みんな景気が悪くてお金が欲しいっていってるんだから、お金をばらまけば
いいとおもうんですが、

おかねをばらまくと、どう名ってしまうのか小学生が理解できるように
だれか教えて下さい(インフレとか専門用語なしで)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>単にお金を刷ってばらまいたらということがききたかったのですが



お金をする為には国の財政的な裏付けがないという決まりになっていますが、仮にというお話で回答いたします。

日本の歴史の話です。
江戸時代末期に今の日本のように財政的に行詰った藩がありました。その藩は仕えている武士に給料を払うことにも困りました。従来はお米で給料が支払われていましたが、払うお米がなかったので“藩札”という通貨を新規に発行しました。この藩札はその藩の中でのみ有効という決まりにして大量に印刷して給料として支払いました。最初のうちは藩の目論見通りに、武士は給料として受け取った藩札を米やその他必要なものと交換できていました。しかし、抜本的な財政立て直し策が取られたわけではなく、年々藩札の印刷数量が増えていきました。そうこうするうちに藩札が大量に出回ってしまい、藩札を受け取っても次に米などの商品に交換する為には(藩札1枚に対して米1合だったのが、藩札10枚に対して米1合というように)以前の比率では交換できなくなってきました。こうしてどんどん、米1合に対して支払わなければならない藩札の枚数を増えていく結果となりました。そのうちに藩札では商品を売らないという店屋が増えてきました。この結果、武士は生活に困り、家にあるものを質に入れ、刀までもを質に入れて生活をなんとか行っていました。しかし、その後も生活は良くなるどころかどんどん悪化していく一方であったので、『これは藩の政治が悪い、延いては幕府の政治が悪い』というように考え、浪人になり討幕に立ち上がりました。
少し私の創作が入っていますが、このような事例が江戸末期にはありました。

これと同様のことを現在に当てはめて行うとすれば、
財政が苦しいので、公務員の給与を“新円”で支払うように決めたとします。これを決めただけで、国の財政状態が改善するわけではなく、江戸時代の武士と同じように公務員は“新円”で買い物ができなくなり生活ができなくなります。これが公務員ではなく、生活の困っている人に対して新円を配布したとしても同様の事例となることでしょう。結局、少しの間だけ生活を維持できるだけでそれ自体が景気を良くすることに対して寄与しないことから、結局行き詰まってしまいます。
公務員が生活に困ることで真面目に改革するようになり、日本全体で良い方向性に行くという可能性もありますが、江戸末期にはこの改革の為に多くの血が流されました。今の時代でも本当に生活に困れば、多くの血が流れるでしょう。(現在においても犯罪が増えていますが、景気がもっと悪くなればそれに伴って犯罪がより増えることでしょう)


以下は小学生には難しいと思いますが、理解して欲しいことです。小学生でも100%理解する人はいないかもしれませんが、全体的な雰囲気を理解する人はいると思います。

『デフレを解消してインフレに状態にすれば、状況が好転する』と考えている方は非常に多いと思いますが、この考え方は間違っていると思います。正しくは『景気が回復すれば、物の購入需要が増え自然とデフレ状態が解消される』だと思います。景気が冷え込んでいる中で物を買う人がいない中で、ある方法で人為的にインフレを発生させたとしても、今までよりも値段が上がるのですよ。更に物を買う人は少なくなり、景気は落ち込むと考える方が自然だと思います。不景気でインフレになることを“スタグフレーション”と言います。こうなった場合に喜ぶのは、借金に喘いでいる人達でその人も少し楽になる程度です。一方、銀行預金などを沢山持っている人は特にお年寄りなどは生活が苦しくなります。一方で楽になる人がいますが他方で苦しい人が出ますので、全体的に見れば良くなったとは言えないのではないかと思います。『そんなの政府がうまくやれば問題ないんだよ』という方もいらっしゃると思いますが、そこまでお人好しに政府を信じて良いと思いますか?
    • good
    • 3

1000万円振り込まれたら… ということですが、全てを国内で使用することを考えた場合、下の皆さんの言うとおり、物価が上がると思います。

しかし、極端に全てを海外資産に変えた場合、巡り巡って日本にも何らかの影響を及ぼすものと思います。
    • good
    • 0

再び登場です。

遅くなりましたが、補足に対して回答します。「収入が100倍になったけど物価が100倍」というのは正しい例えだとおもいますが「良くも悪くもならない」というのは違います。悪くなります。
 なぜなら、お金をたくさんばらまいても貯金の額や借金の額は変わらないからです。今まで一生懸命働いて1000万円貯金しても、お金が空から降ってきて価値が10万円くらいになったらどうでしょう。働く気がしなくなりますよね。
 また、世界に日本しかないなら、まだその程度で済みますが、「収入が100倍になったけど物価が100倍」ということは円の価値が100分の1になることですから1ドル=130円の為替レートが1ドル=13000円になります。これでは日本は石油を買うことも食糧を買うこともできません。国民の生活が破壊されてしまいます。
 実際に第一次世界大戦後のドイツで、ものすごいインフレが起こって国の経済が破綻したことがあります。なんでも、薪の値段がものすごく上がってしまって、お札を燃やして料理した方が安上がりになったこともあるそうです。
    • good
    • 0

みんなが使うもので、数少ないものは、「貴重」になり、奪い合ったりします(笑つまり、砂漠の水です。

砂漠で水は高い!
お金はみんなが使います。
お金をばら撒くと、強盗もいなくなります。なぜなら、お金が貴重でなくなるからです。お金に価値がなくなるので、「お金がお金でなくなります」

大事なことは、お金がなくても砂漠で水は得れます。お金がなくても砂漠と水はなくなりません。お金がないからといって、水が手に入らないわけじゃ無いのです。
 
だって、ラクダはなけなしの水を飲むのに、お金を払っていません(笑
    • good
    • 0

taurus4さんご自身が補足で書かれているように、おカネをばらまいて収入が100倍になっても、ほどなくして物価が100倍になってしまうため、結果的には、家計や企業の懐具合は良くなりません。



なお、おカネをばらまくことで景気を刺激することは可能でしょうか。答えはノーです。

taursu4さんのおっしゃるように、国民の口座に1000万円ずつ振り込んだとすれば、国民はお金持ちになった気分になって消費が拡大するので景気は良くなります。でも少し時間が経てば、物価もその分だけ上昇しており、自分が金持ちになっていないことに国民も気付きます。そうすると、国民は少し前に贅沢した分だけ消費を抑制するので、結果的に景気は元に戻ってしまいます。
    • good
    • 0

●振興券はマネーサプライとしてちゃんと機能したと思います。


 額がすくなかったから 目立たなかっただけです。(イベント性を評価)

 ばらまきは 景気のコントロールとしては ちゃんとアリな技です。
●同じ振興券を配るにも ごみあつめてきたらあげる!にすると
 街がきれいになったのに・・・。お気づきですか?
 つまり 公共事業もバラマキと さほど変わらないわけです。
●100円ばらまいて年間10回まわれば消費税50円回収ですよね。
 100回まわれば500円回収ですよね。
 この回転速度が景気というものです。
 国というものにはこの回転をあげる能力(パワー)はありません。
 パワーはクリエイティビティそのものです。
 ひとを喜ばせるもの 興奮させるもの 安らがせるもの などなど・・・
 国にはそのようなものをクリエイトする力はないのです。
 公共財・安全・環境保全・福祉 国でなければできないばらまきの例です。
 ↑これはパワーのないバラマキなのです。クリェイティビティのない連中(公務員)
 がバラマクからです。これをクリエイティビティのある民間にやらせようって
 感じですすめてるのが小泉改革なんじゃないでしょうか。(イギリスのまね)

●結論:どうせばらまくなら元とれるようにばらまけ!
 
    • good
    • 0

お忘れでしょうか?2年前に実際に政府がお金をばら撒きました。

一人当たり何万円かの単位という規模の小さいものでしたが、もらえた人と、もらえなかった人もありましたが。・・・そうです、地域振興券です。その結果どうなったでしょうか?みなさん、現金は貯金したままで、生活必需品を券で買いました。預金通帳の数字が増えただけで、何の経済効果もなかったように思います。
もっと大規模にばら撒けばどうなるか?やはり今の経済状態では 通帳の数字が増えるだけでしょう。
    • good
    • 1

実際にお金を政府がたくさん作ってヘリコプターで国中にばらまいたとします。


そして、道に空缶が転がっているように一万円札が転がっているような状態になったとします。
 そんなとき、お店は今まで通りの値段で物を売ってくれるでしょうか?
物を仕入れて、店にならべて、お客さんが来るのを待って大根を100円で売るより、道に落ちている1万円札を拾った方が良いですね。こうして大根の値段は、値上がりします。例えば1億円くれるなら、道で1億円拾うより、大根を仕入れてならべて売る方が良いと考えるからです。
 要するに、お金をばらまくと、お金のありがたみが減ります。お金のありがたみが減ったら、その分物の値段が上がります。だから、お金をばらまくのは意味がありません。

この回答への補足

お金のありがたみが減ったぶん物の値段が上がるということはたとえば、収入が
100倍になり、物価も100倍になるといった感じでしょうか?
だとすると、良くも悪くもならないということですか?

個人的にシュミレーションしてみると、国民全体の口座に1000まんえんずつ
振り込んだとします、すると消費が伸び企業の収入が増え給料が増える。
すると消費が伸び。。。
といったぐあいに、デフレスパイラルの逆が起きて、そのうち物が高くなりすぎて
物が売れなくなりまた価格がもどっていく、どうでしょうか?

補足日時:2002/01/11 19:28
    • good
    • 0

簡単に書けるかどうか自信はありませんが、記載いたします。



1.日本の国事体も何年も借金を拡大してきており、お金をばらまく余力がなくなっています
2.2002年度においても、50兆円の収入(税金)に対して80兆円のお金を使うことにしていますので、30兆円の新たな借金を作りました
3.借金は必ず返さなければなりません。国の約束事として50年後に借金を返さなければならないことになっています
4.今生活している人が大変だからと言って借金を拡大すると、50年後に生活する人がその分を返済する負担をかけることとなります。
5.50年後の人が今の人よりも収入が多ければ良いですが、同じ位だとするとその人達は損したと感じると思います。
6.今小学生の人は50年後に損する人になってしまうかもしれません

世代間の不公平というテーマで記載いたしました。
他に、現在のバラマキ方が不公平で本当に困っている人の所に行っていないなどのアプローチもあると思います。

この回答への補足

ありがとうございます、でも国債を発行して(借金をして)ということではなくて
ただ単にお金を刷ってばらまいたらということがききたかったのですが。

補足日時:2002/01/11 19:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q利上げと景気の関係、中国の景気と日本の景気の関係

経済の事で質問です。

新聞に
「中国が利上げの判断を誤り景気の腰折れを招いた場合、貿易や直接投資などで日本経済を直撃する…。」
とありました。

(1)なぜ利上げする事で景気が良くなったり悪くなったりするのでしょうか?

(2)なぜ中国の経済状況の推移が日本に影響を及ぼすのでしょうか?

お詳しい方教えてください。
よろしくお願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

利上げをすると、お金を借りにくくなりますから産業への投資が減ります。それで、基本的に景気が悪くなります。

いま、中国はバブル経済と言われています。景気が異様な状態で上向きを続けています。なので、このまま行くと日本も経験したバブル崩壊が生じると思われます。それで、崩壊になる前にちょっと景気を冷やす必要が生じているわけです。なので、利上げをして上を向きすぎた景気の拡大を冷やそうとしているわけです。

しかし、こういった調整は程良く行くと成功するのですが、やり方をミスすると景気を悪化させてしまう事もあるのです。日本のバブル崩壊も、異様な景気の上向きを調整し様として金融引締めをしたのがきっかけとなりました。

中国が、景気の調整として利上げをした場合、やり方をミスするとバブル崩壊が生じる可能性があるのです。中国の通貨である人民元は暴落するので価値が無くなり貿易で外貨を稼いでいる中国経済は大打撃を受けます。

また、多くのお金を中国に投資した日本の企業は、その投資した価値が暴落してしまいます。日本でもバブルがはじけて買った土地が暴落して資産が無くなり多くの企業が倒産しましたが、中国に投資した会社も同じ目にあいます。

人民元が暴落して紙くずのようになると、外国から借りた借金を返すために膨大な金額を払わなければならなくなります。暴落前なら1万元返せば良かったのに2万元、3万元と返さなければ成らなくなるからです。

そうなると、中国は元々共産主義国家ですから本来民間企業は無い国です。外国の投資や借金で作った多くの会社をある日「国有化宣言」をしてしまう事さえ夢話ではないです。

そして、現在日本国内で景気が良いと言われている企業の多くが中国の好景気によって実は恩恵を受けている事が多く、数少ない日本に好景気をもたらしている大きな要因が消滅すると、日本の経済界にわずかに燈る明るい火が消し飛んでしまいます。

利上げをすると、お金を借りにくくなりますから産業への投資が減ります。それで、基本的に景気が悪くなります。

いま、中国はバブル経済と言われています。景気が異様な状態で上向きを続けています。なので、このまま行くと日本も経験したバブル崩壊が生じると思われます。それで、崩壊になる前にちょっと景気を冷やす必要が生じているわけです。なので、利上げをして上を向きすぎた景気の拡大を冷やそうとしているわけです。

しかし、こういった調整は程良く行くと成功するのですが、やり方をミスすると景...続きを読む

Q景気の悪いときにインフレを起こすとどうなりますか?

景気の悪いときにインフレを起こすと景気はどうなりますか? インフレで金利が上がってますます悪くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

通常は、インフレとは好景気のことです。
金利が上がり貨幣価値が下がることによって、社会に仕事があふれ賃金も上がり、いわゆる景気回復となります。

ただし、現状で起こりそうなのは、スタグフレーションです。
物価は上昇するのに、雇用や賃金は減少し、ごく一握りの成功者以外は、貧困にあえぐという結果が発生します。

Q不景気で市中にお金が全然なくて金融機関が企業へお金の貸し出しを低金利(0.1%くらい)で行なっていな

不景気で市中にお金が全然なくて金融機関が企業へお金の貸し出しを低金利(0.1%くらい)で行なっていない時金融機関のお金を増やす対策として、政府が国民に住宅ローンの月の返済額×数ヶ月分をいっかいで返済したものに限り最大1ヶ月ぶん(景気によって免除される額は増減する)免除するという政策をとれば少し無理してでも返済する人達が出てきて銀行にお金をたくさん増やし、市中にお金を出回せる1つの対策になるのではないかと思います。
これは的外れなことを言っていますか?
意見をお願いします。

Aベストアンサー

銀行はものすごーくお金が余ってる。
だから銀行にお金を返しても誰も幸せになりません。
お金を回すどころかとめる行為です。

国内にいい投資先がないのがダメなんです。新しい産業を育てないとダメですね。

Q日本が好景気になるには不動産の地価が上がらないと好景気にはならないのでは?物価が上がって好景気と

日本が好景気になるには不動産の地価が上がらないと好景気にはならないのでは?

物価が上がって好景気とか円安で好景気とかなり得ない。

好景気になるには不動産の土地の価格が上がらないといけないがもう日本が戦後のように少子化で地価が上がることはないと思う。

よって日本に再度の好景気というのは起こらないと思います。

どれだけトヨタ自動車が好業績を収めても日本が好景気にはならない。

不動産の土地の価格が上がって好景気になった。

好景気になるには不動産の土地の価格が上がらないと起こりえない。

土地の価格が上がらないで好景気になるってあり得ますか?

Aベストアンサー

地価が上がれば好景気になるということではなくて、好景気になれば波及効果として地価が上がるということでは?
好景気はお金の循環が盛んになって、その余剰部分が不動産投機に走って、結果的に需要と供給の関係で値上がりするんだと思います。
そもそも、土地の値段が上がるためには、それを買う需要が増えなければいけません。そしてその需要を増やすためには、その原資となるお金巡りがよくなければいけません。

Q【景気が悪い景気が悪いと言いながら】GW中の海外旅行者は好調のようです。 日本で景気が悪い人たちっ

【景気が悪い景気が悪いと言いながら】GW中の海外旅行者は好調のようです。

日本で景気が悪い人たちってどんなジャンルの人たちですか?

これは非正社員という名のバイト等の非正規労働者、派遣会社の正社員の派遣社員とかいう良く分からない下級国民の奴隷労働者は除いて、一般的な6割の上級国民での話です。

Aベストアンサー

年収300万円以下の貧困層です。

この階層の人は、GWも平日も関係なく働いています。
GWなんてただの貧困要因でしかないのです。
むしろ休んだ分だけ貧困になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報