今まで一度もサラ金などからお金を借りたことがないので気にしていなかったのですが、たまたま、自宅に入ってくる金融系のチラシを見たところ気になるのが1枚ありました。
その日は金融系のチラシが3枚ほど入っていて、そのうち2枚は普通に利率が13%~とかだったんですが、1枚だけは、どの金融会社も、利率が1.8%~2・8%(各会社固定金利)なのです。

そんな利率なら、急な出費とかあったときに、OMCとかで借りるよりよっぽどいいじゃないの?と思ったんですが、すべての会社が全然名前を知らないところということと、金融形のチラシに入っているのは、紹介屋だというのを聞いた事があるので、結構気になりました。
ちなみに、その低金利のところもほとんどが、電話1本で即振込みってうたい文句がありました。

低利率の消費者金融、信用してもいいのでしょうか?
もしものときのため、よかったら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

NO.3の追加です



>でも金利は♯1の補足に書いたように多分年利だと思うんですが・・・・

悪質業者の手口のひとつですが、貸出日を変更する業があります。
今日が2002年1月16日で2002年1月26日まで100万円を借りたいと申し出るとします。この場合、現金100万円を渡し、2001年1月26日(支払期日の1年前)に金利1.8%で1年間の期日で借りるという契約書を作成し、サインを迫ります。
実質は2002年1月16日に100万円借入、2002年1月26日に101.8万円で返済するということになります。返済期日に遅れると膨大な延滞利息が付与される仕組みです。当然、行ったら最後、書類にサインするように強要されますし、返済期日にお金を持っていっても受け取ってもらえません。
嘘のようなめちゃくちゃな話ですが、同じようなパターンでひっかかった人(親戚)を知っています。

参考URLで調べていただければ判りますが、国債という信用力のある担保を差し入れても年率2.925%(1998年10月現在の数値ですので低下していると思いますが)です。無担保の借入で1.8~2.8%の金利は絶対に出ません。
自宅を担保に入れさせて、業者が担保権を行使し自宅を手に入れるようにしているなど色々なことが考えられます。くれぐれも話だけでも聞いてみたいと電話なされないことをお勧めいたします。

参考URL:http://www.jsf.co.jp/jp/no_flash/main2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ひえぇ、恐ろしすぎる話だ・・・
1週間借りただけなのに、1年間借りたことになるの??
まさに「嘘のようなめちゃくちゃな話」ですね。
それも、返済したお金を受け取ってくれないんですか?
なんてこったーって感じ。

電話だけでもしておちょくって(聞いて)みようかな?とちょっと思ったんだけど、気が弱い私にはどう考えてもやっぱり無理ですね。

絶対に近寄りません。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 23:41

ずばり東京で~~す

    • good
    • 0

もし、そんなところから借りて、1週間ほど


延滞したら、即、2~3人で勤務先まで押しかけて来ます。
特に、失礼とは思いますが大阪では登録番号(1)もしくは(2)の東○の業者が多いのが
特徴です。

この回答への補足

たった1週間で勤務先まで押しかけてきますか・・・
怖すぎますね。
ちなみに登録番号1・2ってなんか意味があるんですか?
東○ってのはTOKIOの事?
都市部で貸し出してるところの方が怖いって事ですか?
よければ補足お願いします

補足日時:2002/01/17 23:47
    • good
    • 0

だいたい「家に入ってくるチラシ」と言う時点でかなり危ないですよね。

ごくまれに近所の銀行などの金融機関がチラシをまいてるときもありますが、やはりその金利で借りられるのはそれなりの人。消費者金融で、となると裏がある以外考えられません。さらに「電話で即振込み」なんてまともな金融機関ではまずありえませんよ。

「急な出費があったときOMCとかで借りるより・・」とありますが、お金を借りられるような社会人であれば、急な出費に備えて貯蓄しておくほうが先ではないでしょうか。もしもの時のため・・・であれば、金利の安い消費者金融を探しておくことより、1円でも多く貯金しておくことをオススメします。

消費者金融はたとえどんなとこでも利用しなくて済むならば利用しないのが得策です。甘い言葉にだまされないよう、お気をつけて・・・。(もしものときのため、でなく、だまされないようにするために知っておくことは必要だと思いますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですよね。家に入ってくるチラシが危ないというのはよく聞きます。電話で即振込みってのもよく書いてあるんですが、そんなところはまともじゃないんですね。

急な出費に備えての貯金は、少しだけあります。
でも、例えば、銀行から定期を担保にして預金を引き出しにしても、年利3%とかかかるじゃないですか?
それなら、こっちで借りた方が安上がりになるんじゃないの?と思ってました。

ついでに言うと、もし、この低金利で借りれるなら、住宅ローンの繰上げ返済もできるかも・・・なんて考えてましたよ。
まだ、購入してそんなに時間がたっていないので、100万返済したら、返済額は200万位減るので、トータル利息10万払ってもお得かな?てな感じで。
やっぱり甘い幻想でしたか・・・

騙されないように気をつけます。
ありがとうございました

お礼日時:2002/01/12 14:50

自己破産経験者のburanです。



「日賦」というサラ金等の貸金業とは違う業界があります。
皆さんご指摘のとおり、紹介屋にしろ日賦業者にしろ、返せなくなるなると次の業者を紹介し、業者サークルに回されること間違いなしです。

「年利」1.8%~2.8%で、銀行みたいに預金を預かってるわけでもなく、必要経費も含めて経営していけるか?ということを考えても見てください。
それでいけるのならとっくに大手が参入しているか、「ブーム」になってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、ホントいろんな業界があるもんですね。
業者サークルって・・・怖すぎるッス

確かに、年利1.8じゃ経営できませんよね。
私はなんとなく、他のところでたくさん借金してる人が、追い込みかけられるような人で、利益はそういう人から取っているから、純粋にそこだけで借りている人は、大丈夫なのかな?って思ってました。
もしかして私みたいな人がカモにされるのか?

とりあえず、真実を知ってよかったです。
ありがとうございました

お礼日時:2002/01/12 14:42

間違いなく紹介屋か最近よく聞く小口金融(5万円程度の融資を行い、10日毎に貸付額の50%を利息として支払わせる


(年率なんと1825%))でしょう。

電話すれば、色々ともっともらしいことを言いながら、チラシに書いてあったことまったく違う条件でお金を貸そうとする
でしょう。

「無審査」「低金利で一本化」「電話一本で即日融資」等々の文言は全て「嘘」です。
仮にチラシ等に都道府県知事登録と書いてあっても信用してはいけません。勝手に番号を盗用したり、実際に登録を取って
いても、経営実態は「やみ金融」であったりします。

世の中にそんなうまい話はありませんので、絶対利用しないように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

10日で50%の利息だなんて・・・ミナミの帝王以上じゃないですか!!
後チラシに書いてあることってそんなに嘘ばっかりなんですか。少なくとも無審査ってのと電話一本即日融資ってのは信用してました。
あ、でも私の住んでいるところは、関西なのに、金融会社が東京が多かったのはちょっと気になっていましたが・・・

それにしてもいろんな怪しい商売があるもんですね。
とりあえず、手を出さないようにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/12 14:36

#1の追加です



>50万を5年(60回払い)で返済する場合、だいたいどこの会社も月々9000円未満だった気がします。

実際にそうだとすると、かなり安い金利です。
ただ、この金利は3番の回答にも有るように、一流企業が銀行から借りる場合の金利水準であり、サラ金ではとても考えられない金利です。

かえって、何か裏があるとしか考えられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり裏があるんですね。うーん、怖い怖い。
あまりに低金利なので気になっていましたが、これからはこの手のチラシは無視することにします。
ありがとうございました

お礼日時:2002/01/12 14:14

私もNo.1の方に賛成です。

絶対に電話しては駄目だと思います。

利率は、年、月ではなく、10日で1.8~2.8%だと思います(私の住んでいた地方の町金融は10日決済でした)し、他に手数料または紹介料を取ろうとする紹介屋の類である可能性が高いと思います。

そのチラシは、食虫植物が虫をおびき出すために分泌する甘いにおいのようなものの類の気がいたします。飛んで火に入る夏の虫にならないようにご注意された方がいいと思います。

年率1.8~2.8%は充分に担保価値を備えた企業が借り入れる金利水準に近いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり紹介屋ですか・・・
でも金利は♯1の補足に書いたように多分年利だと思うんですが・・・・書いている内容には嘘があるって事なんですかね?ていうか10日決済だなんてまるでミナミの帝王じゃないですか。怖い怖い(^^ゞ

ありがとうございました

お礼日時:2002/01/12 14:18

あたしも、そぉー思ってたの。


 
1.8×12=21.6%  2.8×12=33.6%(年利換算)

ほらね、サラ金利率になってきたじゃん。
それ! あぶないあぶない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

年利33%!!怖すぎる・・・やっぱり月利だったのかなぁ。
どっちにしろ借りない方がいいってことですね。
ありがとうございました

お礼日時:2002/01/12 14:22

利率が1.8%~2・8%(各会社固定金利)とのことですが、「年利」と書かれていますか?



通常は、年利で表示しますが、この場合、仮に「月利」だったら12倍になります。

普通に考えたら、年利が1.8%~2・8%等ということは、絶対に有りません。もし、本当なら何か裏がありますから、絶対に利用しないことです。

この回答への補足

チラシを捨ててしまったので、年利と書かれていたかどうかはわからないんですが、お支払い例ってのがありますよね。それに載ってた例では、50万を5年(60回払い)で返済する場合、だいたいどこの会社も月々9000円未満だった気がします。
これで計算すると安い気がするんですが・・・気のせいですかね!?

補足日時:2002/01/11 15:17
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長期金利と10年国債の利回りとの関係について

 よろしくお願いします。
長期金利が10年国債の利回りを決定づけるのでしょうか?それとも10年国債の利回りが長期金利を決定づけるのでしょうか?
 それと日本経済新聞1面に長期金利(10年国債利回り)と出ていますが、これは長期金利が毎日変化していると解釈すれば良いのでしょうか?それとも10年国債利回りが毎日変化していると解釈すれば良いのでしょうか?頭がこんがらがってます。
 何卒、ご教示の程お願いいたします。

Aベストアンサー

個人向けでない10年国債は、入札制です。
国が発行総額と利率を提示し、銀行とかが応札します。
人気があれば、買い入れ単価が100円を上回り、たとえば103円
上回った3円分、利息を食いますので、利率が下がる。
満期の時は100円でしか返ってきませんからね。

逆に誰も見向きもせねば、単価は97円といいったふうに下がり、
下がった分、国は、償還の時3円つけて100円で償還しますから
その分利率は上がります。

このように、長期利率にあわせて国は利率を設定し、
それにあわせて応札者は、入札し、その結果が
市場の長期利率を形成していくわけです。
もちつもたれつです。

新規発売に限らず、既発債もまた同様です。
ただ売り手は国ではなく、保有者の違いだけです。

日経にのっている指標は、長期利率の動向を代表的な10年国債で
あらわすことで把握します。
もちろん、長期金融商品はほかにもまだまだありますが、
市場の風向きを読むのには、流通量、取引量の多い国債が
選ばれているわけです。

Q街金チラシ『低利』のカラクリ教えて下さい

最近、気になっている事があります。郵便ポストの中によく入っている『無担保・最高500万円・年利1.2%や1%、0.8%』の小さなチラシです。それも1社では無く、数10社あります。今の銀行やアコム等の条件を見ても「絶対にそんな好条件は無い!」と思うのですが、カラクリが分かりません。返済計画を見てもまともです。いったいどのような罠があるのでしょうか?
借金の経験が無い素人なので、なるべく簡単にお願いします。

Aベストアンサー

私もそんなからくりを知りたくて(笑)
そんなチラシの電話番号に非通知で電話してみました。
真似されないほうがいいと思いますけど^^
相手はこちらの個人情報を知りたがります。
金利もチラシにあるとうりだと・・・言い張ります。
とにかくまず申し込めという訳です。
もちろん、申し込むわけもなく、冷やかしだけです。

その後弁護士などに、その話をしたら・・
まずは、
(1)借り手の個人情報を確認
(2)借り手の口座に送金
(3)お金をある程度使った頃(1~2週間後)契約書が届く。
(4)金利などを確認せずに契約書返送。
そして金利は年利0.8%ではなく月利0.8%だったり週利0.8%だったり・・・(4)の段階で金利がおかしいと思っても既にお金を使っていて返済ができず。渋々契約書にサインして返送する人が多いらしいです。
そして、厳しい返済と取り立てってことですね。

まっとうな金融機関より大幅に金利が安いなんて無担保でありえないですよね。住宅金融公庫より安いなんて(笑)

Qローンの金利を変動とした場合

ローンの金利を変動とした場合には、金融情勢の変化における金利変動に合わせて日々変わってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

金利は毎日変わることはなく、半年毎に見直されることになります。ただ返済額は5年間変わらないので、返済額に占める金利額と元本返済率が変動することになります。ここで返済額が変わる時に125%ルールなるものがあり、25%以上の上昇はありません。良いことのように聞えますが、金利が急上昇する場面では返済額でも金利額を賄えず、元本が減るどころか未払い金利によってどんどん増えて行くこともあり得ます。
http://allabout.co.jp/gm/gc/10400/
http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/plan/090319_mibarai/
http://www.zenginkyo.or.jp/service/manage/article/article02.html

もし変動金利を選ぶならその仕組みを十分に理解し、全期間固定金利でも無理のないローンかつ、差額は将来の金利上昇に備えて貯蓄しておかないと安心出来ないかもしれませんよ。

金利タイプの違いは、少々金利が高くても総支払額が決まっている安心を取るか、変動金利で総支払額が少なくなるかもしれない賭けをするかの違いでしょう。結果は完済時まで分かりませんし、選ぶのは自分です。幾ら金利が上がっても完済出来る貯蓄があるとか、金利分上がった返済差額を払える貯蓄があるとかなら変動金利を選ぶのもありでしょう。頭金を多く払ってローン残高より家の価値の方が高ければいつでも売却して清算出来ますので、これもリスクヘッジになります。そうではなくて、頭金もなく変動金利で当初の返済額でしか返せない試算なら、金利上昇で破綻する可能性があるということです。

金利は毎日変わることはなく、半年毎に見直されることになります。ただ返済額は5年間変わらないので、返済額に占める金利額と元本返済率が変動することになります。ここで返済額が変わる時に125%ルールなるものがあり、25%以上の上昇はありません。良いことのように聞えますが、金利が急上昇する場面では返済額でも金利額を賄えず、元本が減るどころか未払い金利によってどんどん増えて行くこともあり得ます。
http://allabout.co.jp/gm/gc/10400/
http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/plan/090319_mibarai/
http:...続きを読む

Q世界の消費者金融の金利は何%?

友人が消費者金融に借金をし、返済のたいへんさにあらためて驚きました。そのとき思いました。日本で普通に暮らしている人が、普通の感覚で上限の年利29%の借金をします(もちろんその人数は少ないと思いますが)。コマーシャルもあたりまえのように流れてきます。そこで、教えてください。闇ではなく、堂々と?借りられる金利で、日本は異常ではないのですか?例えば主要先進国と言われる国々も、無担保ローンの金利の上限は日本と同じなのでしょうか。

Aベストアンサー

米国は個人向けローンが日本以上に発達してて、消費者金融会社が数多くありますが、ヨーロッパでは、英国以外には消費者金融は少なく、銀行やカード会社が個人向けのローンを行なっています。
金利についてはわかりません。

Q「10年利付き国債利回り」と「長期金利」について

ニュースで「金利が上がった」などと言われますよね。ここで言う「金利」とは「10年利付き国債利回り」のことを言っているようですが、どうして「金利=10年利付き国債利回り」となるのか分かりません。そもそも、「金利」と「利回り」は別ものですよね?「利回り」は債券価格の変化に伴って変化することは分かるので、「利回り」が上がったと言われれば納得です。しかし、10年利付き国債は固定金利なのに、どうして前日比で「金利」が上がったという表現が可能なのか理解できません。
例えば、6/24の「利回り」と6/25の「利回り」が違うと言われれば、国債の債券価格が日々変化するからという理由で理解できます。しかし、なぜ「金利」が違うと言えるのか理解できません。その理由は、いずれの日の国債も260回債であるのでクーポンレートは同じはずであり、よって「金利」が上がったとは言えないと思うからです。
なぜ世間では「金利」が上がったとか下がったなど表現されるのでしょうか?「利回り」は変わっていても「金利」は変わってないと思うのですが。
自分で自分の考えのどこがおかしいのか分かりません。どなたか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

ニュースで「金利が上がった」などと言われますよね。ここで言う「金利」とは「10年利付き国債利回り」のことを言っているようですが、どうして「金利=10年利付き国債利回り」となるのか分かりません。そもそも、「金利」と「利回り」は別ものですよね?「利回り」は債券価格の変化に伴って変化することは分かるので、「利回り」が上がったと言われれば納得です。しかし、10年利付き国債は固定金利なのに、どうして前日比で「金利」が上がったという表現が可能なのか理解できません。
例えば、6/24の「利回り」...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃる通り新聞などに言う「金利」は10年国債の「利回り」をさしているのが正解でその意味でご指摘は正しいと思います。おそらく市場報道の立場から言うと

発行済みの国債の利回りが上昇した(価格が下落した)=市場の長期金利が上昇している(この時点で新規に発行するとすれば「金利」が高く表示される)

ということをすっ飛ばして表現して長期資金の調達環境を説明しているだけでしょう。その意味で特定の10年国債の利回りを説明しているつもりではないのだと思います。

10年国債は豊富な発行量や流動性から長期金利の指標としてふさわしいため期間の長い資金需給の動向をつかむための代表として取り上げられているのです。長期債券の期間を海外と比較する場合も10年が使われているので「長期」代表のふさわしい期間といえます。それより期間の長い20年、30年などの国債は市場性が相対的に劣ることなどから指標として歴史ある10年債が使われているのでしょう。

Q現在消費者金融で27%の金利を払ってます

こんばんわ、現在私は消費者金融会社からお金を借りており、5年間位27%の利子を払い続けています。先日インターネットでグレーゾーン金利についての返還なる記事を目にし、私の状況で消費者金融に20%を超えた利子を返還請求してもらえるのかどうか気になったので質問させていただきました。もし、返還請求できるとすればどのような手続きを踏めば良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

出来ます。ただしおそらく個人が言ってものらりくらりでしょう。士業の方に相談すればすぐ解決ですよ。理想は弁護士ですが、司法書士の方が金銭的にです。結構な金額が返還されると思いますので、支払いも多分大丈夫だと思います。司法書士会等に問い合わせてみては・・・

QIS-LM分析の縦軸が名目金利でなく実質金利だったら

IS-LM分析の縦軸は名目金利だと思うんですが、もし縦軸を実質金利としたらIS-LM曲線はどのように変化しますか。
例えば、かくかくしかじかの経済情勢の時には、かくかくしかじかに変化する。とかいう事例で教えていただけると有難いです。
変な質問だと思いますが、とても気になって頭がおかしくなりそうなので助けて下さい。

Aベストアンサー

> IS-LM分析の縦軸は名目金利だと思うんですが

IS-LM 分析は静学的分析なので、物価変動の影響ありません。したがって結論は実質金利でも同じです。
ただし、流動性の罠の議論などは実質で議論すると利子率が負になることを許すために影響を受けることになります。

また、動学的な分析を行っても、いくつかの仮定の下では価格変動を考慮しても全く同じ結論が得られることが分かっています。

Q消費者金融のア○ム・ア○○ルの金利 % の件

3年ほど前に契約をしたのですが、その時代の%って今の18%とは違い確実に超えてましたよね??
よく覚えていないのですが先日、取引履歴を請求したら23%や25%でした。
でも記憶の中では27~29%だったような気がします。
確かでないので何とも言えませんが3年前位に契約をした方ってその位の%だったのでしょうか?
人によって違うのでしょうか?
ちなみに最初に契約をした金額は160万と50万でした。

Aベストアンサー

> 人によって違うのでしょうか?
これですね。

> 最初に契約をした金額は160万と50万でした。
最初からその金額ということは、属性もそれなりに良く、27~29%でなく「23%や25%でした」と言う可能性は十分にあるでしょう。

Q金利が見れるサイト

先日家を購入した兄弟から金利が高くなった、金利が高くなったと、ローンの支払いが大変になったとお金に困っているようなことを言っているのですが、政策金利などが上がると以前に購入ローン契約をしていても、今後の支払いは次期金利で算出されるんですか?

そもそも今金利はどのように変化しているのでしょうか?参考になるサイトなどありましたら教えて下さい。年月日と金利がわかるものがいいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的な住宅ローンの構造から。

主に3つあります。

初めだけ固定金利と全期間固定金利と変動金利です。

固定金利はとは、金利が固定されるのですが、金利は少し上乗せされます。

今回のように金利が変動する場合は変動金利か一定期間だけの固定金利を利用していると思われます。

変動更金利とは、短期プライムレートという銀行の借入金利に少し金利を上乗せしたレートを用いられています。

よって、参考になるのは短期プライムレート(新聞に載ってます)ですが、借りている銀行によって少しずつ上乗せ金利が違うので、借りている銀行のホームページで調べるのがもっとも正確です。

変動金利とは、まさに政策金利(短期プライムレート)に連動しているのです。

こちらはちょっと見にくいけど正確な超短期プライムレートについて書かれた日銀のサイトです。
http://www.boj.or.jp/statistics/dl/loan/prime/prime.htm/

参考URLはフラット35のものです。

是非参考にしてください。

参考URL:http://www.jloan.net/prospect/index.html

基本的な住宅ローンの構造から。

主に3つあります。

初めだけ固定金利と全期間固定金利と変動金利です。

固定金利はとは、金利が固定されるのですが、金利は少し上乗せされます。

今回のように金利が変動する場合は変動金利か一定期間だけの固定金利を利用していると思われます。

変動更金利とは、短期プライムレートという銀行の借入金利に少し金利を上乗せしたレートを用いられています。

よって、参考になるのは短期プライムレート(新聞に載ってます)ですが、借りている銀行によって少しずつ上乗せ金利...続きを読む

Q金利1.5%の消費者金融ってホント?

今私の手元にチラシが一枚あるのですが、街金融の「金貸します」の宣伝文句がズラリと並んでいます。裏表で25社ほども並んでいるようです。年利を見てビックリ。1,000万~1,200万まで融資して、何と年利が1.5%~1.8%なんて謳ってあるんです。勿論お金を借りようと思って質問しているのではありません(笑)。単なる好奇心からの質問なのですが、街金融といったら年利20~30%ぐらいはざらですよね。なのにどうしてこのような、銀行でもマネできないような金利を書いて平然と宣伝するのでしょうか? 返済例まで記載してあって、それによると1,000万借りた場合、57,000円を180回で返済して、計1,026,0000円・・・ こんな話ってホントにあるんですかね? この辺りの事情にお詳しい方、どなたかご説明していただけませんか。念の為、再度申し上げておきますが、お金を借りるつもりは一切ありませんので、どうかご心配なさらないで下さい(笑)。「どんなカラクリになっているのかな?」という、単なる好奇心からの質問です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういった業者を利用したことがないので自信はありませんが(笑)、たぶん紹介屋だと思います。「審査の結果、ウチでは貸す事ができません。でも、他の業者に連絡して特別に借りられるようにしてあげます。」などと調子のいいことを言い、審査の甘い金融業者を紹介するのです。紹介手数料として何十万円も請求されたりするのでは?

あと、延滞利率が異常に高い可能性もあります。期限までに返そうとしても受け取りを拒否され、期限を過ぎた後で膨大な金額を請求されるとか...。

過去の質問も参考にしてください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=196481


人気Q&Aランキング

おすすめ情報