ORPの確認の仕方はpH標準液にキンヒドリンを入れるそうですが
このキンヒドリンは何のために入れるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

rei00 です。

補足拝見しました。

 ORP 電極で測定して得られた酸化還元電位が正しいかどうかを調べるわけですね。と言う事であれば,酸化還元電位が分かっている化合物について測定して,正しい値が得られるかどうかを調べれば良い事になります。そのための化合物としてキンヒドロンが使用されているのでしょう。

 と,おそらくお知りになりたいのはこう言った事ではなくて,何故キンヒドロンかという事じゃないのでしょうか?

 「化学辞典」(東京化学同人)の「キンヒドロン」,「キンヒドロン電極」の項を見ると,『キンヒドロン(Q2H2)はベンゾキノン(Q)とベンゾヒドロキノン(QH2)が1分子づつ結合した分子性結晶で,その溶液は等濃度の Q と QH2 を生じ,電位(V vs. SHE)は 25℃で E = +0.6998-0.05916XpH となる』事が書かれています。

 ですので,標準化合物を幾つも用意しなくても,pH 標準液(入手容易)とキンヒドロンだけで複数の測定ができます。このため,キンヒドロンを使用していると思われます。

 いかがでしょうか。専門外の内容にかなりの推測を交えていますので,専門家の方フォロ-(お叱り?)よろしくお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

非常に参考になりました。

お礼日時:2002/01/20 06:50

 すみませんが,ご質問がわかり難いですので以下の点について補足下さい。



・ORP とは何の事ですか?
 Oxidation-Reduction Potential(酸化還元電位)ですか?

・「確認」とはどういう意味ですか?
 測定ではないのですか?

・行なう操作について,もう少し詳しくお書き下さいませんか?

この回答への補足

質問の内容ですが、酸化還元電位を測定するORP電極の点検に関する
ことです。

その点検方法は、pH標準液にキンヒドロンを添加したものを測定し
適切な電位が測定できるかどうかを調べます。

そのときに加えるキンヒドロンの役割についてご質問しています。

つたない質問の仕方でご迷惑おかけしました。

補足日時:2002/01/11 19:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMgOとMg(OH)2水溶液がフェノールフタレイン液では赤くなるのに、PH試験紙でPH10を示しません

単純にMg(OH)2のPHが10.5であることを確認するために
MgOパウダー1.5mg(約1mm粒子を乳鉢で10-100μmに砕いたもの)に
PH7.0の沸騰させた水道水100ml(試しで純粋を使用するのがもったいなかったので)を
注ぎ込みスターラーで攪拌しました。
(文献によるとMg(OH)2の溶解度が0.9-1.2mg/100mlとのことなので、予定では沸騰水によりMgOがMg(OH)2に
変化しているつもりでした)

1分後、5分後、30分後、60分後、90分後とPH試験紙で確認しましたがPHが7.0のまま変化ありません。
同様にMgOも常温水で試したのですがPH試験紙はPH7.0のままでした(文献には水溶液はPH10.3とあったのですが)
ちなみにフェノールフタレインを滴下すると一瞬で赤くなります(MgO水溶液もMg(OH)2水溶液も)。
フェノールフタレインはPH約8.3-10で赤くなるということなので、このまま理解するとPH8.3以上なのに
PH試験紙ではPH7を示すというよくわからないことになっちゃってます。
(NaOH水溶液ではPH試験紙はPH12を示したので不良品ではないと思います)

何とか手持ちのMgOをMg(OH)2に変化させて、その変化をPHの観点から示したいのですが…。
(その他にMgOがMg(OH)2に変化したことを示す方法があれば教えてください)

以下のことは何か影響するのでしょうか
(1)MgOをパウダー化したものは通常のタッパーに保存していました。文献で空気中のCO2と反応して塩基性炭酸マグネシウム
になるとあったのですが、MgO水溶液が塩基性を示さないようになったりするのでしょうか。
(2)文献にはMgOをMg(OH)2にする際は沸騰させたままの水にMgOを添加するようになっているのですが、沸騰水をMgOに注ぎ込む
ことと何か異なるのでしょうか。
(3)フェノールフタレイン液は2年前に購入したものなので劣化とか関係あるのでしょうか
(4)MgOを水道水ではなく常温純水に混ぜたMgO水溶液もPH変化確認できませんでした(純水はPH6.0だったので6.0のまま)。
これもフェノールフタレインでは一瞬で赤くなりました。

単純にMg(OH)2のPHが10.5であることを確認するために
MgOパウダー1.5mg(約1mm粒子を乳鉢で10-100μmに砕いたもの)に
PH7.0の沸騰させた水道水100ml(試しで純粋を使用するのがもったいなかったので)を
注ぎ込みスターラーで攪拌しました。
(文献によるとMg(OH)2の溶解度が0.9-1.2mg/100mlとのことなので、予定では沸騰水によりMgOがMg(OH)2に
変化しているつもりでした)

1分後、5分後、30分後、60分後、90分後とPH試験紙で確認しましたがPHが7.0のまま変化ありません。
同様にMgOも常温水で試したので...続きを読む

Aベストアンサー

余談になりますが、
お礼として書き込まれた本来の目的を達成するためということであれば、
この質問に書かれた事は、そもそも ほとんど関係が無いように、私には思われます。
状況が十分分からないこともあって、本来の目的を達成するための手順を示すことが出来ませんが、例えば、件の「木質系プラスチック」の水分活性の程度を測定すれば、MgOが存在しうるか、Mg(OH)2になっているはずか、判定できそうな気もします。

QICP用の標準液と原子吸光用の標準液との違い

ICP用の標準液と原子吸光用の標準液との違いを教えてください。
濃度が同じならばどちらを使ってもいいと思うのですが。。。

Aベストアンサー

基本的には、どちらを使っても良いはずです。
ただ、ICPの場合は、多元素同時測定をすることが多いと思います。
その場合は、原子吸光用の標準液を(混ぜて)使うわけには行かないので、ICP用を使う必要があります。

QpH標準液の保存について

 現在、ISO規格では6種類のpH標準液が定められていたと思いますが、みなさんはこれらをどのように保存してらっしゃいますか?
 
 私の経験では、室温と冷蔵庫内の保存例を知っていますが、これ以外の保存法をとっておられる方はいらっしゃるでしょうか?
 また、開栓後、どの程度の期間使用されていますか?通常、リン酸緩衝液などは長期保存に適さないとされ、日本薬局方などでも長期間の使用は認められていませんが、pH標準液についてはそのあたりが曖昧になっています。
 商品カタログにも具体的な話は載っておらず、メーカーに問い合わせても歯切れのよい返事が返ってきませんでした。
 
 できれば、JIS規格とか国際ガイドラインのようなものとかを紹介していただけるとうれしいのですが、ご存じのかた、いらっしゃるでしょうか?

Aベストアンサー

蛋白質・核酸・酵素の 1998年2月号から
「見直そう pH測定」という連載がありました。

2回目(3月号)にはpH標準液についての記述があります。
以下引用

---pH標準液は調製後長期間保存することは好ましくなく、
また容器を開封したあとはできるかぎり早く使いきるよう努める。
開封後の pH標準液の保存期間は、使用状況により異なるので、
一概に決めることはできない。---引用終わり

pH測定においては「自分の研究の中で、毎回同じpH値を保つ」
ようにすることが重要だと思います。
ちなみに私の研究室では室温にどーんと置かれています(あまり気持ちのいいものではありませんが)。

QpH11.0のアルカリ水溶液をpH8.0にするには?

タイトルの通りです。

pH11.0のアルカリ水をpH8.0にするために必要なpH7.0の純粋は、体積比でどれだけ必要なのか教えて頂きたいです。

ズバリの数値でなくとも、考え方だけでも教えて下されば幸いです。

Aベストアンサー

大雑把に考えます。

pH11程度ですと.M - CO3 の緩衝溶液程度。
Mの濃度がわからないのでアルカリ土塁として.0.1mol/リットル 程度かな。
pH7.0の純水に空気を飽和させると.CO2濃度は....。
で8だから.CO3 - HCO3 の干渉液となる濃度として.CO3を HCO3にするために必要なHの分量は....。

と考えると見当つくでしょう。手元に数値表がないので具体的計算はできません。

Q204 pHの計算 次の水溶液のpHを求めよ。ただし、電離度はすべて1とする。 (5)0.005mo

204
pHの計算
次の水溶液のpHを求めよ。ただし、電離度はすべて1とする。
(5)0.005mol/Lの水酸化バリウム水溶液
(6)5×10-4mol/Lの水酸化カルシウム水溶液

206
弱塩基の水溶液のpH
0.025mol/Lのアンモニア水中のアンモニアの電離度は0.040であるとして、次の問いに答えよ。
(1)アンモニア水溶液中で電離するようすを電離の反応式で表せ。
(2)このアンモニア水の[OH-]を求めよ。
(3)このアンモニア水の[H+]を求めよ。
(4)このアンモニア水のpHを求めよ。

Aベストアンサー

204(5)12
(6)11
206(2)0.001
(3)1.0×10^-11
(4)11


人気Q&Aランキング

おすすめ情報