こんばんは。
フレッツADSLが開通しました。そこで、バックボーンの太いプロバイダを
探しています。
下の4つが有名なので検討しているのですが、いまいち、どこが太いのか分かりません。
申し訳ないのですが、バックボーンの太いプロバイダを順に教えてください。
・IIJ
・WAKWAK
・infosphere
・OCN

その他、ココが太いってのがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

OCNやIIJはもちろんですが、ぷららも良いと思います。


フレッツ対応ISPの中では安いですし。

バックボーン、ギガビットにするようです。
http://www.plala.or.jp/access/topics/01_oct/2001 …
    • good
    • 1

やはり、IIJが一番速いと思われます。


私は、全国のCATVインターネット事業設備の保守等を行っておりますが、通常CATV各社のバックボーンは数社とマルチホーム接続を行っております。その中でもIIJのトラフィック及びスループット性能には正直言って驚かされました。
IIJを導入された会社はIIJの導入後、他社(どこも通信系の大手ですが)の回線容量を縮小しIIJを増やす傾向で進んでおります。
また、個人的にはWAKWAKやASAHI-NETはお勧めです。
WAKWAKはNTT-MEとしての技術力、ASAHI-NETは老舗としての強みとブロードバンドへの積極的な姿勢が評価できますし、品質もそれに十分伴っていると思います。実際に私もADSLで導入しましたがスループット性能は良いほうだと思われますし、サポートもしっかりしていました。
フレッツはプロバイダを自由に変えられるのが強みですので、半年間くらいは導入期間と考え、月毎に変えてみて自分にあったプロバイダを使用するというのが一番良いのではないでしょうか?
    • good
    • 0

 ども。

atsu1100さん。夜中にども。

 上の4つのうちから選ぶなら、IIJとOCNですね。
 IIJは老舗で、大手企業からの信頼は厚いです。
 OCNも大阪からの国際バックホーンを作るって発表してますので。
 東京一極集中のリスクを回避するためだとか。

 ほかの2つやぷららも悪くはないと思います。
 OCNやIIJとは1段階の差と考えてください。
 多分、これからADSLに関して、プロバイダーの優劣がはっきり出るのではないのでしょうか?
 
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバックボーンって?

プロバイダを選択するとき「うちはバックボーンが太くしっかりしているので・・・」と説明だれましたがよくわかっていません。
まず電話回線や光回線で家庭から→NTT交換局→プロバイダに行き、
このプロバイダから外部(各サーバー)への接続が専用線で行われ、これがバックボーンって理解でOkでしょうか?この専用線ってのは電話回線や光回線とは全然違うものなんですか?専用線ってくらいなんでプロバイダによって違う専用線を使っているのか?またプロバイダによって持ってる本数が違うのか、持ってる本数は同じだけど線の太さ(性能?)が違うのか?何が違うんでしょうか?根本的に考え違いをしているかもしれませんが・・、教えて下さい。

Aベストアンサー

バックボーンは、元の意味は背骨ですが、通信における基幹回線網のことですね。
中小プロバイダーは上位の大手プロバイダーのバックボーンに接続料を支払って接続させてもらっています。大手プロバイダーは第一種通信事業者(光ファイバー回線を敷設して持っているところ:NTT、KDDI、日本テレコム、電力会社、CATV会社)から光ファイバー回線を光ファイバー単位で丸ごと借りて自らのネットワークを作り上げています。
そういった大手プロバイダーの通信回線は東京と大阪にあるNSPIXP,NSPIXP-2、JPIXで相互に接続されています。大手プロバイダーは海底光ケーブル会社の光回線経由で外国の大手プロバイダーとも接続しています。

インターネット利用者のインターネット接続契約しているプロバイダーの上流の基幹回線となっている部分をバックボーンというわけですね。全国にインターネット事業を展開している大手プリバイダーは自ら上流のバックボーンを保有しています。

OCNのバックボーン
http://www.ocn.ne.jp/info/tech/network/?b1
KDDIのバックボーン
http://www.dion.ne.jp/service/network_kaigai.html
http://www.dion.ne.jp/service/network.html
IIJのバックボーン
http://www.iij.ad.jp/network/
パワードコムのバックボーン
http://www.poweredcom.net/service/internet/

参考URL:http://www.soi.wide.ad.jp/iw2001/slides/27/27-1/1.html

バックボーンは、元の意味は背骨ですが、通信における基幹回線網のことですね。
中小プロバイダーは上位の大手プロバイダーのバックボーンに接続料を支払って接続させてもらっています。大手プロバイダーは第一種通信事業者(光ファイバー回線を敷設して持っているところ:NTT、KDDI、日本テレコム、電力会社、CATV会社)から光ファイバー回線を光ファイバー単位で丸ごと借りて自らのネットワークを作り上げています。
そういった大手プロバイダーの通信回線は東京と大阪にあるNSPIXP,NSPIXP-2、JPIXで相互に接...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報