レポートで古典和歌の中の「桜」について調べています。昔はどんな桜がめでられていたか、また、平安、江戸など時代別で和歌の中の桜の使われ方や役割を調べています。古今和歌集など、何首か取り上げて、調べて見たいとは思っているんですが、まだよくわかりません。桜が今の日本の「花」となったには理由があったのでしょうか? URLなどもあれば教えていただけたらとても嬉しいです!!よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

古い中国で鑑賞用と愛でられたのは『桜』ではなく『梅』と『桃』でした。

なぜ桜が日本で愛されるようになったのか…

こんなHPを見つけましたのでお知らせします。
○さくら雑学事典
http://member.nifty.ne.jp/tabi/c83/sakura0.htm

『日本人と桜』のコーナーでわかりやすく解説されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。日本人と桜というと、ずっと昔から密接にあったと思っていたんですが、「梅」や「桃」の方が和歌の中でも、昔は主流だったみたいですね。そこらへん、調べて行きたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/15 20:29

山田孝雄『櫻史』はご存知でしょうか(名著ですからご存知かも)。

昭和初期に刊行されたもので、文体が古風なのが読みづらいかもしれませんが、日本の古典の中に記された桜を取り上げて解説したもので、最適だと思いますよ。これは最近、講談社学術文庫の一冊として出ているのを見た記憶があります。ちなみに、表題は「おうし」と読むそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。櫻史という本、借りてみました。
本当に読みにくいですね。でも、わからなかったことがたくさん書いてあって参考にします。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/15 20:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古今和歌集などの歌集の中に結婚祝いの詩ってありますか?

いつもお世話になっています。

一週間後にいとこが挙式をあげるので、お祝いに歌集(万葉集とか古今和歌集とか)から引用した詩を贈ってあげたいのですが、どんなに探しても見つかりません・・・・

心当たりがありましたらお教え下さいm(__)m

Aベストアンサー

万葉集にある坂上大伴郎女(さかのうえのおおとものいらつめ)の

黒髪に白髪交じり老ゆるまでかかる恋にはいまだ逢はなくに

(くろかみに・しろかみまじり・おゆるまで・かかるこいには・いまだあわなくに)

などいかがでしょう。

意味としては、
「黒髪に白髪が混じるような年齢になるまで、こんな恋にはまだ出逢ったことはありません。」
というものです。

若い人には似合わないかもしれませんが、結納品にも「友白髪・友志良賀・共白髪(ともしらが)」がありますよね。
「共に白髪になるまでいつまでも仲むつまじく添い遂げられるように」という、長寿と夫婦円満の願いをこめた縁起物です。

これと絡めて「これから長い年・歳を2人が重ねていって、それでもずーっとお互いにこんな気持ちでいてください。」というカンジでいかがでしょう。

祝婚歌の和歌って、案外ないんですよね…。

Q新古今和歌集の現代語訳付きの原文を探しています

初めまして。
よろしくお願いいたします。
新古今和歌集を読破したいと考えているのですが、
原文だけのものだと心もとないので、原文と現代語訳の両方が載っている書籍を探しています。
できれば、文庫がありがたいです。
もし、ご存知の方がおられれば、ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

補足を有難うございます、#1です。

そういえばあったような・・・と、昨晩、積読本をごそごそやっていたら、岩波文庫の「新訂 新古今和歌集」を見つけました。買ったはいいものの、どうもそそらないなぁ~と、開けてもいなかったのですが・・・パラパラめくってみると全巻掲載されていますし、注程度の語訳と注釈が載っています。先にオススメしたものに比べるとあっさりした内容になっていますが、その分「言葉」をしみじみ味わうにはこちらが良いかなぁ~と言う印象です。食わず嫌いして損したみたい(笑)私も今から読んでみたいと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003010116/qid%3D1117590615/249-4204841-5405123

Q古今和歌集の歌の意味が知りたいのです。

古今和歌集11巻 548 
秋の田の ほのうえをてらす いなづまの 光のまにも 我やわするる 
(読み人しらず)    

の歌の意味を教えていただけませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「秋の田の稲穂を照らし出すいなびかりの光はほんの一瞬の間のものですが、その一瞬の短い間もわたくしがあの人への恋の思いを忘れましょうか」
(新古典文学大系版の校注による)

「我やわするる」は疑問の形をとった反語で、
「いえ、決して忘れるはずなどないでしょう?」
の意味がこめられています。

Q古今和歌集 315の歌について

古今和歌集に載っている
315 山里は冬ぞさびしさまさりける人目も草もかれぬとおもえば
の類歌について調べています。
緑の本、402ページに載っていると聞いたのですが、
どの本だったのか忘れてしまいました。
どの本かわかりますでしょうか?
またどの作品の何番の歌なのかわかれば教えていただきたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 恐らくは岩波書店から刊行されている『新日本古典文学大系』の「古今和歌集」でしょう。「類歌」の問題に応えるのは質問者様御自身です。

Q新古今和歌集

こんにちは。現在高校生3年生です。
まずはじめの質問なのですが「体言止め」とはいったいなんでしょうか?辞書で調べると余韻、余情もたせると書いてあります。僕が聞きたいのはそれらを持たせることによってそ和歌がどうなるのか?ということです。(春の夜の夢の浮橋とだえして峰にわかるる横雲の空とかです)

何個もしてすみません。次のは「あはれ」ということなのですがこれは平安時代の最高に美しいものに使うと聞きました。これは弱いものにも使ったと聞きました。なぜ弱いもの、儚いものにあはれを感じるのでしょうか?
長々と失礼いたしました。回答お願いします。

Aベストアンサー

「体言止め」については、

  http://members2.jcom.home.ne.jp/amei/nihongo/taigendome.html

を参考にしてみてください。それでも感じられなければ、深追いはやめましょう。

「あはれ」については

  http://www.norinaga.jp/009/index.html

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%AF%E3%82%8C


人気Q&Aランキング

おすすめ情報