私20代後半の♂です。
昨日、帰宅途中酔っ払いに絡まれました。
理由は些細な事で、高速バスの降車時に「押した」「押さない」です。余りにも露骨なので咄嗟に「押すなよ」と言葉が出てしまいました。
そこから先はAが凄い剣幕で怒鳴ってきました。
「因縁付けてるのか?」「喧嘩売ってるのか?」更に執拗に、「おまえの住所教えろ」「教えないなら(車で)後ろから付いて行ってやる」と言ってきます。
数分間言い争いが続き、その時口臭からAが酒気帯びである事に気付きました。(泥酔ではないです、口調もはっきりしていました)更に、「俺のほうがここに住んで長いんだ仲間もいっぱいいるぞ」とも言いました。会話の中からAは40代後半と判りました。
ちなみにもちろん私は飲酒していません。また、相手への対応も「貴方に住所教える義務はありません」と一点張りで防戦一方でした。私も混乱していたので、「殴りかかってくるのか」「家は知られたくない(家族への被害を心配)」そればかりで、他に冷静に考えられませんでした。ですが場が収まりそうにも無いので、「警察へ連絡します」と言うとAは「上等だ」と言うので110番するとAは暴言を吐きつづけ逃げてしまいました。
二人とも「通勤途中」に起こったことですので近い日に出くわす事が容易に想像つきます。今後Aの出方にもよるのですが、毅然とした対応を取るにあたりどのような点に注意すれば良いのか、是非アドバイスお願い致します。
上記に挙げた台詞では「脅迫罪」にはならないと思っています。
もちろん一番望む事は、相手が酔った勢いでの事で反省していれば良いのですが。
私もこれ以上刺激してもしようがないので見掛けても何も言わないつもりです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

刑法第222条に「生命、身体、自由、名誉または財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役または30万円以下の罰金に処する。


とあります。例えば、「殺してやる」とか「ひどい目に合わすぞ」とかです。また、もし身体に手を触れたりしたら暴行罪、つばを吐きかけられても暴行罪、住所をしつこく聞き出された場合は強要罪です。で、注意したいのが今後相手と会ってまた相手が絡んでくるようなら何も言わずに即通報してください。「警察に訴えるぞ」とか「会社の上司に報告するぞ」とか「家の人に言うぞ」とかも脅迫罪になりかねませんから。(実際に判例が出ているみたいですから)もし今後顔を合わせるようなことがあっても酔ってて覚えてないと思いますからそんなの無視するのが一番です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

大変判り易い説明ありがとうございます。
万が一に備え知識として覚えておきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/12 19:57

 形式的に犯罪に該当しそうな行為でも、実際に処罰されるためには、当該行為が一定程度の違法性を帯びている必要があります。

たとえば、「殺すぞ」とか「殴るぞ」と口に出して相手を威嚇する行為は、形式的には脅迫罪の「害悪の告知」にあたりますが、口論の際に口にした程度では本罪を構成しません。脅迫罪の保護法益は意思決定の自由ですから、相当程度の恐怖を感じるほど(相手の意思決定を阻害するほど)の害悪の告知をする必要があります。口論の際に多少の脅迫的な発言をしたからといって、意思の自由を奪われるほどの恐怖を感じるとは考え難いでしょう。通常、この犯罪が成立するのは、口頭あるいは電話や文書によって執拗に相手方に対して害悪の告知を行った場合であると思われます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

再度のお答え、誠にありがとうございます。
皆様のご親切なお答えのおかげでかなり楽になりました。
お世話になりました。

お礼日時:2002/01/12 19:59

 現段階では何らかの法律効果を生じさせるような行為はないように思います。

口論から生じた発言ですから、脅迫罪とするにはあまりに違法性が軽微です。後日、出くわしたときに再びからまれるようであれば警察へ行くという程度で問題ないと思います。その道の方でない限り、執拗にからんでくるということはないでしょう。注意すべきことは、相手にしないことくらいでしょうか。

この回答への補足

回答有難うございます。やはり相手にしないのが一番ですね。
ところで脅迫罪とはどこらへんから成立するものなのでしょうか?お手間でなければ是非教えて下さい。

補足日時:2002/01/11 17:54
    • good
    • 1

相手は酔った勢いでしか本音を話せない気弱な中年だったのではないでしょうか?今後出会っても相手は覚えていないでしょう。

もし相手が覚えていてしらふの時に言いがかりをつけてきたときは警察に行きましょう。(出来れば二人で)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。おっしゃる通り忘れていてくれれば良いですよね。もし覚えていてもしらふの時ぐらい常識的な「大人」な態度で居てくれたら良いですね。
次に遭う時が酒気帯びでない事を祈ります。

お礼日時:2002/01/11 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑法222条 脅迫罪

刑法222条 脅迫罪
加害対象の質問

Q:飼い猫はここでいう加害対象になりますか?

例えば「お前の猫を殺すぞ」という
告知があった場合、脅迫罪は成立しますか?

Aベストアンサー

こんにちは

「加害対象」という言葉は、法律用語ではないので、
正確な意味はよくわかりませんが、
ペットは財産と考えられるので、脅迫罪に当たる可能性はあります

ただし、脅迫罪にあたるためには、言われただけでなく、
通説によれば、意思決定の自由を奪われることが必要です

例えば、テレビのバラエティ番組等で、誰もが冗談とわかる状態で
「お前の猫を殺すぞ」と言ったとしても脅迫罪は成立しません

言われたことによって、言われた側が畏怖し、
それによって何らかの意思決定に影響を及ぼす
(何も言われなければ、Aという行動をしたが、
言われて怖くなって、Bという行動に変える(可能性がある)など)
必要があります

#1で条文が書かれていますが、第一項の前半部分
「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して」
には「お前の猫を殺すぞ」は該当しますが、
後半部分の「人を脅迫した」に該当するか否かは、
自由な意思決定に影響を及ぼしているか否かなので、
質問文だけでは不明ということです

参考になれば幸いです

Q「私が製作に一部、関わった商品」を、とある「会社A」が販売しています。

「私が製作に一部、関わった商品」を、とある「会社A」が販売しています。
その「会社A」へ送る「商品の購入申込みファックス用紙」を「私のホームページ」からダウンロードできるようにした場合、特定商取引に関する法律に基づく記載を、「私のホームページ」にする必要はありますか?
ちなみに、私には、販売価格の5%が入ります。

Aベストアンサー

(例えマージン貰ったとしても)用紙のダウンロードだけなら問題ないと思います。

ただし、会社Aが特定商取引法の対応をやっていない場合(ホームページが無いなど)会社Aが違法な販売をおこなっていることになってしまいます。

ですから、「私のホームページ」に記載する必要はありませんが、会社Aが記載内容を保証する形で「どこか」には記載されている事と、あなたのホームページからそこが参照(ジャンプ)可能になっている必要があります。

Q脅迫罪について

本日インターネット掲示板で暇をつぶしていたところ、あるスレッド内に荒らしがやってきました。その荒らしは掲示板利用者に対し「馬鹿
」や「障害者」などと誹謗中傷的な言葉を多用し楽しんでいたので、ついついカッとなってしまった僕は、その荒らしに対し、「本気で起こった。もう黙ってみてられない。覚悟しておけ。」と警察に連絡するつもりで言いました。
そうしたらその荒らしにその発言は脅迫罪だと言われ、本当かどうかわわかりませんが僕のことを脅迫罪として通報したそうです。
挙句の果てに、その荒らしは「もう通報した。いまの内に謝罪しておけば全てなかったことにしてやる。」と言ってきたんです。
これこそ脅迫罪なのではないでしょうか?かく言う僕も、荒らしなど無視しておけばこういう事にはならなかったのですが・・・。
この場合、どちらが脅迫罪になるのでしょうか?あるいは、両者とも脅迫罪になるのですか?もし僕がこ脅迫罪になったとしたらこの後どうすればいいのかとても不安です。
どなたか助けてください。本当に困っています。

Aベストアンサー

馬鹿は放置しておくに限ります。
多くの嵐がやることで、あなたに全く罪はありません。

嵐に腹が立つのもわかりますが、
そういう不逞の輩は放置しておけばそのうち退散します。
あなた個人を特定できる情報を乗せていない限り
おそらくたいした知識もない厨坊なので
放っておいても大丈夫だと思います。

Q文書偽造罪で、名義人につき「意識主体説」を採った場合、「A代理人B」と

文書偽造罪で、名義人につき「意識主体説」を採った場合、「A代理人B」と表示された文書の作成名義人はBが自然でしょうか?

文書偽造罪における文書の名義人について、通説・判例は「意識主体説」といって「文書に表示された意識内容の主体」であるとします。

ところで、「A代理人B」と表示された文書の名義人は誰でしょうか?
代理人というのは、法定代理人と任意代理人がいますが、どちらも使者と異なり、本人から独立して行動し、独自に意思を表示するものとされています。したがって作成名義人は代理人であるBだと考えるのが自然だと思うのですが、いかがでしょうか?

判例は名義人について「責任主体説」を採らず意識主体説を採っているのに、「A代理人B」との表示につき名義人をAとして、Bが作成した場合に文書の有形偽造になるとしていて、おおいに疑問にに思っています。

Aベストアンサー

 NO2です。本人説=責任主体名義人説という意味でした。代理名義の冒用の枠内での話だと思っていました。質問者様は名義全般の定義の部分で責任主体説と意識主体説について言及されていたんですね。質問の趣旨が理解できました。

 意識主体説を採ると実際に意思を表示した代理人が名義人になるのが論理的であると考えるおられるようですね。しかし、意識主体説による名義人を「実際に意思を表示した者」ではなく、「当該文書から一般人が意識する意思や観念の主体」ととらえるならば本人を名義人とするのが一般常識に合致するのではないでしょうか。

Q脅迫罪で訴えるにはなにが必要でしょうか。。。

電話で兎に角上から大声を上げてどなられ
精神的にも肉体的にも参っています。
電話の録音があれば相手を脅迫罪で訴える事はできるのでしょうか?
他にどんな材料を集めれば脅迫罪および、プライバシーの侵害として
訴えられるのでしょうか・・・。
教えて下さい・・・。

Aベストアンサー

脅迫罪は、
本人またはその親族の生命・身体・自由・名誉または財産に対し、害を加えることを告知することによって成立する罪。
です。

声の大きい小さいは関係ないです。
怒鳴られる事は直接プライバシーの侵害にもならないし。


まず、何が問題なのか、明確にする事からです。
電話の問題だけなのであれば、着信拒否すれば問題解決なのでは?

--
> 他にどんな材料を集めれば脅迫罪および、プライバシーの侵害として
> 訴えられるのでしょうか・・・。

少なくとも、上記の着信拒否など、個人で簡単に出来る問題解決のための努力は必要です。

差し当たり、トラブルの内容は録音と同時にメモを取るなどして記録に残してください。

Q民法185条の「更に」について

民法185条にある「又は新たな権原により更に所有の意思をもって占有を始めるのでなければ」の「更に」とは、どういう意味で使用されているのでしょうか。
よろしくお願いします。

(占有の性質の変更)
第百八十五条  権原の性質上占有者に所有の意思がないものとされる場合には、その占有者が、自己に占有をさせた者に対して所有の意思があることを表示し、又は新たな権原により更に所有の意思をもって占有を始めるのでなければ、占有の性質は、変わらない。

Aベストアンサー

新たな権限と所有の意思の2つがあれば、他主占有は自主占有となるし、
その2つがなければ、何時までも他主占有は他主占有のままだ。(又は逆)
と言うことです。
占有権限が借家権の場合は、家主から借りている意思でしようから「他主占有」です。
だから、その者は何時まで経っても建物の時効取得はできないです。
時効取得したいならば「自主占有」でなければならないです。
自主占有は自分の所有する物の占有です。
ですから、他主占有を自主占有に変更するには、借りているのではなく、「私の物」と言う必要があります。
それは、建物を買うなどして、「私の物」と言う必要があります。
それだけでは足りず(上記の2つの他に)「更に」自分の物だと言う意思のもとで占有していなければ、何時まで経っても借りていることになる。(他主占有となる。)
と言うことです。
私の例は、時効取得でしたが、他にも占有者の責任等々関係してくるので、この条文があるのです。

Qこれらは脅迫罪に問われますか?

以下はそれぞれ脅迫罪に該当するでしょうか?
いずれも、AがBから脅迫を受けている状況下においてです。
①AがBに対し(Bの行っている行為等が)脅迫罪の適用される行為であるという認識を伝えること。
②AがBに対し(Bの行っている)行為等を中止しない場合は脅迫罪で告発する意思であることを伝えること。
知人が電車内でいいががりをつけられたのですが、その際の相手は知人の社会的地位を傷つけることをちらつかせた明らかに脅迫と思える行為でした。
これに対する法的に適切な対処は何であったのか、今後のために知見を得たいと思っています。
できれば判例等に元ずく見解を教えておいていただけると幸いです。

Aベストアンサー

①AがBに対し(Bの行っている行為等が)脅迫罪の適用される
行為であるという認識を伝えること。
    ↑
伝えるだけでは脅迫罪は成立しません。

似た事例を紹介しておきます。
・そんなことをしていると暴力団が来るぞ
 というのは脅迫になりません。
・俺は暴力団の幹部を知っている。
 そんなことをしていると暴力団が来るかもよ。
 というのは脅迫罪になります。


②AがBに対し(Bの行っている)行為等を中止しない場合は
脅迫罪で告発する意思であることを伝えること。
    ↑
被害者だから、告発ではなく告訴ですね。

それはともかく、告訴する意思もないのに、告訴する
としたのを脅迫罪になる、とした判例があります。

なにぶんにも古い判例ですし、学者も批判しています
ので、今後どうなるかは不明です。

Q行政法における「届出」「申請」「通知」「提出」定義ちがう?

都市計画法や建築基準法を勉強しているのですが。

たびたび「届出」「申請」「通知」「提出」
という言葉がでてきます。それぞれ、どのように意味がことなるのでしょうか?
おおまかには、イメージつくのですが、厳密に使い分けできるるならば、知りたいです。

知事に「届け出る」、大臣に「申請」する。
返事まちか?一方的に出すだけか?
上位者から下位者に出すものか?下位者から上位者に出すものか?

詳しい方、ご指導ねがいます。

Aベストアンサー

届出は出せば済むというものです。
申請のほうは許可(承認?)してくださいと御願い?するものです。

Q脅迫罪について質問です。

脅迫罪について質問です。

憎まれているというか個人的に恨みをもたれている相手から電話口で

「今の世の中、金さえ出せば何だって引き受けてくれる連中がいるんだ。
夜道は人気がないから気をつけな」と言われました。

これって脅迫罪になりませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えばですね、具体例を挙げてみます。

俺に逆らうと、天罰が下るぞ、というのは
脅迫罪にならない、いうのが一般です。
吉凶禍福は人間ではどうにもならないからです。

そんな態度だと、やくざの○×組が来るぞ、という
のもなりません。
○×組と、発言者の間の関係が示されていないからです。

しかし、「おれは○×組やくざに知り合いがいる。
そいつに頼めばおまえなんか、どうなるかわからんぞ」
というのは、脅迫罪になります。

これらに当てはめてみると、脅迫罪になる可能性は
高いと思います。

Q神社、寺の賽銭箱、浄財箱に金銭を入れるのは「対価の支払い」「贈与」「寄付」「所有権利放棄」 法律上、いずれか?

神社、寺の賽銭箱、浄財箱に金銭を入れるのは「対価の支払い」「贈与」「寄付」「所有権利放棄(お金を捨てている)」のうち、法律上はどれにあたるのでしょうか?

なぜこんなことを疑問に思ったのかというと、数年前、新年参賀の露店で偽札が何枚も使われるという事件がありました。新年参賀の混雑と、夜間の露店商売でお札の確認がよくできなかった、というドサクサにまぎれてつり銭詐欺を働いたようです。
 ところで、もしこの偽札が賽銭箱に入っていた場合、法律上どのような扱いになるのかなー、と思いまして。神社は被害届けを出すのか、単に「偽札を見つけました」と届け出るのかな? と思いまして。

 ポイントとしては、(私の記憶が確かならば)偽札は、「製造」「所持」自体は罪にあたらないはず。罪に問われるのは「行使」したときだけ。

 もし、「行使」であるならば、参拝客は「対価の支払い」をしたわけですが、さて、神社は参拝客に対して何をしてくれたのでしょうか?
なにもしていないならば、神社は偽札が入っていても怒っちゃいけませんよね。だって何もしてないんだもの。

 もし「所有権利放棄(捨てている)」のであれば、賽銭箱の中のお金って、全部「なぜか突然神社の庭先に勝手に捨てられていたお金」ってことになりますよね。中身が真札であろうと偽札であろうと警察に届けなきゃーだめですよね。勝手に懐に入れたら横領ですよねー。

やっぱり寄付か贈与でしょうか? この場合も偽札だったら、「被害」になるんでしょうか?

神社、寺の賽銭箱、浄財箱に金銭を入れるのは「対価の支払い」「贈与」「寄付」「所有権利放棄(お金を捨てている)」のうち、法律上はどれにあたるのでしょうか?

なぜこんなことを疑問に思ったのかというと、数年前、新年参賀の露店で偽札が何枚も使われるという事件がありました。新年参賀の混雑と、夜間の露店商売でお札の確認がよくできなかった、というドサクサにまぎれてつり銭詐欺を働いたようです。
 ところで、もしこの偽札が賽銭箱に入っていた場合、法律上どのような扱いになるのかなー、と思い...続きを読む

Aベストアンサー

賽銭箱の実態は、現行流通通貨以外に、一般小切手、宝くじ、馬券、古銭、切手、雑誌、新聞、、、、など、あらゆる物が、入ってます。

偽札も当然入ってたりします。わざとらしい、明らかなコピーの偽札とか。。。

一般的には、金銭関係は、集計して、金融機関に持ち込み、入金しますので、そこで、はねられた金銭について、警察に届けるレベルのにせ札か、明らかに、いたずらの偽札か、判断して、警察に届けるレベルのにせ札の場合、警察に届けることになるでしょうね。

金融機関で、受け取ってもらえて、通帳に入金になったものは、寄付金でしょう。(仮に、巧妙な偽札が混ざっていても、金融機関が、入金処理すれば、入金になると思われます)

神社は被害届けを出すのか、単に「偽札を見つけました」と届け出るのかな? と思いまして。
>>>>>結局、神社に、表立った被害はありませんので、「偽札を見つけました」と届け出るだけだと思われます。

実際、馬券や宝くじの場合など、神社側は、手続きが面倒で、困りますよね。
これだと、所有権利放棄と言われる可能性もありますから。。

賽銭箱の実態は、現行流通通貨以外に、一般小切手、宝くじ、馬券、古銭、切手、雑誌、新聞、、、、など、あらゆる物が、入ってます。

偽札も当然入ってたりします。わざとらしい、明らかなコピーの偽札とか。。。

一般的には、金銭関係は、集計して、金融機関に持ち込み、入金しますので、そこで、はねられた金銭について、警察に届けるレベルのにせ札か、明らかに、いたずらの偽札か、判断して、警察に届けるレベルのにせ札の場合、警察に届けることになるでしょうね。

金融機関で、受け取ってもらえて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報