のGI値を下げる効果があり、食欲を抑えられるということだと思いますね。

ということで、繰り返しますが「マイナスカロリー食材」なるものの存在はまだ確認されていません。理屈から言って、野菜は全然ダメで現状維持がやっと、果物は糖分が高いのでもっとだめで、却って太ることになると思います。

参考までですが、人間は森で果実を採取して生活していた動物から進化したので、人間の身体は果実を消化するのに最適化されており、ほとんどエネルギーロスなしで果物からカロリーを摂取できる、という人もいるようです。

こちらは本当かどうか判りません。

No.1です。

No.2回答にDITが触れられているので補足すると、DITの向上がはっきりと認められるのはタンパク質摂取時とアルコール摂取時で、炭水化物摂取時や脂肪摂取時のDIT効果はまだ不明です。文献によっては、炭水化物や脂肪では、DITの向上が認められなかったというものもあります。なおDITはタンパク質の場合で、摂取カロリーのせいぜい10%程度とされていて、とても食品の持つカロリー全体を覆すというわけにはいきません。つまりDITの効果が最も期待できるタンパク質の場合であっても、マイナスカロリーには...続きを読む

Qあんこう鍋ってこんなの?

さいたま市からはるばる北茨城まであんこう鍋を食べに行きました。去年も行ったのですが、あんこうの身が皮と骨ばっかりでがっかりだったので、今回は「白身たっぷり」のおいしいあんこうを食べよう!とはるばる出かけました。お店のおばちゃん曰く、「あんこういっぱい入ってますよ」の声に期待し蓋を開けましたが、それほどでもない感じ。食べてみると、骨と皮ばっかり。よく、このゼラチンがおいしい、といってますが、皮なんかクチャクチャしておいしくないと思う。ひょっとして、あんこう鍋というのはこういうものなのでしょうか?それとも、白身たっぷりの鍋を食べられるのでしょうか?お金を出せば?ちなみに、私が食べたのは、1人前2,730円でした。できれば、再チャレンジでもう一回食べたい・・

Aベストアンサー

アンコウ自体元々軟体な深海魚ですので、皮の部分が目立ってしまい、白身を食べた感じがしなかったのか、実物を見ていないのでなんともいえませんが、普通アンコウ鍋といえば、白身の部分と肝が美味しいモノですが・・・皮というかヒレの部分なども確かにコラーゲンたっぷりで美味しいですが、それだけの鍋というのも「??」といった感じです。
まぁ、2,730円でアンコ鍋食べられる事自体驚きですが(笑)
もしかしたら、小ぶりなアンコウを鍋に入れたので、そこまで身がなかったのかもしれません。
とにかく折角出向いたのに、そのような経験は非常に残念ですよね。

Q肌荒れに効く食材

最近肌荒れが気になります。ビタミンを摂るといいと聞きました。でもAやらCやら良く分かりません。何が一番いいのでしょうか?また、それを一番含んでいる食材はなんですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 肌荒れに効果的なのは主にビタミンA/B2/B6/C/Eを含む食材です。

 脂溶性ビタミンは、摂取量に規定値があります。また、水溶性ビタミンは過剰に摂取しても尿とともに排出されますので、普段の食事に意識的にとりいれてるだけでも十分だそうです♪

[脂溶性ビタミン]脂質と一緒に摂取する事で吸収率がアップ
・ビタミンA(皮膚や粘膜を正常に保ちます)
 卵黄、レバー、緑黄色野菜、牛乳 等
・ビタミンE(体の老化の原因、活性酸素の増加防止)
 落花生、うなぎ、青背魚、植物油 等

[水溶性ビタミン]水に溶けやすいので、長時間水にさらしたり、ゆですぎに気をつけて下さい。
・ビタミンB2(抗酸化作用)
 納豆、レバー、牛乳、チーズ 等
・ビタミンB6(皮膚の抵抗力を高めます)
 魚類、レバー、バナナ、さつまいも 等
・ナイアシン(血行を良くし、抗皮膚炎作用があります)
 魚類、レバー、卵、豆類 等
・ビタミンC(抗酸化作用、皮膚や粘膜などを強くします)
 果物類、野菜類、いも類 等

 その他、以下URLに分類別の食材や(ビタミン等の)効果が載ってますので参照してみて下さい。
>> http://www.shokuiku.co.jp/index.html

 肌荒れに効果的なのは主にビタミンA/B2/B6/C/Eを含む食材です。

 脂溶性ビタミンは、摂取量に規定値があります。また、水溶性ビタミンは過剰に摂取しても尿とともに排出されますので、普段の食事に意識的にとりいれてるだけでも十分だそうです♪

[脂溶性ビタミン]脂質と一緒に摂取する事で吸収率がアップ
・ビタミンA(皮膚や粘膜を正常に保ちます)
 卵黄、レバー、緑黄色野菜、牛乳 等
・ビタミンE(体の老化の原因、活性酸素の増加防止)
 落花生、うなぎ、青背魚、植物油 等

[水溶性ビタミン]水...続きを読む

Q* あんこう鍋が食べられるところ *

これからの季節、あんこうが美味しいですよね!

今度、福島県相馬(松川浦)にお泊りに行きます。
その時、近くで『あんこう鍋』が食べられるお店を探しています!
調べたら、いわき~茨城にかけてしかお店を探せなかったので、
相馬近くで食べさせてくれるところを教えていただきたいです!!

相馬からいわきまで1時間くらいあれば行くのであれば、
それでもかまわないと思ってはいるのですが・・・教えてください、お願いします!

Aベストアンサー

松川浦でしたら、お泊りになる宿で夕食に出してもらったほうが良いと思いますよ。外に食べに行く場所=旅館や民宿 ですし、そこでも予約が要りますので。
11月から、あちこちの宿であんこう鍋プランみたいなのが始まります。
たこ八はラストオーダー18時なので注意。

相馬からいわきまでは、車で2時間以上掛かります。

Q五色の食材 青 黒 赤 白 黄

毎日の食生活で摂取したほうがよいといわれる、
5色の食材って具体的になにがあるんでしょうか?

[青]

[黒]

[赤]

[白]

[黄]

Aベストアンサー

陰陽五行説の五味五色のことですね。

[青]ほうれん草、キャベツなどの緑の野菜、他わかめ、こんぶなどの海草

[黒]黒米、牛・豚などの肉類、海苔、黒ゴマ、黒豆など

[赤]赤唐辛子、ニンジン、トマト、茄子、巨峰、黒ぶとうなど

[白]米、魚介類、卵白、玉ねぎ、じゃがいも、大根、豆もやし、梨など

[黄]地鶏などの鶏肉、卵黄、カボチャ、柿・みかんなど果物、ハチミツ

などだそうです。
五色のほかに五味も毎日摂取したほうが良いとされてるようですね。
キムチは1品でこの五味五色を持っているそうです。

「五味五色」で検索するといろいろ調べられます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報