いい年して、勉強不足で情けないのですが・・・・
ニュースを見ていると、
「・・・では、円を買う動きが見られ・・・」
「ドル買いが進んだため・・・」
などという言葉をよく耳にします。

「円(ドル)を買う」とはどういう意味なのでしょう?
まさか、実際に紙幣や貨幣を売り買いするわけではないと思うのですが、わかりやすく教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

日本では円が通貨として流通し、米国では米ドルが流通しています。


同様に米ドルは機軸通貨として国際的な決済通貨に使用しています。
1ドル=360円などの固定レート時代、日本の会社は米国企業に
輸出した貨物代金を米ドルで受取り、固定レートで円を受取りました。
この図式は原則、今も同じですが、現在は円とドルの交換レートが
分単位で変化(変動相場)しています。

米ドルをはじめ先進諸国の通貨は、変動相場制により金融商品となり
ました。決済にドルを必要としない国内企業も自国の通貨を米ドルなどに
変えて、又、米ドルから自国通貨に変える過程で、両通貨の交換レートが
上下動する動きを捕らえると自国通貨が増えて(あるいは減って)戻る
ことになったのです。自国内の預貯金金利より有利に殖やすことができる
方法が生まれたわけです。

だから、固定レート下では交換という意味だったのが、
変動相場制では通貨は「売ったり、買ったり」する商品になりました。
儲けや損が発生する行為だから、それは売買になる訳ですね。

実際は為替という方法を使い、現金がモノのように動くことは
ないです。だからドル円レートでは、132円60銭などの
円以下の銭単位で取引されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさしくこの「売り買い」の意味がわからなかったんです!
わかりやすいお答えありがとうございます。
今の状況に至るまでの経緯まで教えていただいたので、非常にわかりやすかったです。

お礼日時:2002/01/12 10:50

難しいことを考えなければ、円でドルを買ったり、ドルで円を買ったりしていると概念的には思ってもよいとおもいます。

別に紙幣や貨幣を実際に売り買いするわけではないですが。。。

パンを買うことを考えましょう。みんながパンをどんどんかったら、パンが少なくなって、パンの値段が上がりますよね。はじめ、100円で買えてたのが、120円出さないと買えなくなる。
これと同じで、みんながドルを買う動きに出る(ドルを買おうと走る)とドルの値段が高くなって、1ドルが120円で買えてたのが、130円出さないと買えなくなる。これが、ドル高です。(逆に円安です。)

円安があまりに進むと、日銀が強調介入なんてこともありますが、これは、日銀がもっているドルを売って、ドルを市場に出まわらせ、ドルを安くすることにより、円を高くしようというようなことをやっています。

円を売ったりドルを買ったりは、一般には国際取引の決済などに使うのが普通ですが、この変動を利用して、投機的に売ったり買ったりして儲けようとする人もいます。
この辺は株と少し似ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに株と似ている部分がありますね。
日銀が調整していることは知りませんでした。まったくお恥ずかしい限りで・・・。
たとえ話で教えていただけたので、わかりやすくて助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/12 10:52

為替とは、現金の輸送を伴うことなく、債権・債務を決済することです。


ですので、実際に紙幣のやり取りはありません。

為替相場とは、外国為替相場のことで、異なる通貨との交換比率をいいます。
現行の“円”と“ドル”の為替は変動相場制であり、1ドルが交換される円の価格で表されます。

顧客が“円”を他の通貨に交換する相場を銀行が円を買うという意味で買相場といい、 逆を売相場といいます。

上手く説明できませんが、なんとなくわかってもらえましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この分野は本当に苦手なんですよね(笑)
ゆっくりと考えながら読むと少し理解できました。
何事も勉強しないといけませんね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/12 10:47

貨幣の売り買いというのはきっとこんなことだと思います。



円安ドル高→ドルを円に替える→やがて円高ドル安になる→高くなった円をドルに替える→最初のドルより金額が増える(為替差益)

ちなみに私はユーロ建てで貯金を作っていましたが、ユーロが値上がりしたのでちょっとだけ得をしました。
説明下手でごめんなさい、なんとなく判ってもらえます?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり実際に換金するのでしょうか??
うーん、わかったようなわからないような・・・。
ごめんなさい、頭の回転が鈍いもので・・・。

お礼日時:2002/01/11 09:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNZドル為替動向

最近、円がNZドルに対して強くなっています。
半年前から三ヶ月前までは
1NZドル81~85円くらいで動いていたのですが
最近円高が加速し80円を突破、一気に75円くらいまでに
なっています。
これは何かNZで起こっているのでしょうか?
NZは景気落ち込んでいるのか利下げをしてますよね?
(預金金利が下がったので勝手にそう思ってます。)
それにより通貨の魅力が下がったのが原因でしょうか?
全体的に見ても円は
NZだけでなくUSや他の通貨に対しても
高くなっているようです。

特にNZドル
の今後の動向はどうなるのでしょうか??
もちろん、為替を先見を正確に
予告するのは不可能ですが
詳しい方がいらっしゃいましたら
ご意見をいただけないでしょうか??

Aベストアンサー

1ドル40円台前半の時代にNZD建て外貨預金を経験しているので、
怖いものしらずです。
個人的には、1NZD=65~75円のレンジが
妥当で、今はむしろ円安の名残なのかと
思っています。

Q非流通紙幣(820兆円?)と流通紙幣(70兆円)

 非流通紙幣(国民の貯金)は、どのようにしたら市中に出回るようになるのでしょうか?

 アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

非常に難しい問題です。解答から言ってしまうと、国民の貯蓄は、金融機関に入っています。金融機関は銀行、証券会社、生保などです。結局ここから、融資や投資という形で、資金が出て行きますが、問題は、これら金融機関が、融資判断をきつめにするか、それとも緩和するかと言う事と、金融機関自身の財務体質の問題なんです。まず分りやすい後者から説明しますと、金融機関が、劣悪な債権を相当保有している場合、正直言って、融資どころではないんです。危ない所や危なくない所から、資金の回収に入ります。そうなると、市中に資金など回りません。従って、このような不良債権を大量に持っている金融機関の経営体質を改めさせ、それら金融機関の財務体質の健全化を図る事が第一点です。それから、経営体質の改善が終わり、さて融資しようかという段階になった時、決め手になるのは、融資先の経営体質です。仮に、融資先が経営体質を改め、金融機関の融資判断が緩和すれば、資金は出てくる事になりますし、きつめにしたり、もっと酷い場合には、回収に力を入れだすと、前向きの資金は出て行かず、逆にデフレ状況になってしまいます。では、どうやったら、前向きの融資が出て行くかといいますと、個人にしろ事業会社にしろ、融資先が金融機関が気に入るような財務体質に改める事です。借り入れを行う側が、業務で無駄をなくすように継続的に経営を改善したり、本業から入るキャッシュフローを増加させるような経営体質にしたりすると、現在の金融機関は、資金を貸してくれます。なぜか?倒されるリスクが少ないからです。また、マクロ的に言うと、やっぱり景気の拡大です。これが無いと、資金の借りてである企業の設備投資需要があまり活発に起こりませんし、企業が金を借りたがりません。また、景気が拡大すると、所得が増えますので、例えば、住宅投資や他の耐久消費財を購入する場合、ローン契約すると思いますが、所得の伸びがあれば、家も買おうということになりますが、所得水準が低く推移しそうだと判断すると、今は止めておこうという事になり、金を借りないわけですから、市中にお金も回らないということになってしまうと思われます。基本的に、どのような時に金を借りるのか?また、こんな人には、金を貸したい、こんな人には金を貸せない、など、融資を受ける側、融資する側の立場に立てば、ある程度、イメージはつかめると思いますし、マクロ的なことは、勉強しなければなりませんが、基本的なところは、たいていの教科書に書いてあります。実はこれは、信用逼迫問題と関連していて、経済学ではホットなトピックです。

非常に難しい問題です。解答から言ってしまうと、国民の貯蓄は、金融機関に入っています。金融機関は銀行、証券会社、生保などです。結局ここから、融資や投資という形で、資金が出て行きますが、問題は、これら金融機関が、融資判断をきつめにするか、それとも緩和するかと言う事と、金融機関自身の財務体質の問題なんです。まず分りやすい後者から説明しますと、金融機関が、劣悪な債権を相当保有している場合、正直言って、融資どころではないんです。危ない所や危なくない所から、資金の回収に入ります。そう...続きを読む

Q豪ドル/円のよい為替情報サイトありませんか。

豪ドル/円のよい為替情報サイトありませんでしょうか。

ここ数日、豪ドル/円が円安気味です、
本日は豪の経済消費者指数がよい発表があったようです、
そのためなのか、円安更新中です。

豪ドル/円の為替を見極めるためによい為替情報サイトありませんでしょうか。要人の発言等も分かると助かります。

Aベストアンサー

メジャーな通貨ではないので無料の予想サイトなどはあまりないような気がします。

一応、
http://www.bk.mufg.jp/rept_mkt/gaitame/index.htm
ここの今月の為替相場見通し、今週の為替相場見通しで月間、週間の予想レンジが見られます(内容はかなりアバウトですが)。
後、パートナーズFXに口座を開くと、毎日だいまん氏のレポートが見られるようです。
僕が知ってるのはこれくらいです。

Q1ドル=360円になるまで紙幣を大量発行したとしたら国債は全部返せますか

政府が紙幣を大量発行したとして借金を全額返せるのはどのぐらいすったときでしょうか

Aベストアンサー

その前に国がIMFの管理下に入ります。
貴方が一人で生きられないように、日本も一国だけで存在しているわけではないのです。
他国と商取引して経済活動をしています。

その日本が勝手にお金を発行して紙幣価値を下げ続けたら、世界経済に
破滅的な危機をもたらします。アメリカのサブプライムと同じように…
そうなる前に、施政能力を失った政府はIMFの管理下に入るでしょう。

日本には借金もありますが、それを上回る資産を持っています。
片方だけ見ないで、バランスシートと同じように、両方見てください

Q株式市場と為替の関係について 新聞等で、 日経平均上昇→円安ドル高 日経平均下落→円高ドル安

株式市場と為替の関係について

新聞等で、

日経平均上昇→円安ドル高
日経平均下落→円高ドル安

NYダウ上昇→円安ドル高
NYダウ下落→円高ドル安

という相関関係が前提とされている記事を見かけるのですが、そのメカニズムがわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

Moryouyouです。

端折った書き方になってしまいました。
すみません。
諸説あるのですが、海外投資家やファンド
は、日本株の株価下落のリスクヘッジを
するため証拠金などの信用取引に必要な
資金をドル資金から(引き上げて)円資金
にして、いわば追証をするということです。
そのためドル売り円買いとなり円高となる。
といわれています。

逆に日本株高となる場合は、そうした円
ポジションは低金利、マイナス金利の
状況で余計な資金を円でおいておくのは
機会損失となるため、ドルに買い戻す
流れ(ドル高円安)となるということです。

Q「1ドル=?円」、「1円 =?ドル」じゃなぜダメ

日本では「1ドル = ? 円」と報じられます。

アメリカやEU諸国など多くの国では為替を外貨建てで報じたり、議論したり、ニュースになったりする国はほとんどありません。
今はもうなれましたが、当初はなんで日本で日本の通貨価値を「1円 =?ドル」や「100円=?ドル」とか解説してくれないの?混乱の元だし、実際なれるまでだいぶ混乱しました。
なぜ日本は通貨価値を皆が外貨のドル建てなどの基準で表記し、議論するのでしょうか?

なんか右肩下がりの円高悪、右肩上がりの円安善、のように誘導されているようにすら見えてしまいます。
実際には何らかの理由があるのだろうと推測しますが、どんな経緯から日本では通貨価値を円基準ではなくドル基準などの外貨基準になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

詳しいいきさつは知りませんが戦争に負けそのときのレートが1ドル=360円。
つまり円は360°からヒントを得たとかいうまことしやかな話しが根拠じゃないのでしょうか?
それが時代が下ってもいまなお慣例に従って1ドル=xx円が定着したものと思われ。

Q為替相場(円/ドル)についての問題

為替相場(円/ドル)について、これから年末にかけてどう動くか、あなたの予想とその理由を教えてください。

Aベストアンサー

日銀は年内中は政策金利を現状維持するとのうわさがあります。真に受けるとすれば、外国の金利政策が影響を与えてくるでしょう。チラッと見たニュースですとアメリカFRBは次の利下げをいつするかということに関心が向けられているそうです。そうすると、日本の政策金利とアメリカの政策金利の差が縮まるので円高に振れそうですが、前回の例でアメリカの政策金利引下げを歓迎しドル買われました。今回もそのような現象とまでは行かないにしても、極端な円高に振れることは少なくともないと思います。

政策金利以外にも円キャリートレードの再燃もありえるので、円高要素自体は総合的に見ると少なそうに思います。

よって、日米の為替レートは現状~円安という感じになるでしょう。

なお、私ど素人の意見なので、ご参考までということでご了承ください。

Q日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円

日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円のうちどれが好ましいですか?
また、逆に日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円のうちどれが一番痛手ですか?

円安
1ドル=160円
日本の株式市場の株価が上昇して、輸出企業の業績は良くなるが、ガソリン代・輸入品が高くなる・ドル圏の土地が高騰するため、アメリカの不動産も高騰する。

適正
1ドル=120円
輸入と輸出のバランスがとれている。

円高ドル安
1ドル=80円
ガソリン代・輸入品が安くなる・ドル圏の土地を安く買えるためにアメリカの不動産も安く買えるようになり、アメリカ都市圏郊外に広い庭付きの一戸建て(土地面積4000m2 建物面積200m2程度)を購入することができるがその分日経平均が下がり、輸出企業の業績が悪化し、そこで働く人の給料が減ってしまうor日本に職場がなくなる。

Aベストアンサー

どの選択肢でありましても意識しておくべき事があります。それは、経済はバランスが大事であるという事です。バランスをイメージする為に、飛行機で例えさせて下さい。

飛行機を2つからなると見立てます。

一つは縦のラインで人が乗るところですね。これを中心軸で見立てます。
もう一つは横のラインで羽の部分ですね。これを両翼で見立てます。

飛行機は、中心軸と両翼のバランスがとれる事がとても大切です。

左に傾いたり、右に傾く事は何も問題ではございません。左に傾いたり右に傾く事で、目的地へと舵取りをする事が出来るからです。では両翼だけで飛行機が目的地へ到達するかと言いますとそうではありませんね。

中心軸が必要です。中心軸を通して、両翼のバランスをとっていく時に最も飛行機は安定します。この飛行機の中心軸と両翼のイメージを借りて質問内容に入っていきたいと思うのです。

質問者様の質問内容は、飛行機の羽の偏りをどの様にセットするのか?というものとして観る事が出来ます。例えば、円安=左、適正=真ん中、円高=右、ですね。それで日本にとって(好ましい・痛手)なのは、飛行機の機体をどうバランス取るのが良いのでしょうか?という質問ですね。

飛行機の中心軸が大切です。

そして、今まではどこからやって来て目的地はどこであるから、現在地がここだったら今からはこちらだよ、との判断が付きます。つまり日本にとっての(好ましい・痛手)を判断するためには、日本は

(1)今まではどこからやって来て
(2)目的地はどこで
(3)現在地がどうであるから

が認識できる時に、何をどの様に判断したら良いかが見えてくるかと思います。

「日本は」、が主語である事が大切です。

そこでお聞きしたいのですが、質問者様は日本の現在地について(1)~(3)をどの様に認識していらっしゃるのでしょうか?認識によって判断は変わるのではないかと思っております。

どの選択肢でありましても意識しておくべき事があります。それは、経済はバランスが大事であるという事です。バランスをイメージする為に、飛行機で例えさせて下さい。

飛行機を2つからなると見立てます。

一つは縦のラインで人が乗るところですね。これを中心軸で見立てます。
もう一つは横のラインで羽の部分ですね。これを両翼で見立てます。

飛行機は、中心軸と両翼のバランスがとれる事がとても大切です。

左に傾いたり、右に傾く事は何も問題ではございません。左に傾いたり右に傾く事で、目...続きを読む

Q為替相場(円/ドル)についての質問

為替相場(円/ドル)について、これから年末にかけてどう動くか、あなたの予想とその理由を教えてください。

Aベストアンサー

季節的な要因から米ドルは年末から上昇する傾向が強いです。問題は、アメリカの政策金利が緩和方向にあって、金利イールドカーブが逆ザヤ状態になっているため、対日本円でも金利差からみるとそれ程魅力はないです。ユーロの動向次第では120円台の定着が困難になるように予想します。

Q各種紙幣及び貨幣は、どのような割存在していますか?

日本国内において、各種紙幣及び貨幣は、どのような割存在していますか?
たとえば、一円玉は十円玉一枚に対して何枚流通していますか?

Aベストアンサー

日銀のサイトで毎月公表されておりおます。
http://www.stat-search.boj.or.jp/ssi/cgi-bin/famecgi2?cgi=$nme_a000&lstSelection=2

1.メニュー検索

を選んで、クリックすると、ウインドウが開きますので、
そこで
「通貨流通高」を選択して「展開」をクリック、
(1)種類別流通高
を選択して「展開」をクリック、

必要な項目を選択して
「決定」をクリックして、そっから先は
好きな項目を選べば、
グラフでもデータ(CSVなので、見るには
エクセルなどが必要)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報