親しい友人に250万円のお金を貸しています。
貸す際に借用書を書いてもらいました。
しかし、代理人を立てていません(信用があるという事で…)。
約束の返済期限はとうに過ぎています。
なので、弁護士に相談しようか迷っています。
しかし、事を大きくしたくないですし、
弁護士に相談する前にいくつかの疑問点を解決したいです。
このような経験のある方、また専門家の方の
ご意見やアドバイスを頂ければ幸いです。

疑問点は、
借用書には時効があるのですか? 
また、代理人がいなく、本人による返済が不可能な場合は
どうしたら良いのでしょうか?

よろしくお願いします。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 「友人」に「250万」というのが気になります。

それは、あなたの手持ち資金をぽんと貸されたということですか?
 こういう質問の場合、話をよく聞くと、「自分のキャシングカードを渡した」とか、「消費者金融から借りるのに名前を貸してやった」とかいうことだったりすることが多いのです。そういう御事情プラス、友人との間で借用書を作成したということではないですか?
 「信用があるということで・・・」というのは、友人ではなくて、あなた信用のことではないですか(たとえば、公務員をなされているとか)?
 そういうことであれば、回答する側としても話が違ってくるのです。
    • good
    • 0

 相手が一般人であれば、返済期限もしくは最後に時効が中断した時点より10年経過することによって、借金貸付債権は消滅時効にかかります。

時効の中断は、請求、差押・仮差押又は仮処分、承認ですが(民法第147条)、「承認」以外はすべて裁判上の手続きによるものですから、実際に中断が発生するとすれば「承認」になります。承認とは、本人が債務の存在を自ら承認することですから、一部弁済をしたり、返済額の減額・期限延期の申し入れ等がこれに当たります。返済期限もしくは最後に時効が中断した時点より相当年数が経過している場合は、相手方の時効援用を防ぐために時効を中断させておいた方が良いかと思います。一部弁済させたり、上記のような「承認」にあたる発言を録音すれば足ります。

 本人が、支払能力があるにもかかわらず逃げ回っているのか、それとも本当に支払能力がないのかによってこちらの取る手段が変わってきます。本人に支払能力がない場合で連帯保証契約を結んでいない場合は債権回収の困難が予想されます。相手に財産があれば訴訟を起こして取り立てるのも結構ですが、相手に財産がなければ勝訴判決は画餅に帰します。相手が就労している人物ならば、債務を分割払いにし、新たな契約を作成するのもひとつの方法です。公正証書にして、強制執行認諾条項を入れて、確実に債権を回収されることをおすすめします。
    • good
    • 0

 借用書の時効はありませんので、返済期限が過ぎているのであれば、至急催促して返済をしてもらうべきでしょう。

ただし、返済期限が来ているのに、催促をしない場合には時効もあり得ます。

 代理人ではなくて「保証人」あるいは「連帯保証人」の事かと思いますが、本人に返済能力がない場合は、どうしようもありませんね。借用書に記載されている返済方法が一括返済なのであれば、分割にしてでも返済をしてもらうなどの方法にする方法もあります。

 いずれにしても、本人と連絡が取れるのでしたら、直接返済の交渉をすべきです。それで返済の意志が見られない場合は、法的手段に移ればよいでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税金の催告書が届いたのですが、時効に影響がありますか。

 先日、市役所から住民税の催告書というものが届きました。(督促状ではありません)
 たしか、住民税は5年で時効が成立し、払わないですむと思うのですが、催告書が送られたことにより、時効は中断してしまうのでしょうか。
 催告書は市長名もありました。

Aベストアンサー

督促とは違い時効の中断とはなりません。
税金が課せられていることを知っていてなぜそれなりのアクションを起こさないのですか?例えば払えない理由をお役所に届けて分納させてもらうとか...。
まあ後半は余計なお世話ですがきちんと税金を払っている私から見れば少々納得がいかない行為なので。

では。

参考URL:http://www.tax.metro.tokyo.jp/book/2001/11-01.htm

Q貸した金銭が返済されません、借用書もあります。どうすれば?

友人に250万円の金銭を平成20年3月24日に貸付けました。

当然、専門家に「金銭貸借の契約書を作製し、あります」

契約書には民事訴訟を起こす場合、東京簡易裁判所になっています。

訴訟を考えていますが、
債務者は、無職、一切の財産、差押える品などありません、無一文です。

この場合、訴訟を起こした場合、当然、裁判では勝訴するとおもいますが、
肝心の差押えする物がありません、
この場合、お金のない人からは返済は無理ですので
いくら、裁判所で支払い判決が下された場合でも
何も返済されず、泣き寝入りになってしまうのでしょうか?

(1)判決で支払い判決が確定しても、取立てる、財産、品物、給料は一切ないので泣寝入りでしょうか?

(2)民事ですから刑事事件と違い、泣寝入りでしょうか?

(3)強制執行とは、「差押え」の一部なのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

東京地方裁判所に提訴する場合、訴状を作らないといけません。相談者様が作れれば問題ありません。しかし司法書士のアドバイスを受ければ10万円程度はかかります。訴状に貼る印紙代(2万円程度)や切手代金(1万円弱)も裁判所に最初に納めます。

そして仮に勝訴して強制執行。強制執行するにもお金がかかります。具体的に財産が無ければ空振りです。

結局のところ、【お金の無い人間】と【支払う気の無い人間】からお金を回収するのは不可能ということです。

Q時効の中断、催告について

教えて下さい。
裁判外で時効を中断させる方法として “催告”というのがありますが、不法行為(時効三年)に対してもこの催告ってできるのですか? 教えて下さい。
現在、病気療養中で裁判を始める気力がありません。

Aベストアンサー

催告は出来ますが、誤解があるかもしれませんので。

時効の中断
請求
「催告」による6ヶ月の時効の伸長について。
ただ請求書を出すという、裁判外での請求をいくら重ねても時効の中断はしません。
 しかし、完成前の「催告」(裁判外の請求、請求書などによる請求が該当しますが相手に届いていることが必要であり、その有無が争われたときは、その点を立証できなければ意味がありません。そのため催告は配達証明付きの内容証明郵便にしておくべき。)については、その催告が到達した日から6ヶ月以内に裁判上の請求等の手続きを取ることを条件に、「その到達後」6ヶ月の期間だけ時効の完成を引き伸ばすという効果が認められています。
たとえば、ある年の4月末日に時効が完成する場合、3月末日到達の催告がなされていれば、その6ヶ月後である翌年の9月末日までに訴えを提起すれば時効は中断します。(本来の時効完成時である4月末日からの6ヵ月後である翌年の10月末日ではありませんので注意してください。)
 催告による時効期間の延長は「時効完成直前の催告について1回限りのもの」で、6ヶ月ごとに繰り返せば時効の完成を引き伸ばせるものではありません。
 不測の事態もありますので、早めに対処するに越したことはないと思います。 

催告は出来ますが、誤解があるかもしれませんので。

時効の中断
請求
「催告」による6ヶ月の時効の伸長について。
ただ請求書を出すという、裁判外での請求をいくら重ねても時効の中断はしません。
 しかし、完成前の「催告」(裁判外の請求、請求書などによる請求が該当しますが相手に届いていることが必要であり、その有無が争われたときは、その点を立証できなければ意味がありません。そのため催告は配達証明付きの内容証明郵便にしておくべき。)については、その催告が到達した日から6ヶ月以内に...続きを読む

Q借用書って相手方の署名が無くても借用書として成立す

借用書って相手方の署名が無くても借用書として成立するものなのでしょうか?

文面に貸し出し元の明記があれば、借用書として成立する?

Aベストアンサー

金融機関でローンを組んだことのある人ならわかるはずですが,
債務者が債権者に対して証書を差し入れする形式のものは
実務でよく使われています。
というか銀行等ではそれ以外はありえないんじゃないでしょうか。

これは,金銭消費貸借契約というのは,
借主が金銭を受け取ることにより成立する要物契約で,
(つまり契約成立時には貸主はすでに金銭を貸し渡している)
借主だけが同額の金銭を返還する債務を負う片務契約だからでしょう。

債権契約だから当事者が誰かを明らかにする必要があります。
契約書は,その契約により定めた義務を記載して,
その義務を負う人がそれに相違ないという証拠として作成するものです。

金銭消費貸借契約においては,借主だけが義務を負うので,
義務履行者としての借主には署名させるけれど,
貸主はもう義務(金銭の貸し渡し)を履行しているといえるので,
証書に貸主の記載はしても署名まで要求しなくても良いだろう。
そういう考えの下に差し入れ形式の契約書が使われていたりします。

ちなみに,
返済期限のない契約では,貸主はいつでも返済を要求できるし,
担保については,貸主のリスクの問題だから別になくてもいいし,
その貸付が商行為であれば有利息が原則(商法第514条)だけど
それ以外では無利息が原則なので記載がなければ無利息です。

猪瀬知事の例では,会見の場で提示された借用書が原本そのものであるならば,
それは貸主がそういう契約内容を認めていたってことなんだから,
契約自由の原則から,そういう契約も認められてしかるべきです。
それについてマスコミ等がどうこう言うのはなんだかおかしな気がします。

ただし,印紙が貼られていなかったのは明らかに印紙税法違反です。
5000万円の借用書なら印紙税は2万円なので,
6万円を納めさせることができます(印紙税法第20条1項)。
そこは税務署にぜひともつっこんでいただきたいと思いました。

金融機関でローンを組んだことのある人ならわかるはずですが,
債務者が債権者に対して証書を差し入れする形式のものは
実務でよく使われています。
というか銀行等ではそれ以外はありえないんじゃないでしょうか。

これは,金銭消費貸借契約というのは,
借主が金銭を受け取ることにより成立する要物契約で,
(つまり契約成立時には貸主はすでに金銭を貸し渡している)
借主だけが同額の金銭を返還する債務を負う片務契約だからでしょう。

債権契約だから当事者が誰かを明らかにする必要があります。
契約書は...続きを読む

Q公示催告中に時効

受取手形を紛失してしまった場合、手形を無効にする為に簡易裁判所に公示催告の申立をし除権判決を得るという手続きが必要になるそうですが、もし手形紛失後、何の対策も講じず1年半以上経過してしまっている場合、公示催告(6ヶ月以上)の間に売掛金の時効(2年)をむかえることになりますが、この場合時効の中断も出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

 売掛金の支払いのために約束手形が振り出された場合には,元の売掛金について,手形とは別個に訴訟を起こすことができます。売掛金の支払いのために手形が振り出されているということは,相手方(被告・手形を振り出したり裏書きした側)が主張すべき事実で,その事実が主張されて裁判所に認められた場合には,手形と引換に売掛金を支払えという判決がされます。

 手形が出ているから,売掛金について,何のアクションも起こせないというわけではないのです。むしろ,手形が出ていても,売掛金は売掛金として,訴訟を起こすことができるということです。

 手形と引換に支払えという判決がされた場合に,手形が除権判決で失権すれば,手形と引換ということもなくなって,売掛金の支払いを受けることができます。

 しかし,売掛金の支払いに代えて手形が出ている場合には,売掛金の債権は残らないとされていますので,この場合には,売掛金の時効自体が問題になりません。手形の時効が問題になるだけです。

 普通,売掛金の支払いに代えて手形を振り出すということはありませんので,基本的には,前者の取扱い(すぐ訴訟を起こす)ができるわけです。

 売掛金の支払いのために約束手形が振り出された場合には,元の売掛金について,手形とは別個に訴訟を起こすことができます。売掛金の支払いのために手形が振り出されているということは,相手方(被告・手形を振り出したり裏書きした側)が主張すべき事実で,その事実が主張されて裁判所に認められた場合には,手形と引換に売掛金を支払えという判決がされます。

 手形が出ているから,売掛金について,何のアクションも起こせないというわけではないのです。むしろ,手形が出ていても,売掛金は売掛金とし...続きを読む

Q借用書なしで三万二千円を元同僚に貸しつけてます。

借用書なしで三万二千円を元同僚に貸しつけてます。
四月の途中まで勤めていた会社を私は辞めてしまい、
その会社に在籍中の同僚は、七月になっても返して
くれません。

一番良いのは借用書を後からでも書いて貰えるのが
最良の道だと思いますが、何か妙案ないでしょうか?。

もしくは借用書なしでも取り立てが成功する方法。

おまけに住所が変わり会社しか連絡先がわかりませんのに
、借りた本人いわく「嫌がらせか」と会社に来ることを嫌がります。

こちらも返済して貰えるのなら自宅でもよいのですが、
ぼかして「後で」と言ったろうと一点張り。この「後で」が払う意思
があるのか期日はいつなのかわかりません。
要するに「ぼかして」連呼するだけ。

穏便な解決方法はないのでしょうか?。

むろん泣き寝入りの方向で諦めようと思いつつ、また
次の日になると後悔がこみ上げて来るので精神的に無念
です。

Aベストアンサー

借用書を取ることは理想ですが、まず、難しいでしょう。ボイスレコーダーで会話内容を録取されたらどうですか。十分な証拠になります。

Q消滅時効の中断のための催告の方法

消滅時効の中断(6か月間の延長)のための催告ですが、「・・・・の件での100万円を直ちに支払ってください。」と内容証明郵便で書いて出すだけでよいでしょうか?
それとも、「・・・・の件での100万円を直ちに支払ってください。」に続けて、「・・・銀行の普通預金 口座番号・・・に振り込んでください。」という支払方法まで書かなくてはダメですか?

Aベストアンサー

「・・・に振り込んでください。」と言うようなことは、記載してもしなくても時効中断に影響しないです。
しないですが、催告の趣旨が相手に届かないと効力は発生しないので、内用証明郵便で配達証明付きにします。
なお、「6か月間の延長のため」と言いますが、催告書が相手に届いた日から6ヶ月以内に裁判などしないと中断しないと言うことで、例えば、平成26年4月30日に時効の成立日だとすれば、6ヶ月先の10月30日になるのではなく、明日催告が届けば7月30日までに裁判などしないと、4月30日に時効は成立します。
7月30日までに裁判などすれば、4月30日が7月30日に伸びたことになります。
要は、6ヶ月ごとに何回でも催告すれば限りなく延期になることではないです。

Qバイクで違法駐車で2点減点されました。それが今年の9月だったのですが、その2点がまたリセット(0点)

バイクで違法駐車で2点減点されました。それが今年の9月だったのですが、その2点がまたリセット(0点)になるのはいつぐらいなのでしょうか?わかる方いたら教えて下さい

Aベストアンサー

違反履歴がリセットされるのは丸1年後です、
その間無事故・無違反である必要が有ります、
事故・違反が有れば累積です、
違反点数は違反の時点から丸3年経過しないと消去されません、

リセット=違反点数が消えるのでは有りません、
勘違いをしないように、

違反履歴が1年経過後リセットされても、その後3点以上の違反をやらかせば過去3年分の違反点数がまとめて加算されますから状況次第では一発免停も有り得ますよ、

ご注意の程を。

Q消滅時効の中断としての催告のイメージ

消滅時効の中断としての催告のイメージがよく湧かないので質問します。

例えば、2011年1月15日に暴行を受けて傷害を負ったことによる不法行為の損害賠償請求の訴訟をしようとする場合、2011年1月15日の暴行の日から3年以内の2014年(今年)の1月13日に、「2011年1月15日の暴行による傷害の損害賠償として金200万円を請求します。」という手紙を内容証明郵便で出して、2014年(今年)1月14日までに相手方に到達させたら、こちら(当方)は、上記の内容証明の到達日から6か月以内の2014年(今年)7月13日までに、相手方に金200万円の損害賠償の訴訟を提起できる、という考え方でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者の考え方であっています。

催促による時効中断はあくまで一時的な措置と考えていいです。
消滅時効まじかにとりあえず催促しておけば、そこから6か月以内に訴訟起こさないと時効消滅します。
6か月後にまた催促して延長…ってことはできません(民法153条)。

ただ催促して相手から「支払まってくれ」等の返事がもらえたなら、それは債務の承認ということになり
時効は中断、もしくは時効期間完成後の債務承認となり、相手はその後に時効を援用できなくなります。

Q返済が終わった時の借用書って…

以前友人にお金を貸したときに、借用書をかいてもらいました。
複写式の紙に金額と借主、貸主の名前と住所、返済方法を書き、
原本を私(貸主)が、複写したものを友人(借主)が持ちました。
その後着々と返済はすすみ、来月には全額返済してもらえそうです。
そこで疑問なのですが、返済が終わった時の借用書ってどうすればいいのでしょうか?
お互いに破棄すればよいのですか?
それとも、借主に原本を渡した方がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

返済が済んだら、借用書の原本にに「○年○月○日全額回収済み」とでも書いて、捺印をして相手に返すのがよいでしょう。
記録として保存したい場合は、コピーを取って保存します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報