松本清張のおすすめの本を教えてください。
最近【黒革の手帳】や【けものみち】でドラマ化されていますよね。
今まで松本清張は読んだ事がなかったのですがすごく興味がわいてきました!
松本清張さんはたくさんの作品があるので迷ってしまいます。この本が面白かったよ~^^ってご意見お待ちしています♪

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

1です。

題名が今一思い出せないので書き込みできませんでしたが、「黒の福音」ある手順でスチワーデスになり、コカインの運び屋(ピジョン)になり、最後は犯人とみなされる疑惑の神父が国外に転任となり終止符を打たれた事件がモデルですが、この時期も外交官の特権に警察が手も足も出なかったという迷宮入りのままの事件です。多分黒皮の手帳以前の作品と思いますが。
黒の福音は、40年以上前の事件ですけど、多分黒皮の手帳は、銀行の女子行員の使い込み事件の多く起きた時期の作品です。黒い空というのもあるそうですが私は読んでいませんので今度読んでみようと思います。(きっと公害が何かからの作品なのかな。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度の書き込みありがとうございます。
黒いシリーズがあるんですね。
実際にあった事件がモデルなんですか?それはなんだか面白そうですね。
皆様のアドバイスをいただいて今【砂の器】が手元にあります。まだ読んでいませんが楽しみです^^。
黒い空がもし公害の作品ならきっと砂の器のような涙涙の作品なのかな?
皆様にすすめてもらった作品は順番に読みたいと思っています。なんだか急に忙しくなった気分です(笑)
ありがとうございました♪

お礼日時:2006/02/16 14:52

下に挙げられているもの以外だと「疑惑」がおすすめです。

「疑惑」というタイトルの短編集の一つなので、読みやすいと思います。
これは短編集なのに映画化もされています。映画もお勧めです。
松本清張さんの作品には短編作品も多いので、長編が辛くなったら(笑)息抜きに読んでみてはいかがでしょうか。
私がこれを読んだ時、「こんなのも書けるんだ、キャパシティが広いな」と思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

短編なのに映画化されてるんでか。
アドバイスの通り長編が辛くなったら(実はよく辛くなるんです・笑)いいかもしれないですね^^。
実は今砂の器が手元にあります。皆様に勧めてもらった本は順番になりますが必ず読んでみようと思っています。ありがとうございました♪

お礼日時:2006/02/16 14:46

「点と線」「ゼロの焦点」「砂の器」が三大傑作だと思います。


大方の人もそう評価するでしょう。
清張ミステリーの真骨頂は、やはり動機が社会問題と密接に関わっていることでしょうね。
戦後のゴタゴタした社会が抱えた矛盾が、犯罪という形で表面に現れるといいますか・・・。
新潮文庫版「砂の器」は解説でトリックがネタバレしてますから、本文を先に読んだほうがいいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

【点と線】はおすすめする人が多いですね~。
一番最初に読んでみたいと思います。
【ゼロの焦点】と【砂の器】が三大傑作ですか!
砂の器も絶対に読もうと思っていたんです。
dollarさんがおすすめの三つの作品は是非とも読んでみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/13 20:28

私のお薦めは「霧の旗」です。



作品自体は40年以上前のモノですが、全く古さを感じさせず、現代でも充分通用する作品です。
何度も映画化やドラマ化されているので、ご存知の作品かも知れませんが、何度読んでも味わい深いモノです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もドラマ化&映画化されているんですか?
霧の旗って全然しらないです・・。
何度も映画化やドラマ化されているってことはきっと魅力のアル作品なんでしょうね。是非読んでみようと思います^^。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/13 20:21

ゼロの焦点


球形の荒野をお勧めします。2つとも終戦をはさんだ作品なのですけど推理小説の面白さにも魅かれます。以前、砂の器が放送されましたが、主人公の父親の病気を現在は差別用語とも偏見とも社会的誤解を受けないように入れ替えられて、以前愚息に「何の病気だったの?」と放映中聞かれました。沢山本で読んでみてください。【黒革の手帳】や【けものみち】も本で読まれるとまた違います。作品には、当時の背景に優しい目をもった作者の声が聞き取れると思います。基本的にけものみちは違いが大きすぎてTV見るのをやめましたけど。戦中。戦後の事件や社会背景が本当によく生かされていますし、生き抜く力の中に人間の弱さも優しさも残酷さも全て含めて描かれた作品が今も受け入れられるのかも知れません。現代に置き換えても置き換えすぎるとね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます♪
砂の器は是非読んでみたいと思っています。
ずっと以前の映画もこの間の中居君が主演をしていたドラマも実は見ていないんですけど・・。
けものみちのドラマって原作とそんなに大きなずれがあるんですかぁ。私は原作を知らないからドラマにそのまま入っていけて毎週楽しんでいます^^。原作とそんなにかけ離れているなら是非とも読んでみたいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2006/02/13 20:09

 個人的には「点と線」が好きですが、「黒革の手帳」などとは少々趣が違うかも知れません。

どちらかというと本格推理もの、という感じの作品です。
 ただ、比較的初期の作品としては傑作とされるものの一つであることは間違いないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます♪
点と線ですね。探してみます^^。

お礼日時:2006/02/13 19:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松本清張

松本清張のおすすめの本を教えてください。
最近【黒革の手帳】や【けものみち】でドラマ化されていますよね。
今まで松本清張は読んだ事がなかったのですがすごく興味がわいてきました!
松本清張さんはたくさんの作品があるので迷ってしまいます。この本が面白かったよ~^^ってご意見お待ちしています♪

Aベストアンサー

1です。題名が今一思い出せないので書き込みできませんでしたが、「黒の福音」ある手順でスチワーデスになり、コカインの運び屋(ピジョン)になり、最後は犯人とみなされる疑惑の神父が国外に転任となり終止符を打たれた事件がモデルですが、この時期も外交官の特権に警察が手も足も出なかったという迷宮入りのままの事件です。多分黒皮の手帳以前の作品と思いますが。
黒の福音は、40年以上前の事件ですけど、多分黒皮の手帳は、銀行の女子行員の使い込み事件の多く起きた時期の作品です。黒い空というのもあるそうですが私は読んでいませんので今度読んでみようと思います。(きっと公害が何かからの作品なのかな。)

Q今までに読んだなかで、おもしろかった本教えて

この本読んで人生が変わったとか、面白かった本教えてください。
仕事関係の本しか読まず、映画はよく見ます、カッコウの巣の上で、セブン、子育てごっこ、などが好きです、最近読んだ本林住期 いろいろなジャンル読みたいので、お願いします。

Aベストアンサー

「冷血」トルーマン・カポーティ
この本は一気に読みました。読み終わった時は悲しかったくらいです。でも、好みに合いますかどうか・・・

Q松本清張の作品

松本清張の作品
江戸城大奥を舞台にした松本清張の小説の題名を教えてください。

Aベストアンサー

「大奥婦女記」かな。

Q待ち時間に最適な本とは?

定期的に病院に通っているのですが、総合病院の為、診察も会計も時間がかかる事が多いです。
待ち時間に本を読むことが多いので、今後持って行く本を選ぶ際の参考になればと思い、質問させていただきました。
病院の待ち時間の間に読みやすいオススメの本が教えてください。(読む時間としては一回の通院につき、1時間から2時間くらいかと思います。)

病院に持って行く事を想定して文庫本で発売されているものから選んでいただければ幸いです。

Aベストアンサー

奥田英朗さんの、ドクター伊良部シリーズはいかがでしょうか(*^_^*)

「イン・ザ・プール」は映画化もしました。その後、「空中ブランコ」「町長選挙」と続きます。

内容もライトなので読みやすく、ユーモアがあって面白いです!

Q松本清張作の点と線の印象に残るところ

松本清張作の点と線の本について、おもしろかったところ、印象に残ったところ、他の人に紹介するならどういう風に紹介するか、他の人の意見を知りたいので、教えてください。

Aベストアンサー

「点と線」は推理小説として読むと、今から見ると「謎」が「謎」では
なくなってる部分があったり、トリックそのものに無理があったりして
「駄作」に分類されると思いますが、「その時代の通俗小説」として
読むと、風物や人物の描写が見事で一級の小説だと思います。

松本清張の推理小説、としてはむしろ「砂の器」の方が出来が良く、
彼の代表作はこちらだと私は思いますけど・・・

「点と線」は、旅行雑誌に掲載された小説である、という点からしても
「小説」の分野より一連の「土曜ワイド劇場」などルーツとして見る
のが正しく、また、その意味でも出来が良かったために、社会派推理
というジャンルを確立したんだと思います。「そのジャンルとしては
駄作だが、別ジャンルの元祖となった作品」という意味で、例えば
少女漫画としての「セーラームーン」(少女が主役の戦隊モノとして
見る)あたりと比較すると面白いかもしれません。

Q読んだらためになり、これは勉強になるわ、と思わせてくれる本ありませ

みなさんが今まで読んだ中で、これはお薦めだよという本を教えて下さい。フィションでも可です。

Aベストアンサー

新渡戸稲造の「武士道」サイコーですね。あと漫画ですが、かわぐちかいじの「沈黙の艦隊」読み応えありすぎてクタクタになります。

Q松本清張だったはず・・・

ドラマの原作のタイトルを教えてください。
原作は松本清張の小説だったと思うのですが、先日ドラマで元少年隊のヒガシが不倫する高校教師の役で出ていました。不倫相手といるときに、間違って逮捕された人と出会ってしまって証言してあげればその人は助かるんだけど、そうすると不倫がバレてしまうので会っていないと証言する…といった内容です。
最初の方だけ見て、その後を見られなくて続きが気になってしまって。ドラマのタイトルは「証言」じゃなかったかなぁ。一応、松本清張・証言 で検索かけましたがヒットしませんでした。どこかに記憶違いがあるようです。原作を読んでみたいのでタイトルがお分かりの方がいらっしゃったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

松本清張の短編集「黒い画集」の一篇
「証言」ですね。
映画では小林桂樹が主役でした。
題名は【サラリーマンの証言】でした。
この映画は大変印象に残っています。
新潮文庫 「黒い画集 」でお読みになれます。

 

参考URL:http://www.jmdb.ne.jp/1960/cj001180.htm,http://www.shinchosha.co.jp/cgi-bin/webfind3.cfm?ISBN=110919-2

Q2年前に見た【手帳】

2年前に見た【手帳】
次の条件を満たす手帳を探しています

1,リングノート式の手帳

2,(見開き2ページ)の
上半分に月間予定,
下半分に週間予定があり
両方を同時に確認できる。

3,上下のページは分かれており、別々に,めくることが可能

4,確か…メーカーはコクヨ,だったような?(うろ覚え)

お願いします

Aベストアンサー

お探しの商品は、

学研ステイフルの 『日付入りA5ツイン手帳』(http://www.gakkensf.co.jp/lineup/sch/index4.html)

ではないでしょうか?

ご記憶のメーカーとは異なっているので、違っていたら申し訳ないのですが、
この手帳も、なかなかの“すぐれもの”ですので、よろしければ参考になさってくださいね。

Q松本清張に似た作風の作家

松本清張の、人間の欲望や業といったものを追及したような短編ミステリーが好きで、よく読みました。現在文庫本などで比較的容易に手に入る範囲では、ほとんど読んでしまったと思います。
そこでお願いしたいのですが、松本清張に似た作風の作家(国内)と、おすすめの代表作(とそれが収められている本のタイトル)を教えてください。条件は、(1)短編、(2)時代背景は戦前から現代、(3)ミステリー仕立て、(4)文庫本で入手可能(絶版を除く)、です。

Aベストアンサー

似た作風というか社会派でくくるなら森村誠一でしょうか。代表作は
長編の「人間の証明」(ハルキ文庫で入手可)。残念ながら短編の名
作は分かりません。自分が好きなのは「魚葬」の「神の怒色」という
作品なのですが。

Q感動する本、勇気が出る本、前向きのなる本を教えて下さい。

おはようございます。
最近とても大切な人と別れました。人生に対して今は生きる気力がありません。落ち込んで落ち込み抜いたその後に気持ちを前向きにしていきたいと思っています。その時にほんの少しでいいので手助けが欲しいのです。
私は読書が好きなので皆様が出会った素晴らしい本をご紹介して欲しいのですが・・・。
前向きになる勇気の出る本を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『青空のむこう』- アレックス シアラー・著 / 金原 瑞人・訳

わたしはあなたへ、この本をお薦めします。ほか、シアラーさんのお書きになる本は、どれも最後に、ほんのすこしの勇気と、さわやかな感動を生んでくれます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763002112/249-0498760-4756324


人気Q&Aランキング

おすすめ情報