BBCの歴史や、日本のメディアとの関わりなどを調べたいのですが、それについてのHPが見つかりません。
なんでもいいので教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 tonkichi36サマ。

こんばんにゃ。

 British Bloadcasting Corpのことですね。
 大学で習ったことですけど、いいでしょうか?

 BBCは「イギリス放送会社」として1922年にラジオ放送を開始しました。
 そして、現在のBBCに改組されたのが1927年。
 テレビの開局が1936年。カラー化が1967年となっています。

 現在は国内向けとして、テレビが2系統。ラジオが4系統。
 さらに、スカパーやBS1、短波ラジオなどに国際放送のサービスを提供しています。

 あと、BBCの東京の支局は麹町の日本テレビの別館に入っていると聞いています。
 こんなところですけど、よろしいでしょうか?
 マサカルチョでした。また、よろしくお願いします(^0^)/
    • good
    • 0

本家に聞くのが早いかと思われます。



参考URL:http://www.bbc.co.uk/thenandnow/history/1920s-1. …
    • good
    • 0

BBCのサイトは以下の通りです。


歴史などについては
・BBC WORLD
 「BBCについて」をクリック
・英国BBC
 下のほうにある「About the BBC」をクリック
 →「ABOUT THE ORGANISATION」の下の「About us」をクリック
  →そこに表示されている項目を確認
すると表示されます。

なお、当然ですが、英国BBCのほうはすべて英文ですのでご注意ください。

参考URL:http://www.bbcworld-japan.com/,http://www.bbc.co …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBBCやCNNが日本のニュースをネガティヴに世界に発信している件について。 FacebookでBBC

BBCやCNNが日本のニュースをネガティヴに世界に発信している件について。
FacebookでBBC、CNNをフォローしているのですが、日本のニュースをどうしてもネガティヴに発信しているのが気になって仕方ありません。日本には英語を話す人も沢山あるのに、コメントで反論しないのも不思議でなりません。
私が必死で応戦したのは、まずは魚を凍らせたスケートリンクのニュース。
案の定、刺身や活き造り、クジラ、イルカ漁と繋げて大バッシング。
もう一つは福岡の道路陥没工事の後、また少々陥没した事。こちらは、「また陥没した」で終わらせているので、「想定内」であり、4時間後には通常に戻っている事が書かれていないので、やっぱりダメじゃんwとなってしまっています。

私は帰国子女なので、こういう事を放置している日本人が理解できません。
だから慰安婦も好き放題に話作られたんだと思っています。
こういう事を言う私は気が強いのでしょうか?焼け石に水みたいだから馬鹿らしいのでしょうか?
悔しいです。

Aベストアンサー

正直質問者さんのような方いるのは心強いです。
私自信ではこの掲示板にでてくる頭が悪いパヨクの人たちの反日活動に
正論を諭して悔しがらせることくらいしかできませんので。
草の根でアピールすることもけっして無駄ではないと思いますので
是非がんばってください

Q【就職したい】バイオと英語、それに「最先端」がキーワードのメディア

広告・出版・記者職志望なのですが、得意の英語&ドイツ語を活かせ、かつバイオの知識を活かせるメディアを就職先として探しています。
08年度新卒です。
最先端技術に関わる会社なら、ITもOKです。
今目をつけているのは日経bpにITmediaなのですが、他にどこかないでしょうか…?
羊土社などのような、専門家向けのニッチ的な感じではなくて、一般向けにも発信している会社がいいです。

Aベストアンサー

一般向けなら、日経新聞社。
流通もありますし、三大紙よりも業界には深く入れますし、
専門メディアに比べて、広範囲な場面で活躍できると思います。
専門誌は全て中小規模の会社で、行動範囲は限られています。
尚、広告と出版と記者では、まったく仕事の内容も求められる
資質も違います。
同じマスコミという見方はしない方がいいと思います。
広告関係は、クリエイティブな能力が求められますし、出版はマネージメント
力、記者は洞察力を求められます。
あなたは、何をやりたいと思っていますか?

QBBCを見たい

数日後に英国本土で放送されるBBCの番組でぜひ見たい番組があります。
この放送はCSやケーブルテレビで日本で見られるBBCではやらないそうです。

直接見るのがいいのですが、たとえ見れなくとも放送の内容を知る方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

BBCのHPに載っている程度の情報ではダメなのでしょうか?。
下記BBCサイトの「TV Channnel」から番組の種類を選んで、目的の番組詳細をご覧下さい。
http://www.bbc.co.uk/

Q日本のメディアと海外メディアの比較

日本のメディアと海外メディアの比較


日本のメディアが海外メディアに劣っている点・優っている点を調べているのですが
検索方法がへたなのか、調べることができません。

日本のメディアが海外メディアに劣っている点・勝っている点はどういうところがあるでしょうか?

多くの回答がもらえれば幸いです。
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

上杉隆氏の著書『ジャーナリズム崩壊』(幻冬舎)、『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』 (小学館101新書) がお薦めです。
上杉氏は現在はフリーランスですが、以前ニューヨークタイムスの記者をしていたこともあって海外メディアとの比較が随所に書かれています。

劣っている点だけになってしまいますが、私が思いつく日本のメディアの問題点は下記です。

●記者クラブの問題点
「画一報道」相手組織対クラブ組織という取材の形が常態化すると、画一的な報道が横行する。

「ぬるま湯」独自取材への意欲を失い、発表情報を無批判に右から左へ垂れ流すだけの仕事に疑問を感じなくなる。

「癒着」発想や思考法まで取材相手の当局や大組織に似てしまう危険がある。毎日相手の話ばかりを聞いていれば洗脳もされる。

「閉鎖性」様々な便宜供与はメディア側の既得権益と思いがちだが、本質は国民(読者、視聴者)の既得権益なのだ。外国のメディアやフリーのジャーナリストにも解放されるべきである。

●新聞社において記者・編集サイドと経営サイドが近すぎてジャーナリストの独立性が保たれていない。

●匿名記事が多く、責任の所在がはっきりしていない。

●誤報、虚報に対しての謝罪、検証が不十分である。


★テーマとはズレてしまいますが、参考まで上杉隆氏の「記者クラブ崩壊」より一部抜粋いたします。

◎筆者がずっと言っている『官報複合体』-官僚機構とメディアの癒着こそが問題なのに、記者クラブメディアほその事に気づいていないか、もしくは気づいていても触れようとしないのである。本来、検察とは別の視点からも取材し、それによって得た事実も合わせて報道し、その上で独自の判断を下すのが世界のジャーナリズムの常識である。ところが、日本の記者クラブメディアはその基本を忘れ、”捜査ごっこ”に協力してしまっている。

◎『スピンドクター』を著わした窪田順生氏は言う。
「欧米では、情報操作を表わすスピンという言葉が一般にも浸透し、米大統領府の記者会見場を『スピンルーム』と呼ぶなど、マスコミも世論誘導に敏感です。対して日本では検察などの官僚がスピンドクターとなって記者クラブをスピンの駒に使っているのに、公にそれが語られることはありません」
 その結果、これまで幾度となく記者クラブメディアは検察や警察に踊らされてきた。(中略)
 とりわけ検察と記者クラブメディアが強い「官報複合体」を形成している証拠に、記者クラブメディアは検察批判に対して極めて及び腰である。(中略)
なぜか。それは批判すれば、一定期間出入り禁止処分を食らってしまうからだ。記者クラブメディアは、自分の社だけが情報がないために報道できない「特オチ」を極端に恐れる。

◎かつて『週刊朝日』の記事で検事の実名報道があった時に、東京地検は「厳重に抗議」してきた。しかし筆者に言わせれば、これまで記者クラブメディアが検察に関して実名報道を行ってこなかったことの方が問題なのだ。
 取材源、報道対象の法的立場、社会的立場が弱いものであるならば、人権に配慮して匿名で報道するのは当然だ。だが、公権力である場合は別で、取材源の秘匿義務は制限され、実名報道も許される。これもまた、世界のジャーナリズムの基本原則である。特に検察は国家公務員法によって身分が保障されているだけでなく、捜査権、逮捕権という強力な権力を与えられ、記者会見を開いて自らの主張を発表できる。それなのに存在そのものを秘匿し、匿名報道を繰り返せば、権力側の情報操作に手を貸すことになりかねない。

上杉隆氏の著書『ジャーナリズム崩壊』(幻冬舎)、『記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争』 (小学館101新書) がお薦めです。
上杉氏は現在はフリーランスですが、以前ニューヨークタイムスの記者をしていたこともあって海外メディアとの比較が随所に書かれています。

劣っている点だけになってしまいますが、私が思いつく日本のメディアの問題点は下記です。

●記者クラブの問題点
「画一報道」相手組織対クラブ組織という取材の形が常態化すると、画一的な報道が横行する。

「ぬるま湯」独自取材への...続きを読む

Qテレビメディアと新聞メディアへの法規制について

現在、大学で研究発表として、マスコミをテーマに研究しています。

論点は、『テレビメディアには何らかの法的規制が加えられるべきだが、新聞メディアは法によって規制されるべきではない』という意見が最近よく見受けられるので、それについて自分の考えるところを述べたいのですが、それに使える参考図書がなかなか見つからなく、難航しております。

もし、上記のような内容について触れられている参考図書がございましたら、教えて下さい。

また、併せて上記の内容についてのみなさんがたの意見もお伺いしたいです。
長文にはなりました、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 いや法的規制はありますよ。たとえば「放送法」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E9%80%81%E6%B3%95

 根本から命題が少々問題があります。法的規制の「強化」の是非とすべきです。

 「報道の自由」がその裏返しですが、もともと日本はファシズム的な思想統制に伴うメディア支配という暗い歴史があります。

 もちろん報道の自由は同時にモラルハザートになる恐れがあります。ただなぜ、法規制の強化が必要なのかという問題を具体的に明らかにした
ほうがよいでしょう。

 たとえば、報道被害ということをよく調べてください。マスメディアの報道被害は恐ろしいものがあります。規制が強化されないといけないのは、このあたりです。イギリスは第三者機関があるそうですが、日本ではそれらしきものはあっても実質機能していないですから、マスコミの自己判断まかせで権力をもちすぎています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%B1%E9%81%93%E8%A2%AB%E5%AE%B3


梓澤 和幸『報道被害』岩波新書。
浅野健一『犯罪報道とメディアの良心』
同上『犯罪報道の犯罪』
                など

 上記は犯罪報道の被害ですが、あと戦争報道。

武田 徹『戦争報道』筑摩新書。


 戦争報道は911テロ戦争以後、大問題となりました。アメリカの正義の戦争という嘘に荷担し、大衆動員した報道の罪は大きいです。






















 

 いや法的規制はありますよ。たとえば「放送法」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E9%80%81%E6%B3%95

 根本から命題が少々問題があります。法的規制の「強化」の是非とすべきです。

 「報道の自由」がその裏返しですが、もともと日本はファシズム的な思想統制に伴うメディア支配という暗い歴史があります。

 もちろん報道の自由は同時にモラルハザートになる恐れがあります。ただなぜ、法規制の強化が必要なのかという問題を具体的に明らかにした
ほうがよいでしょう。

 たとえば、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報