よく事件や事故や災害のニュースを見ておもうのですが
警察が事件の捜査費用は1件につきどのくらいかかるものなでしょうか。
事件によっても違うと思いますが代表的な事件の平均的なものでいいのですが。
また消防の出動の火事の消化費用や救急搬送費用はどのくらいかかるのでしょうか?
また、海上保安庁の出動費用や
山岳救助隊の捜索費用も教えて下さい。
また自衛隊の災害出動の費用も教えて下さい。
宜しくお願い致します!


P.S.警察の捜査費用や放火犯の消化費用をどうして犯人に負担させないのでしょうか?これについても皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

山の遭難事故でかかる費用についてのコラムです。


○山の事故について
http://www5b.biglobe.ne.jp/~a-tnk/yamanoziko.htm

警察の捜査費用については詳細がわからないため推測するほかないようです。このHPは一昨年大晦日の事件を追ったものですがこの中に推測の根拠が書かれています。
○世田谷一家四人惨殺事件のプロファイリング
http://profiler.hoops.ne.jp/setagaya.htm

消火活動の場合に応用することも可能とは思いますが、消火施設の維持費や通信費、危険手当や焼損物件の取得費なども含めると…計算し切れません。

PSについて…まあそういう法律だから…でしょう(負担させるという規定がないから)

この回答への補足

質問の誤字の修正です
誤)消化
正)消火
でした。
すいませんでした。

補足日時:2002/01/11 17:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2002/01/11 17:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q治安出動時の自衛隊の権限と保障

防衛出動時には住居に入って、復旧できる程度の改変ができると聞いたことあるのですが、治安出動ではそれはできるのですか?
また、自衛隊が戦闘した後は、国が全半壊した建物を保障するのですか?

Aベストアンサー

治安出動の段階では出来ません。

防衛出動の段階で、
自衛隊がその土地を収用した場合は、
建築物の形状を変更できます。
(規定の金は貰える予定ですが)

自衛隊が収用していない土地の建物が、
戦闘で破壊された場合は、
国の補償はありません。
(敵国に損害賠償を請求して下さい)

Q自衛隊の災害派遣で隊員の手当の額?

自衛隊の災害派遣で自衛隊員が派遣されますが、特別手当などがもらえるのでしょうか?
一人1日あたり、いくらですか?
通常の給料(支給額)とは別個に加算される額ですよ。できれば両方ね。
税金から出ているのだから、知る権利があるシー。

Aベストアンサー

 ここは法治国家なので、俸給関係は歴とした法令に基づきます。あなたの知る権利も満たされて当然ですよ。

 さて、自衛隊員の俸給を定めた法令は
「防衛庁の職員の給与等に関する法律施行令」といいます。↓コレ。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27SE368.html#9000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
(リンクが長すぎて反映できない場合は、参考から法令名で検索して下さい)

 下の方に「別表第三 (第九条の六関係)」というの
があります。これが、自衛隊員に諸手当を支給する根拠
となっているわけです。

取りあえず、災害派遣手当ては「作業一日につき千三百
七十円を超えない範囲内で、長官の定める額」となって
います(特別に生命の危険にさらされると支給額は上限
を超えられるとも)。

 また、不発弾や、サリンの処理などに当たった隊員に
支給される「爆発物取扱作業等手当」は「作業を開始し
てから作業を終了するまでの時間一時間につき百十円」
(防衛庁長官が特に指定した場合には5200円未満ま
で引き上げ可)。

 変わったところでは、落下傘降下は「落下傘降下作業
手当」によって「作業一回(引用者註:つまり1回のダ
イブ)につき六千六百五十円(落下傘隊員手当又は特殊
作戦隊員手当の支給を受けない者にあつては、七千七百
円)」
南極へ行くと(南極観測船は海上自衛隊が運航している
ので、この項目が必要)、そのものズバリ「南極手当」
で「業務一日につき四千百円を超えない範囲内で、長官
の定める額」が支給されます。

 また、階級によって御値段は変わってきますが「特殊
作戦隊員手当」というものが決められている辺りはさす
が自衛隊、という感じがしますね・・・

 派遣されている個人に支給される俸給は、個々人の階
級や職歴などによって異なりますので、一概に1日幾ら
と示すことは出来ないと思います。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

 ここは法治国家なので、俸給関係は歴とした法令に基づきます。あなたの知る権利も満たされて当然ですよ。

 さて、自衛隊員の俸給を定めた法令は
「防衛庁の職員の給与等に関する法律施行令」といいます。↓コレ。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27SE368.html#9000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
(リンクが長すぎて反映できない場合は、参考から法令名で検索して下さい)

 下の方に「別表第三 (第九条の六関係)」というの
があります。こ...続きを読む

Q警察の域外捜査について

A市で事件が起きます。
ところが、その被害者は何十キロも離れたX市の人物であり
(今回の想定では同一県内で、ということ)、
事件そのものもX市での捜査が重要といったケースでは、
A市近辺を管轄としている捜査員がX市まで出掛けていって
捜査をすることになるのでしょうか?
それともX市近辺を管轄としている警察へ
捜査依頼でもするのでしょうか?
もしくは県警が介在することで、
県警とA市警察の合同捜査になるとか?

どなたかご教授くだされば嬉しいのですが・・・・。

Aベストアンサー

刑事事件の場合、捜査は「事件が発生した場所」を管轄する警察が行います。

こうしないと、例えば、被害者が6人居てU市、V町、W市、X市、Y町、Z村に散ってるとかの場合、捜査情報が分散したり、指揮権が明確にならず、困った事になります。

被害者がX市の住民で、X市で捜査する必要があれば、A市の警察の捜査官がX市に出向きます。但し、A市の捜査官に人的余裕がなく出向けない場合もあるので、そう言う時は地元警察に捜査協力を依頼します。

なお、県内の異なる複数の管轄で、連続して同一犯による事件が続いた場合は、県警内に「合同捜査本部」が置かれたりします。

但し、事件の内容が特殊で、警察庁警備部(俗に言う「公安」)が出張って来た場合は県警や地元警察は手出しができなくなり、公安の捜査官が県を跨いでの捜査を行います。

Q自衛隊の災害救助活動費は無料ですか?

例えば新潟地震で救助活動した自衛隊の活動費は無料だったのでしょうか?

彼らは最大の国家公務員(25万2000人/全公務員の41%)でその給料など全てを税金でまかなっていますよね。ですから救助活動は当然無料だと考えるのが常識ではないでしょうか。

ところが、私の不確かな情報によりますと、救助活動を要請した自治体の負担らしいのですが、これ、おかしくないですか?。当然無料にすべきだと思いますが・・・

どなたか真実を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

御安心ください。人件費等は完全に無料です。出動に際して、「出動料金」がかかるというようなことは決してありません。

ただし、次のものは要請した自治体の負担とされています。(参考URLより)

「派遣部隊の宿営及び救援活動に必要な土地、建物の使用料及び借上料、宿営及び救助活動に伴う光熱費(自衛隊の装備品を稼動させるための通常必要な燃料を除く)、水道料、汚物処理料、電話等通信費(電話設備費を含む)、入浴料、救援活動に必要な自衛隊装備以外の資機材の調達、借上げ、運搬、修理費、及び有料道路の通行料は、本町及び防災関係機関が負担する。」

人件費(出動に際しての手当ても含む)ばかりでなく、車両や航空機の燃料なども、自衛隊が負担するわけです。まぁ、十分な線ではないでしょうか。

でも、これを称して「出動に要する費用は要請した自治体の負担」などと言う人がいるものだから、質問者様のように人件費も自治体負担だと誤解する方が多いのは確かです。

どちらで聞かれたかは存じませんが、誤解なさいませんようにお願い申し上げます。

参考URL:http://www.town.senmaya.iwate.jp/gyousei/bousai/3-7.html

御安心ください。人件費等は完全に無料です。出動に際して、「出動料金」がかかるというようなことは決してありません。

ただし、次のものは要請した自治体の負担とされています。(参考URLより)

「派遣部隊の宿営及び救援活動に必要な土地、建物の使用料及び借上料、宿営及び救助活動に伴う光熱費(自衛隊の装備品を稼動させるための通常必要な燃料を除く)、水道料、汚物処理料、電話等通信費(電話設備費を含む)、入浴料、救援活動に必要な自衛隊装備以外の資機材の調達、借上げ、運搬、修理費、及...続きを読む

Q冤罪事件で捜査担当者が受けた処分

菅谷さんや志布志の冤罪事件は、捜査担当者の重大なチョンボまたは故意の反則のように思います。
Q.今までの冤罪事件で、捜査担当者がどんな処分を受けたのか教えてください。

Aベストアンサー

捜査担当者には処分は下っていないはずですよ。

裁判で指摘されて無罪になるのですから。
冤罪で死刑になった人もいるかも知れませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報