自営業を営んでいる30代の夫婦で、子供はおりません。
国民年金を支払ってますが、私達の年代では年金を受け取れる可能性も低いと思われますし、きちんといただけたとしても、老後にこれだけでは生活できませんので、60歳以降に受け取れる保険に入りたいと思っています。
しかし、保険会社も星の数ほどあり(外資も含めて)どこがいいのか
さっぱりわかりません。
皆さんはどこに入られていますか?老後のために入られいる保険について
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

同年代で子供のいない夫婦です。

御求めの回答と異なるのものだと認識しておりますが、御参考にしていただければと思います。

>皆さんはどこに入られていますか?

私どもは現在はどこにも入っていません。2年前に解約いたしました。
理由は生命保険会社が破綻する可能性があったからです(その会社はその後破綻)。生命保険会社が破綻すると、養老保険などは大幅に金利が引き下げられます。
また、養老保険は期間の長い運用です。これを低金利の現状で決めてしまうことは非常に不利だと考えています。
このことから、養老保険の運用は、金利が上昇し生命保険会社の経営が安定(金利が上昇すれば保険会社の経営も安定します)した段階から初めても遅くはなく、それまでは自分で貯蓄運用を行った方が良いと考えたからです。最も、税金上のメリットを放棄することになりますのでその部分だけがひっかかりますが、生命保険会社の破綻リスクを考慮するとどうしても新規に開始することを行っていません。

現在、私は保険料支払に相当するお金で電力などの資産株を中心にるいとうを行っています。高格付けの企業への投資にによる配当狙いです。このようなことを継続しながら、金利が上昇する日を待ち続けることとしています。

スペースの無駄使いかもしれませんが、御参考になるようであれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yohsshiさん、早速の回答をありがとうございます。

最近、どこかに入らなければいけないような焦りから、目先のことだけ考えていたように思います。おっしゃるように現在の最悪な社会情勢という背景を年頭におかなければならないと思いました。確かに保険会社が破綻してしまったらどうしようもないですものね。

yohsshiさんは株を買われているようですね。
私は数ヶ月前にバイオ技術のある企業の株を買いましたが、小泉内閣になって株が下がり、損をした経緯があるために興味が薄らいでしまいました。
その時は儲かればいいという発想だったために短期勝負に賭けてしまったんです。
短期ばかりではなく、中期、長期も考えなくてはなりませんね。反省しています。

yohsshiさんの「電力などの資産株を中心にるいとうを行う」というやり方ですが、比較的安定している企業の株を買い足していき、配当を得る。という認識でよろしいですか?勉強不足なものですみません。

最後に、スペースの無駄使いなんてとんでもありません。ご経験を踏まえた具体的な回答でよくわかりました。また、宜しくおねがいします。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/11 12:11

もう結論は出てらっしゃるかもしれませんが、少し補足させていただきます。


まず保険会社が破綻した場合ですが、“もともと約束されていた予定利率4%が1.5%に下がる”ということです。誤解されている方がたいへん多いように思うのですが、ご自分のお支払いされたお金が減ってしまう分けではありません。10年養老など短期のもの意外では、破綻して予定利率が下がった後でも元本割れはしていないのではないでしょうか?

低利率の言う話の方ですが、もちろん変動金利の生命保険もあります。保険会社の毎月、毎日の運用実績に合わせて利率が変わるというものですね。
これなら、金融情勢が良くなって市場金利が上がれば、ほとんどそれに追従していくのではないか、と言われています。最低保証予定利率が2%とかそれ以上は下がらないというものもあります。

何か一方的な意見ばかりでしたので、反対側からの意見として書いてみました。
結局死亡保障は生命保険でしか出来ませんが、資産運用なら他にもいろいろ方法があると言うことだと思います。るいとうもその一種ですし、年金(国の年金も含めて)もその一種ですので、自分の好みに合ったものを見つけて、老後の為に長期的に運用していく、ということでは無いでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

linebackerさん、アドバイスありがとうございます。

保険会社が破綻しても利率が下がるだけで、元本は保障される商品もあるんですね、、、。うーん。またまた頭が痛くなりました。

今後、勉強をし、後悔しないように納得の上で、色々な手段(保険会社の内容、運用、etc)を考えていきたいと思います。

ありがとうございました。今後も宜しくお願いします。

お礼日時:2002/01/13 10:03

私見ですから、ご参考程度に。


私がもし、今から考えるなら、加入しません。
その理由は以下の通りです。
・安全な保険会社が選択できない。
・市場が低金利のため、利子が良くない。
・破綻したら確実に、損をする。
私の知り合いで、50代の未婚女性が、ある破綻した保険会社の、養老に預けていました。その理由は、預金利子は対した事がない。バブル期に良い利子を得たため、忘れられなかった。税金控除の対象なので、同じなら預金よりも得。
満期になった養老保険を預け入れしました。
その後、破綻。
結果、はっきりとした額はわかりませんが、大きく目減りしたと嘆いていました。

破綻しない保険会社が分かれば、入る事も可能でしょうが、30年以上も先の話は見通しが付きませんので、今から、私が加入するなら、入りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mimidayoさん、早速のアドバイスありがとうございました。

おっしゃる通り、現状では保険会社に加入することは危険だと思いました。
お知り合いの女性の方は本当にお気のどくですね。将来のためと思って入られていたのにそんなことになるなんて、、、。

30年以上も先の話は見通しが付かないとありますが、その通りだと思いました。
これから30年もドキドキしながら保険会社の将来を祈り、数万円づつ預けるのは心臓に悪いです。これから、違う形で将来をどうするかということを考えていきたいと思います。

ありがとうございました。また、宜しくお願いします。

お礼日時:2002/01/11 12:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q変な質問すみません。 私達夫婦は、お互いに生命保険に加入しています。 死亡保険金はお互いが受け取り人

変な質問すみません。
私達夫婦は、お互いに生命保険に加入しています。
死亡保険金はお互いが受け取り人になっております。
私達には、まだ子はいませんが、私達夫婦が交通事故などで夫婦一緒に死亡してしまった場合は保険金は誰に入ってしまうのですか?
私の死亡保険金は私の親兄弟に支払わらますか?
もしくは、義理の親兄弟に入ってしまうのですか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

同じ事故で一緒に死亡、といっても、一瞬の差もなく同時刻に亡くなることはほぼないので、少しでもあとから亡くなったほうの身内が受けとることになります。

親が存命なら親のみが受けとり、兄弟はもらえません。

Q今入っている保険が三月いっぱいでなくなるので、 他の保険に入ろうと思っていますが、腺筋症や筋腫といっ

今入っている保険が三月いっぱいでなくなるので、
他の保険に入ろうと思っていますが、腺筋症や筋腫といった、婦人科系の病気があるので、婦人科系も充実している保険に入れるか心配です。
詳しい方ご教授下さい。

Aベストアンサー

健康保険(医療保険)には、申し込み時に「告知書」という、あなたの現在の健康状態を正しく、告知しなければなりません。
保険会社は、その告知書に記載された内容を確認して、契約の可否を判断します。
健康保険(医療保険)に加入したとしましょう。
あなたが、正しく告知をしていないことが、発覚したら契約は無効となり、掛け金の返還もなくなる事が、ほとんどです。
告知義務違反は、絶対にやめましょう。
保険会社によっては、割り増し保険料とか特定の病気には、保険金を支払わないというような条件で、契約できることもあるようです。

お近くの、保険の相談窓口(特定の保険会社ではない)などで、相談されてはいかがでしょうか。

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Q私達に合う保険を教えて下さい。

9月に結婚するので、色々調べ始めました。独身時代(今現在)二人とも何も加入しておらず、資料等を見ても分からない点ばかり出てきますし、ここの掲示板を見ても、情報量が大変多く、返って混乱しております。
かなり初心者で、ほとんど無知です、みなさんのアドバイスを参考に、検討していきたいと思っております。宜しくお願いいたします。

 ※彼-29才 私-25才
 ※月々の掛け金は二人で15000円位まで。
 ※結婚後は共働きですが、子供が出来たら私は仕事はやめます。
 ※彼に万一の事があった場合、当面の生活費は確保したいです。
 ※私の方に不幸があった場合、葬儀代位は確保したいです。
 ※入院は1日目から支給されるに越したことはありませんが、
  あまり重視していません。3日位からでも・・・
  (一般的な疾病ほとんどを適用される事、あと帝王切開も・・・)
 ※彼が定年を向かえて無職になっても死ぬまで二人の生活費が確保できるもの。
  (国民年金のように、月々生活費としていくらか支給される保険)
 ※掛け捨て、終身型、あまりこだわっていません。
 ※今加入すると、40歳になっても50歳になっても
  掛け金が変わらないタイプもあると聞きましたが・・・
 ※いくつかの会社に分かれて入る事も考えています。

以上が私達の希望です。長々と勝手な事を書き、無知をさらしているようで、恥ずかしいのですが、どなたか、アドバイス、ご意見をお聞かせ下さい。宜しくお願い致します。

9月に結婚するので、色々調べ始めました。独身時代(今現在)二人とも何も加入しておらず、資料等を見ても分からない点ばかり出てきますし、ここの掲示板を見ても、情報量が大変多く、返って混乱しております。
かなり初心者で、ほとんど無知です、みなさんのアドバイスを参考に、検討していきたいと思っております。宜しくお願いいたします。

 ※彼-29才 私-25才
 ※月々の掛け金は二人で15000円位まで。
 ※結婚後は共働きですが、子供が出来たら私は仕事はやめます。
 ※彼に万一の事があっ...続きを読む

Aベストアンサー

大事なのは、まず公的保障(厚生・国民年金や社会保険)をベースに考えます。もし亡くなったらいくら支給されるのかを調べましょう。それで足りない部分を保険でまかなうのです。
また、現在はお子さんがいらっしゃらないようなので、住宅ローンなどの多額の借金が無い限り、死亡保障はあまり必要としません。奥様は当然大人ですからご主人がいなくても生きていけるからです。
現在(結婚後、夫婦のみ)の状況からですと、ご主人の死亡保障はご自身の葬儀代や奥様の当面の生活費用として500万位もあればいいのでは。医療保障のほうを重視しましょう。奥様は死亡保障は必要ありません。

問題はお子さんが生まれた後です。奥様は仕事をやめるとの事ですので尚更です。
先述したように公的保障からいくら支給され、いくら不足するか書き出してみましょう。
仮にそのお子さんが将来自宅外(下宿など)で私立大学に進学し、結婚費用も多少親が負担するとしますと1人につき約1500万~2000万必要とします。※将来の物価上昇は加味していませんのでもっと必要になるかも。

もし、ご主人が不幸にして30歳で亡くなり、お子さんが0歳だと仮定します。
国民年金の遺族年金からお子さんが18歳になるまで1,035,600円支給されます。つまり約1800万円支給されるわけですので、お子さん1人のときお亡くなりになれば、保険での死亡保障は結婚直後と変わらなくなるわけです。
厚生年金ですと収入に応じて若干変わりますが、それ以上になると思います。

ただし、お子さんが18歳になるまでですので、お子さんの成長につき支給される総金額は減っていきます。
(例:お子さんが5歳のときは残13年、10歳のときは残8年になってしまうので)
しかし、約1500万~2000万必要なのは、まだ先ですから少しずつ必要死亡保障額も増やしていかないと足りません。

●ご主人
変額終身保険1000万 60歳払込 約10000円(スカンデイア生命やソニー生命)
※今から60歳まで保険料は一緒です。お子さんが成人したり、60歳などでリタイアするときに葬儀代の300万ほどを残して減額すれば差額の解約返戻金があります。変額保険ですので運用により返戻金は予測できませんが、終身保険としては物価上昇(インフレ)にも対応でき、安いのでベストです。
あとは二人目のお子さんが生まれたら、オリックスなどのネット定期保険で増やすなど。
終身医療保険 日額5000円 終身払 約2000円(アメリカンファミリー生命『EVER』やアリコ『すこしであんしん』)

●奥様
変額終身保険300万 60歳払込 約1000円強※低額なので半年払かも(スカンデイア生命やソニー生命)
終身医療保険 日額5000円 終身払 約2500円
(オリックス終身医療・新女性特定疾病入院特約付)※帝王切開もOK

医療保険でなぜ終身払なのかは、こちらをごらんください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=258266

>※彼が定年を向かえて無職になっても死ぬまで二人の生活費が確保できるもの。
  (国民年金のように、月々生活費としていくらか支給される保険)
保険で貯蓄性を求めると損します。よく生保レディなどは、募集の際『解約するとお金も出るし・・この保険は損しない・・』とかいろいろ言いますが、あれは募集の為に知ってて偽っているか、知識の乏しい証拠です。
保険は必要最低限にし、残りは貯蓄か運用するほうが断然得です!貯蓄や運用方法もネット定期・積立て投資信託・純金積立などいろいろあります。

大事なのは、まず公的保障(厚生・国民年金や社会保険)をベースに考えます。もし亡くなったらいくら支給されるのかを調べましょう。それで足りない部分を保険でまかなうのです。
また、現在はお子さんがいらっしゃらないようなので、住宅ローンなどの多額の借金が無い限り、死亡保障はあまり必要としません。奥様は当然大人ですからご主人がいなくても生きていけるからです。
現在(結婚後、夫婦のみ)の状況からですと、ご主人の死亡保障はご自身の葬儀代や奥様の当面の生活費用として500万位もあればいい...続きを読む

Q生命保険の代理店を営みたいと考えています。

生命保険の代理店をしたいと考えていますが、生命保険を取り扱うには資格が必要ですか?身内には代理店として損害保険を扱っていますが、生命保険は違うのでしょうか?今は損保も生命保険を扱っているようですが、損保の代理店でも良いのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

他の方が言っているとおり、資格は必要です。現在生保1社・損保1社と契約をしており法人で代理店を行なっています。私の契約している生保は資格者が2名以上いないと法人契約できなく生保のみ個人で契約しています。損保の契約のみで扱える生保もあります。損保も生保分野に相互乗り入れをしている部分です。ただ商品の種類がすくないのでやはり生保の資格をとり両方扱う方がいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報