民事再生法の利点と欠点お教えて下さい。お願いします。

A 回答 (1件)

和議法や会社更生法との比較がなされますが、民事再生の特徴を簡潔にまとめると以下のようになると思います。



○迅速な処理が可能
債権総額の1/2以上の賛同で適用可能
破産状態に至る前の段階で申請可能
○旧経営陣の事業活動の継続と裁判所による監督権限の強化(旧和議法にくらべ)
○適用範囲が株式会社に限らず全ての法人に適用できる
協同組合や医療法人、学校法人などにも適用可能

基本的には和議法の考え方『再建』を目的にする考え方ですが、利用方法によっては経営者の責任をうやむやにしてしまう恐れがあると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民事再生ADRと民事再生法申請の違い

こんにちは。
私の勤め先は現在民事再生計画決定に基づき再建中の会社です。
そこで、ご質問ですが、「民事再生法の申立」に基づく再生と、「民事再生ADR」による再生ではどこが異なるのでしょうか?
決定的な違いをご教授頂けますでしょうか?
できれば民事再生ADRのメリット・デメリットも併せてお教え頂けると有り難いです。
本日も、ジャスダック上場の不動産会社:日本エスコンが民事再生ADRに基づく再生を申し立てた事が報道にありました。
自身の勤め先の状況もあり、素朴な疑問として理解したいなと思い、
質問させて頂きました。
お詳しい方、是非お教え下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

書き忘れました。
民事再生ADRのメリット・デメリット
についてですが

先の回答で書いたとおり
不公平になりやすい、というのがこのシステム自身のデメリットですが
再生債務者にとってのデメリットとしては
個々の債権者と話し合うわけですから
債務者の提案をなかなか飲まない、と言うことがあります。

法に基づく方では裁判所が介入し、例えば15パーセントの弁済になる
といってしまえば債権者全員がこれを飲むか飲まないかだけの話で
半数以上の人が飲んでくれれば再生開始となるが半数に満たない場合は
破産処理に移ります。

債権者は破産されて3パーセント(例えばの話)しか戻らないより
再生させて17パーセント戻ってくれたほうがいいので
ほとんど再生に同意してくれます。

ところが法的拘束力を持たないで個別に弁済額を相談すると
俺のとこだけはもっとよこせ!と言う話になり
なかなか同意してくれません。
下手をすると、うちは小額だから全額返せないの?
となってしまいます。
すると計画していた弁済額以上の予算を最終的に組まなければならなくなり
再生計画そのものを手直ししなければならないことも起こりえます。

苦しくて会社つぶれちゃうから債務をこれだけにしてよ!
とお願いするのに
やだ!といわれてしまい弁済額を上乗せするのですから
そんなに楽になりません。

メリットとしては
逆に交渉次第では弁済額を少なくできることもあります。
その会社との付き合い方や額にもよりますが
小額の場合でしたら
いいよ、そのくらいもらったって仕方ないから俺のところは
債権放棄するよ。などといってくれて弁済しなくてもいい取引先も
出てきたりします。

例えば大規模家電安売り店がADRを行った場合でいうと
パナソニックに30億円の債務があり
一方、付き合い始めのアイロンメーカーに導入期だったということで
わずか50万の債務だったりすると

アイロンメーカーはこう考えます。
倒産といったって再生するって言うんだから
これからも販売するのだろう・・
であればここは50万放棄して恩を売って
再生の暁にはアイロンはウチのアイロンを
売ってもらおう!
と言うことで50万は放棄しますよ、となる可能性もあります。

しかしパナソニックはそうは行きません。
30億円ですから
そりゃ15パーセントでも4億5千万になりますから
絶対に返してほしいです。
まして個別相談なら、
これからウチが協力しなきゃ再生できないだろ?
あまり小額だと再生に協力しないよ・・・
だったらもう少し色つけて5億くらいなんとかならないの?
と圧力かけてきます。

まぁ、その辺が再生債務者にとってのメリットデメリットになるかと思います。



民事再生法の場合、半数の同意が得られない場合は即破産手続き
となってしまいます(強制的)が、
ADRでは法的拘束力がありませんから
即刻破産ということはありません。
つまり、破産するかどうかは経営者が自分で判断できます。

書き忘れました。
民事再生ADRのメリット・デメリット
についてですが

先の回答で書いたとおり
不公平になりやすい、というのがこのシステム自身のデメリットですが
再生債務者にとってのデメリットとしては
個々の債権者と話し合うわけですから
債務者の提案をなかなか飲まない、と言うことがあります。

法に基づく方では裁判所が介入し、例えば15パーセントの弁済になる
といってしまえば債権者全員がこれを飲むか飲まないかだけの話で
半数以上の人が飲んでくれれば再生開始となるが半数に満た...続きを読む

Q民事再生法を受けたゴルフ場の会員権 再生手続きか退会か迷っています 教えてください!

ゴルフ場が民事再生手続きとなってしまいました。再生債権届けの案内が来ています。退会も可能との事です。紙くずは覚悟しているのですが、再生債権届けを出すのと、退会するのと、どちらが良いか迷っています。アドバイス頂けると幸いです。

Aベストアンサー

再生再建中の会員資格の取扱はどうなっているのですか?

もし、法人として会員権を資産として所有していて当年度の欠損処理をしたいのなら事情が異なりますが、個人として所有しているのであれば、再生するかどうか見届けてはいかがでしょうか?

どのみち、いま会員権を売り出しても誰も買い手はつきませんよね。どうせ紙屑になるにしても、見届けた方が納得できるのでは?債権者集会で再建案についての説明も聞けますし。

Q始めまして。よろしくお願いします。民事再生した会社のことについて

こんにちわ。
このたび私が勤める会社が民事再生を行ったようなのです。
会社は兄弟で経営していた会社です。
私は役員です。
で、民事再生を行うにあたってバックアップしてくれる企業もみつかりました。
ただ、このような事態になったのは兄弟が独裁政治のような会社をしてたのでそうなりました。
私が会社の内情などを聞いてもなにも言わず一人で何事も行っていたのでこうなりました。
で、民事再生執行の際にバックアップしてくれる企業に役員全員保証人になれと言われました。
そして私は悩んでいたのですが、そのとき現社長(その張本人の息子 何もかも親子でやっていました)が、保証人にならないなら会社を首といわれました。
で、私は会社を首になりました。
まずこの言い方は問題ないのでしょうか?
で、つぎに確定申告の用意を始めました。
そしたらその会社が去年私の親の確定申告を実際にもらっている金額の三倍くらいにして税理士に届けていました。
いくら民事再生したからといって経営者が息子で、なおかつそのときから会社の中にいたという証拠があるのにしらん、ぞんぜぬで通りますか?
もちろんこちらは去年一年分の給料明細から残してあります。
ネットでいろいろ検索しましたが民事再生では役員が変わらなくてもやっていけるそうなので。
ただ、このような不祥事が通るのでしょうか?
そして民事再生執行してから初回の給料もそのようなことをしていました。
今年から私は市民税や保険も払いますが、その給料に応じての額がくるので。そんな理不尽なことが通るのでしょうか?
そのような理不尽なことが通る法律なのでしょうか?
それを最後に質問ですが仮に勝手に保証人にはんこをつかれていた場合どうなりますか?
印鑑証明は民事再生するときの役員会で弁護士に提出しているので持っているかもしれません。
ただ実印は持っていません。

このまま泣き寝入りしようとは思っていません。
ただなんともできようがないのですか?
弁護士をたてて話すればいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

こんにちわ。
このたび私が勤める会社が民事再生を行ったようなのです。
会社は兄弟で経営していた会社です。
私は役員です。
で、民事再生を行うにあたってバックアップしてくれる企業もみつかりました。
ただ、このような事態になったのは兄弟が独裁政治のような会社をしてたのでそうなりました。
私が会社の内情などを聞いてもなにも言わず一人で何事も行っていたのでこうなりました。
で、民事再生執行の際にバックアップしてくれる企業に役員全員保証人になれと言われました。
そして私は悩...続きを読む

Aベストアンサー

保証人にならないなら会社を首といわれました。

大部分を保有する株主が・・株式総会で役員を解任するってだけの話ですから・・・法律的に何も問題無いですね

これを簡単に言うと首ってこと

通常、民事再生になれば既存の株主は減資させられる、スポンサーがたらい分を増資します、通常スポンサーが株式の9割以上をもつんです



ぞんぜぬで通りますか?
今知ってますか・・通りません 
確定申告の修正申告することに成ります

逆にいえばどこかで誰かがその浮いた分をもらったってことですから
脱税行為及び横領など成ります

よく、節税行為でやる手口ですからね・・・脱法行為です

ネットでいろいろ検索しましたが民事再生では役員が変わらなくてもやっていけるそうなので。
ただ、このような不祥事が通るのでしょうか?

役員は株主総会で何もでも換えれますので何も問題発生しません

そして民事再生執行してから初回の給料もそのようなことをしていました。
今年から私は市民税や保険も払いますが、その給料に応じての額がくるので。そんな理不尽なことが通るのでしょうか?
そのような理不尽なことが通る法律なのでしょうか?

通りません、告発すれば、誰かが
所得税法違反、脱税行為、業務上横領などで捕まります
たぶん現在の社長他ですね

それを最後に質問ですが仮に勝手に保証人にはんこをつかれていた場合どうなりますか?

法的には無効ですが、それを証明できない時は本物に成ります


弁護士をたてて話すればいいのでしょうか?

身内を犯罪者にしたければどうぞ

また、形だけ役員でも法律的には責任はあります
せめて会社法くらい読め・・・・お馬鹿役員だよ

それと、役員には給料はでませんので、あるのは役員報酬ですから
お馬鹿がが判る こんなの常識ですから

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17HO086.html

保証人にならないなら会社を首といわれました。

大部分を保有する株主が・・株式総会で役員を解任するってだけの話ですから・・・法律的に何も問題無いですね

これを簡単に言うと首ってこと

通常、民事再生になれば既存の株主は減資させられる、スポンサーがたらい分を増資します、通常スポンサーが株式の9割以上をもつんです



ぞんぜぬで通りますか?
今知ってますか・・通りません 
確定申告の修正申告することに成ります

逆にいえばどこかで誰かがその浮いた分をもらったってことですか...続きを読む

Q会社更生法と民事再生法の違い。

会社更生法と民事再生法の違いについて、分かり易く、出来るだけ詳しく教えて頂けませんでしょうか。
また参考URL等御座いましたら教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

【会社更生】は申請条件は緩やかで会社にとって都合が良い手続きです。
*時間がかかります。
*申請の数日前に裁判所と事前相談をする必要があります。
*また仮に申請が受け入れらても、手続きの開始までに2 ~6 ヶ月かかります。
*債権者の担保権行使は停止されます。
*経営陣は退陣し(管財人の選任をし)、責任を追及されます。
会社更生は株式会社のみが対象で、高い諸費用(予納金は倒産の中で最高額の1,000 万円以上)がかかります。

【民事再生法】は和議を改善したものです。
*申請から手続き開始までわずか2週間しかかかりません。
*裁判所は申請があれば事前相談無しですぐ受け付けてくれます。
*和議よりも再建計画の合意が容易です。
*債権者による担保権行使は出来ますが条件が付くので、事業に必要な資産は担保権行使を免れる事が出来ます。
*和議と同じく経営陣は残留し、責任追及が無りません。
*再建計画の実行が裁判所によって監視されます。(3年間)
*会社更民事再生は和議と同様に株式会社以外の個人でも出来ます。

生法と民事再生法の違い
http://www.shinenet.ne.jp/~kikuchi/bengoshiron/bengoshiron03.htm

http://www.global-eye.co.jp/home/column/0105/c_0525.htm

http://www.gyosei.co.jp/topics/tminji/main.html

【会社更生】は申請条件は緩やかで会社にとって都合が良い手続きです。
*時間がかかります。
*申請の数日前に裁判所と事前相談をする必要があります。
*また仮に申請が受け入れらても、手続きの開始までに2 ~6 ヶ月かかります。
*債権者の担保権行使は停止されます。
*経営陣は退陣し(管財人の選任をし)、責任を追及されます。
会社更生は株式会社のみが対象で、高い諸費用(予納金は倒産の中で最高額の1,000 万円以上)がかかります。

【民事再生法】は和議を改善したものです。
*申請から手...続きを読む

Q民事執行法の分野について質問です。お願いします。

民事執行法の分野について質問です。お願いします。
強制競売の場合、「差押えの登記後に登記された仮差押権者」は配当要求しなくちゃなりません。同じく不動産執行の強制管理の場合や、債権執行のときは「差押えの登記後に登記された仮差押権者」は仮差押の執行としてそれぞれ強制管理や債権執行の申し立てをすればいいですよね。なぜ、こういう違いが生まれるのですか。なんか前提となる基礎が分かっていないような気がします。あんまり初歩的な質問だったらすみません。

Aベストアンサー

>ヒント1地方裁判所のYのほうですよね?地方裁判所のほうは管理人も選ぶし、だから事情をよく分かっていることですよね?

 そのとおりです。先の強制管理の管理人と同じ人を選任するでしょうね。

>2供託しないといけないですよね。そして、「供託をしました」という事情を執行裁判所に届けなければならない…だから、こちらも裁判所は事情を良く知っているということですよね?

 そのとおりです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報