「合同、相似、アフィン同型という関係は同値関係である」ことを証明したいのですが、分かりません。恒等写像、逆写像、写像の合成とかからんでくるのでしょうか?ノート見ても先生に聞いてもさっぱりなんで、アドバイスください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。

こういう質問は質問者の予備知識がわからないので、どの程度までの解説をするべきかいつも悩むのですが、大学生であることは間違いないようですね。数学科ですか?情報系?それともそれ以外の理工系ですか?まさか文系ではないですよね。

とりあえず「同値関係」の定義は理解していますか?

集合Xの2つの要素にAとBに対して~という記号で表される何らかの「関係」が定義されているとします。
そしてその「関係」は次の3つの条件(†)を満たしているとします。

1. A~A (反射律)
2. A~B ⇔ B~A (対称律)
3. A~B かつ B~C ⇒ A~C (推移律)

この3つの条件を満たす関係を同値関係と言います。これは普通の言葉で言うところの「同じ」あるいは「等しい」と言う概念を抽象化したものに過ぎません。
各条件は
1.は「自分自身は自分自身に等しい」
2.は「AとBが等しいならばBとAも等しい」
3.は「AとBが等しく、かつBとCが等しいならばAとCも等しい」
ということを意味しています。直観的にも「等しい」という言葉が満たしているべき(あるいは満たしておいて欲しい)条件であることがわかりますね。
逆に直観的には異なるように見える2つのもの対して、上の3条件を満足するような「関係」(すなわち同値関係)が見つけられればその2つは、その同値関係の視点から見る限り「等しい」ということになります。


そこで「図形Aと図形Bは合同(相似、アフィン同型)である」と言う関係が同値関係であることを示すには、その関係が(†)の3条件を満たすことを示してやれば良いのです。
そのためには合同(相似、アフィン同型)の定義をきちんとしておかなければなりません。こういう課題が出たと言うことは chikako-imagawa さんの受けた授業でそれらの定義はされたはずですが、それはどういうものだったでしょうか。
一応ここでは一般的な定義で話を進めます。もし違ったらご自分のノートにある定義で試して下さい。


「合同、相似、アフィン同型」は一般のユークリッド空間で定義されますが、一応2次元ユークリッド空間(つまり平面)での話としておきましょう。
2次元ユークリッド空間で図形AとBが「合同」であるとは、Aに平行移動、(原点を中心とした)回転、鏡映(いわゆる線対称な図形に移すこと)のどれか、あるいはこれらを任意に組み合わせた変換(これらの変換を「合同変換」と呼びます)を施したときにBに一致する、ということです。
注:ここではこれらの操作を「変換」と呼んでいますが、「写像」と呼んでも構いません。

平面上のすべての平行移動、すべての回転、すべての鏡映の集合をそれぞれT、C、Mと書くことにしましょう。また恒等変換(自分自身を自分自身に移す変換)をiと書きます。明らかにiは平行移動、回転、鏡映の特別なものですから、T,C,Mのどれにも属しています。これらの集合から任意に取り出した有限個の要素を合成した変換全体の集合をTCMと書きます。

TCM={ t_1*t_2*…*t_k |t_1,t_2,…,t_k∈T∪C∪M, k≧1 } (*は変換の合成の意味です)

この記号を使えば図形AとBが「合同」であるとは、
t(A)=B
となるようなある合同変換t∈TCMが存在することである、と定義できます。

さて集合TCMが次の3条件(※)

1.恒等変換iを含んでいること。
2.任意のf∈TCMに対し、逆変換f^{-1}が存在し、f^{-1}∈TCMであること。
3.任意のf,g∈TCMに対し、f*g∈TCMであること。

を満たしていることを確認しておきます。(後でわかるように実はこの3条件が同値関係の3条件に対応しています)
1.はi∈Tかつi∈Cかつi∈Mだから明らかですね。
2.平行移動、回転、鏡映にはそれぞれ逆変換が存在し、逆変換もそれぞれ平行移動、回転、鏡映になるので、
f= t_1*t_2*…*t_k (ただしt_1,t_2,…,t_k∈T∪C∪M)
とすると
f^{-1}=(t_k)^{-1}*(t_{k-1})^{-1}*…*(t_1)^{-1} となりかつ(t_k)^{-1},(t_{k-1})^{-1},…,(t_1)^{-1}∈T∪C∪Mですから
f^{-1}∈TCMです。
3.f= f_1*…*t_k ,g=g_1*…*g_m(ただしt_1,…,t_k,g_1,…,g_m∈T∪C∪M)とすると
f*g=f_1*…*t_k*g_1*…*g_m よりf*g∈TCM       ■


注意!!:本当のことを言うとここまでの議論は無意味です。なぜなら肝心のこと、つまり変換としての平行移動、回転、鏡映の定義をしていないからです。ですからこのままでは
>iは平行移動、回転、鏡映の特別なもの<
>平行移動、回転、鏡映にはそれぞれ逆変換が存在し、逆変換もそれぞれ平行移動、回転、鏡映になる<
という記述は無意味なので、証明にもなにもならないのです。
ここまでの議論を「証明」にするためには、平行移動、回転、鏡映をきちんと定義し、それらがiを含んでいること、およびそれぞれ逆変換が存在し逆変換も同種の変換になることなどを示しておかなくてはいけません。
chikako-imagawa さんの予備知識や授業の内容などがわからないので、ここではその定義や証明まではやりません。ノートを読み返すなり先生に聞くなりして、ご自分で定義・証明してみて下さい。
線型代数を勉強したのなら、平面を2次元実ベクトル空間R^2と見なし、各変換をR^2上の特別な性質を持つ線型写像と定義するのが一番やりやすいでしょう(もっとも「平行移動」は線型写像ではありませんが)


さて最後に合同関係が(†)を満たしていることを確認します。

1.i∈TCMですからi(A)=A。すなわちAはA自身に合同
2.あるt∈TCMに対してt(A)=BならA=t^{-1}(B)で、t^{-1}∈TCMだから成り立ちます。
3.あるf,g∈TCM に対してf(A)=Bかつg(B)=Cならf*g(A)=C であり、f*g∈TCMだから推移律も成り立つ。

以上で合同関係が同値関係であることが示されました。            ■

議論を見ればわかるように、ある「関係」を定義する「写像」が(※)を満たせばその「関係」は必然的に(†)を満たす。すなわち合同関係である。ことが言えます。
相似、アフィン同型についても、同様にそれらを定義する「変換」が(※)を満たすことを示せればOKです。やり方は全く同様ですから後はご自分でどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 レポートしあげる事が出来ました。
 
 私は大学で情報数学専攻というコースにいて、これは、幾何学序論(3)のレポートで出たものです。
 
 AとBが合同とは
  「ヨσ:N実数→N実数 S.t. σ(A)=B」
  定義されていました。

 これからも頑張って行きたいと思います。

お礼日時:2002/01/12 22:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

相似」に関するQ&A: 相似の記号について

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「頭悪いね」「バカだね」 どっちがよりムカつく?

こんにちは、

単純な質問です。

「お前、頭悪いな」

「お前バカだな」

どっちがより言われたらムカつきますか?

Aベストアンサー

どっちもそれなりにムカつきますけど・・・「頭悪いな」かな~

そう言う事を他人に平気で言う奴ほど、バカで頭の悪い人はいないと思いますけど・・・ね?
我がふりなおせよ~ってな感じです。

でもやっぱり傷つくな~否定はしないけど(苦笑)

QA加群A(Λ)からA加群Mへの準同型写像と同型な物

代数学、加群の勉強をしていたところ壁にぶち当たってしまいました・・・
Aは可換環とします。
A加群Mについて
A(Λ)をAのΛによる直積(すべてのλ∈Λに対してAλ=A)とする
同様にM(Λ)も定めます
HomA(A(Λ),M) と M(Λ)
を考えたときこれら二つは同型になりますか?

ちなみに
AのΛによる直和を(+)Aとして
HomA((+)A,M)とM(Λ)が同型なのは定理として証明が乗っているのですが、それを更に直積まで拡張した場合どうなるのかについては一切の説明がありませんでした。

Aベストアンサー

Λが無限集合のとき、同型にならないのでは?

一般論として「Λが無限集合のとき、HomA(A(Λ), M) から M(Λ)への同型写像が存在しない」ことが言えるかもしれません。しかし、ここでは、同型写像が存在しない例を示すに留めます。勘違いがあったら、ご容赦ください。

(例)
A = F  F は、2 を法とする整数の剰余類全体からなる体
        ( F = Z/(2Z)、 Zは有理整数環)
Λ = N   N は、 1 以上の整数(自然数)全体
M = F

( Hom(F(N), F) から F(N) への同型写像が存在しないことの証明)

集合としての濃度が両者で異なることを示せば、十分である。以下、集合の濃度を Card( ) で表す。また、連続体濃度(実数全体の集合の濃度)を X で表す。

[1]  Card(F(N)) = X

F の要素が 0 か 1 だから、 F(N) は、 N のべき集合と同一視できる。よって、 Card(F(N)) = X である。

[2]  dim(F(N)) = X

F(N) は、可算個の 0 か 1 を並べたものであって、要素ごとの加減乗により可換環としての構造を持つものである。さらに、 a を F の元として、 F(N) の元の a 倍を、要素ごとの a 倍として定義すれば、 F(N) は、 F 上のベクトル空間としての構造も持つ。したがって、 F(N) は、 F 上の多元環とみなせる。ベクトル空間としての次元(基底の濃度)を、 dim(F(N)) で表すことにする。 F(N) の基底を B とすると、 dim(F(N)) = Card(B) である。

基底の定義により、 F(N) の任意の元は、 B の有限個の元の線形結合で表すことができる。その際、係数としてとり得るのは、 0 か 1 のみである。このような形で表現できる元は、高々 Card(B) 個である(注)。よって、 Card(B) ≧ Card(F(N)) 。一方、 B が F(N) の部分集合なので、 Card(B) ≦ Card(F(N)) 。よって、ベルンシュタインの定理により、 Card(B) = Card(F(N)) 。よって、 [1] により、 Card(B) = X 。すなわち、 dim(F(N)) = X 。

(注)  この部分で、 N が無限集合(したがって B が無限集合)であることを使っている。

[3]  Card(Hom(F(N), F)) = Card(Map(B, F))

B から F への写像全体を Map(B, F) と表すことにする。 F(N) から F への環準同型は、多元環としての準同型でもある。そこで、環準同型と多元環準同型を区別せず、両方とも Hom(F(N), F) で表すことにする。 Hom(F(N), F) の元は、 B の元の行先によって一意的に定まる。一方、 B から F への任意の写像が与えられたとき、これを F(N) から F への多元環準同型に拡張できる。この対応により、 Hom(F(N), F) と Map(B, F) を同一視できる。よって、 Card(Hom(F(N), F)) = Card(Map(B, F)) である。

[4]  Card(Map(B, F)) > X

Map(B, F) は、 B のべき集合と同一視できる。一般に、べき集合の濃度は、もとの集合の濃度より大きい(カントールの対角線論法で証明できる)から、 Card(Map(B, F)) > Card(B) = Dim(F(N)) = X である( 最後の等式は[2] による)。

[5]  結論

[1]、 [3]、 [4] により、 Card(Hom(F(N), F)) > Card(F(N)) である。よって、 Hom(F(N), F) から F(N) への全単射は存在しない。当然、同型写像も存在しない。

Λが無限集合のとき、同型にならないのでは?

一般論として「Λが無限集合のとき、HomA(A(Λ), M) から M(Λ)への同型写像が存在しない」ことが言えるかもしれません。しかし、ここでは、同型写像が存在しない例を示すに留めます。勘違いがあったら、ご容赦ください。

(例)
A = F  F は、2 を法とする整数の剰余類全体からなる体
        ( F = Z/(2Z)、 Zは有理整数環)
Λ = N   N は、 1 以上の整数(自然数)全体
M = F

( Hom(F(N), F) から F(N) への同型写像が存在しないことの証明)

集合...続きを読む

Q仕事が遅い、頭悪い、力仕事できない 不器用すぎるこんなパートメリットありますか?

仕事が遅い、頭悪い、力仕事できない
不器用すぎるこんなパートメリットありますか?

Aベストアンサー

仕事が早い、頭が良い、力仕事もできる
器用すぎるこんなパートに比べたら、見劣りしますが、
居ないよりはずいぶんましだと思いますよ。

Q準同型写像

m,n∈Nにおいて
f:Z → Z/mZ + Z/nZ
a → (a+mZ,b+nZ)
とするとき、fは準同型写像であることを示せといわれましたが何を示せば良いかわかりません!あとKerfをmとnの言葉で答えよというものや、fが全射となる条件というのもさっぱりなのでヒントでもよいですから教えてもらえるとうれしいです!

Aベストアンサー

fが準同型写像であること
f(a+b)=(a+b+mZ,a+b+nZ)=)=(a+mZ,a+nZ)+(b+mZ,b+nZ)=f(a)+f(b)

kerfとは
xがker fの元であること⇔x∈mZ,x∈nZとなるのことや⇔xがmとnの公倍数であること。
mとnの最小公倍数をkとしたときker f=kZ

fが全射となる条件
準同型定理より
Z/ker fとf(Z)は同型になる。
fが全射よりf(Z)=Z/mZ+Z/nZ
Z/mZ+Z/nZの元はmn個あるから
Z/ker fとf(Z)=Z/mZ+Z/nZが同型であるためには、ker f=mnZつまり、mとnの最小公倍数はmn、つまりmとnは互いに素であることがわかる。

Qこうゆう考えの人って頭悪いと思わないですか?

こうゆう考えの人って頭悪いと思わないですか?
CMとかで嫌いなタレント出てるからとかむかつくからという理由で商品買わない人
僕には理解出来ないですが何か?
商品なんて関係ないしあれですか?坊主にくけりゃ袈裟憎いって?
でも向こうもそうゆう考えもつ人にはかってもらいたくないからいいかなと思うけど

Aベストアンサー

なるほど、そういう考えもできますか!

広告というのは、その商品なりサービスが、一番いい方法で訴求できて、消費者に認知・浸透してアクションを起こしてもらうことが、最終的な目的ですよね。

そしてそのためには、(関係者のしがらみはともかくとして)それにマッチする、イメージを伝えられるに相応しいタレントを起用するのが普通です。
ですから、広告でそのタレントが出ることは、その商品なりサービスのイメージを背負っているということになります。

なので、質問者さまがおっしゃっている「タレントが嫌いだから商品を買わない」という人が出てきても、何らおかしくありません。
別に頭が悪いわけではありません。
よく、不祥事を起こしたタレントが出た時、そのタレントのCMを一斉に引き上げますね。それによって商品イメージが下がることを恐れてのことです。

Q直和分解とは? 同値関係、同値類

同値関係というのはなんとか分るのですが、同値類、直和分解というのがなかなか理解できません。
それぞれどういったつながりがあるのですしょうか?
ある同値関係を自分でつくり、それが直和分解になっていることを示しなさいという問題に行き詰っています。
回答よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

>「a-bは偶数」は(a,b)=(奇数,奇数)、(偶数,偶数)ということなんですよね?

あってるというか・・・
やっぱり「関係」という考え方が理解できてない感じですよ.
「a-bは偶数」という同値関係
(同値関係であることを証明できますか?)で
「関係がある」(同値である)ものを一個にまとめるんです.
それが「同値類」です.
#同値の三つの条件がないと,このようにうまくは分解できません.

今の例では,「自然数だけ」を相手にしてるとして
何かの数 a と「関係がある」(同値である)ものは
aが偶数のときは,「偶数」
aが奇数のときは,「奇数」です.
すなわち,例えば
1と同値なものの集合は{1,3,5,7,9,...},奇数全体の集合
2と同値なものの集合は{2,4,6,8,10,...},偶数全体の集合
これらが,「a-bは偶数」という同値関係での「同値類」であり,
これによって自然数の集合の直和分解
{1,3,5,7,9,...}∪{2,4,6,8,10,...}
が構築されます.

「同値関係」というもので「関係がある」ものに全部ひもをつけて
ひもでつながっているものを「一個」のものとみなす
というイメージで,そのそれぞれの「一個のもの」が「同値類」,
その同値類を全部集めたものが数学用語では「類別」、
類別されたものを合併させたのが「直和分解」かな
「a-bは偶数」の例では
{1,3,5,7,9,...},{2,4,6,8,10,...}:それぞれ同値類
{ {1,3,5,7,9,...},{2,4,6,8,10,...}}:類別
{1,3,5,7,9,...}∪{2,4,6,8,10,...}:直和分解
です.

逆に直和分解が与えられれば
二つものa,bが関係があるということを
a,bが同じ「分解の各要素」にあると定義することで
同値関係が定義できます.

>「a-bは偶数」は(a,b)=(奇数,奇数)、(偶数,偶数)ということなんですよね?

あってるというか・・・
やっぱり「関係」という考え方が理解できてない感じですよ.
「a-bは偶数」という同値関係
(同値関係であることを証明できますか?)で
「関係がある」(同値である)ものを一個にまとめるんです.
それが「同値類」です.
#同値の三つの条件がないと,このようにうまくは分解できません.

今の例では,「自然数だけ」を相手にしてるとして
何かの数 a と「関係がある」(同値である)ものは
aが...続きを読む

Qわざわざナイフからフォークに利き手を持ち替えないと食事出来ない人って、頭悪いの?躾がなってないの?

わざわざナイフからフォークに利き手を持ち替えないと食事出来ない人って、頭悪いの?躾がなってないの?



「俺、右利きだから」とかいう理由でフォークをいちいち右手に持ち替えないと食べられない育ちの悪いクソとは食事したくない。



右利きならナイフが右手、フォークが左手だろ。子どもでも知ってるわ。

それが出来ない成人とか脳腐ってるでしょ?


こんな腐った食事の仕方してる人って親に食事の仕方すら教わってないからこんな気持ち悪いことするんでしょうか?

それとも教わっても理解できないくらいに頭が悪いからなのか?

Aベストアンサー

私はオジサンです。
両親は2人とも地方出身です。イギリスではありません。日本です。
ナイフとフォークを使う食事なんて、した事がないし、必要もなく育ちました。
質問者様とは生きてる世界が違うようですね(笑)。
それとも、わざと炎上させるように挑発的に書いているのでしょうか?
質問者様は、カップ麺って、食べた事ないんでしょうね。
質問者様は、1日の食事代1000円未満なんて、経験ないんでしょうね。
世の中、あなたのような人ばかりではないのですよ。
自身の価値観だけで、相手を否定するのは、テーブルマナーより酷いマナーですよ。

Qアフィン写像について

アフィン写像について
アフィン写像の説明で、
アフィン写像は、アフィン空間の構造を保つような写像のことである。
とくに始域と終域が同じであるようなアフィン写像をアフィン変換という。
という説明があったのですが、
始域と終域が同じとはどのような事なのでしょうか?
同一集合(次元が同じ?)のことを指しているのでしょうか?

また、私の認識では、アフィン変換が作用する先はベクトル空間だと思うのですが、
アフィン空間の構造を保つと言うからにはアフィン変換の作用先はアフィン空間なのでしょうか?

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

f:X→Y
f(x)=g(x)+c

X=Y同一集合であってもgが正則線形変換を満たさなければ、fは全単射とならない。
また、逆写像f^{-1}はfが全単射で
X≠Y同一集合でない場合のf^{-1}で,
逆変換f^{-1}はfが全単射で
X=Y同一集合である場合
のf^{-1}である
との解釈で正しい
つまり逆写像と逆変換は同一集合かそうでないか
で言葉として
使い分けられると解釈してよい

Q30代なかばで派遣してます。頭悪いし、毎日サービス残業してもいいんだけど、あまり夜遅くまですると寝坊

30代なかばで派遣してます。頭悪いし、毎日サービス残業してもいいんだけど、あまり夜遅くまですると寝坊してしまうし、このまま派遣続けようかと考えてます。こんな人生もありですかねぇ?子供好きだけど、子孫も残さないつもりです。

Aベストアンサー

将来的な計画などを考えても、自分で良しと思えるならありだと思います。

ただ、生涯賃金にして二倍以上の差がつくと言われている非正規と正規では
老後の生活や、中年を過ぎる辺りからの生活に差が出てきます。
周囲との比較というのは自分で気を向ける以上に気になるものです。

また、実生活面でも万が一のことがあった場合など
様々な場面で不利な状況に立たされる可能性も考えるべきです。

そういった点から、生涯派遣労働というのは
今の社会、制度の状態ではお勧めしたいとは思えません。
ただ、正規労働よりもストレスが少ない場合があることも確かです。
ライフスタイルやワークスタイルは個人が選んでよいものですから
そういったリスクを考えてもなお、自分に合っている
もしくは、そういったスタイルが良いと思うのであれば
一つの生き方だと思います。

Q環の準同型写像について

R,R'を環とします.
写像Φ:R→R'が任意のRの元x,yに対して

Φ(x+y)=Φ(x)Φ(y)
Φ(xy)=Φ(x)Φ(y)

を満たすとき,Φを環における準同型写像といいますが,具体的にはどのような写像が考えられるのでしょうか?
出来ればΦが全単射になるもの,すなわちRとR'が環として同型となるようなものを教えていただけると助かります.

これが分からないために上手い例を考えられず困っています.

詳しい方よろしくお願いします.

Aベストアンサー

具体例です。

2つの環R,R'を
R={0,1,2,3,4,5}で,mod 6 の加法,乗法とし,
R'={0,1,2}で,mod 3 の加法,乗法とする。

f:R→R'

0→0
3→0
1→1
4→1
2→2
5→2
とする。fは準同型写像。

R の類 A={0,3},B={1,4},C={2,5}で,E={A,B,C}とする。

φ:E→R'
A→0
B→1
C→2

このように定めると,φはEからR'への同型写像となります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報