私は、現在、自宅で英会話の教室を開いています。
フランチャイズのような感じで、全国にある教育機関に属しています。
現在、私の所得形態は、給与所得ということになっていて、生徒からいただく月謝の、消費税を除く半額が、私の収入になります。現在、私の月収は3万円程度です。あとは、授業料?として、本部に納めています。
その代わり、本部には、TVのCMをしていただいたり、研修などで、授業の進め方を習っています。

教室を始める際に必要になった、ホワイトボードや机・椅子などは、自費で買い揃えました。文房具、コピー代、もちろん、光熱費など、全て自費です。

今、所得形態を、事業所得にすることを考えています。
私は、英会話教室の収入は少ないですが、他にも仕事を持っていて、両方の年収を足すと、主人の扶養の範囲ギリギリくらいで、あと一人でも生徒が増えると、越えかねません。

ここから質問に入ります。

質問(1)家が、住宅ローンの場合は、経費として落とせるのでしょうか?
(他の人の質問を拝見したところ、家賃は大丈夫ということでしたが。)

質問(2)もし、事業所得に切り替えるなら、私の住民税って、どうなるんでしょうか?実は、今も、どうなってるのか知りません。。。

質問(3)ズバリ、どっちがいいんでしょうか?

事業所得に切り替える場合、現在本部負担で定期的に入っている広告費などを、自分で支払うことになります。(年間約10万円)
今、たまたま、CDプレーヤーが壊れてしまって、あと、できれば、エアコンも新調したいのですが、今の、給与所得のままだと、結構経費がかかって、ほとんど収入がなくなってしまうのです。
それで、こんなことを考え始めました。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#4の追加と他の方の補足についてのです。



>自宅での個人塾の場合、「内職」になるかどうかわかりませんが、この場合は65万円までは自動的に経費あつかいできます。

これは、事業所得にした場合に、内職程度の規模で白色申告だと、経費として最高65万円を控除できる制度です。
もちろん、実際の経費が65万円以上かかった場合は、この制度ではなく、実際にかかった経費を控除できます。

>それだと、「0円」ですね。ただ、「他にも仕事」というのがあるから、内容で認められないか?

上記の場合、収入が30万円なら、65万円を控除して所得が0になるということですが、他にも収入が有れば駄目という意味です。

現在の英会話を倍にした場合、月収が 6万円で、年間72万円になります。
この場合、給与所得控除が最低で65万円有りますから、給与所得が12万円になり、他の収入と合算して所得税を計算することになります。
事業所得にした場合、経費が65万円以上かかるようでしたら事業所得を選択し、経費が65万円以下なら現状のまま給与所得にしておいて方が有利です。

いずれにしても、給与所得が160万円くらいまでは、給与所得控除が65万円ですから、この額と実際にかかる経費の予想と比較して、経費が65万円以上かかるようでしたら、事業所得にした方が有利ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawaさん、親切にアドバイスしていただいて、ありがとうございます!
なんとなく、わかってきました。
私の場合、今のところ、生徒が2倍に増えても、2つの仕事を足して、160万を超えそうにないので、
事業所得にする必要はないのですね。
英会話教室を始めるに当たって、いろいろと必要なものがあり、また、これからも、いろいろとお金がかかりそうだったので、
何とかいい方法は、、、と、考えましたが、給与所得でも、65万は、経費として、税金控除してもらえるのですね。
なんだか、収入の大半が経費として消えていくので、ときどき、「私、何してるんだろう?」と考える時もありましたが、
やっぱり、今まで通り、『趣味』と割り切って、授業を楽しもうと思います。
ここに相談して、スッキリしました。ありがとうございました。
他の皆様にも、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/11 20:28

「フランチャイズのような」については、そういう方法をとっているのですね。



で、「給与所得」であれば、「源泉徴収票」はもらえるのでしょうか。私は以前、某予備校で、夏休みの短期講習だけの講師をしたのですが、短気契約だから、とうぜん、徴収するほど金額ないけれど、ちゃんと源泉徴収されて、源泉徴収票が送られてきました。「複数の所得」の可能性があるわけですから、小額でも源泉徴収しないといけないのでしょう。

複数の所得があれば、給与所得であっても確定申告しないといけないので、必要になります。結果的に納税額ゼロになるにしても、還付があるかもしれないし、あとで「非課税証明」が必要な時もあるし。

「本部」のやりかたにご不満が無ければ、まあ、私が何を言うものでもないのですが、教室で必要な経費について、「当然自分持ち」にさせている状況が、私には不審に思えます。「悪徳商法」とまではいわないけれど、自分勝手な会社じゃないでしょうか。年間10万円も広告費が必要ですか?高いロイヤリティ取って広告費まで上乗せするのは非常識(この業界では常識?)じゃないですか?
以前、「給与所得なのに源泉徴収票を出さない会社」の質問がありましたが、本部はちゃんと納税しているのでしょうか。
各教室の経費について本部の「経費」として処理することは可能(と言うか、当然経費=本部は損はしない)だから、交渉で、少なくとも税金分ぐらいの経費負担してもらって当然だと思いますが。

>給与所得でも、65万は、経費として、税金控除してもらえるのですね。
「経費」と「給与所得控除」は、実際のところ意味は違います。
 たとえば、サラリーマンの通勤定期は「経費」ですので、「通勤手当て」には税金がかかりません。本来、サラリーマンの経費は会社が負担するものなのです。(自営業者だと、「自腹」で定期を買わなきゃならないけど、それは「経費」になります。「経費」にしてもらえて、助かっているかというと、結局、サラリーマンが自腹で定期を買っているのと同じ。)

「給与所得控除」の意味合いは、たとえば通勤に使う靴がすり減るとか、ちゃんと散髪しないと仕事が出来ないとか、余分に雑誌もよんでいないと会社の話題についていけないとか、お化粧もしないと人と会えないとか、そういうものが必要だろうということになるはずです。そういうものと実際に使わないと何も出来ないものを一緒にしてはいけません。教室の机やコピーは、ないとどうしようもないものであって、お化粧などとは次元が違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nozomi500さん、色々とアドバイスをありがとうございました。

>「源泉徴収票」はもらえるのでしょうか。

はい。源泉徴収票は出されます。

>複数の所得があれば、給与所得であっても確定申告しないといけない

↑確定申告は必要ないですよね?
もう1つの(主たる収入先の)年末調整でいいんですよね?

>「当然自分持ち」にさせている状況が、私には不審に思えます。
>「悪徳商法」とまではいわないけれど、自分勝手な会社じゃないでしょうか。

いいえ、私の書き方が悪かったです。
当然、というのは、自宅でしているから、であって、その代わり、
本部は、教育面や広告費を全面的にバックアップしてくれています。
あ、それに、最初、教室を始めた時、応援費として、5万円支給されました。
悪徳商法ではありません。大きな会社だから安心、というわけではありませんが、
誰でも名前を知っているほどの、大手の会社です。

>各教室の経費について本部の「経費」として処理することは可能
>(と言うか、当然経費=本部は損はしない)だから、交渉で、
>少なくとも税金分ぐらいの経費負担してもらって当然だと思いますが。

その会社には、私のような講師が1万人以上います。
全員の経費を不正のないように管理するのは、非常に難しいと思います。
自宅で、リビングルームなどを教室にしている講師もいますし。
中には、希望して、事業所得形態を取っている方もいます。
だから、私も、と思いましたが、私の場合は、どうやら、必要ないとわかりました。

なんだか、私の説明が悪くて、後味の悪い感じになってすみません。
でも、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/12 23:05

契約の変更で個人事業としてなる場合



1 住宅ローンは、経費になりません。だだなる場合もあります
  英会話教室で使用している部屋部分だけとしてですが・・・
  実際利息の何%ですが・・・・かなり所得が出るならね

2 確定申告したら自動的税務署から市町村に連絡があるので
  何もしないでいいですよ(^。^)

3 月収が3万円なら、給料所得の方がいいと思います。
  確定申告する手間隙を掛けて、所得税が0なら何もしない
  給料所得の方が絶対に楽ですよ。

  将来、英語教室を規模拡大、生徒数今の10倍にと考えているなら
  話が別ですが、

この回答への補足

kuuchan01さん、わかりやすく教えていただいて、ありがとうございます。
もう1つだけ、教えてください、お願いします。

>3 月収が3万円なら、給料所得の方がいいと思います。
>  確定申告する手間隙を掛けて、所得税が0なら何もしない
>  給料所得の方が絶対に楽ですよ。

このことですが、私は、もう1つ仕事を持っていて、両方の収入を足すと、年間、100万円くらいになりますが、それでも、英会話の方を給与所得のままにしておいた方がいいですか?
教室の規模は、10倍とは言わないけれど、2倍くらいにはしたいと思っています。

補足日時:2002/01/11 13:53
    • good
    • 0

1.この場合、建物が持ち家ですから、ローンの金額は経費となりませんが、建物の減価償却費を面積など事業の使用割合で按分して、事業の経費にすることが出来ます。


減価償却については、参考URLをご覧ください。

2.住民税については、一定額以上の収入が有れば課税されます。
市役所から納付の通知が来ていなければ、非課税になっていると思います。
事業所得にした場合も、所得税の確定申告をすれば、その金額が市に通知が行き、所得に応じて住民税が課税されることになります。

3.現在の状況がはっきりしないのですが、今は給与所得ということですが、フランチャイズではなく雇用契約を結んでいるのでしょうか。
フランチャイズなら、給与所得ではないのですが・・・。

事業所得にするということは、雇用契約ではなく、フランチャイズ契約などに切り替えることが出来るのでしたら、事業所得にできます。

この点は、本部に確認する必要が有ります。

いずれにしても、ご主人の扶養になって、配偶者控除や配偶者特別控除を適用するかどうかで、ご主人の税金にも影響しますから、綿密な検討が必要です。

結論として、まず、本部にどの様な形態なのか確認してください。
その上で、ここでは、逐一、面談のように質疑応答が出来ませんので、税務署に行かれて相談された方が確実です。
税務署では匿名で相談できますから安心です。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2100.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawaさん、アドバイス、ありがとうございました。
参考URLも拝見しました。
「フランチャイズのような」の一言が、皆さんの混乱を招いてしまったみたいですが、
今は、雇用契約を結んで、給与所得という形態をとっているのですが、希望すれば、
事業所得契約に切り替えられる、ということなんです。
↑これは、雇用契約を結んだ時に、「こういうやり方もある」ということで、紹介されていました。
最近になって、本部に相談しましたが、「どちらでもいい」と言うことで、アドバイスはしてくれませんでした。
一度、税務署に行って、相談したいと思います。
わかりやすく教えていただいてありがとうございました。
kyaezawaさんのアドバイスは、類似検索で、他の人の投稿を拝見したときにも、
参考にさせていただきました。
その分も、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/11 14:22

 所得の種類が事業所得か給与所得かということについてはあくまでも、収入の実態で法的に決まります。

給与所得の前提は、まず雇用契約があるかどうかやその収入を日給、時給などの時間給で計算しているかということになります。ですから、お話を聞く限りでは従前より事業所得ということになりそうです。

>(1)家が、住宅ローンの場合は、経費として落とせるのでしょうか?

 ご自宅で事業を営んでいらっしゃる場合、事業に使っている面積を全体の床面積で割るなどした按分(あんぶん)比によって、使ったお金を家計関連支出と事業用経費に分けます。例えば4部屋あるうちの2部屋を教室に使っていれば、家の減価償却費やローンの利息、水道光熱費などの半分が経費とすることになります。

>(2)もし、事業所得に切り替えるなら、私の住民税って、どうなるんでしょうか?

 住民税は奥さんに関しては基本的に年間所得33万円までは発生しませんが、それ以上の所得になると一定の税率でかかってきます。詳しくは役場の税務課でも教えてくれます。

>(3)ズバリ、どっちがいいんでしょうか?

 ご主人はお勤めされてますでしょうか。扶養手当の額にもよりますが、それがまず一番大きな影響かと思います。奥さんの所得がある一定限度を超えてしまうと、ご主人の配偶者控除、配偶者特別控除もとれなくなりその分、所得税・住民税があがることになります。ですからギリギリだと奥さんが所得を得たことによって逆にご夫婦合わせた可処分所得は減ることもあるでしょう。

 ただ、もし奥さんの事業が順調に伸びていけば、ここでわずかな税金のために立ち止まることが悪影響となる可能性もあります。将来の展望や、事業計画など広く視野に入れてご自分でお決めになるしかないでしょう。

 また、その判断のためには個人所得税の知識や、税務上の決算や申告のしくみについての最小限の知識も必要です。おりしも所得税申告時期が近づいています。書店に行けばご自分に合った解説本があると思いますのでご覧になると良いでしょう。あまり内容の重いものはお勧めしませんが。税務署に置いてあるリーフレットも結構理解の役にたちます。

 それから、税金とは別のもっと大事な論点も存在します。それは生き甲斐を持って働けるかといういことです。失業者の私が言うのも変ですが、私たちは仕事を通じてしか社会には参加できません。仕事は生き甲斐や充実感と言った貨幣価値には換算できない大きなものをも与えてくれることがあります。これもご本人でないと分からないことですのでよくお考えになってご判断下さい。

 CDプレーヤーやエアコンは事業に使うためのものであればその按分に応じて経費で落とすことができますが、やはり系統だった税務や会計の知識をざっとお知りになると実は所得は赤字だったなんてことも考えられます。

 ともあれ、ここで得た情報を最終のものとせず、必ず税務署や税務相談室、専門家によくお聞きになってご理解の上、次の申告に望まれてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

poor_Quarkさん、アドバイス、ありがとうございました。
一度、本屋さんで、簡単そうな本を探してみます。
それから、税務署や税務相談室にも相談したいと思っています。
今、収入は少ないけれど、英会話は、私の趣味であり、一生続けていくつもりでいます。
最初は、収入がほとんどなくても、趣味だから、と、割り切っていましたが、
最近、必要なものが増えてきて、収入よりも支出の方が多くなりそうで、ちょっとでもいい方法を、
と思い、相談しました。
自分でもよく研究してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/11 14:10

「あとは授業料として本部に納めています」という時点で、「給与所得」でなく「事業所得」じゃないですか?「源泉徴収票」もらっているのですか?


全額納入して(本部の売上にいれ)給与として支給されなければ「給与所得」じゃないでしょう。
>もちろん、光熱費など、全て自費です。
給与所得者が「もちろん自費」なんていってはいけませんよ。そういう経費は会社持ちが当然ということで、給与所得者に「経費」がみとめられないのですから。

フランチャイズ「のような」が、どんなものかわからないですが、フランチャイズは事業です。「どっちがいい」という問題ではないと思いますが。

フランチャイズのロイヤリティは、「どっちにしよう」なんて言うぐらいなら、金額的にはかわらないんでしょうから、月収3万・年間36万は同じでしょうか。
本部に納める金額は「仕入れ」に相当すると思います。

住宅の費用については、(持ち家でも借家でも)、自宅兼用の場合は、使用割合で「按分」することになりますが、ローンの金額がそのままではありません。(ローンがのこっていようといまいと、仕事に必要な経費として自宅を削っている、と言うことでは同じ。何億円の豪邸で教室をしているからといって、経費が認められないと思います。)
常識的なところで、「教室に必要な部分」ですね。

電気代なども按分します。

自宅での個人塾の場合、「内職」になるかどうかわかりませんが、この場合は65万円までは自動的に経費あつかいできます。それだと、「0円」ですね。ただ、「他にも仕事」というのがあるから、内容で認められないか?

住民税については、所得税の申告によって市町村で計算しますから、とくに何もしなくてかまいません。事業でも給与でも。

この回答への補足

nozomi500さん、アドバイスありがとうございました。
ちょっと説明が足りなかったようなので、補足しておきます。
「フランチャイズのような」というのは、今は、収入形態が違うけど、一応、給与所得ということで、雇用契約を結んでいます。
でも、これは、希望で、事業所得形態に切り替えることができます。
ただ、その場合、今は、本部負担でしてもらっている広告費を、経費として、本部に支払うことになります。

今(今年)は、2つの仕事の収入を足しても、100万円程度なので、主人の扶養ということになっていますが、これから生徒を増やしていくことを考えているので、経費もたくさんかかるし、その分まで税金がかかったのではたまらない、と思って、事業所得に切り替えることを考え出しました。

・・・なんだか、わかりにくくて申し訳ございません。
自分でもよくわからないのですが、今、英会話教室の収入は、教室を運営するに当たっての必要なもの
(経費)に、ほとんど消えちゃってる感じなんです。
でも、給与所得では、経費で落とすことはできないですよね?
だから、もし、事業所得形態に変えることによって、税金の控除を受けられるなら、、、と思ったのです。

>自宅での個人塾の場合、「内職」になるかどうかわかりませんが、
>この場合は65万円までは自動的に経費あつかいできます。
>それだと、「0円」ですね。ただ、「他にも仕事」というのがあるから、内容で認められないか?

・・・ここのところ、もう少しわかりやすく教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

補足日時:2002/01/11 13:29
    • good
    • 0

 1については、英会話教室として使用している面積を全体の面積で按分して、経費として申告可能だと思います。



 2について、住民税は、事業所得でも給与所得でも、所得に対して課税されます。事業所得であれば、収入額から必要経費を差し引いた額が所得ですし、給与所得であれば給与所得控除後の額が所得となり、月収3万円ですと年に36万円ですので、給与所得控除は最低65万円ありますので、給与所得はゼロになりますので住民税はかかりません。

 3について、どちらがよいかと言うより収入形態によって区分しますので、この場合は事業所得に該当すると思われます。

この回答への補足

hanboさん、アドバイス、ありがとうございます。
収入形態は違っても、給与所得ということで、雇用契約を結んでいます。
ただ、希望によって、事業所得に切り替えることも可能なんです。
会社の方から、給与と言われていても、それを、事業所得だとして、申告することは可能なのでしょうか?
今(今年)は、2つの仕事の給与を足して(100万円くらい)、給与所得として、申告しました。
扶養控除を受ける、ギリギリの額ですよね?
でも、これから、生徒を増やしていきたい、と思っているし、経費も結構かかるので、
事業所得にした方がいいのでは?と考え出しました。

補足日時:2002/01/11 13:45
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマーケティングの多角化戦略について質問です。 垂直的多角化、水平的多角化、集中的多角化、異質的多角

マーケティングの多角化戦略について質問です。

垂直的多角化、水平的多角化、集中的多角化、異質的多角化(集約的?)の違いや例を教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

垂直的多角化は、エンドユーザー自体は変わらない状況で、製品供給に関わる別の工程にも展開させる。
これによって商品の安定供給を行える。
反面で、これまでの市場から拡大するわけじゃないから、そこが課題かな。
例えばファミレスのチェーン展開を行っている会社が、より上流にある食品加工業にも進出とか。
この例の場合は、川上に向かって統合するから、後方垂直統合っていう。
逆のパターンは前方垂直統合っていう。

水平的多角化は、持っている技術やノウハウを活かして既存顧客を対象に新製品を展開させる。
一般的に多角化戦略って言うとこの水平的多角化を指す場合が多いかな。
例えばホンダみたいな感じ。
他にはテレビ造ってたとこがビデオデッキも造りますよとか。

集中的多角化は、今扱っている製品技術や顧客に関連性を持たせて、いろんな製品をより多くの新規市場に展開させること。
これまで培ってきた製品、販売チャネル、技術などの経営資源を集中投下させるから、リスクがすごい少ない。
ホンダとかがそうかな?
バイク造ってたけど、エンジンとかのノウハウを活かして自動車も売り出しますよとか。

異質的多角化ってたぶん、集成的多角化のことを指しているんだと思う。
集成的多角化は、既存製品やサービスなどと全く関係ない分野に新規展開させること。
全くノウハウが無い分野に進出するから、すごく高いリスクなんだけど、反面成功したらその効果はとっても大きい。
リスクという側面で考えると、既存の分野だけではその分野が衰退した場合に困っちゃうけど、集成的多角化によって関係ない他の分野に進出しておけば、大きな長い目で見た場合にはリスク分散になる。
いかにもな多角化って感じだよね。
例えば、家電メーカーが外食に手を出すとか。

これがそれぞれの多角化戦略の違い。
ここから下は補足だから、興味無ければ無視してかまわない。

そして多角化戦略を学ぶ上では、「シナジー」って言葉が大事になる。
相乗効果って感じだね。
販売シナジー(ブランドや流通などを共通利用できる相乗効果)、生産シナジー(人的資源、原材料などを共通でつかえたりする相乗効果)、管理シナジー(培ってきた管理機能を新しい分野でも活かせる相乗効果)、投資シナジー(設備投資や研究投資などで類似しているものであれば投資額が少なくて済むなどの相乗効果)。
それぞれの多角化戦略で、これらのシナジー効果を見込んだうえで効率的に事業展開と拡大を図っていくわけやね。

垂直的多角化は、エンドユーザー自体は変わらない状況で、製品供給に関わる別の工程にも展開させる。
これによって商品の安定供給を行える。
反面で、これまでの市場から拡大するわけじゃないから、そこが課題かな。
例えばファミレスのチェーン展開を行っている会社が、より上流にある食品加工業にも進出とか。
この例の場合は、川上に向かって統合するから、後方垂直統合っていう。
逆のパターンは前方垂直統合っていう。

水平的多角化は、持っている技術やノウハウを活かして既存顧客を対象に新製品を展開させ...続きを読む

Q事業所得/不動産所得を得る個人開業主。青色申告の不動産所得の帳簿をつけるための参考書を教えて下さい.

お世話になります。

2015年からアパート(4戸一棟)経営をはじめた、新米の家主です。

税務署に聞いた話では、事業所得と不動産所得を得る個人開業主は、青色申告の際、事業所得用と不動産所得用、それぞれ一組、合計2組の青色申告決算書を提出する必要があるといわれました。

また、不動産所得が生じたことによって、青色申告決算書以外に新たに提出すべき書類(例えば、土地の権利書等)はないといわれました。

確定申告が近づき、いま改めて帳簿を見直しているのですが、なにしろ、ネット情報をもとに自己流で記載しているので不安があります。

そこで、不動産所得の帳簿をつけるための良い指南書があれば、教えていただきたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

帳簿つけは他と同じです。青色申告に関しては国税のページ
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/index.htm
で確定申告書類を作成してみてください。入力していくと必要な数字がわかってきます。
普段から帳簿でわかりやすくしておいた方が良い部分も見えてきます。

不動産所得では消費税の課税非課税がありますので、それだけ忘れずに。アパートだけなら非課税とは
思いますがそのアパートを事務所として貸し出している部屋があったりすれば、それだけ課税になります。
あとは償却ですね。アパート経営していると回収修繕入りますがそれの償却計算、何年にするかは判断できない
場合が多いので面倒でも発生都度税務署に出向いて判断してもらったほうがいいです。

Q多角化するとシナジーがあるといいますが、市場浸透戦略や製品開発戦略や市

多角化するとシナジーがあるといいますが、市場浸透戦略や製品開発戦略や市場開拓戦略などでもシナジーはあるのですか?また、シナジーは多角化で一番多く起きやすいのですか?

Aベストアンサー

>多角化するとシナジーがあるといいますが、

そうとは限りません。
シナジーのある分野へ多角化すると、多角化がやりやすいのです。
シナジーのない分野へ多角化をしたのがコングロマリットです。



市場浸透戦略は、現在の市場に現在の商品をもっと売っていこうとする戦略です。
ところで、1たす1が2より大きくなるのが多角化です。
市場浸透戦略は何も足していません。従ってそれだけではシナジーはありません。
しかし、数種類の商品を扱っていて、他の商品の販売手法を応用して販売を伸ばしたとすると、販売シナジーまたはオペレーション・シナジーがあったことになります。


新製品開発戦略では従来の市場に新製品を投入します。つまり、現在ある販路を利用して売るわけですから、販売シナジーがあります。
また、新製品を開発する際に、取り扱っている他の商品を参考にして新製品を開発したり、その製造にあたって、他の商品製造の副産物を使ったり、他の商品の原材料の仕入れ先から新製品のための素材を購入したりすると、シナジーがあることになります。
そういうことをしなければ、その部分のシナジーはないことになります。



要するに、成長ベクトルのどれだとシナジーがある、
というのではなく、
その会社にとって、どういう方向に成長すると、どんなシナジーが獲得できるか、
なのです。

>多角化するとシナジーがあるといいますが、

そうとは限りません。
シナジーのある分野へ多角化すると、多角化がやりやすいのです。
シナジーのない分野へ多角化をしたのがコングロマリットです。



市場浸透戦略は、現在の市場に現在の商品をもっと売っていこうとする戦略です。
ところで、1たす1が2より大きくなるのが多角化です。
市場浸透戦略は何も足していません。従ってそれだけではシナジーはありません。
しかし、数種類の商品を扱っていて、他の商品の販売手法を応用して販売を伸ばしたとすると、...続きを読む

Q父親が退職後、年金を貰いつつ収入有・子供の自分は現在無職で雑所得有です

お世話になります。

●父親が退職後年金を貰いつつ収入を得ています。
●父の現在の仕事は出来高払いという契約で、仕事をしないと収入はなしです。
●子供の私は去年6月に退職し、今年の2月に確定申告へ行きました。
 現在外注という立場でデザイナーをしています。他には同人誌を作成し、販売しております。
●私の今年の所得は40万行くか行かないか程度だと思いますが、貯金があるので自分名義で賃貸を借りたままで、両親とは別に暮らしています。

以上が現在の状況です。それで質問なのですが、

【質問1】
父親が確定申告をする上で、私を扶養にして申告できるのかどうかを知りたいと言っていますが、出来るのでしょうか。
【質問2】
私が父の扶養にはなれず、私が個人で確定申告する場合、収入から賃貸などの生活費を差し引いて所得を出せるのでしょうか。

ご回答何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>【質問1】
>父親が確定申告をする上で、私を扶養にして申告できるのかどうかを知りたいと言っていますが、出来るのでしょうか。

扶養の要件の一つには生計を一つにしているという要件があるので、何らかの生活資金などについて父親から貰っているもの(金額は特に決まっていない)があれば、その要件は満たすものと思います。

もう一つの要件としては御質問者の「所得」が38万以下であるという要件です。
所得とは収入から経費を差し引いた金額をいいます。

>【質問2】
>私が父の扶養にはなれず、私が個人で確定申告する場合
扶養に入る話と確定申告の話は別です。
ご質問者にとっては父の扶養に入ったからと言って何かメリットが生じるわけではなく、確定申告は必要であればしなければなりません。経済的にも特に得するわけではありません。
ただお父様の税金が安くなるという意味しかありません。

ちなみにご質問者の所得が38万以下なのであれば、所得税の確定申告は不用です。
(住民税については申告不要な所得はもっと低い金額なのでこれは自治体に確認下さい)

>収入から賃貸などの生活費を差し引いて所得を出せるのでしょうか。
生活費を経費として差し引くことは出来ません。

差し引けるのはあくまで収入を得るために要した経費です。
たとえばご質問のように自宅で作業している(?)のであれば、賃料の一定割合は経費として差し引くことが出来るでしょう。光熱費なども同様です。この割合してどの程度が適当なのかはケースバイケースなのでなんともいえません。単純には仕事をしている間に使用した光熱費関係がどの位になるのかで考えます。
家賃は仕事場として使っている面積の割合などで考えたりします。

>【質問1】
>父親が確定申告をする上で、私を扶養にして申告できるのかどうかを知りたいと言っていますが、出来るのでしょうか。

扶養の要件の一つには生計を一つにしているという要件があるので、何らかの生活資金などについて父親から貰っているもの(金額は特に決まっていない)があれば、その要件は満たすものと思います。

もう一つの要件としては御質問者の「所得」が38万以下であるという要件です。
所得とは収入から経費を差し引いた金額をいいます。

>【質問2】
>私が父の扶養にはなれず、...続きを読む

Q企業が多角化戦略をする理由

企業が多角化戦略をする理由とその問題点について教えてください。

Aベストアンサー

http://www.foxnavi.com/Theory/content/142.html

Q不動産収入・事業所得・住民税について

私は現在、会社員として働いて頂くお給料と、本年度より不動産収入との2つの収入源があります。
今回は不動産収入についての住民税について質問です。

会社員としての給料所得から発生する住民税は、特別徴収という形で給料から天引きされております。
来年度からはそこに不動産収入分にかかる住民税が上乗せされると思うのですが、この不動産収入分の住民税のみを普通徴収にしてもらうことは可能でしょうか?

・給料所得分はこれまで通り給料から天引きで。
・不動産収入は普通徴収で。

と、分けて納めることが可能かどうか知りたいのです。
自分でも色々調べてみたところ、事業所得として得ているものであれば、給料からの天引き分(特別徴収)とは別に、不動産収入分のみを普通徴収に出来ると書いてあったのですが、この不動産収入が事業所得として扱われるのかどうかがよくわからないのです。

不動産収入は家賃収入です。
住宅やアパートではなく、事業所の家賃代金です。
建物を利用している会社側から家賃を得ています。
家賃は月11万、年間132万になる予定です。
(建物・土地の名義は私と夫の共有名義で、夫に月11万・私に月11万と併せて月22万の家賃となりますが、上記は私の分だけを掲載しました)

以上の状態なのですが、住民税は特別徴収と普通徴収に分けて納めることは出来ますか?
上記の家賃収入の場合、事業取得という扱いはされるのでしょうか?

ややこしい質問で申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

私は現在、会社員として働いて頂くお給料と、本年度より不動産収入との2つの収入源があります。
今回は不動産収入についての住民税について質問です。

会社員としての給料所得から発生する住民税は、特別徴収という形で給料から天引きされております。
来年度からはそこに不動産収入分にかかる住民税が上乗せされると思うのですが、この不動産収入分の住民税のみを普通徴収にしてもらうことは可能でしょうか?

・給料所得分はこれまで通り給料から天引きで。
・不動産収入は普通徴収で。

と、分けて納...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合は今年度分は、給与所得は特別徴収、不動産所得は普通徴収で分けて納めています。
昨年度は両方あわせて普通徴収で一括支払いしたんですけれど・・・

本人の希望でどちらでも選べました。

私は都内在住なので、全国どこの市町村でもだいじょうぶなのかについてはちょっとわかりませんけれど・・・
ごめんなさい。(^^;

でも、お住まいの役所に電話で問い合わせればすぐにで教えてもらえると思います。

Qあまり多角化せずにグローバルに進出している会社

あまり多角化せずにシンプルにグローバルに進出している会社に、どのようなものがあるのでしょうか?  例えば、コカコーラとか超シンプルですよね。あとローソンとかも。

サービス業や製造業など、たくさん教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

探せばいろいろとあると思いますが、まずは変り種から。

『株式会社ポケモン』
 http://www.pokemon.co.jp/corporate/outline/

とかどうでしょうか。
いわゆる「ポケモン」の会社です。

グローバルな事業を展開しており、「クールジャパン」の担い手の一人(一社)ですね。

Q事業所得と給料所得

私は、土木業をしています。元請け1社から仕事をもらっているのですが、
売上が月100万あれば、そのうち15万円を給与所得【元請けから源泉もされている。】残り85万円を売上として計上しているのですが、確定申告するときは、事業所得と給料所得で分けて申告するのか?全部含めて事業所得で申告するのか?わかりません。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

申告書には、「収入」も「所得」も、営業 (事業) と給与とはそれぞれ書く欄がありますので、分けて申告ということです。
ただ、納税額を算出する仮定で、合算され最終的には「課税所得」として 1本になります。

給与収入分については、支払者から発行される『源泉徴収票』を添付することによって、計算で得られた課税額から、源泉税として前払いした分を引き算して納税することができます。

Q多角化について

(製造業において)多角化をする際、海外展開を視野に入れるのと、入れないのでは、その後にどう影響をあたえるのでしょうか?そして、海外展開するために犠牲になるものとはなんなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
ご質問の文意から想定したことを述べてみます。

(1)海外での製造や調達という観点から

○進出先が途上国ならば、日本国内の数分の一の人件費コストで済む。
×従業員訓練、言葉や意志疎通、品質価値観洗脳などに、手間とコストがかかる。
○進出先が先進国ならば、現地で作って現地で売る/効率経営が可能になる。
×マーケティング解析を誤って大規模設備投資をすると、経営資源のツブシが効きにくい。
○現地での支払いがドル建てで、ドル安(円高)基調の時は、為替差益が出る。
×現地での支払いがドル建てで、ドル高(円安)基調の時は、為替差損が出る。
☐現地での支払いが円建てで、本社が日本国内なら、為替損益は無関係。
○海外に工場や拠点を持っていると、名実ともに少しはステータスになる。
×海外に工場や拠点を持っていると、自社員の単身赴任対策やケアが不可欠になる。
○現地の一流大学出身者や高級技術者を、割安な人件費で採用できる。

(2)海外へ販売という観点から

○市場規模や市場バリエーションが拡大し、売上高そのものは増大しやすい。
☐肝心の総利益や営業利益は、現地での競合度その他の要因で、予測しにくい。
×日本国内で製造して/海外へ販売は、輸出商社ほかのサポート(コスト)が必要になる。
☐日本国内で製造して/海外へ販売は、物流コストを利益計算に入れる必要がある。
△現地での拡販活動やクレーム処理等の為の現地駐在員は、概ね必要になる。
×消費財の場合、現地語に堪能なお客様相談スタッフが不可欠。(拠点設置は日本で可)
○海外販売ノウハウを習熟累積していけば、理屈の上では地球全体がマーケットになりうる。

(3)海外進出に関する総論的な観点から

○島国ニッポンでしか通用しない価値観や考え方から脱皮でき、新発想につながりやすい。
×得体の知れない商習慣や契約解釈などによる経営リスクは少なくない。
○日本国内だけよりも、市場規模・景気・利率・競合・トレンドのマイナス影響を受けにくくなる(相殺できる)可能性は高まる。
×日本国内に居て欲しい有能な幹部や社員を、海外派遣せざるを得なくなる可能性は高まる。
○日本国内では通用しなくなった経営資源やノウハウを、途上国では有効利用できる可能性は高い。


以上です。ご健闘を祈っております。
もしも、上記回答が的外れでしたら、ご質問文に追加補足をお願い申し上げます。

はじめまして。
ご質問の文意から想定したことを述べてみます。

(1)海外での製造や調達という観点から

○進出先が途上国ならば、日本国内の数分の一の人件費コストで済む。
×従業員訓練、言葉や意志疎通、品質価値観洗脳などに、手間とコストがかかる。
○進出先が先進国ならば、現地で作って現地で売る/効率経営が可能になる。
×マーケティング解析を誤って大規模設備投資をすると、経営資源のツブシが効きにくい。
○現地での支払いがドル建てで、ドル安(円高)基調の時は、為替差益が出る。
×現地での...続きを読む

Q給与収入?事業収入?

主人の確定申告で悩んでいます。鉄鋼会社へ職人として毎日従事しています。収入は、出来高払いの日と時給の日があります。社会保険には加入させてもらえません。所得税と雇用保険料は、給与から引かれています。この場合、給与として申告するのでしょうか?ただ正社員でもないのに給与として申告して税金も会社からひかれるのはおかしいのでは?と思ってしまいます。ひとり親方として申告したほうがいいのではないでしょうか?教えてください。その場合、持ち家(ローン支払い中)の1部を事務所として計上できますか?どちらが得なのでしょうか?

Aベストアンサー

>ひとり親方として申告したほうがいいのではないでしょうか?

そのほうが節税できます。
ただ、今期はもうむりです。
開業届を出して来年2月から個人事業主として確定申告してください。

>所得税と雇用保険料は、給与から引かれています

ひとり親方なのに所得税をひかれている?
契約社員でしょうね。
契約社員なら現在給与控除は受けていると思います。

もちだし経費が少ないならいまのままがよいでしょう。

>持ち家(ローン支払い中)の1部を事務所として計上できますか?

事務所として使っているなら可能です。
しかし、節税効果は小さいですし、税務署ににらまれますから
やめたほうが無難です。

かかる経費が少ないなら、いまのままが無難です。
ただ、国民健康保険、国民年金、その他保険を確定申告して控除してもらい税金還付を受けましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報